「マストドン」iPhone・Androidアプリ&Win・Macクライアントはこれを使え … – Engadget 日本版



まずはiPhoneの「Amaroq」を紹介

正式名称は「Amaroq for Mastodon」。アマロックと読みます。アマロックとはイヌイットの方言でオオカミと言う意味。

オープンソースの多機能オーディオプレーヤーでも同名のものがありましたよね。
現時点では唯一のマストドン対応のiPhoneアプリになります。

サーバーを入力して、IDとパスワードを入れると利用できます。

CWやNSFWにも対応していまして、通常の使用としてはフル機能と言って良いです。

ブラウザ版との大きな違いとしては

・TLが勝手にどんどん流れたりしないので見やすい

・UIが下に集約されているので片手持ちでも楽々

と言ったところでしょうか。

余談ですけどIngressでUIを上に集約しすぎた反省から「ポケモンGO」はUIを下に持っていったなんて話を、どこかの酒場で確かな情報筋から聞いたような聞いていないような・・

Android版はTusky

色々出てはいるんですが、評価的に他のはちょっと怖くて触れない人が多いかと思います。
TootyFruity」はマルチアカウント対応なのですが、現在まだプレスリリース版となっています。
ということで「Tusky」を選んでおくのが無難だと思われます。

基本的な使い方はアマロックと変わりません。立ち上がりも早いです。

但し、アプリの仕様上インスタンスによっては対応していません。

一方、一度IDとパスワードを入力したインスタンスは2度めからはインスタンスの指定だけでログインできますので、準マルチアカウント対応といってもいいでしょう。

CWがちょっと見つけにくい所にあるので注意が必要です。公開設定の一番下がCWとなります。

Windows/Macは?

マルチアカウント対応のクライアントがgithubでリリースされています。

.jsonファイルを弄る必要があり、カジュアルに利用できるとはいい難いですが、Accountから簡単にアカウントを切り分けることが可能で、動作も軽快です。

アップデートも頻繁に行われています。

さてさて、ということで今回はクライアントについてご紹介させて頂きましたが、皆さんのマストドンライフが楽しいものでありますように!

僕の実験用のアカウントはこちら(@reosucker@mstdn.jp)ですのでブーストや返信の実験等を行いたい人はどうぞお気軽にコンタクトしてみてください。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す