タクシーとIT、江戸タイムスリップ観光 タブレットに古地図 – SankeiBiz … – SankeiBiz



 日の丸リムジン(東京都文京区)が今月から、「タイムスリップタクシー」と名付けた新サービスを開始し、訪日外国人客や歴史ファンの話題を呼んでいる。タクシーで都内の歴史スポットを回りながら、タブレット端末に映し出される古地図や浮世絵などをガイド音声付きで鑑賞し、江戸の街並みや風俗を感じてもらう趣向だ。

 映像コンテンツは日英中韓の4言語に対応。タブレットのGPS機能を使い、大名屋敷や寺院などが描かれた古地図上に現在地や走行ルートなどを表示する。

 東京駅前から皇居を一周して築地や日本橋をめぐる江戸城コース(1時間、2人乗り5000円)では、現代の景色の中に江戸城天守閣の再現CGも映し出す。吉良上野之介屋敷跡や泉岳寺などを回る忠臣蔵コース(3時間半、同1万6000円)では、忠臣蔵の物語を浮世絵で楽しめる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す