Apple、音楽認識アプリShazamを買収 – iPhone Mania



Shazam
 
Appleは現地時間12月11日、音楽認識アプリを提供するShazamを買収したと発表しました。正式な取引額は公表されていませんが、2014年5月のBeatsに次ぐ大規模買収ではないかといわれています。

買収金額は公表されず

先週報じられた通り、AppleがShazamを買収しました。買収額は約4億ドル(約454億円)と推定されています。2015年1月時点でのShazamの市場価値は10億ドル(約1,134億円)でした。
 
Appleは米MacRumorsを含む複数メディアに対し公式コメントを寄せ、買収事実を認めています。
 

Shazamとその才能あるチームがAppleに加わることをうれしく思います。App Storeの立ち上げ以来、Shazamは常にiOSの人気アプリとして上位にランク入りしてきました。現在、世界中の多くの人々が、さまざまなプラットフォームでShazamを利用しています。
 
Apple MusicとShazamは息もぴったりで、音楽を発見し、素晴らしい音楽体験をユーザーに提供したいという情熱を共有しています。私たちはわくわくするような計画を準備しています。今日の合意によるShazamとの融合が楽しみです。

すでにApple Musicに統合されているShazam

ShazamはiOS8以降、Siriに統合されており、Siriでの利用が可能になっています。またApple Musicにも統合されているので、Shazamで判明した曲をApple Musicでストリーミング再生する、といった利用方法も可能です。iMessageでもShazamで識別した曲を共有することができます。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す