写真を撮ったらモンスターが出現! セガの新感覚ゲーム『パシャ★モン』お披露目会でプレイしてみた



株式会社セガゲームスが2017年冬に配信予定の新作スマホ向けゲーム『パシャ★モン』。本作は、スマホで撮った写真にちなんだモンスターが出現するという、今までにないゲーム性が話題となっている。11月29日(水)には、東京・秋葉原にてPRタレントお披露目/メディア先行体験会が実施。そこでゲーム好きの記者が実際に『パシャ★モン』を遊んでみた!『パシャ★モン』PR大使、左から前島亜美さん、たくぽんさん、わーすたの皆さん!
■「インスタ映え」ならぬ「モンスター映え」!? 新感覚のゲーム性に注目
『パシャ★モン』のディレクター今井邦彦さん
スマホカメラRPGと銘打たれた『パシャ★モン』のディレクターを担当するセガゲームス の今井邦彦さんが登場。本作の特徴について「スマホのカメラで身の回りの人やモノ、風景を映して、モンスターを生み出せることです。最新のAI技術を駆使して、これまでにない新鮮な遊びを体験できます」と述べられた。
スマホカメラから入手したモンスターをバトルさせるRPG
「普段よくしている写真を撮るということをゲームに出来たら、とてもユニークでみんなが楽しめるものになるのではないか」というきっかけで作られた『パシャ★モン』。日常の一場面を切り取って、宝探しのように遊べるゲームだという解説がされた。

『パシャ★モン』は、スマホのカメラで撮影したモンスターを、AIが分析。その被写体の形や色に基づいたモンスターがゲーム中に出現する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す