“残酷”は爆発だ! スプラッターの才能を発掘する『学生残酷映画祭2017』 押切蓮介、高橋洋ら豪華審査員そろい踏み[ホラー通信]



今年も『学生残酷映画祭』の季節がやってきた!

『学生残酷映画祭』は、学生が制作した“流血・人体損壊描写のある作品”を募り、優秀作品を上映・表彰するインディペンデント映画祭。他の映画祭ではなかなか評価されないような、観る人を選ぶ激しすぎる作品が揃うのが特徴だ。『ライチ☆光クラブ』『ドロメ』監督の内藤瑛亮を輩出したほか、2011年度優勝の佐藤周も監督作の『怪談新耳袋Gメン 復活編』が今年劇場公開され、邦画ホラー界のホープとして活躍している。

今年の『学生残酷映画祭』は11月19日、おなじみの会場である新宿ロフトプラスワンにて行われる。受賞作品の上映はもちろんのこと、豪華なゲスト審査員陣が自身の“残酷映画観”や経験談を交えながら語る講評も見どころだ。今年のゲスト審査員には漫画家・押切蓮介(『ハイスコアガール』)、『リング』の脚本を務めたほか監督作の『霊的ボリシェヴィキ』の公開を控える高橋洋、小説家の平山夢明(『独白するユニバーサル横メルカトル』)、映画監督山口雄大(『HIGH&LOW THE RED RAIN』)とそうそうたる面々。

未来の名監督が見つかるかもしれない『学生残酷映画祭』は11月19日開催。イープラスにて前売り券が発売中。どうぞお楽しみに。

関連記事:白石晃士も若き才能に「嫉妬した」! 学生だけのスプラッター映画祭『学生残酷映画祭2016』レポート

■『学生残酷映画祭

日程:11月19日(日)
会場:新宿ロフトプラスワン
チケット:イープラス https://eplus.jp/ath/word/68059

【上映作品】
Neo Kessitai(15分) 片倉孝輔監督
ソムリエ(15分) 篠原三太朗監督
偽影(11分) 櫻木流佳監督
目には目を。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す