VAIOが約2年ぶり進化、新VAIO Pro PGはLTE対応で「常につながる」

「VAIO、法人向く。」の現在を探る
第13回

長時間駆動やセキュリティー性も強化

2017年10月06日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

 VAIOは、2015年12月の法人向け「VAIO Pro 13 | mk3」(個人向け「VAIO S13」)以来、実に1年10ヵ月ぶりに新製品を発売した。新たな13インチモデルの名称は「VAIO Pro PG」(個人向けは「VAIO S13」)と、これまでの数字表記ではなく英語表記に改められた。今回は新生「PGシリーズ」についてじっくり紹介する。

SIMフリーLTE搭載で新たな試みも

 今回のコンセプトは「VAIOらしいPC」であり「生産性を高める次世代の働き方を創る」こと。基本的に個人向けのVAIO S13と法人向けPGシリーズでは製品的にほとんど違いはないが、法人向けを重視し、「安心」「継続」「信用」をキーワードに正統進化させている。ユーザーからの声としては、「LTEモジュールの搭載」「バッテリー駆動時間の改善」にいちばん要望が多く、今回はその点に関して改善されている。

 いちばんの注目は、なんといってもLTEモジュールの搭載だ。これまで「VAIO Pro 11 | mk2(VAIO S11)」には内蔵されていたが、今回13インチモデルにも搭載されたことで、より一層ネットワーク接続に強いモバイルPCとして進化し、選択肢の幅が広がったといえる。今回搭載されたSIMフリーLTEモジュールは、従来のものと違い、さらに受信周波数帯の幅を広げ、国内の主要キャリアを網羅。もちろんキャリアアグリゲーションに対応し、下り最高450Mbpsに高速化している(従来は150Mbps)。SIMスロットもカバー付きとなり、SIMカードが飛び出す心配がない。

↑スロットは、背面からSIMを差し込むが、カバーが付いたことで不意なSIMの飛び出しを抑制することになった。

 そして新たな取り組みとして、LTEモジュール搭載モデルには、Windows 10のデータプランに対応したSIMカード「Cellular Data for VAIO」が同梱される。

 実はVAIO S11でLTE対応モデルを購入した人を対象に、SIMカードをどのように入手するかアンケート調査したところ、約25%人が当面SIMを入れて使用する予定はないと解答。LTEモジュール搭載モデルを購入したにも関わらず、1/4の人が使用していないという実態を踏まえ、モバイルPCでLTE通信ができる快適さを実感してもらうべく、SIMを最初から同梱するようにした。

↑LTE搭載モデルを購入すると同梱される「Cellular Data for VAIO」のSIMカード。

 Windows 10のデータプラン(Cellular Data)とは必要なぶんだけ容量を購入できる、モバイルネットワーク接続の販売サービス。Windows 10に組み込まれた機能のため、特に設定の必要もなく、Wi-FiスポットやLTE通信が可能だ。Cellular Data for VAIOは、フランスの電気通信事業者であるTransatel社が提供するグローバルローミングSIMで、日本国内のサポート対応は株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が担当する。1GBが無料で使える(有効期間 接続後1ヵ月間)ので、購入者は誰でもLTE通信を試すことが可能。モバイルPCでLTE通信が利用できる便利さを実感してもらえるわけだ。

↑Windows 10のデータプランは、SIMカードを差すだけで認識して接続。最初の接続から1ヵ月間、1GBの容量を無料で使える。

↑容量を使い切ると、Windowsストア経由でチャージできる。LTEがつながる環境ならどこでも購入可能だ。

 プリペイドタイプなので、必要なときに必要なぶん、いつでもどこからでもチャージできる。無料で使える容量が切れてしまったらチャージして引き続いて利用が可能。もちろん、別のMVNO事業者に乗り換えたいという場合は、各社が販売している月額固定容量のSIMを新たに導入してもいい。





この特集の記事

VAIO Phone AのDSDS対応が企業にもメリットをもたらす

「VAIO、法人向く。」の現在を探る
第12回

2つのSIMを使い分けることで公私の区別とコストを削減

2017年09月20日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

 「VAIO S11」や法人向けモデルの「VAIO Pro 11 | mk2」はSIMスロットを内蔵し、SIMを差せばLTE通信が可能だ。このため、どこへ行くにも持ち運び、LTE通信ができる場所なら、どこでもネットへアクセス。モバイルワークが可能だ。とはいえ、通勤電車の中やテーブルのない場所など、モバイルPCを開いて作業するには難しいときもある。そんなときは、やはりスマホが大活躍する。今回は、手軽にコミュニケーションできる「VAIO Phone A」の活用術を紹介しよう。

ミドルレンジクラスで2万円台というコスパ

 今年の4月に発売された「VAIO Phone A」は、アルミ削り出しボディーにVAIOのロゴがエンボス加工されていて、「VAIO Z」を連想するようなスマホだ。昨年発売された「VAIO Phone Biz」と外観的にも、搭載しているCPU(Snapdragon 617(1.5 GHz +1.2 GHz))や3GBメモリー、16GBのストレージといったスペック的にも変更はないが、OSはWindows 10 MobileからAndroid 6.0へ変更され、対応通信バンドが強化されている。

↑5.5インチの液晶を備えた「VAIO Phone A」。アルミ削り出しボディーによる質感の高さは秀逸。

 また、ドコモのキャリアアグリケーションに加えVoLTE音声通話にも対応。ドコモ系のMVNOなら利用できる。さらに、VAIO Phone Biz でもSIMを2枚差す(1枚はmicroSDカードと排他的)ことができたが、両方同時に待受ができなかった。これが同時待ち受けできることで、いわゆるDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応となったわけである。

↑ドコモのVoLTEに対応するにはSIMスロット1の方に音声通話付きSIMを差す必要がある。

 それでいて価格は、2万1384円(税込)とミドルレンジのスマホとしてはかなり価格が抑えられている。VAIO Phone Bizが発売当初5万9184円(税込)、現在は3万2184円(税込)であることを考えると、かなりコストパフォーマンスが高い。会社が導入するにあたりVAIO Phone Aは金額的負担も抑制できる。





この特集の記事

企業導入の決め手! VAIOならではの導入支援サービスとは?

「VAIO、法人向く。」の現在を探る
第8回

法人向けに力を入れてきたVAIOの取り組み

2017年07月14日 09時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

 安曇野にあるVAIOの里へ訪れての取材、最後はいまVAIOで最も力を入れている導入支援サービス、いわゆるキッティング工程を見学した。品質管理、VAIO Z製造工程、安曇野FINISHと見てきたが、キッティング工程も、同じ建屋の1階アッセンブリ工程の近くにある。そこには、ひとつ屋根の下ですべて作業を完結するVAIOならではのメリットがあった。

安曇野FINISHと同等レベルでキッティング作業

 取材したときは、残念ながら実際にキッティング作業している風景は見られなかったが、技術&製造部 ソフト技術課の西澤さんと奥原さんに説明していただいた。



↑左が技術&製造部 ソフト技術課 課長の西澤良太郎さん、右が技術&製造部 ソフト技術課の奥原直樹さん

 まず、キッティング作業の開始は、梱包されたPCを開封するところから始まる。これは、先ほど安曇野FINISHで一度梱包したものを、もう一度ここで開封することになる。なぜそのようなことをするのか。「キッティング作業は、お客さまに一度納品したあと変更依頼がかかって、こちらへ戻してから作業するものがあるんです。このためすべて開封という作業から投入するようにしています」(西澤さん)。

↑まずは梱包されたPCを取り出すところから始まる。安曇野FINISHで梱包された状態のもののほか、お客さまからお預かりしたものもある

 開封作業後は、安曇野FINISH同様の外観チェックから入る。「一度お客さまへ納品したものがここへきた場合、外観上の不具合が発見された場合は、お客さまへ確認しつつ、修理を実施するという対応になります。当然我々の建屋の中には修理するフロア(2階)もありますので、そちらと連携して修理してもらいます」(奥原さん)。このあたりは、これまで見てきた工程と同様、同じ建屋内にすべてあるからこそできるメリットだ。

 外観検査のあとは、クローニングと言われる工程で、お客さま専用のOSイメージを流し込んでいく。安曇野FINISHの工程でもOSのインストールを実行しているが、ここでは、お客さまの指定で預かったソフトや設定が入っているOSを、もう一度入れ直している。

 各製品の管理は、これまでと同様バーコードを利用しており、バーコードを読み込むことで必要なデータをサーバーからダウンロードしてインストールされる。「うちの強みは、製造ラインと同じ考え方を徹底していることです。受け入れ工程から最終工程まで、トレーサビリティデータがデータベースに記録されています。たとえ作業ミスが発生しても、最終工程でチェックをし、どこが悪かったのかがわかるようになっています」(奥原さん)。

大量導入時の負担を軽減、シリアル番号などの刻印も

 クローニングのあとは、コンピューター名だったり、IPアドレスだったりといったお客さまの個別設定を行なう。もちろん、お客様が作業を依頼した場合で、企業のIT担当者が納品されてから設定しても構わないが、台数が多いとかなり大変な作業になる。そういった負担を軽減するのがキッティングであり、できるか否かがPC導入にも影響するところだ。



この特集の記事

Webデザイナーに最適な大画面液晶ディスプレイBenQ『PD2700Q』で作業効率と作品クオリティの向上に貢献!

目に優しく作業効率アップさせる機能を満載

2017年06月29日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

 これまで、デザイナーの主戦場といえばデスクトップPCが中心だったが、最近はノートPCでもパワフルな製品が増えてきたため、ノートPCを利用した作業環境も少なくない。またデザイナー業界も、紙媒体よりはWebサイトを製作するWebデザイナーや、スマホゲームを制作するゲーム系デザイナーなどが増えており、画面上だけで作業が完結することも多い。そうなるとディスプレイの存在は重要だ。今回はそんなWebデザイナーに適した製品であるBenQ『PD2700Q』を紹介しよう。

ノートPCの狭い画面から開放

 Webデザイナーとなると、ユーザーが見る環境がスマホやノートPCである場合が多いため、作業環境もノートPCで完結させてしまうこともある。最近はフルHD以上の解像度のあるノートPCも多いので、解像度的には十分ではあるが、画面サイズは13インチや15インチクラスとなるため、文字サイズを大きくしたりすると、実質解像度は小さくなってしまう。

 すでにその画面サイズに慣れて作業していると、作業効率が悪くなっていることに気が付きにくいかもしれないが、デザイナー御用達のアドビ系ソフトなどは、作業用パレットが多く、それらをいろいろと開いていると実作業の領域がかなり小さくなってしまう。そのため無駄に拡大縮小やスクロールを繰り返して作業することになり、効率を悪くしているはずだ。

 そこで、外付けディスプレイの活用だ。HDMIやDisplayPortを備えたノートPCなら、ケーブル1つで接続可能。ディスプレイ端子のないMacBook Proでもアダプターを介せば、外付けディスプレイと接続はできる。接続するディスプレイは、デザイナー向けディスプレイがオススメだ。BenQの『PD2700Q』もその1つ。作業の使い勝手を考えられた製品だ。

↑BenQのWebデザイナーに最適なディスプレイ『PD2700Q』。



Windows 10 IoT Enterprise搭載小型PCが4万円台で発売

Windows 10 Homeに比べて少ない頻度で安定したアップデートが期待

2017年06月21日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

 アイ・オー・データ機器は6月21日、デジタルサイネージ用小型パソコン「CLIP PC」にWindows 10 IoT Enterprise搭載モデルを追加した。7月下旬に発売する。

 現行モデルのCLIP PCはWindows 10 Homeを搭載している。今回、Windows 10 IoT EnterpriseのLTSB 64bit版を採用したことにより、アップデートはセキュリティーパッチやバグフィックスのみとなり安定した環境を長く運用することが可能。同社のサイネージアプリ「時間割看板」がプリインストールされている。

 CPUはインテル Atom x5-Z8550を採用、2GBメモリー、32GB eMMC、無線LANやBluetoothを搭載。HDMI出力×1やUSB 3.0、micro SDXCカードスロットなどを装備。サイズはおよそ幅46×奥行き76×高さ15mm、重量約53g。予想実売価格は4万2984円。

これは未来、SFの世界を現実化したような「HP Sprout Pro」

タッチ操作に加え、3Dスキャンにも対応した液晶一体型機

2017年06月14日 06時00分更新

文● ASCII

 日本HPは6月12日、本体上部にプロジェクターや3Dカメラなどを備えた、新しいタイプの液晶一体型デスクトップ機「HP Sprout Pro(スプラウト・プロ) by HP G2」を発表した。

HP Sprout Pro by HP G2

 23.8型のタッチ対応ディスプレーを備えた一体型機。ディスプレーの上部に飛び出したユニットに高解像度のカメラを搭載。3Dスキャナーや書画カメラの機能を持つ。さらに机上に置いたタッチマットに、投影できるプロジェクターも装備する。ここはPCからはセカンドディスプレーとして認識される。タッチマットは20点タッチ対応の静電容量式で、ペンなどを使った直感的な操作が可能だ。

 現実のアイテムを2D/3Dイメージとしてデジタル化し、手で触れるように操作、編集できる新しい感覚のUIが特徴的だ。最新世代のCore i7や高性能なグラフィックスチップを備えるなど基本性能も高い1台になっている。

 なお、背面にはHDMI出力も備えており、本体を含め合計3画面での作業が可能。外部出力時には、メイン/セカンドディスプレーを縦位置の1画面に収めたミラーリング表示も可能。教室などでは、講師が操作している画面を大画面に映し出して、生徒に見せるといった使い方も可能だ。

上部に高解像度のカメラやプロジェクターを装備している

 主な仕様は、Core i7-7700T(2.9GHz)、16GBメモリー、512GB SSD、GeForce GTX 960M(2GB)。OSはWindows 10 Pro。ディスプレー部のサイズは23.8型で、解像度は1920×1080ドット(10点タッチ対応)。プロジェクター部は1920×1280ドットのDLP方式。投影サイズは21.3型となる。搭載カメラは約1460万画素(4416×3312画素)。

 本体にはSDメモリーカードスロット、USB 3.0×4、HDMI 2.0出力、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応の無線LAN、Bluetooth 4.2などを搭載する。「HP WorkTools」などSprout専用アプリケーションを用意している。

背面

Sprout専用のアプリを用意している

 本体サイズは幅673×奥行き586×高さ569mm(タッチマット配置時)で、重量は約12.8kg。標準3年保証で、翌日オンサイト対応。さらにサポート内容には、ハードウェアの設置に加え、デモサービスも付加するとのこと。

スタンドの手前部分(写真ではキーボードの下の部分)にクイックに機能を呼び出せるボタンが付いている

側面から見たところ、奥行きはあまりとらない

 発売は7月上旬で、HP Directplusでの直販価格は52万円(税別)。3Dキャプチャをより精密に行なうための回転台が付属したモデルは56万円(税別)だ。