学習支援クラウドサービス「Classi」EDIXでスマホ・タブレット体験 – ICT教育ニュース



ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classiは、5月17日(水)~19日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第8回教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展する。

classi-2中学・高等学校向け学習支援クラウドサービス「Classi」は教師と生徒・保護者のコミュニケーションをベースとしながら、生徒の学力を向上させるサービス。

誰でも使える直感的な操作性が特徴で、2016年度から小中学校、専門学校、大学へのサービスを拡大し、高校を含め1400校以上で導入されている。

Classiブースでは、スマートフォンをはじめ、タブレットを実際に使用して、Classiの体験が出来る。

また、小中学校向けの授業支援アプリ「ミライシード・オクリンク」も展示。「一斉」「個別」「協働」3つのアプリでそれぞれの学習シーンにおける子どもたちの主体的な学びと、その指導を支援するタブレット専用ソフト。

EDIX出展ブース

教材・教育コンテンツ ゾーン 小間番号:15-44
※当日、相談希望の場合は、混雑が予想されるので事前の予約がお勧め。

事前予約の申込

EDIX事前予約フォーム

Classi について

Classiは先生を介して生徒の学習支援を行うクラウドサービスで、授業・自宅学習の状況や校内のテスト結果などの生徒情報を一元管理・共有できます。先生の声をもとに、先生と一緒に作り上げており、2016年4月から小中学校・専門学校・大学へもサービスを拡大している。2016年度にClassiを有料で導入した学校は、小中高学校・専門学校・大学向けに約1400校。学力の多層化や入試制度の変更など、現在の教育環境下で求められる個々の生徒の特性に応じた指導を、量と質の両面からサポートする。

関連URL

Classiオフィシャルサイト(学校取材動画事例はこちら)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す