Appleは2018年にLCD搭載iPhoneの背面を金属素材に戻すかも? – iPhone Mania



iphone
 
Appleが来年発表予定のLCD搭載iPhoneで金属素材の背面を復活させる可能性が示唆されています。LCD搭載モデルの維持には、ライバル企業であるSamsungへの依存度を減らすねらいがあるといわれています。

2018年のiPhoneラインナップの新たな予測

Apple製品の情報通と知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は先月、Appleの2018年のiPhoneは6.5インチのOLED搭載モデル、6.1インチのLCD搭載モデル、5.8インチのOLED搭載モデルのラインナップになるとの予測を立てました。
 
今月7日、Nikkei Asian Reviewは、関係者による新たな予測を発表し、2018年のiPhoneは、背面に金属素材を使用した6.1インチのLCD搭載モデルと、おそらくガラス背面の6.3インチと5.8インチのOLED搭載モデルになるとの見込みが明らかになりました。背面が金属素材でできている場合、より豊かなカラーバリエーションが期待されるとのことです。
 
この予測が正しければ、アジアのサプライヤーにとっては朗報となります。iPhoneがすべてOLEDに切り替わってしまった場合、現在LCDをAppleに供給しているFoxconnの子会社となったシャープや、ジャンパンディスプレイは大きな痛手を負うことになるからです。
 
iPhone Xに搭載されているOLEDは、LCDと比べ、色のコントラストが高く、ディスプレイがより明るいといわれています。また、カーブしたスクリーンへと形作ることもできるため、折りたたみになる可能性もあるとのことです。
 
AppleはなぜすべてのモデルをOLEDに切り替えないのでしょうか?その理由はOLEDの供給状況にあるといわれています。

Samsungへの依存度を減らす目的

AppleがLCD搭載のiPhoneを新製品のラインナップにとどめておくのは、Samsungの部署の一つであるSamsung DisplayがOLEDの供給を独占的に行なっているからであるといわれています。
 
Appleにとってライバル企業に製品計画の情報が知られ過ぎるのは危険なため、OLEDの新たな供給元が見つかるまではLCD搭載モデルを維持してサプライヤーの分散を図るねらいがあるとみられています。
 
AppleがLCD搭載モデルの背面に金属素材を復活させる場合、Pegatronの子会社であり、すでにiPadのケースを供給しているCasetekが初めてiPhoneサプライヤーの仲間入りを果たす可能性が濃厚だとのことです。
 
iPhone8の生産を担っているPegatronは、Casetekと組んでLCD搭載モデルのための新しいケーシングを開発しているとの情報もありますが、両企業は共にコメントを控えています。
 
 
Source:Nikkei Asian Review
(lexi)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す