ヤマダ電機/アサヒ衛陶と業務提携 – 流通ニュース



ヤマダ電機は11月8日、衛生陶器メーカーのアサヒ衛陶と「スマートハウス・リフォーム事業」を強化する一環として、業務提携すると発表した。

<家電住まいる館 YAMADA>
家電住まいる館 YAMADA

アサヒ衛陶は、衛生陶器を中心とした住宅設備製造企業として、独自の製造技術により、設計・開発・製造・販売・施工まで一貫したサービスを提供している。

業界屈指の海外調達力を生かして、オリジナル性のあふれる高品質・低価格の「トイレ」「洗面化粧台」などの住宅設備機器商品を、全国3支店・2営業所を通じて、各地のハウスメーカー・ホームビルダー・ホームセンター・工務店・リフォーム会社などに対して提供している。

業務提携により、ヤマダ電機オリジナル商品Herb Relaxブランド向けの「トイレ」「洗面化粧台」の共同開発や、ヤマダ電機グループの住宅設備会社との商品・部品などの共通化、製造・物流拠点の相互利用による事業の効率化などを目指す。

また、スマートハウス・リフォーム事業に関する新規ビジネスの共同開発も検討する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す