iPhoneの17年モデル、今も試作機のテスト中 新デザインモデルは出荷が1~2カ月遅れるとの観測 – JBpress



アップル、米当局からのデータ要求の内容を公開

ニューヨーク(New York)にあるアップル(Apple)直営店の前に立つ男性(2013年11月1日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Spencer Platt〔AFPBB News

 米アップルは2012年以来、iPhoneの新モデルを毎年9月に発表している。発売10周年となる今年(2017年)も、同じタイミングで新モデルが発表されると見られているが、米ブルームバーグによると、デザインが大幅刷新される最上位モデルは、発表後1~2カ月は手に入らない可能性がある。



 というのも、アップルはこの最上位モデルについて、今も複数の試作機でテストを行っているからだという。

さまざまな試作機を試験中

 ブルームバーグによると、試作機の1つは、ディスプレーが本体前面のほぼすべてを覆うデザインで、ディスプレーサイズは、現行の「iPhone 7 Plus」(5.5インチ)より若干大きい。ただし、本体サイズは4.7インチディスプレーを備える「iPhone 7」に近いという。

 これは、現在本体前面の下にある物理ホームボタンが廃止され、そのスペースをディスプレーに使えるようになるからだ。

 アップルはアジアの製造パートナーと共同でさまざまの試作機で試験を行っており、その中には曲面ガラスとステンレススチールを用いるものもあると、事情に詳しい関係者は話している。

 最新の試作機の1つは、本体の前面、背面ともにガラス素材が用いられ、いずれも本体側面の金属フレームに向かって若干カーブしている。このデザインの基本的コンセプトは、アップルが2010年に発売した「iPhone 4」やその翌年の「iPhone 4S」と同じという。

 このほかアップルは、より野心的な試作機も製作しているとブルームバーグは伝えている。こちらも前面のカバーガラスが若干カーブしているが、背面のカバーガラスは上下ともに、より大きなカーブ形状となっている。このデザインは、2007年に発売した初代iPhoneのそれと似ているという。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す