エレコム、Bluetoothワイヤレスイヤホン2モデルを発売 – MdN Design … – MdN Design Interactive

エレコム株式会社は、Bluetoothイヤホン「LBT-HPC41シリーズ」と「LBT-HPC51シリーズ」を1月中旬に発売すると発表した。

「LBT-HPC41シリーズ」は、直径8mmの外磁型ダイナミックドライバー「ETEMドライバー」(ELECOM Torus External Magnet Driver)を採用し、力強い低音を再現できる。音道の先端にドライバーを設置するダイレクトコンタクトマウント構造により、濁りや歪みのない鮮明なサウンドを楽しめる。また、スマートフォンと接続した場合の通話に使用できるMEMS型のマイクも装備している。カラーはブラックとレッドの2色。

「LBT-HPC51シリーズ」は、直径8mmのETEMドライバーとチタンコート振動板を採用したモデルで、厚さ6ミクロンのPETフィルムをチタンコートした高剛性振動板を採用することにより、レスポンスの良い音を実現した。イヤホン部にマグネットを内蔵し、装着しないときは左右のイヤホンを付けて首からかけておくことができる。マイクも内蔵しており、ハンズフリーでの通話を行える。カラーはブラックとシルバーの2色。

エレコム、ハイレゾ対応イヤホン「EHP-DH1000A」を1月発売。12/17(日)ポタフェスイベントには声優日高のり子さんが登場! – Stereo Sound ONLINE

本機出展のポタフェスには声優 日高のり子さんがやってくる!

 エレコムから、カナル型イヤホン「EHP-DH1000A」が1月中旬に発売される。価格はオープンで、想定市場価格は¥14,800前後。

 本機がこれまでのモデルと異なるのは、ダイナミック型ドライバー2基を、背中合わせに配置する独自の「Axial-Acoustic 2Way Speaker System」を採用した点。これはつまり、φ8.8mmの高域用を耳側に、φ10.7mmの低域用をその反対のハウジング内壁に向けて配置するもの。

 低域用ドライバーは、フロントローデッド構造とマグネットに設けたダクトにより高域成分をカット。高域用は振動板が直接ダクトに対向することで、優れたレスポンスを得られるという。再生周波数帯域は10Hz~45kHzでハイレゾ対応を謳う。

 いずれのドライバーもネオジウムマグネットやSSAWボイスコイルを採用しており、ワイドレンジでクリアーなサウンドが楽しめるとのことだ。

 ハウジングには、不要な振動を抑制するとともに、堅牢性と軽量化を実現するため、アルミニウムを採用した。

 ケーブルは、プラグからハウジングまでの配線をグラウンドにいたるまで左右チャンネルで分離。正確な音像定位と豊かな音場表現を実現したという。また、線材はOFCリッツ線で、滑らかな高域再生を行なうとしている。

 イヤーキャップは、内側と外側の硬度を変えることにより音質とフィット感を両立。さらに、重低音の量感を調整できるよう装着時の奥行を2段階で調整できる。サイズはS/M/Lの3種類が付属する。

 EHP-DH1000Aは今週末の12月16日(土)、17日(日)に東京・秋葉原で催される「ポタフェス2017 WINTER」のエレコムブース(ベルサール秋葉原B1-22)にて初めて展示される。試聴も可能だ。

 さらに、17日(日)の13:00~13:45には、ベルサール秋葉原1Fステージにおいて、声優 日高のり子さんをパーソナリティに迎えた仮想ラジオイベント「ELECOM presents 意外にいい声 日高のり子のポタフェスラジオ」が開催される。

 加えて、17日に会場1Fの物販スペースでエレコムのハイレゾ対応イヤホン「EHP-RH2000」を購入した方は、14:45から実施する日高のり子さんサイン&握手会に招待される。販売数量は20個限定なので、興味のある方は急いでゲットしよう。

【関連記事】
「ポタフェス2017 WINTER」12/16(土)17(日)に東京・秋葉原で開催。130ブランド以上の最新製品が集う
12/16(土)17(日)東京・秋葉原で開催の「ポタフェス2017 WINTER」会場で、花澤香菜さんの新曲を先行試聴できる

【EHP-DH1000Aの主な仕様】
●型式:密閉ダイナミック型
●ドライバー径:8.8mm+10.8mm
●インピーダンス:14Ω
●出力音圧レベル:103dB
●再生周波数帯域:10Hz~45kHz
●プラグ:3.5mm、L型ステレオミニ
●ケーブル長:1.2m
●付属品:イヤーキャップ(S/M/L)、コードキーパー、収納ポーチ

田島貴男、ELECOM×FM OH!コラボ企画の第4弾ゲストに決定。直筆サイン入りイヤホンのプレゼントも – AERA dot.

田島貴男、ELECOM×FM OH!コラボ企画の第4弾ゲストに決定。直筆サイン入りイヤホンのプレゼントも

田島貴男、ELECOM×FM OH!コラボ企画の第4弾ゲストに決定。直筆サイン入りイヤホンのプレゼントも


 4月からスタートしたFM OH!の新ワイド番組『OTO-BAKA』の特番として、『ELECOM presents OTO-BAKA 意外にいいSpecialVol.4』の放送が決定し、ゲストに田島貴男が登場する。

 この番組は、FM OH!とエレコム株式会社がコラボし、ELECOMが推し進める“アーティストが語る音楽とイヤホン”と題したアーティスト連動企画。“意外にいい音でラジオを聴こう”をコンセプトに、ELECOMとFM OH!が様々な取り組みが進められている。

 特番内容は、最近ハマっているオーディオの話から、音楽論や好きな音に関する話など熱いトークを繰り広げつつ、同じくこの頃凝っているカメラの話、主催する音楽イベントの話題など多岐にわたり語っていく。そして、番組にメッセージを送ったリスナーの中から、田島貴男の直筆サインが入ったELECOMのハイレゾイヤホンを4名にプレゼント企画も実施予定。

◎番組情報
FM OH!『ELECOM presents OTO-BAKA 意外にいいSpecialVol.4』
12月20日(水)18:00~19:30
スペシャルゲスト:田島貴男(オリジナル・ラブ)
DJ:下埜正太
番組URL:http://www.fmosaka.net/_sites/16783107

◎ELCOMスペシャルサイト
http://www.elecom.co.jp/elecom_audio
田島貴男の取材の模様は、特番放送同日にアップ予定。

トップにもどる billboard記事一覧

持ち運びしやすい薄型軽量のBluetoothキーボード 最大3台とペアリング … – ニコニコニュース

パソコン(PC)およびスマートフォンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、Bluetoothキーボード「TK-FBP102」を2017年12月上旬に発売する。最薄部6.5ミリ、重さ264グラムの薄型軽量モデルで、持ち運びしやすく、場所を選ばずに使用できるという。

Win PC/Android/Mac/iOSデバイス対応

省電力のBluetooth 3.0 Class2規格に適合し、Bluetooth対応のPC/タブレットとレシーバーなしで接続可能。最大3台のデバイスとペアリングでき、「切り替えボタン」を押すだけで瞬時にデバイスを切り替えられる。

日本語79キー配列で、ノートPCなどと同じパンタグラフ式を採用。キーピッチはタイピングしやすいという19ミリ。隣接するキーとの間にスペースがあり、タイプミスを軽減できるのに加え、長い爪も引っかかりにくく快適にタイピングできるという「アイソレーション設計」となっている。

キートップはスタイリッシュで見やすいオリジナルフォントを使用。Android端末で印字通りにキー入力できる独自アプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。メディア再生などに便利な13種類の「マルチファンクションキー」を備える。

Windows PC/Android用、Mac、iOSの各キー配列に切り替えられ、MacやiOSでも日本語配列で使用可能だ。

電源は単4形乾電池×2本。アルカリ電池を使用すれば約1.1年使用可能。電源オンやペアリング状況が分かるLEDランプを装備する。

対応OSはWindows 10/8.1/7/XP、Android 5.0~、Mac OS High Sierra(10.13)、iOS 9.0~。

カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

価格は5310円(税別)。<J-CASTトレンド>

キーピッチ19mm確保、コンパクトでも快適にタイピング

エレコム、重量264gの軽量Bluetoothミニキーボード – マイナビニュース

エレコムはこのほど、コンパクトサイズのBluetoothキーボード「TK-FBP102」シリーズを発表した。12月上旬に発売し、価格は税込5,310円。

重量264g、最薄部6.5mmの薄型軽量キーボード。持ち運びしやすく、場所を選ばずに試用できる。配列は日本語79キーで、コンパクトながら19mmのキーピッチを確保する。キースイッチはパンタグラフを採用した。また、メディア再生などに便利な13種類のマルチファンクションキーを備える。

サポートするBluetoothのバージョンは3.0 Class2。3台までのデバイスとペアリング可能で、ボタンで切り替えて利用できる。Windows PC/Android/Mac/iOSのそれぞれに最適化した入力モードを搭載する。なお、Androidデバイスでは、キートップ上の印字通りキー入力できるエレコム独自のアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応する。

電源は単4形乾電池。駆動時間はアルカリ電池使用で約1.1年。本体サイズはW286.5×D121.5×H20.4mm、重量は264g。本体カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

エレコム、日髙のり子の“仮想”ラジオイベントを「ポタフェス」で開催 – PHILE WEB

エレコムは、e☆イヤホンが主催する「ポタフェス2017 WINTER 東京・秋葉原」内のステージイベントとして、声優の日?のり子をパーソナリティに迎えた仮想ラジオイベント「ELECOM presents 意外にいい声 日?のり子のポタフェスラジオ」を、12月17日(日)13:00〜13:45に実施する。


声優・日?のり子

場所はベルサール秋葉原会場内1階の特設ステージで、入場は12:45開始予定。声優の日?のり子をパーソナリティに、オーディオライター・野村ケンジ氏と同社オーディオエバンジェリスト・遠藤稔也氏をゲストとした仮想のラジオ番組が進行される。

内容は、同社が展開する「意外にいい音、エレコム。」特集ページの取材裏話や、今年再結成した「バナナフリッターズ」についてなどが予定されている。また、事前に日?のりこ公式Twitterで「#ポタラジ」を入れてつぶやくと、「メッセージ紹介」のコーナーで取り上げられるとのこと。

さらに、12月17日に会場1階の物販スペースで20個限定販売されるハイレゾ対応イヤホン「EHP-RH2000」を購入することで、同日14時45分から実施する日?のり子サイン・握手会に参加できる。


「EHP-RH2000」

購入は1人1点のみで、製品に添付されている「握手券」が参加の条件となる。詳細はポタフェス公式ホームページを参照のこと。

日?のり子は声優、ラジオパーソナリティー、ナレーションなど声を使った様々な仕事で活躍。代表作は「タッチ」浅倉 南役、「となりのトトロ」草壁サツキ役、「らんま1/2」天道あかね役といったヒロイン役に加え、「世界名作劇場〜ピーターパンの冒険」ピーターパン役や「るろうに剣心」瀬田宗次郎役など、少年役もこなす。

エレコム、最薄部6.5mmの設計の小型Bluetoothキーボード「TK-FBP102 … – MdN Design Interactive

「TK-FBP102BU」(ブルー)

「TK-FBP102BU」(ブルー)

エレコム株式会社は、ワイヤレスキーボード「TK-FBP102シリーズ」を、2017年12月上旬に発売する。Bluetooth 3.0接続およびHIDプロファイルに対応した製品で、最大3台のデバイスのペアリングが可能。本体上部の切り替えボタンを押すことで、瞬時に使用デバイスを切り替えることができる。カラーバリエーションはブラック / ブルー / ホワイトの3色で、価格は各5310円(税抜)。

本製品は日本語配列79キーを搭載している。Windows PC / Android用配列、Mac配列、iOS配列の各キー配列に切り替えることができ、MacやiOSでも日本語配列での使用が可能だ。上部にはメディア再生などに便利な13種のマルチファンクションキーが用意された。キートップにはオリジナルのフォントを採用。Android端末でキートップ上の印字通りにキー入力できる独自のアプリ「ELECOM Keyboard layout」にも対応している。

コンパクトなボディだが、19mmのキーピッチが確保されており、隣接するキーの間にスペースを設けたアイソレーション設計も採用。長い爪でも引っかかりにくく、快適なタイピングを実現できる。本体サイズは286.5(幅)×20.4(高さ)×121.5(奥行)mmで、電池を除く重量は約264g。電源には単四形乾電池2本を使用し、アルカリ乾電池での使用時間の目安は約1.1年となっている(同社テスト値)。

「TK-FBP102BK」(ブラック)

「TK-FBP102BK」(ブラック)

「TK-FBP102WH」(ホワイト)

「TK-FBP102WH」(ホワイト)

エレコム株式会社
価格:各5310円(税抜)
URL:http://www.elecom.co.jp/
2017/11/28

AYA考案「体幹・美ボディメソッド」を公開!家庭用EMS“エクリア リーン”の効果を最大限引き出す! – PR TIMES (プレスリリース)

この度、エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田 順治)は、家庭用EMS機器“ECLEAR lean(エクリア リーン)” の効果を最大限引き出せるクロスフィットトレーナーAYAさん考案「体幹・美ボディメソッド」を公開しました。インタビュー編とメソッド編の全6編を、期間限定「体幹・美ボディメソッド」特設紹介ページ(http://www.elecom.co.jp/pickup/eclear_lean/aya/)にてご覧いただけます。(2018年2月末まで公開予定)

AYAオリジナル 体幹・美ボディメソッドについて
✔ 「メソッド」で伸びている部分に“エクリア リーン”を貼ることで、EMS効果を最大化!

✔ 各部位に効く5つのメソッド!

✔ 「メソッド」の効果で“エクリア リーン”をつけたパーツ以外も同時にトレーニング!

✔ 全てのメソッドが体幹に効くため、美ボディにつながる!

「体幹は人間の体にとって、1番大事な筋肉です」と話すクロスフィットトレーナのAYAさん。

日ごろクロスフィットトレーナーとしてストレッチやメソッドをする方に対し、どこの筋肉にどう効いて、どのように意識すればよいのかをまず教えるようにしているとのこと。

美しいからだを手に入れるためには、まず体幹を鍛えること。“エクリア リーン”を使った『体幹・美ボディメソッド』は、しなやかで美しくなりたいすべての女性のために考案されました。

【AYAオリジナル “体幹・美ボディメソッド”詳細】

☆各「メソッド」で伸びているパーツ部分(表)に“エクリア リーン”を貼ることで、

逆(裏)側の縮まっている筋肉にも負荷がかかり、表裏同時にトレーニングができ、効果を最大化します。

 

Method 01
二の腕スッキリ〈Lunge Stretch〉

 

Method 02
内ももの隙間をつくる
〈Hip Sequence〉

 

Method 03
ひざ上すっきり

〈Plank Hold & Leg Up〉

 

Method 04
美しいうしろ姿
〈Inch Worm〉

 

Method 05
理想のくびれ
〈Side Twist〉

 

【AYA”エクリア リーン”おすすめポイント】

「デザインがすごく可愛いです!常に持ち歩きたくなるような、
カバンに入れておきたいようなデザインなので、
外でウォーキングしながらなど、いつでもどこでも使えるところがいいですね。」

【PROFILE 】

AYA (Fitnessモデル・CrossFitトレーナー)

1984年生まれで、学生時代は陸上、水泳、バレーボールに取り組む。体育大学を卒業後、フィットネスの世界に入り、ジムトレーナーになる。その傍ら、Fitnessモデルとしても雑誌や広告など多数出演し活躍する中で、アメリカ・カリフォルニア発祥の「クロスフィット」に出会い、独自のプログラムを考案。男女問わず多くのお客様のボディプロシュースを手がけ、中村アン、すみれ、土屋太鳳といった女優・モデルなども、パーソナルトレーナーとして信頼を寄せる存在。2017年11月には累計8万部を突破した『AYAボディメソッド』シリーズの第3弾、超初心者でも取り組める入門編となる『AYAトレ30日チャレンジノート』を発売。
 

【製品情報】
<名称> エクリア リーン
<発売> 2017年7月中旬
<定価>
スターターセット(本体1個、コアパッド1枚):¥7,690- (税抜き)
フルセット(本体2個、コアパッド1枚、ツインパッド2枚):¥14,120- (税抜き)
<特徴>

✔ 軽量コンパクト
✔ コードレス
✔ シンプル3ボタン
✔ 強さ15段階調整
✔ 筋肉の大きさに合わせた2種類のゲルパッド
<詳細>
脂肪は電気を通しにくいため、皮下脂肪の厚みによってトレーニング効果を得られる周波数が異なります。
エクリア リーンは、最大5000Hzの中周波と低周波を組合せた4つの独自プログラムを開発。
脂肪の厚みによって周波数を変化させることで、皮下脂肪の多いお腹や、二の腕などを効率的に引き締めることができます。
<公式WEBサイト>http://www.elecom.co.jp/pickup/eclear_lean/

≪会社概要≫

■会社名  :エレコム株式会社
■本社所在地  :大阪市中央区伏見町4丁目1番1号
■設立  :昭和61年(1986年)5月
■代表者  :葉田 順治

ASCII.jp:エレコムが完全日本製「ハンドスピナー」発売 – ASCII.jp

高級ベアリング使用でよく回るらしいッスよ

2017年10月24日 14時30分更新

文● 天野透/ASCII

 エレコムは、「Gear Holic」ブランドのハンドスピナーに新機種「HT-HS5PNシリーズ」を発表した。発売日は11月上旬で、価格は3002円。

 NTN社製の14mm外径オリジナルボールベアリングを使用し、長時間・高回転が持続するというハンドスピナー。完全日本製で静音性が高く、ベアリングは高精度・スムーズだという。羽根は5枚仕様とし、回転ブレを防止するバランサー埋め込み設計。ベアリングとバランサーを樹脂で覆うことでサビを防ぎ、子供の誤飲を防止するとしている。

 サイズは幅77.5×奥行き13.5×高さ75mm。カラーはブラック、ブルー、ピンク、レッド、ホワイトの5色。

■関連サイト



カテゴリートップへ