【栃木から通いでメイド&アイドル】ゆるめるモ!けちょんの“アイドル上京ものがたり”【つぶやきシロー?に声かけられて】

今回から始まる「アイドル上京ものがたり」。今や大都市一極ではなく、地方それぞれが独自のカルチャーやシーンを指向する時代だと言われます。しかし好きな物を掘れば掘るほど、まだまだ東京は多くの若者にとって憧れの場所であり、文化や流行の象徴です。特にアイドルにとっては、その職業としても中心地であり、ひとりの若い女の子にとっても魅力が詰まった街。地方に生まれ、今東京に住むアイドルたちに、アイドルとして、そしてひとりの女の子として見た「東京とわたし」を語ってもらいます。

第1回のアイドルは、どこか身近でそれでいて尖った4人がステージで見せる爆発的なパフォーマンスと、縦横無尽の音楽性で若いファンを集めているニューウェーブアイドルグループ・ゆるめるモ!のけちょん(栃木県出身)。唯一の初期メンバーで、ハードなライブの中でも彼女の顔と歌声を感じてるだけで癒されるのは栃木バイブスのたまものだった!?

■栃木のプリクラは写りが悪い

--このインタビュー、web掲載なのでもちろん日本全国の人が読むことになるんですけど、「栃木って言っても関東じゃん!東京近いし都会だろ!」って思われる気がするんですよね。それで確認として聞きたいんですけど、栃木って田舎ですか?

けちょん 私が住んでるところは田舎ですね~。田んぼは車で10分くらい走らせないとないんですけど、山と川に挟まれた場所で。

--田舎度を計る定番の質問ですけど、小中学校の学年は何クラスでした?

けちょん わたしの代だけすごく人数が少なくって、小学校は3クラスあったんですけど、中学校が1クラスしかなくって(笑)。


こんな記事もよく読まれています

コメントを残す