タブレット用英会話教材「SMARTree」、日本でも利用可能に – ICT教育ニュース

韓国ソウル市にあるe-future, Ltd.は20日、タブレットを使用した英会話習得ツール「SMARTree」の提供地域を拡大し、日本・中国・サウジアラビア・ベトナムなどアジアおよびアフリカでも利用できるようにしたと発表した。日本ではPep(ピーイーピー), Inc.がe-futureのオフィシャルパートナーとして、日本国内で提供している。

「SMARTree」のコンテンツ

「SMARTree」のコンテンツ

「SMARTree」は、タブレットPCのプラットフォームを利用した、英会話のデジタル教材。韓国で長年ELT教材を開発・研究・出版してきたe-futureがその知識を凝縮させ、韓国内最大のテレコム企業と共同開発した。英語専任講師を雇用するのが難しい地域でも水準の高い英語教育が実現できることをめざしている。

「SMARTree」は、国際標準として学校教育にも取り入れられつつあるCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づいた内容と、英語を学ぶ上で重要な方法論を組み合わせている。実践的かつ実用的ながら、これからの英語教育の目標を十分満たす学習が可能という。

コンテンツ量も豊富(432レッスン)で、週1回のレッスンなら約10年分相当。継続して学べるため、知識・能力の定着にも繋がる。

日本では、2020年には小学校3年生から英語学習が取り入れられ、5年生からは英語を教科として学ぶことになるが、そのような英語学習制度や受験制度の変化への対応力も可能で、4技能をバランスよく習得することで身に付くという。

関連URL

Pep, Inc.

Full Xbox One X “Feel True Power” TV Commercial Finally Released in English; Shows Games and More – DualShockers

Earlier today, Microsoft itself leaked the Japanese version of the full “Feel True Power” Xbox One X TV commercial, but as the time for the official release came, so did the final English ad.

The commercial, which will air on TV stations worldwide, gives a look on some games that will support the upcoming console, including Assassin’s Creed OriginsForza Motorsport 7MinecraftMiddle-earth: Shadow of WarHalo Wars 2CupheadPlayerunknown’s BattlegroundMadden NFL 18FIFA 18, and more.

Interestingly, we also see snippets of movies and sport. This is a commercial clearly devised for a wider audience than core gamers, so it makes sense that Microsoft also decided to advertise other entertainment features.

The whole commercial is definitely much faster paced and interesting than the teasers revealed over the past three days. You can check out the first, the second, the third, and the fourth.

If you want to hear more info on the upcoming console, you can watch our interviews with Product Manager Ryan Moore and Samsung National Training Manager Scott Cohen (talking about the partnership between Microsoft and the TV manufacturer). You can also take a good look at our recent hands-on time with Xbox One X, and read our full interview with Aaron Greenberg.

The Xbox One X will be released on store shelves worldwide on November 7th, 2017.

【神戸】ポドルスキ、大相撲秋巡業を観戦「すごく楽しかった」 – スポーツ報知

 J1神戸の元ドイツ代表FWポドルスキが22日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われた大相撲の秋巡業を観戦した。

 W杯3大会連続出場の実績を誇るストライカーは、幕下・豊ノ島の関係者の招待で来場。21日の鳥栖戦では三役経験のあるベテランが見守る中でゴールを奪った。

 白鵬と稀勢の里の一番をスマートフォンで動画撮影するなど、子供たちと一緒に興味深そうに土俵を見詰め「初めて来たが、すごく楽しかった。また来たい」と満足そうだった。

モバイルガジェットTV『スマホ総研』生放送 〜iPhone X予約必勝法!決戦は金曜日!の巻〜 – ASCII.jp

スマホにまつわるあれこれをゆるふわトーク「スマホ総研 定例会」
第33回

2017年10月23日(月)20時から生放送

2017年10月23日 07時00分更新

文● アスキー編集部

 毎週月曜夜は、アスキー編集部で四六時中スマートフォンの話ばかりしている“スマホ総研”のメンバーが、入れ替わり立ち替わり、スマホに関するちょっとしたトークを生放送でお届けします。

 あるときは最新端末、あるときは話題のアプリ、あるときはしょーもないエピソードなどを、毎回好き勝手におしゃべりする30分番組です。

 今回は、スマホ総研のBOSS オカモトが登場。「iPhone X予約必勝法!決戦は金曜日!の巻」と題してお送りします。お楽しみに!

▽スマホ総研メンバー紹介
オカモト/ドロイドさん(総研主席研究員/BOSS:胃腸は最弱)
スピーディー末岡(主席研究員:速いモノ大好きスペック厨)
つばさ(MC/スマホの先生:Apple端末大好き女子)
エリコ(ウェアラブル研究員:スマートウォッチLOVE)
ゆうこば(週間リスキー 局長:ケータイ好きをこじらせたスマホオタク)
ミナミダ(新米研究員:全日本ギャルゲー研究会所属)

ストレスなく確実に「ヒマをつぶせる」安心感!PC・スマホ対応!累計2500万DLの人気パズル – エキサイトニュース

ストレスなく確実に「ヒマをつぶせる」安心感!PC・スマホ対応!累計2500万DLの人気パズル

あの「パズルボブル」がPC・スマホ対応でいつでもどこでも遊べる!「パズルボブル」は1994年にアーケードゲームとして初登場し、根強い人気を誇るパズルアドベンチャーだ。

アプリゲームとしてはシリーズ累計2500万DLを突破!

魔法使いの呪いによってドラゴンに変えられてしまった兄弟「バブルン」と「ボブルン」を操り、人間に戻る方法を探す冒険へと出かけよう。

安心感のあるルールスリーマッチパズルよろしく、本作もルールは単純明快。画面下にあるバブルを打ち出し、同じ色のバブルを3つ以上つなげて消す。

直線軌道だとうまくつなげないバブルも、壁の反射を利用して消していこう。

ミニルンを救おうステージをクリアするとスコアがコインに還元され、ミニルンというキャラクターを救出できる。

彼らを集めることでタウンに設置できる建物や家具を入手でき、自分だけの街をつくれるようになっている。

(※遊ぶにはYahoo IDが必要です)

パズルボブルの特徴は安心のゲーム性とタウン要素10月19日からYahoo!ゲーム ゲームプラスにて配信が開始された本作だが、タウン要素を含むほとんどのシステムが「LINEパズルボブル」から引き継がれている。

LINEによる交流を必要とせず、さらに同じデータを使ってPCで遊べるのが魅力だ。

スマホでの操作感についても動作の重さや不具合等は見られず、つねに快適。

Microsoft Explains Why Halo: Master Chief Collection Struggled – GameSpot

Halo: The Master Chief Collection had a very rocky launch in November 2014. An ambitious game that packages together four Halo games and their multiplayer modes, the game struggled mightily out of the gate, with matchmaking times proving extremely lengthy and in some cases not working at all. Microsoft was quick to address the issues and the experience has improved dramatically. Still, Microsoft sees the issues as a “black eye” for the franchise. Last week, developer 343 announced yet another way it’s making it up to fans and sticking with the game. The Master Chief Collection will receive significant updates and improvements over the next year or longer, including an Xbox One X update and a wider update that will “help bring it forward and modernize many of the game’s systems to take advantage of Xbox platform advancements since its original launch.” It’s nice to see Microsoft’s commitment to the game, but why did things go so badly at the start? Halo franchise director Frank O’Connor recently addressed that in a lengthy and thorough blog post on Halo Waypoint (via Polygon).

Starting off by saying he’s no engineer and is making no excuses for what happened, O’Connor said, “in terms of chicken/egg scenarios, fixing the existing ‘vanilla’ Xbox One MCC was the Chicken that laid the Xbox One X enhanced version egg.” O’Connor suggested that it wasn’t always Microsoft’s plan to revisit The Master Chief Collection, but there have been a “series of changes to the Xbox architecture,” including the OS and back-end networking systems, that have “cracked open an opportunity we’ve wanted to seize for many, many months now.”

No Caption Provided

O’Connor said the launch of The Master Chief Collection was “one of my lowest ebbs, professionally.” He added: “Every angry mail I received, I took to heart. I felt like I had personally let our fans down. I have not spent a single day since the night the game fell down in matchmaking where I didn’t think about it.”

O’Connor added that one piece of resounding feedback was, “How could you not know that matchmaking was going to break?” The director explained that Microsoft tested the game’s matchmaking systems “incorrectly and with some (as we discovered later) faulty assumptions.” He added that the testing processes for the game differed from the norm because the games in the package were already tested for balance. Additionally, O’Connor acknowledged that 343 “we made mistakes in some of the scenarios we asked for.”

“We had, with the best intentions, created a massive and ambitious project that almost read like a Halo fan’s wishlist. As a player, I was incredibly excited. And as an employee, I was proud of the work and effort the team had poured into making this thing so big,” O’Connor said.

He added that The Master Chief Collection began as an idea to make Halo 2 HD, and leave it at that, but the idea came later to expand the scope to include the entire Master Chief saga in one package. “And so the project ballooned in scope and scale and ambition. We threw a ton of resources behind it internally and worked with some trusted partners,” O’Connor said.

But at launch, the game’s matchmaking systems struggled significantly. O’Connor acknowledged that its own multiplayer testing sessions “never got to the kind of scale” that could reflect a live environment.

“So we genuinely didn’t know until the day it released, how bad the matchmaking in particular was going to get,” he said. “I’m not going to ignore the other bugs, they were real, and important, but the way the UI and matchmaking protocols interacted with each other exacerbated many of the smaller items and amplified a couple of them in unpredictable ways.

“The short version was that for Xbox One we built some of the underlying systems to work on a brand-new platform, which was fundamentally, quite different to both the original consoles the games were designed for. We also had some very new (and frankly these have evolved since then and are now much better) online systems on a new console and made some educated, but (with hindsight) ultimately faulty, assumptions we made during development and testing.”

He also offered up an easy-to-understand metaphor for why the matchmaking struggled.

“Each potential player was assigned a kind of ‘ticket’ which would then grant them entry into a match or session–picture a virtual waiting room at a train station–when the train arrives (a match)–everyone has to board–or the train can’t leave,” he said. “Issues arose when folks left sessions before games had started that would cause the initial ticket distributions to fail, and that sometimes meant very long wait times for matches as tickets were issued and reissued–especially in countries with lower populations.”

O’Connor added that Microsoft made assumptions about how things would work. This was a mistake, and he said Microsoft wants to make sure it doesn’t happen again.

“Frankly, we don’t assume anything anymore. While we had some valid reasons to believe the game would function properly in the retail environment, we’ve shifted our development philosophy to basically assume nothing anymore,” he said.

Part of this effort going forward is the previously discussed “flighting” program, which is 343’s way of enlisting the community to help test updates in a live environment before they are rolled out to everyone. In addition to this, 343’s own testing will get “much more rigid.”

O’Connor added that he wants people to know how committed 343 has been and continues to be in the area of listening to and responding to feedback.

“Everyone here puts their heart and soul and sweat and tears into building our games,” he said. “I can tell you without hesitation that I have never heard someone here dismiss or ignore or belittle complaints. We always take them to heart. It’s the internet of course, so sometimes folks take it too far, with threats or other inappropriate reactions, but I’d be lying if I said I didn’t understand the anger or disappointment those came from.”

You can read O’Connor’s full blog post here. If it doesn’t answer all of your questions, O’Connor said he plans to write another post in 2018 that will cover an “even more detailed technical breakdown” of what happened, why, and how 343 addressed it. “That’s what we owe you–that and a game we can both finally be satisfied with,” he said.

  View Comments (8)

消費電流98%減で実装面積も6割削減、TIの車載マルチスイッチ検出インタフェース – @IT MONOist



TIのハインツ・ピーター・ベッケンマイヤー氏

 Texas Instruments(TI)は2017年10月19日、東京都内で車載システム向けのソリューションに関する説明会を開いた。TIにとって車載事業は収益の18%を占める重要な分野で、研究開発投資も全体の22%を車載分野に振り向けている。また、2016年の車載向けの新製品数は2014年比で2倍に増えた。

 会見にはTI オートモーティブシステムズ ディレクタのHeinz-Peter Beckemeyer(ハインツ・ピーター・ベッケンマイヤー)氏が登壇。先進運転支援システム(ADAS)、ボディーエレクトロニクス、インフォテインメント、パワートレインの電動化の4分野で、開発期間短縮に貢献するための事例を紹介した。

 ボディーエレクトロニクス向けには、デバイス単独で最大54個のスイッチやセンサーからの入力を監視するマルチスイッチ検出インタフェースを投入すると同日付で発表した。従来のディスクリート構成の製品と比較して、消費電流を最大98%低減してμAレベルを達成するとともに、基板実装面積を6割削減する。要求される機能に対応しながらマルチプレクサーやオペアンプ、ADコンバーターなどの外付け部品を集積して1チップ化したことで、周辺部品の点数を大幅に減らした。


マルチスイッチ検出インタフェース「TIC12400」(クリックして拡大)

 ADAS向けには、全周囲表示システムや電子ミラー、ドライバーモニタリングといったカメラを使う機能や、障害物を検知するレーダー技術、センサーフュージョンなど向けに複数のソリューションをそろえる。機能安全要件への適合を支援する設計パッケージ「SafeTI」も提供する。

 ベッケンマイヤー氏は「車載向けのレファレンスデザインを100種類以上用意していることが強み」とし、ADAS向けにも複数のプラットフォームに展開可能なレファレンスデザインも展開する。

 カメラを多用するADAS向けには、1.3メガピクセルのカメラを最大4台接続できるハブの設計が可能なレファレンスデザインを提案する。4つのカメラからの入力を2組のパラレルビデオポートにまとめてシステムを簡素化することもできる。

 この他にも、LED化が進むヘッドランプ、テールランプ向けには、高精度な減光機能をマイコンなしで実現するLEDドライバICのレファレンスデザインを提供している。インフォテインメントシステムでは、ヘッドユニットのUSB Type-Cへの移行や、オーディオの音質向上を支援する。また、電源電圧が48Vのマイルドハイブリッドシステムへは、DC-DCコンバーターの開発プラットフォームを提供する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Xbox One X Japanese TV commercial leaks ahead of reveal [Updated] – Windows Central

The Xbox One X is almost here and Microsoft has promised a new TV commercial on Sunday evening.

It looks like Xbox International Trailers on YouTube has accidentally leaked the Japanese Xbox One X commercial ahead of time. Seems that someone didn’t get the memo! The trailer showcases numerous Xbox One X games such as Assassin’s Creed Origins, Forza Motorsport 7, Halo Wars 2, and Middle-earth: Shadow of War, just to name a few. Translating the text, the video talks about the console’s features, including 4K gaming and other enhanced entertainment experiences.

Updated October 22, 2016: It appears that Microsoft has removed the trailer, ahead of the official scheduled debut. We’ll be sure to update this post with new links in the meantime, until the official video is available once again.

With the new Xbox One X, you can enjoy a better gaming experience no matter if you’re playing first-party or third-party titles. The console boasts 40% higher performance than other consoles on the market and from what we’ve seen, the results show. Just look at the recent Middle-earth: Shadow of War comparison between Microsoft’s upcoming console and the PlayStation 4 Pro for an example.

The Xbox One X launches on November 7, 2017, featuring 6 TFLOPS of processing power and 12 GB of GDDR5 RAM. In addition to that, the Xbox One X also contains a 4K Blu-ray player and a faster hard drive. For those looking to make the most of their gaming experience—no matter if it’s the desire for higher resolutions or more stable frame rates—the console is shaping up to be the device for you.

See at Microsoft
See at Amazon

美人コスプレイヤー競演!ハロウィンシーズンのサンリオピューロランドに「ラブライブ!サンシャイン!!」ヒロインたちが大集合 – ウオーカープラス

「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤに扮する ちゃっちゃんさん

  • 「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤに扮する ちゃっちゃんさん

10月21日(土)・22日(日)の2日間に渡り、サンリオピューロランドで開催されたコスプレイベント「こすぷれふぇすた8 in サンリオピューロランド」。写真撮影だけでなく、コスプレ衣装のまま買い物や、飲食も楽しめる同イベントで見つけたハイレベルなコスプレ美女たちを一挙に紹介しよう。

コスプレイベントと言えば、参加レイヤーの衣装を通して、旬のアニメやゲームを分析できる点も見どころのひとつ。今回の「こすぷれふぇすた」では、現在放送中の「ラブライブ!サンシャイン!!」のヒロインに扮するレイヤーが多く、衣装選びの理由を聞くと、「スマートフォンゲームの『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』に“ハロウィン編”の衣装があって…。時期的に、初出しにはちょうどいいタイミングだと思い、急いで作って持ってきたんです」と話してくれた。

大盛り上がりとなった「こすぷれふぇすた」に続き、10月28日(土)・29日(日)には、池袋東口エリアにて「池袋ハロウィンコスプレフェス2017」も開催される。はたしてこちらのイベントには、どのような作品のキャラクターに扮したコスプレイヤーが集結するのか?気になる人は会場まで足を運び、自身の目で直接確かめてほしい。【ウォーカープラス編集部/取材・文=ソムタム田井】

豪栄道が故郷で英気 大阪で3日連続大相撲巡業 – デイリースポーツ

 大相撲の秋巡業は22日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、ご当地大関豪栄道(31)=境川=が浪速パワーで逆襲Vを誓った。20日は枚方市、前日は岸和田市と大阪巡業3連発。「こんなん初めてとちゃうの?大阪はやっぱええな」と充電しまくった。

 前売り券6000枚は完売。「こんなに天候が悪いのにありがたい」と台風21号が接近する中、詰めかけた観客から一番の声援を受けた。3日連続で異例の子供相撲に参加。「子供の頃のことは覚えているもの」と全力でぶつかりを受け止めて、地元を沸かせた。

 秋場所はトップを独走しながら、終盤に失速し、逆転で優勝を逃した。その“傷心”を故郷が温かく癒やしてくれた。「ここからペースを上げていきたい。初日に一番いい状態に持っていきたい」と、九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)で雪辱を果たし、恩返しする。