Google、中国にアジア初となる人工知能研究センターを設立 – iPhone Mania



Google 中国
 
Googleが自社のAI研究センターの拠点として、中国・北京を選択したことが報じられています。多くのGoogleサービスへのアクセスが中国国内でブロックされている中での決断です。

Googleを阻み続けたGreat Firewall

中国のGreat Firewall(グレート・ファイアウォール)と呼ばれるインターネット情報検閲システムは、海外のソーシャルメディアやメッセージングアプリなどへのアクセスをブロックすることで知られています。
 
Googleの最も大きなサービスである検索エンジンを始め、YouTube、Gmailもすべて中国政府によりアクセスが規制されています。
 
2010年に中国を事実上離れたGoogleでしたが、7億3千万人のインターネット人口からなる巨大な市場を無視することはできないと、中国国内で再び居場所を確保するための道筋を模索していたといいます。

首都北京に人工知能研究センターを設立

Google傘下のAI開発企業であるDeepMindが、中国政府と組んで人間vs.人工知能の碁対決フェスティバルを5日間にわたって開催するなど、以前からGoogleは中国進出への努力を続けてきました。
 
そして北京が1,500億ドル(約17兆円)規模のAI産業の構築を目指すと発表してからわずか数カ月後、Googleの北京での人工知能研究センター設立計画が明らかになりました。
 
中国はAI分野で世界を率いるという大きな目標を掲げていますが、Googleの中国での研究センター設立はその大きな助けになることが予測されます。新しい研究施設の研究者は、すでに中国で働いているGoogleの研究者にサポートされるとのことです。
 
Googleは、自社の研究を進める一方で、AIの会議やワークショップ開催のための資金援助を行なうなど、中国のAI研究コミュニティのサポートを積極的に行なっていくことが予想されます。
 
 
Source:Google via CNN Tech
(lexi)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す