MEB, TDK, nefret ve Aleviler – Birgün Gazetesi (Basın Bildirisi)


İki kamu kurumu: Milli Eğitim Bakanlığı (MEB) ve Türk Dil Kurumu (TDK).

Türkiye’de kamu kurumlarının Alevilere yönelik tutumlarında değişim yok. Osmanlıdan beri süregelen nefret ve yok sayma ezberleri değişmiyor. Bu nefret her daim canlı ve diri tutuluyor. Bu hafta içinde kamuoyu gündemine gelen ve kamu kurumları tarafından üretilen nefretler bunun göstergesidir. MEB onaylı “Sünnet Olmadan Ümmet Olmaz- Hadislerle Kur’an ve Sünnet” adlı kitap, 11-14 yaş arası çocuklara dağıtılıyor. Kapakta “yol arkadaşlığı” yazıyor. Ama kitap farklı inançlara ve kültürlere düşmanlık ve nefret yolu açarak suç işliyor. Toplumsal huzur yerine, kutuplaştırmayı derinleştiriyor. “yol arkadaşlığı” için “Bir Müslüman ‘şeriata karşıyım’ diyemez” ifadesiyle, çocukların arasına şeriat çizgisi konuluyor.

Alevilere nefret kusan kitap, “Bir kısım Aleviler Avustralya’ da toplantılar yapmış, Sidney Radyosu’ndan konuşmalar yapmışlar, şeriata vurmuşlar aleyhinde konuşmuşlar. Hz. Ali Efendimiz’ in yoluna, onun bağlı olduğu İslam’a çatmışlar. Böyle şey olur mu? Demek ki onlar Alevilik perdesi altında ateist” gibi ifadelere yer veriyor. Kitap sadece Alevilere saldırmakla kalmıyor. 11-14 yaş arası çocukların, Avrupalılara, farklı kültürlere ve inançlara karşı nefret beslemesi için, “Avrupalı müsteşrikler, Avrupalı şarkiyatçılar, Avrupalı papaz bozuntuları” şeklinde ifadelere yer veriyor.

MEB onaylı kitabı okuyan çocukların, sınıfında, okulunda, binasında ve mahallesinde oturan Alevi ve Avrupalı arkadaşlarına, komşularına karşı daha önyargılı ve nefret duygusuyla yaklaşmasına neden oluyor. Farklı inançlar, kültürler ve düşünceler arasında saygıya ve tanışmaya dayalı ilişkiler yerine, kamu eliye düşmanlık üretiliyor. Çocukların masum kalplerine ve akıl tarlalarına Aleviler ve Avrupalılar “yol arkadaşı olamaz” algısını yerleştiren ideolojik ve mezhepçilik, çocukların “yol arkadaşlığına” şeriatın yeşil çizgisini dayatıyor.

Kitaplar ve sözlükler Alevi nefreti saçıyor
Dil sözcüklere sığınır. Dil savunduğunuz düşüncenizi, bilinçaltına yüklediklerinizi ele verir. Diliniz sizi tüm toplumsal renklerle ya insani ve eşit haklarla kucaklaşmaya, ya da önyargılar, nefret söylemi ve ötekileştirici dil ile kavgalı hale getirir. Bir başka kamu kurumu olan Türk Dil Kurumu’nun dilinde ve resmi web sayfasında yer alan “Büyük Sözlük” kısmına “Cem” yazdığınızda, “Alevilerin ibadet şekli”, “Cem Evi” yazdığınızda da “Alevilerin ibadet yeri” yazmıyor. Çünkü Aleviliği tanımamakta ısrarlılar. Fakat TDK’nin aynı sözlüğüne “vazalak” kelimesini yazdığınızda karşınıza: “Geveze, sözünü bilmez, aptal, serseri, Alevi, Müslüman olmayıp, öyle görünen, oruç yiyen” çıkıyor.

Şaşırmıyoruz!
Karşınıza yine devletin sığındığı mezhepçi dil ve Alevi nefreti! Alevileri ‘sözünü bilmez’, ‘aptal’ ve ‘serseri’ gibi kelimelerle eş anlamlı gören bu algı, Osmanlı’nın Şeyhülislam fetvalarıyla beslenmiş ezberlerden başka bir şey değildir. Yüzümüzü nereye dönsek, kulağımızı kimse açsak, Alevi nefretiyle karşılaşıyoruz. Tarihsel belleklerde yer edinmiş Alevi nefreti, bugün AKP iktidarı döneminde TDK’nin sözlüklerinde, Diyanet’in fetvalarında, MEB’in din eğitimlerinde, MEB onaylı kitaplarda canlı ve diri tutulmaya çalışılıyor. Alevi nefreti sadece buralarda yaşatılmıyor; bir Alevinin yurttaş kimliği ile siyaset yapması bile, suç teşkil ediyormuş gibi, iktidar siyasetin mezhepçi retoriğinde yer alan nefret ve mezhepçi söylemleriyle de yaşatılıyor. Bitmedi; kendine ulusalcı diye tanımlayan “Türk ve Sünni olmak” üzerinden siyaset yapan tekçi ve mezhepçi ulusalcıların siyaset retoriğinde yaşatılıyor. İktidar yanlılarıyla, onlarla aynı tutum içinde yer alan, tekçi ve mezhepçi ulusalcı yazarların ve siyasetçilerin, CHP içinde siyaset yapan Alevilere yönelik mezhepçi yaklaşımlarında da yaşatılıyor.

Özetle yüzümüzü nereye dönsen Alevi nefreti besleniyor. Çünkü Aleviler kimi için “sapkın”, kimine göre de “asimile edilecek kesim”, siyasetçilere göre de kitlesel cari açıklarını dolduracak “sandıktaki oy sayısıdır.”

Üzülerek söylemeliyim ki, Türkiye’de tüm toplumsal renklere eşitlik diliyle, eşit hizmet anlayışıyla ve eşit yurttaş haklarıyla yaklaşan bir kamu kurumu ve hizmeti yoktur. Siyasi iktidar ve kamu kurumları, Alevileri “eşit yurttaş” olarak görmüyor. Kamu kurumları ve kamu hizmetlerinde yaşanan ayrımcı, dışlayıcı, aşağılayacı ve nefret dolu yaklaşımda olumlu adımlar açısından zerrece değişim yok. Aksine artış var.

Kamu kurumları ve iktidar siyaseti üzerinden üretilen ayrımcılık, korkular ve nefret söylemine karşı hukuksal, siyasal, kamusal düzenlemelere acil ihtiyaç vardır. MEB onaylı kitap derhal toplatılmalı ve TDK’nin sayfasındaki nefret ve hakaret ifadeleri derhal çıkarılmalıdır. Özgürlüklerin ve temel hukuksal hakların OHAL ile gasp edildiği bir ortamın bu türden nefret ve ayrımcılığı ürettiğinin bilincindeyiz.

Bu nedenle, kamu, kurum ve hizmetlerinde yaşanan ayrımcılık ve nefret söylemiyle üretilen ötekileştirmeye, düşmanlaştırmaya ve toplumsal kutuplaştırmaya karşı, farklılıkların eşit haklarla barış içinde bir arada yaşamasının tek güvencesi olan laik yaşam için, birleşik mücadele ile tüm toplumsal kesimlerin yan yana gelerek, demokratik, laik siyaset ve düzen el ele, omuz omuz vermesi zaruridir.

「日本企業、世界最高の技術で危機突破」と韓国紙、「復活には従来の主力事業捨て去る構造調整が根底に」とも – Record China

2000年代のデジタル時代に入り、世界の舞台から脱落したかに見えた「株式会社日本」が復活している、と韓国紙が注目している。「日本企業の復活には技術競争力という共通点がある」と強調する一方、「従来の主力事業まで思い切って捨て去る構造調整が根底にある」とも指摘している。

韓国紙・朝鮮日報が復活の代表例として取り上げたのは富士フイルム、ソニー、キヤノン、任天堂、日立など。

富士フイルムに関しては、東京・六本木の本社3階にある社内革新センターを紹介。「幹細胞で作った人工皮膚、直径1ミリの超小型内視鏡レンズ、放射線診断補助薬、皮膚再生化粧品など革新的製品50種類余りが展示されていた。しかし、富士フイルムの象徴であるフィルムは耐熱フィルムなど3種類だけだった」と説明し、「デジタルカメラとスマートフォンの登場で主力だったフィルム市場は消えたに等しいが、本業消滅の危機を克服したと言える」と報じている。

テレビなど家電製品の不振にあえいだソニーについては「『機械の目』と呼ばれるイメージセンサー市場で世界首位に立ち、危機を乗り越えた」と報道。「1940年代の設立当時からラジオ、テレビに必要な音声・映像信号を処理するトランジスタ技術で独自の競争力を持っていた。テレビ、ノートパソコンなどが相次いで売れなくなっても、カメラ、イメージセンサーを作る技術力がソニーを支えた」と述べている。

デジタル一眼レフカメラで世界に君臨するキヤノンは「スマホ用のカメラに押され、主力のカメラ事業は停滞状態だが、前年比で30%以上成長した設備事業がある」と言及。「キヤノンはカメラ技術を活用し、半導体やディスプレーを生産する際に光を照射して微細な回路を描き出す高価な設備を生産している」と伝えている。

さらに「日本を代表するゲーム機メーカー・任天堂の華麗な復活は『株式会社日本』の底力を見せつける一断面だ」と例示。「スマホ向けのゲームには目もくれず、ゲーム専用機一筋にこだわった。それで誕生したのが『スイッチ』だ。昨年3月からこれまで全世界で1400万台以上が売れ、再び世界のゲーム市場を席巻する勢いだ」としている。

日立のケースは構造調整の見本として「00年代半ば以降、半導体、ディスプレー、テレビ、ハードディスクドライブ(HDD)などそれまで主力としていた電子事業をほぼ全て切り捨てた」と解説。「韓国、中国に追い上げられていた分野を分離したのだ。その代わりに技術的な優位が確実だった大型工場設備、風力発電、エレベーターなどを主力に事業再編を図り、年商8兆〜9兆円、営業利益5000億〜6000億円という超優良企業へと生まれ変わった」と評価している。

朝鮮日報によると、日本企業について韓国の専門家は「最悪の危機を独自技術と資本力で克服し、再び世界一流の隊列に加わろうとしている」と分析。「韓国企業は世界市場で厳しい状況を強いられる状況だ」と焦燥感を募らせている。(編集/日向)

HP’s big Boise campus now belongs to you. Here’s what that means – Idaho Statesman

Bob Geddes looked out as the doors to an oversized freight elevator opened on the second floor of Building 2 on Hewlett-Packard’s Boise campus. He saw a big empty room with no walls chopping it into smaller spaces, and big windows offering views of the Boise Foothills to the north.

“It’s like a football field,” said Geddes, head of the Idaho Department of Administration.

The room was once filled with cubicles. They fell victim to downsizing that has gradually reduced the number of HP employees in Boise from a peak of about 7,000 to fewer than 4,000 by 2014. By Geddes’ estimate, the count is more than 2,000 now. HP Inc. won’t say how many employees are left.

Most people in the Treasure Valley have never been inside HP’s buildings. Soon, that will change. The state bought the campus at 11311 Chinden Blvd. — all eight buildings, with 1.5 million square feet of space, and nearly 200 acres, including 54 acres of parking lots — in December for $110 million. The citizens of Idaho now own it. Already, local residents have started jogging on paths around the campus.

The state plans to move agencies into some of the buildings gradually over the next several years. HP Inc. will stay in five of them for now, and its sister business, Hewlett Packard Enterprise, will keep at least one. They are now tenants, as is Sykes Enterprises, which runs a call center in one building. Idaho doesn’t want HP to leave, so the company likely will get to stay for as many years — or decades — as it wants to lease space there.

Geddes led a tour in Building 2, the middle of the three buildings facing Chinden Boulevard. Dark industrial carpet covers the concrete floors, while columns of posts break up the space every few yards. Geddes sees great potential.

HP first says no, then yes

Geddes, who spent 10 years as president pro tem in the Idaho Senate, now leads a department whose duties include running state buildings and leasing commercial real estate for state offices.

Before his current job, Geddes spent a year on the Idaho Tax Commission. For 27 years, that agency has leased space at the Washington Group Plaza on the eastern edge of Downtown Boise. St. Luke’s Health System, another tenant, exercised an option last year to buy the plaza. The Tax Commission’s lease was coming up for renewal, so Geddes began looking for a new home for his old agency.

Initially, the state was interested in the mostly empty Building 2. (The buildings are numbered in the order in which HP built them.) Officials asked whether the company, headquartered in Palo Alto, California, was interested in selling the building. It was not.

The state issued a request for space to lease or buy. It received 46 proposals. One was from HP. In a change of mind that followed discussions with state leaders, HP offered to sell its entire campus. Geddes and Gov. Butch Otter met with legislative leaders, who embraced the idea.

As the state has grown, so has its government, a trend expected to continue. Buying the HP campus offered the chance to curb the millions of dollars per year spent on leases, consolidate agencies scattered among several locations, and build new buildings if needed on the campus’s open acreage.

The Legislature approved the purchase late in its 2017 session. On Dec. 21, the deal went into effect.

HP campus with numbered buildings
This photo was taken before a 2016 landscaping project that replaced 31 acres of turf grass with native grasses and other plants.

Provided by Idaho Airships

Related stories from Idaho Statesman

Campus dates to 1970s

Hewlett-Packard began its Boise operation in 1973, employing a dozen people who worked out of a 26,000-square-foot building at 15 N. Phillippi St. that is now used by the American Red Cross.

The company picked Boise to produce a new printer used with what was described at the time as “mini computers.” The first building at the Chinden campus was completed in 1976 for $7 million. Two other buildings were added soon after, with others added in the early 1980s.

It’s hard to believe, Geddes said, that the buildings, with the look of a small college campus, were built that long ago. HP has an outstanding building-compliance record, and there are no contamination issues, he said.

“It’s a very well-built and maintained property,” Geddes said. “I think we’re getting a great value here.”

It will become the largest state-owned office complex. The Department of Transportation on State Street has 45 acres.

For years, only people who worked for HP had access. A guard shack prevented unauthorized outsiders from coming in.

The buildings are ringed by paved parking lots with room for 5,437 vehicles. Canada geese are plentiful.

The campus includes 30 acres of undeveloped land on the western edge at North Cloverdale Road and 20 acres on the west side next to North Five Mile Road. Hay is grown on both fields, under contract. A soccer filed and a small lake, part of a nature area, are on the south side.

Thirty-one acres, including the lawn fronting Chinden, were landscaped in 2016 to replace water-thirsty grass with native plants and grasses. Geddes said citizen complaints about the appearance might lead the state to scale back some of the native plants.

‘A savings for taxpayers’

The state sold bonds to pay for the purchase amount, plus $29 million authorized by Legislature for improvements. The bonds, at an interest rate of 3.7 percent, are scheduled to be paid off in just under 30 years, Geddes said. The state will lease space to HP, Sykes and its own agencies, and the lease revenue will cover the cost of the bonds, with no additional taxpayer contribution, he said.

“Ultimately, it will be a savings for taxpayers,” Geddes said.

The Tax Commission alone has paid out $40.8 million in rent for the years it has been located at the Washington Group Plaza. Geddes said the state could have better spent its money by having the agency in a state building.

The state projects collecting about $7 million in rent in what is left of this fiscal year, which ends June 30. Next year, that will rise to $12.8 million, said D. Keith Reynolds, chief financial officer for the Department of Administration.

State occupation will be gradual

The Tax Commission will be the first agency to move in, with its 438 employees moving in starting in the fall. Other agencies will be added as leases expire.

HP Inc. will continue using more than half of the campus’s space, 800,000 square feet. It uses Building 1, on the left side of the entrance, for its operations selling printers, ink and personal computers.

“This decision will ensure HP is able to maximize the value of its real estate investments and create future growth at the Boise campus,” spokeswoman Dana Lengkeek said.

Sykes, a Tampa, Florida, company that operates a call center at Building 8, on the west end of the HP campus, has three years left on its lease, with an option for renewal.

First Tech Federal Credit Union, which serves HP workers from an office in Building 2, will remain.

Hewlett Packard Enterprise, formed after a 2015 split from HP, sells data storage, software and servers, and it occupies part of Building 2. It has a lease that ends in July.

“That space will be used to accommodate the Industrial Commission and perhaps other smaller agencies or departments,” Geddes said.

Hewlett Packard Enterprise will continue to occupy Building 4.

The public will not be admitted to the leased buildings except as their tenants allow. State offices might have access controlled by badges, though Idahoans will have access to offices the public needs to transact state business. The grounds are open to the public.

Bob Geddes screen snap from video
Bob Geddes, director of the Idaho Department of Administration, says the state will get its money’s worth from the former Hewlett-Packard campus in northwest Boise.

Kelsey Grey kgrey@idahostatesman.com

No more private tenants

Geddes said the state is not looking to become a landlord for other businesses. He said the state will honor the leases for the existing businesses but won’t solicit others. Besides, there might not be enough room for all of the state agencies interested in moving to the campus.

“We’ve had inquiries from nearly every agency in state government asking when they can get in on the list,” Geddes said.

Owning the entire campus gives the state great flexibility, Geddes said. The property also comes with water rights to maintain the undeveloped land.

“I think it’s a very appealing and attractive campus,” he said. “We hope to be able to improve it.”

100m後方の車両まで検出できる「電子ミラー向け物体認識技術」を三菱電機が開発 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

  • 2018/01/21
  • Motor Fan illustrated編集部

ドライバーに車両後側方の遠方物体を早めに知らせて安全運転を支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は、業界最高性能となる車両後測方の物体を100m程度の遠方から早期にカメラで認識する「電子ミラー向け物体認識技術」を開発した。接近する物体を早期に検出すると同時に種類を識別し、ドライバーに注意を促すことで車線変更時などの事故防止に貢献する。

自動車のバックミラーやサイドビューミラーをカメラとモニターで代替する電子ミラーシステムは、2016年6月に欧州や日本で認可されている。バックミラーは、ミラーとモニターを切り替えられる電子ルームミラーの採用が始まっている。サイドビューミラーに関しては、モニターの配置、見せ方などクルマのHMIを大きく変える必要があるため、現在、実際の市販車に搭載されて登場するのを待っているタイミングだ。

三菱電機が開発した「電子ミラー向け物体認識技術」は、100m遠方の物体を早期に検出できるというから、鏡がモニターに変わる以上のメリットをドライバーにもたらすことになる。

独自の「視覚認知モデル」により、100m程度の遠方の物体を早期に検出

視野内の目立つ領域に優先的に注目する人間の視覚的注意(視野内の目立つ領域に優先的に着目する無意識下での生理反応)を模倣した独自のアルゴリズムによる「視覚認知モデル」を開発し、遠方の物体でも早期に検出できるようになった。

従来の物体認識技術では30m程度あった最大検出距離を業界最高性能となる100m程度にまで拡大し、検出精度を14%から81%に向上させた。最大検出距離とは、見通しの良い直線道路で、乗用車程度の大きさの物体を検出可能な最大距離のことをいう。

また検出精度とは、自車位置から100mまでを10mごとに分割して、各区間で求めた検出精度の平均値をいう。

三菱電機のAI技術「Maisart」により、リアルタイムに物体を検出・識別

「視覚認知モデル」を三菱電機AI技術「Maisart」(Mitsubishi Electric’s AI creates the State-of-the-ART in Technology)に取り入れることにより、検知した物体の種類(人、乗用車、トラックなど)を識別することで、検出から識別までを低演算量で実現する。

低演算量の「視覚認知モデル」とコンパクトなAIの組み合わせにより、車載向け組み込みシステム上でリアルタイムに動作する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

マイクロソフト、従業員専用のXRアプリ開発スペースをオープン – ニコニコニュース

マイクロソフト従業員が自分のアイデアを検討するための施設「マイクロソフト・ガレージ」が、従業員専用のXRアプリ開発スペース『ガレージ・リアリティルーム』をオープンしました。XRに興味のある従業員の情熱を支援し、新サービス創出を目指します。

大企業病を回避するガレージ・プロジェクト

マイクロソフトは2009年から、「ガレージ・プロジェクト」と呼ばれる取り組みを行ってきました。ここでは従業員が勤務時間以外の時間を利用して、自分のアイデアを実現するためのアプリ開発などに取り組むことができます。
企業が大企業化するのに伴いベンチャー精神を失い、ユニークな製品が創出されなくなるというケースは珍しくはありません。そんな大企業病を回避し、革新的な企業であり続けるために、現在もプロジェクトが続けられて来ました。
今までに、プレゼンテーションを自動翻訳し、スライドにリアルタイムで字幕を表示する『Presentation Translator』など、数多くのプロジェクトがこのガレージ・プロジェクトから生まれています。

XR向けの新施設

そして今回、VR/AR/MR開発に特化した施設として『ガレージ・リアリティルーム』が新しく本社のあるワシントン州レドモンドにオープンしました。宇宙船をモチーフにした未来的なこの施設には、同社が提供する HoloLens や Windows Mixed Reality ヘッドセットはもちろん、HTC Vive 等の他社製品、モーションキャプチャやクロマキー合成用の機材も設置されています。

https://www.youtube.com/watch?v=_FMCUpJ5zYY

従業員はこれらの設備を自由に使い、興味を持ったアイデアを実現することができます。
また、このスペースでは従業員が新技術を学ぶための講演やワークショップも開催され、これらの技術に興味がある社員同士を繋ぐコミュニティハブとしても機能します。

マイクロソフトはこのような取り組みを通じ、従業員の情熱を育むのを支援してきました。過去最高株価を更新するなど業績も絶好調ですが、このガレージからさらなる革新的な製品やサービスが生まれることが期待されます。

(米マイクロソフト公式ブログ)
https://www.microsoft.com/en-us/garage/blog/2018/01/garage-reality-room-arrives/

(参考)
Microsoft Launches Sci-Fi ‘Reality Rooms’ For Employee VR/AR Development https://uploadvr.com/microsoft-launches-sci-fi-reality-rooms-employee-vr-ar-development/

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。

マラソン凋落の”元凶”は、駅伝とテレビ局 | ニコニコニュース – ニコニコニュース

日本人は「駅伝」が大好きだ。毎年1月には数々のレースがテレビ中継される。一方、五輪種目のマラソンでは日本勢の苦戦が続いている。日本の長距離界のために駅伝とマラソンを両立させる手はないのだろうか。元箱根駅伝選手であるライターの酒井政人氏は「2つの秘策がある」という――。

■マラソンにとって駅伝は邪魔な存在なのか

日本人は「駅伝」が大好きだ。特に1月は駅伝のハイシーズン。元日の「ニューイヤー駅伝」(全日本実業団駅伝)から、「箱根駅伝」(東京箱根間往復大学駅伝競走)、「皇后杯 全国女子駅伝」、「天皇杯 全国男子駅伝」と立て続けに開催され、テレビ中継も行われる。

一方、マラソンでは日本勢の苦戦が続いている。現役選手は世界記録と男子で4分以上、女子は6分以上も引き離され、昨夏のロンドン世界選手権では「入賞」にさえ届かなかった。テレビ視聴率も、襷をつなぐドラマ=駅伝ほど高くない。

なぜ日本勢はマラソンで低迷するようになったのか。陸上関係者に聞くと、「駅伝がマラソンをダメにしたのではないか」という声が少なくない。つまり「駅伝がなければ、もっとマラソンを強化できる」と感じているようなのだ。

▼「駅伝は自分のキャリアの役には立っていない」

昨年12月の「福岡国際マラソン」で現役日本人選手最速の2時間7分19秒(日本歴代5位)をマークした大迫傑(Nike ORPJT)に、「駅伝の経験は現在のキャリアに役立っているか?」と聞いたところ、こんなアンサーが返ってきた。

「僕の走りに関しては(役立っている点は)ありません。ただ学生スポーツとして、大学卒業してからも付き合っていける友人を見つけるためには、すごく助けになったと思います。人間関係を構築する意味ではすごく良かった。そのままでしたら友達は少なかったと思いますから(笑)」

大迫の言葉には「駅伝」の“問題点”と“存在意義”が示されている。どういう意味か。この点を理解してもらうためには、駅伝とマラソンの関係について把握する必要がある。

■ニューイヤー駅伝の開催日「元日」がネック

陸上関係者が「駅伝がなければ」といったときの「駅伝」とは、元日の「ニューイヤー駅伝」(全日本実業団駅伝)を指す。一般的に「駅伝」といえば、大学生の「箱根駅伝」を想起する人が多いと思うが、これはそれほど”やっかい”な存在ではない。

箱根駅伝でヒーローになり、マラソンでも2時間7分台をマークした今井正人(トヨタ自動車九州)も筆者に対してこう話す。

「箱根駅伝は大学時代に4回しか走れません。明確な目標があるので、選手もそこに向かって自然とモチベーションが上がる。でもその後、実業団に入ると、どこに目標を置いていいかわからなくなる選手は少なくありません」

全日本実業団駅伝のほうが箱根駅伝よりレベルは高い。だがテレビ視聴率では全日本実業団駅伝は箱根駅伝の半分以下だ。陸上長距離で箱根駅伝以上に注目される“舞台”は、オリンピックや世界陸上といった世界大会しかなく、そこに挑める選手は限られている。目標設定が難しいため、「駅伝でチームに貢献できればOK」という甘い考えの選手も出てきてしまう。

▼主要マラソン大会の間に組まれた「駅伝」がやっかい

さらに全日本実業団駅伝が“やっかい”な存在であるのは「レース・スケジュール」だ。

男子の場合、12月上旬に福岡国際マラソン、2月下旬に東京マラソン、3月上旬にびわ湖毎日マラソンと、3つの代表選考レースが開催される。ところが、その間となる元日に全日本実業団駅伝が行われるのだ。全日本実業団駅伝で優勝経験のあるエースランナーは、駅伝とマラソンの両立について、以前筆者にこう語っていた。

「チームとしては駅伝の優勝が最大の目標になります。そのため、直前の福岡国際を走るのは難しい。かといって全日本実業団駅伝の後にマラソン練習をするとしても、東京やびわ湖だと時間が足りません」

■駅伝とマラソンを「両立」させる秘策があった

マラソンで結果を残すためには、2~3カ月の練習期間が必要になる。ところが、シーズンのど真ん中である正月に全日本実業団駅伝がある。マラソンは42.195kmの戦いだが、ニューイヤー駅伝は最長区間が22.4kmで、他の6区間は8.3~15.8kmしかない。当然、マラソンと駅伝のトレーニングは変わってくる。よって、駅伝はマラソンの邪魔でしかない。それが多くの選手の本音だ。

全日本実業団駅伝での名門チームといえば、2000年以降に8度優勝しているコニカミノルタと3度優勝しているトヨタ自動車だ。しかし、この2社に所属する選手は、マラソンでは結果を出せていない。両チームの日本人最高タイムは野口拓也(コニカミノルタ)の2時間8分59秒と、尾田賢典(トヨタ自動車)の2時間9分03秒だ。

近年マラソンで結果を残している前出の大迫や川内優輝(埼玉県庁)の共通点は、駅伝の“縛り”がないことだ。大迫が快走した昨年12月の福岡国際では、好タイムを期待されていた佐藤悠基(日清食品グループ)が思うような結果を残すことができなかった。11月の全日本実業団駅伝の予選会で脚を痛めたからだ。こうした例はひとつやふたつではない。駅伝はマラソンの障害となっていると言わざるをえない状況だ。

▼駅伝・マラソンの開催日程をチェンジせよ

では、駅伝がマラソンの“邪魔”をしないようにするにはどうすればいいのか。

実は、スケジュールを見直すことで、かなりの部分が解決できる。たとえば、2、3月に行われている代表選考レースを、11~1月に前倒しすると同時に、現在元日に行われている全日本実業団駅伝を3月にスライドするのだ。

どのチームも夏には北海道や標高の高い涼しい場所で距離を走り込むため、夏合宿から11~1月のマラソンレースに臨む流れは自然なかたちになる。そして、駅伝はトラックの長距離種目(5000m、1万m)と距離が近いので、トラックシーズにつながりやすい(4~5月にはサーキットや記録会、6月には日本選手権が開催されている)。スケジュール見直しにより、マラソンも駅伝もスムーズに両立できるのだ。

■スケジュール変更の“抵抗勢力”は「あの組織」

実現のためには、日本陸連が全日本実業団駅伝の主催者を説得する必要があるだろう。元日の全日本実業団駅伝は日本実業団連合が主催で、毎日新聞社、TBSテレビ、群馬県が共催する形をとっている。

メディアは自社のかかわっている駅伝やマラソンの注目度を、少しでも上げたい。毎日新聞社やTBSテレビは元日の全日本実業団駅伝を「ニューイヤー駅伝」と呼んで盛んに宣伝してきた。このため3月へスライドすることには難色を示すだろう。

だが、「ニューイヤー駅伝」という名称を続けることと、日本勢のマラソン強化では、どちらが重要だろうか。日本陸連がイニシアチブをとり、確固たるビジョンを掲げて、スケジュールを調整・管理すべきではないだろうか。

▼ニューイヤー駅伝の出場は「4回まで」にせよ

駅伝とマラソンの両立について、もうひとつ秘策がある。

それは、全日本実業団駅伝の出場回数に制限を設けることだ。たとえば、「出場は4回まで」という規定にすれば、個人のレースにも集中しやすくなる。大卒から4年連続出場した場合には26歳。マラソンに向けて本格参戦するにはちょうどいい。箱根駅伝のように出場できるチャンスが限られることで、選手は高いモチベーションを維持できる。視聴者にとっても熱いドラマを期待しやすくなる。

駅伝は日本特有の文化で、日本人の琴線に触れる美しさを持っている。駅伝という文化が長距離の裾野を広げたことは高く評価すべきだろう。また箱根駅伝の人気があるからこそ、高校駅伝や実業団駅伝も盛り上がる。

ただ、駅伝でどれだけ頑張っても、マラソンの強化にはつながりにくい。駅伝とマラソンが両立できるような「仕組み」を考えることが、日本長距離界の“明るい未来”につながる第一歩になるはずだ。

写真=iStock.com/tibor5

信用残ランキング【買い残増加】 楽天、パイオニア、日水 | 個別株 – 株探 … – 株探ニュース

楽天 <日足> 「株探」多機能チャートより

 ●信用買い残増加ランキング【ベスト50】

  ※1月12日信用買い残の12月29日信用買い残に対する増加ランキング。
  (株式分割などがある場合は換算して算出)
    ―― 東証1部:2063銘柄 ――
                  (単位は千株)
      銘柄名      前週比   買い残 信用倍率
1.<4755> 楽天        3,113   11,896   7.08
2.<6773> パイオニア     2,466   13,577   4.02
3.<1332> 日水        1,970   8,771   7.94
4.<8473> SBI       1,906   4,970   4.11
5.<3668> コロプラ      1,829   3,145   1.05
6.<4321> ケネディクス    1,536   18,060   5.60
7.<5301> 東海カ       1,499   3,600   2.30
8.<1802> 大林組       1,021   3,718   14.32
9.<6674> GSユアサ     1,003   6,420   4.61
10.<7238> ブレーキ       993   5,116   7.48
11.<7581> サイゼリヤ      895    997   9.80
12.<9437> NTTドコモ     787   2,560   7.21
13.<6723> ルネサス       758   7,265   7.16
14.<7203> トヨタ        755   2,900   1.48
15.<9972> アルテック      719   2,798   1.60
16.<7575> 日本ライフL     709   3,270   59.36
17.<6474> 不二越        695   1,668   1.45
18.<6857> アドテスト      676   4,957   5.19
19.<3765> ガンホー       658   12,271   0.88
20.<3436> SUMCO      599   6,654   2.71
21.<5020> JXTG       589   4,150   2.37
22.<4714> リソー教育      588    907   13.06
23.<7873> アーク        561   8,349   6.21
24.<9424> 日本通信       533   11,818   3.49
25.<8572> アコム        523   13,155   13.42
26.<1812> 鹿島         521   3,924   3.45
27.<8031> 三井物        514   4,605   4.09
28.<3092> スタートトゥ     493   2,230   4.58
29.<3186> ネクステージ     482   1,493   2.07
30.<8766> 東京海上       481    788   2.26
31.<9433> KDDI       466   5,149   14.42
32.<3197> すかいらーく     462   2,992   4.27
33.<1803> 清水建        434   3,170   4.08
34.<2427> アウトソシン     401   1,891   4.24
35.<6093> エスクロAJ     394   3,993   1.77
36.<4508> 田辺三菱       388    857   1.78
37.<8308> りそなHD      361   4,475   1.19
38.<2282> 日ハム        349   1,627   12.52
39.<2914> JT         334   3,328   18.37
40.<5411> JFE        331   1,253   1.38
41.<2060> フィードワン     330   1,935   2.93
42.<1919> ヤマダS×L     317   9,167   10.25
43.<9984> ソフトバンク     316   8,804   11.69
44.<9432> NTT        314   1,309   11.56
45.<2462> ライク        309    461   4.71
46.<4974> タカラバイオ     297   1,206   4.61
47.<6879> イマジカロボ     291    587   1.39
48.<4845> スカラ        287   1,238   7.16
49.<6770> アルプス       275   3,284   8.74
50.<3289> 東急不HD      272    805   1.53

株探ニュース

週のはじめに考える 電池が社会を変える – 東京新聞

 二十世紀末に始まったIT(情報技術)革命。デジタル化をキーワードに、誰もがネットでつながる世界が生まれ、日々の生活も仕事も変わりました。
 新年のテレビから「お正月を写そう」という声が流れてきました。富士フイルムのCMです。始まったのは一九六六年。「年年歳歳 花相似たり/歳歳年年 人同じからず」という漢詩があります。人の世の変わりやすいのに比べ、自然は変わらないことを表しています。振り袖姿の樹木希林さんは変わりませんが、カメラはスマホになり、フィルムは消えました。

◆ET革命が始まる

 カラーフィルムの世界総需要は二〇〇〇年がピークでした。デジタルカメラの登場でフィルムが不要になり、十年後には十分の一以下に激減。さらに携帯電話で撮って、メールで送る写メで、写真はディスプレーで見ることが多くなりました。
 世界が今のように変わったIT革命は、二十世紀末に始まりました。当初の主役はインターネットやウィンドウズパソコンだったのですが、カメラという一見、関係が薄そうな分野も大きく変えていたのです。
 でも、二十年も革命が続くのは変です。新たな革命が今、始まろうとしています。
 旭化成の名誉フェローで、名城大学教授の吉野彰さんは「これからはET革命だ」と言います。Eはエネルギーや環境を、Tは技術を表します。
 「新しい革命は自動車から始まる。その原動力はリチウムイオン電池」と予言します。
 この電池はノーベル賞候補の業績とみなされ、実用化に貢献した日本の研究者が注目されています。吉野さんもその一人で、一九八一年に研究を始めたパイオニアです。普及のきっかけは、携帯電話がアナログ式から第二世代のデジタル式に変わったことでした。従来のアルカリ電池などに比べて高い電圧を出せることが決め手でした。IT革命の基盤技術となりました。
 「昨年、リチウムイオン電池の用途は電気自動車(EV)向けがIT機器向けを上回ったようだ」と吉野さんは話します。
 同電池関連の特許出願は九五年ごろから急増し、二〇〇三年から低下しました。それが〇七年から再び、増えています。それはEV向けが増加したようです。新技術が製品となって現れる時期がそろそろ来るのです。

◆自宅が発電所になる

 ET革命で何が起きるのか。吉野さんは過激とも思える予想をしています。
 EVは市場規模が大きいので社会を変革する。人工知能(AI)によって、完全自動運転ができれば、安全な交通手段だけではなく、利用者は移動中の時間を有効利用できる。都市では広域駐車スペースの有効活用を図ることができる。車が巨大蓄電システムの役割を果たす。日々の時間の使い方から電力システムまで影響する。
 「信じられないかもしれないが、携帯電話が出てきたとき、今のような世界を想像していましたか」と吉野さんは問い掛けます。
 確かに、デジタル化はカメラだけではありませんでした。音楽はレコードがCDへ。最近はお金も電子マネーが普及しています。
 東京電力関係者らが執筆した「エネルギー産業の2050年」(日本経済新聞社刊)にも、新しい時代の予想が紹介され、業界関係者に衝撃を与えています。
 未来の家庭を「わが家は発電所であり蓄電所でもある。屋根を太陽光パネルに貸す…」と描写して「かつて電気はためられないもの、と言われた。でも今は日本で数千万台という電気自動車が蓄電の役割を担い、電力供給は一気に安定化した」と予想するのです。
 新しい技術が普及するスピードは、どんどん速くなっています。IT革命は二十年程度でした。ET革命がすでに始まっているのなら、五〇年を待たなくても社会は変わっているでしょう。

◆飛躍のチャンスに

 最初に紹介した富士フイルムですが、〇〇年度の売り上げは一兆四千四百億円。売り上げの六割は写真関連事業が占めていました。一六年度は二兆三千二百億円と大幅増収です。
 写真関連で蓄積した技術を生かして新分野に進出したのです。たとえば、液晶パネルの部材として製品化した「タックフィルム」は、写真フィルムに使われる支持体を高機能化させたものでした。現在、世界シェアの約七割を占めています。プリントの色あせを防ぐ抗酸化技術は肌の老化防止につながり、化粧品に応用されました。ET革命を恐れる必要はないようです。技術を磨くことで、飛躍の機会にすることも可能でしょう。

この記事を印刷する