使わないのはもったいない!iMessageのスゴ技7連発



iPhoneやiPad、iPod touch、Mac間でメッセージの送受信ができるiMessage。iPhoneの場合はメッセージアプリでやり取りが可能ですが、iOS10から手書きメッセージやエフェクト、音楽の送信など多彩な機能が利用できるようになりました。ぜひ使いたいiMessageのスゴ技を紹介していきましょう。

スゴ技その1:吹き出しにエフェクトをかける

メッセージアプリではメッセージが吹き出しで表示されますね。この吹き出しにエフェクトをかけることができます。方法はまずメッセージを入力してから送信ボタン「↑」を長押し(3D Touch対応機種の場合、画面を強く押し込みます)。すると、4種類のエフェクトメニューが出てくるはず。その中から使いたいものを選んで送信ボタンをタップしましょう。

iPhone,iMessage

「↑」を長押しでエフェクトメニューが出てくる

エフェクトの内容は以下の通り。・スラム:大きな文字が表示されます

・ラウド:文字が大きくなってガタガタと揺れます

・ジェントル:小さい文字が拡大されていきます

・見えないインク:開封すると文字を読むことができます

吹き出しに効果を加えることで、メッセージに変化を出せるのがこのエフェクトの楽しいところです。

iPhone,iMessage

大きな文字などインパクトあるメニューにすることが可能

スゴ技その2:画面全体にエフェクトをかける

先の「その1」では吹き出しにエフェクトをかけましたが、画面全体にも行なうことが可能です。メッセージを入力して送信ボタン「↑」を長押しした後(3D Touch対応機種の場合、画面を強く押し込みます)、画面上部の「スクリーン」をタップ。その後、画面を左右にスワイプして使いたい効果を選択し、送信ボタンをタップします。エフェクトは「風船」「紙ふぶき」「ハート」「レーザー」「花火」「流れ星」「お祝い」の7種類。

iPhone,iMessage

「スクリーン」を選択した後、左右にスワイプしてエフェクトをチョイス

画面全体を派手に演出できるので、お祝いなどここぞという時のメッセージに活用できそうですね。

iPhone,iMessage

スクリーンエフェクトはどれも華やか

 

スゴ技その3:相手のメッセージにリアクションを送信

FacebookなどSNSには投稿に「いいね」などのリアクションをつけることができますが、iMessageでも「Tapback」という同様の機能があります。使うには、相手のメッセージをダブルタップして出てきたメニューから自分の気持ちにあったマークを選ぶだけです。

iPhone,iMessage

相手のメッセージをダブルタップすると「Tapback」メニューが表示される

iPhone,iMessage

メッセージにリアクションがついたところ

スゴ技その4:手書きメッセージを送る

手書きの文字やイラストもiMessageなら送ることが可能です。メッセージ入力欄の左側にあるハートマークをタップすると入力フォームが表示されるので、自由に描いて送信ボタンを送るだけ。なお、画面右下の「∧」をタップすると入力フォームを拡大できます。また、動画ボタンをタップすると動画を送ることができますが、動画の収録前または収録中、画面に手書きメッセージを動画に書き込むことが可能です。

iPhone,iMessage

手書きによるメッセージも入力可能

この技では手書き文字以外にも、キスマークやハートをタップ操作で表示させることもできます。

スゴ技その5:ステッカーを送る

LINEでスタンプを送ることはよくありますね。iMessageでもスタンプ同様に絵文字が送れる「ステッカー」が用意されており、メッセージとして送信できるようになっています。使い方はまず、メッセージ入力フォーム左にある「A」の形したApp Storeボタンをタップし、「Store」をタップ。ここで好きなステッカーをダウンロードします。

iPhone,iMessage

App Storeボタンをタップした後、左下のリストボタンをタップ。「Store」を選択する

ステッカーを送信するにはApp Storeボタンをタップした後、画面左下のメニューボタンをタップし、ダウンロードしたステッカーを選択して送信ボタンをタップするだけです。

iPhone,iMessage

「Store」で欲しいステッカーを選んで、ダウンロード

iPhone,iMessage

使いたいステッカーを選んで、送信ボタンをタップ

スゴ技その6:GIFアニメーションやビデオを送る

先のスゴ技その5では、静止画のステッカーを送信する方法を紹介しましたが、GIFアニメーションやビデオのものも送ることができます。送るにはステッカーの時同様にApp Storeボタンをタップした後、画面左下のメニューボタンをタップ。「イメージ」を選択するとGIFアニメーション・映像一覧が表示されるので、送りたいものを選んで送信ボタンをタップするだけ。

iPhone,iMessage

静止画だけでなく動画のイメージも送ることができる

ただ、GIFアニメーション・映像の種類が多く、どれを選んでいいのか迷うかもしれません。そんな場合は、「イメージとビデオを探す」をタップして、使いたいもののキーワードを入力して検索すると良いでしょう。

iPhone,iMessage

検索フォームに使いたいイメージのキーワードを入れる

スゴ技その7:音楽をシェアする

さらにiMessageでは音楽を送ることも可能です。送り方はステッカー同様にApp Storeボタンをタップした後、画面左下のメニューボタンをタップ。その後、「ミュージック」を選択し、送りたい曲を選んで送信ボタンをタップします。相手の方では送られた曲を試聴できるだけではなく、「iTunesで購入」をタップすればiTunes Storeに移動して音楽を購入することが可能です。

iPhone,iMessage

おススメの曲も相手に送ることができる

さて、iMessageで利用できる機能7つを紹介してきましたが、ユニークなものから実際に活用できそうなものまで様々。どれも送った相手を驚かせそうなものばかりです。ぜひ、家族や親しい人へのメッセージに使ってみてはいかがでしょうか。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す