iPhone基本の「き」 第244回 ビジネスで使うなら覚えておきたいiPhoneの作法と小技(後編) – マイナビニュース



老若男女多くの人に使われているiPhoneですが、ビジネスで使うならビジネスなりの使いこなしがあるものです。新年度、新しくiPhoneを買った方、会社から貸与されて使い始めた方のために、社会人なら知っておきたいiPhoneの作法と便利な小技をご紹介します。

大事なメールは見落とさない「VIP」設定

社内連絡はチャットで済んでも、取引先との連絡はやっぱりメール。でもアプリを開かないと大事な連絡が来ているのかいないのか分からないって不安ですよね。そんな時は、大事な相手を「VIP」に設定しておきましょう。

大事な相手から届いたメールを開き、差出人名をタップ
「VIPに追加」をタップ 画面の上の方にこの項目がなければ、下にスクロールすると見つかります

これで、この相手からメールが届いた時に通知が表示されるようになります。

大事な相手のメールだけ通知を表示

スケジュールがFIXしたらメールから即カレンダーへ

予定の管理にはカレンダーが活躍します。が、日時や場所をちまちまと入力するのは面倒ですよね。そんな時にはメールやメッセージから予定を作成しましょう。

予定を知らせるメールがあれば、日時をタップ→「イベントを作成」をタップ
カレンダーのイベント作成画面が表示されました。タイトルを入れ、日時や場所に間違いがあれば修正して「追加」をタップ。これでカレンダーに登録されました

このスケジュールは元のメールと連携しているので、必要な時すぐに開くことができます。「担当者の名前が」とか「添付ファイルが」なんていう時に、地味に便利です。

「メッセージを”メール”で表示」をタップすると元のメールが開きます

PCも使います? iPhone経由でネット接続する方法

出先でパソコンを使いたいけどWi-Fiがない、でも機密情報があるからうっかりフリーWi-Fiは使えない……そんな時にはiPhone経由でネットに接続しましょう。

Macから接続する場合

同じApple IDで使用しているMacなら、何の設定も要りません。メニューバーのWi-Fiアイコンから自分のiPhoneを選ぶだけでOKです。

メニューバーのWi-Fiから自分のiPhoneを選択

Windowsから接続する場合

接続する方法はいくつかありますが、ここでは消費電力が少ないBluetooth接続を使用します。事前にiPhoneとパソコンのペアリングをしておきましょう。

「設定」→「インターネット共有」を開き、インターネット共有をオンに
iPhoneとパソコンでBluetoothのペアリングをします

あとはネットを使いたい時にパソコンから「Bluetooth→iPhone→アクセスポイント」を選択すればOKです。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す