ファーウェイ、サムスンに対し知的財産権侵害を主張 一審勝訴 – AFPBB News

【1月13日 CNS】通信機器大手ファーウェイ(Huawei)が、自社の知的財産権を侵害しているとして韓国の電機大手サムスン電子(Samsung Electronics)を訴えていた裁判の一審判決が11日、中国・深セン市(Shenzhen)の深セン中院知的財産権裁判所であった。中国中央テレビ局(CCTV)の報道によると、裁判所はサムスンの知的侵害を認定し、侵害の即時停止と、製造と販売のほか、委託販売で市場に出ている侵害製品の販売などを禁止する判決を下し、ファーウェイの訴えを認めた。

 ファーウェイは2016年5月、自社の無線通信の発明特許を守るためだとして、サムスンの米国、中国の現地法人をそれぞれ相手取って提訴していた。

 判決を受け、ファーウェイは報道機関に対し、「今後も互いを尊重し保護しあう中で、知的財産によってさらなる研究開発の投入による成果を出し、業界の持続的、健康的な発展とイノベーションを促進していけると信じている」とコメントした。

 また、今回の判決について「中国の知的財産の司法による保護環境が、強固であることを改めて具体的に示してくれた」とも述べた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

サムスンがテレビや冷蔵庫にも独自AI、「あらゆるデバイスを音声操作可能に」 – 日経テクノロジーオンライン

この記事は日経エレクトロニクス購読者/日経ものづくり購読者/日経Automotive購読者/日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、2018年01月14日まではどなたでもご覧になれます。

 韓国サムスン電子は2018年1月8日(現地時間)、米ラスベガスでの「CES 2018」に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。発表会では同社が取り組む家電製品のIoT対応の進捗状況や、独自の人工知能(AI)技術「Bixby」の拡大に向けたビジョンを語ったほか、最新のPCやホワイトボードなどビジネス向けの製品も登場した。

研究開発への注力や米国での雇用拡大を強調

 発表会にはSamsung Electronics North AmericaのPresident and CEOを務めるTim Baxter氏が登壇(写真1)。研究開発への取り組みとして、2017年には140億ドルを投資したことを明らかにした。

写真1●Samsung Electronics North AmericaのPresident and CEOのTim Baxter氏(撮影:山口 健太、以下同じ)

[画像のクリックで拡大表示]

 サムスンのインキュベーションプログラムである「Samsung NEXT」も拡大させており、AIや自動運転などの先端技術に取り組むことで、ハードウエアとソフトウエアの統合を進めているという(写真2)。

写真2●Samsung NEXT

[画像のクリックで拡大表示]

 米国での雇用拡大の取り組みとして、3億8000万ドルを投じて家電の工場を建設しており、2020年までにサウスカロライナ州で1000人の雇用が生まれることをアピールした(写真3)。

写真3●米国での雇用を拡大

[画像のクリックで拡大表示]

 米国向け家電製品では、スマートフォンのGalaxy S8/Note8シリーズ向けに提供している有償の保証サービス「Premium Care」を、コンシューマー製品全体に拡大していくという。

 コネクテッドデバイスにおけるセキュリティの重要性が高まったことを背景に、「Samsung Knox」をスマートTVやスマートサイネージ、スマート家電にも採用し、ハードウエアレベルでセキュリティを強化することを明らかにした(写真4)。

写真4●Samsung Knoxを家電製品などに拡大

[画像のクリックで拡大表示]

サムスン、スマートフォン用の次世代プロセッサー – 日本経済新聞

日経テクノロジーオンライン

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)はスマートフォン(スマホ)向けアプリケーションプロセッサーの新製品として「Exynos 9 Series 9810」を発表した。同社は2017年3月に「Exynos 9 Series」の第1弾として「Exynos 9 Series 8895」を発表しており、今回の新製品はその後継の第2弾製品に当たる。

今回の新製品。Samsungの写真

今回の新製品。Samsungの写真

 前製品のExynos 8895は同社の第1世代10nm FinFETプロセス(10LPE)で製造されていた。今回のExynos 9810は第2世代10nm FinFETプロセス(10LPP)で製造する。10LPPで製造するアプリケーションプロセッサーは、2017年12月に米Qualcomm Technologies(クアルコム)が「Qualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform」を一足先に発表している。

 今回の新製品のExynos 9810のCPUは、8つのCPUコアで構成する。8つのうちの4つは、2.9GHz動作のARMv8Aアキーテクチャーの独自設計コア。残り4つは、1.9GHz動作の「ARM Cortex-A55」である。Samsungによれば、従来製品と比べてシングルコア性能で20%、マルチコア性能で40%向上したとする。GPUにはMali-G72 MP18を搭載している。内蔵するモデムはLTE Cat.18対応。ダウンロード速度は最大1.2Gビット/秒(6キャリアアグリゲーション時)、アップロード速度は最大200Mビット/秒(2キャリアアグリゲーション時)である。

 さらに新製品はDNN(Deep Neural Network)処理機能を備えており、距離測定を用いての3Dハイブリッド顔認識などが可能になるとする。またセキュリティープロセッサーをメインのプロセッサーとは隔離して搭載しており、生体情報などを安全に格納できるとしている。

 カメラはフロント/リア共に最大2400万画素まで対応するが、デュアルカメラ構成にした場合はどちらも最大1600万画素に対応可能とされる。ISP(Image Signal Processor)はMFC(Multi-Format Codec)対応となり、さらにリアルタイムのイメージプロセッシングや手振れ補正機能が強化された。MFCはUHD解像度で最大120フレーム/秒までの録画/再生に対応しており、新たに10ビットHEVCとVP9にも対応した。

 Exynos 9810は現在量産中である。なお、Samsungによれば、新製品は「CES 2018 Innovation Awards HONOREE in the Embedded Technologies product category」で選出されており、CES 2018に出品される。

(ライター 大原雄介)

[日経テクノロジーオンライン 2018年1月9日掲載]

Samsungは2018年に営業利益を拡大する計画 – Business Monkey News (blog)

テクノロジー企業 韓国 サムスン電子は、2017年の営業利益は5万1.6億ドルに83.3パーセントを拡大すると予想しています。

課金販売 サムスン それは短い声明で会社が本日リリースさ推計によると、18.7%の増加を表すことになり、昨年の全体、224 0002.2億になります。

彼は自分の利益を計算しているため、また、その見積り今日、昨年の最後の四半期を提供し、韓国の技術、 オペレーティング 63.8パーセントと61,0008億ドルに25.75パーセントの売上高は、拡張されます。

NM

es

私たちは、ウェブサイトの品質を改善し、記事をチェックすることにより、アクティブなユーザーに報酬を与えるために、システムに取り組んでニュースや品質改善をありがとういます Business Monkey News!

アイテムが間違っている場合、これは誤訳や不足している情報は、あなたが(私たちが修正されます)コメントを通知し、それを編集することができたりすることができます ここで、元記事を見ます: (元の言語で記事)

変更は、2時間後に更新されます。

資料を変更します。

サムスン、146インチモジュラーテレビ「エルムロ」を発表 – Business Monkey News (blog)

テクノロジー企業サムスンは月曜日に発表146インチの壁、そしてあなたが1つの画質から8K解像度でコンテンツを生成することを可能にする技術、人工知能(AI)が設けられてQLEDパネルをモジュラーmicroledテレビ標準。また、韓国企業はビクスビーまたはSmartThingsその2018スマートテレビのようなツールを組み込む予定。

Samsung ha presentado varias novedades tecnológicas en el marco de la feria Consumer Electronics Show (CES), que se celebra esta semana en Las Vegas (Estados Unidos). Entre estos nuevos productos se encuentra The Wall, un televisor modular de 146 pulgadas que la compañía ha definido en un comunicado como “el primero para consumo del mundo” de sus características.

ウォールは、より多くの技術のようにそれを作る、LEDの使用に基づく技術よりも、従来のカラーフィルターとバックライトの必要性を排除LED、小型のマイクロメートルスケールの-moreを点灯組み込んmicroled OLED。また、耐久性を高め、サムスンによって強調されているように、エネルギー消費量を削減します。また、このテレビは、技術に応じて、さまざまな用途に適応することができるフレームのないモジュール設計を備えています。

8Kに画像を変換するために、人工知能

Samsung también ha presentado en CES 2018 un televisor QLED que incorpora la tecnología 8K AI, que utiliza la inteligencia artificial para escalar contenidos audiovisuales de definición estándar a una resolución 8K. Esta tecnología se vale de un algoritmo para ajustar la resolución de pantalla basándose en la calidad de imagen de cada escena, para así mejorarla “de forma continua”.

したがって、このTVは、画像のディテールを向上させるなどの機能を実行し、ノイズを低減し、フレームを再利用し、自動的にコンテンツに応じて音を調節します。このQLEDモニターはそれだけで、このテレビは「世界初の」この技術を提供することであることを保証しているアジアの企業として確認しており、今年の下半期に韓国と米国で売り出されます。

ビクスビーとその新しいテレビのSmartThings

また、サムスンは2018年のためのスマートテレビのその家族が仮想アシスタントビクスビー、物事の技術のインターネット(IOT)SmartThingsまたは推薦サービスプログラムユニバーサルガイドのようなツールを組み込む予定ことを確認しました。

仮想アシスタントビクスビーは、ユーザーの声の直感的なユーザーエクスペリエンスと分析に基づいて、TVとの間で「簡単に」相互作用を提供して組み込みます。その一部については、SmartThingsプラットフォームは、あなたの好みに基づいて、ユーザプログラムの推奨を提供するもの(IOT)とユニバーサルガイドサムスンの生態系インターネットでこれらのテレビを統合します。

スマート家電

サムスンの冷蔵庫 - スマート-nevera.j
新しい冷蔵庫ハブ。 |サムスン

これらの製品と並行して、サムスンはそれぞれSmartThingsプラットフォームへの統合と技術QuickDriveの取り込みによって特徴付け冷蔵庫ファミリーハブまたはWW6850Nワッシャー、新世代のようなリリースで家電製品のその範囲を拡大してきました。

新しいです スマート冷蔵庫 サムスンは、他のデバイスと同期ハブの家族を維持し、「アプリ」を介してリモートで別の作業を可能にSmartThingsのIoTのエコシステムに統合されています。また、新しいクーラーは、韓国のブランド管理ツール食事プランナー食品やビクスビーアシスタントを組み込みます。この春にリリースされます。このアプライアンスは、ベスト・イノベーション2018 CESのための賞を受賞しました。

その一部、 ワッシャーWW6850N それはQuickDrive時間を最適化技術を提示し、サムスン自体として現在のモデルよりブランド「35%高速までの」動作することができます。 SmartThingsエコシステムとの互換性、このアプライアンスは、今年米国で発売されます。

最後に、サムスンはまたCES 2018スマートボードで発表しました サムスンフリップ UHDの解像度、鉛筆、画面共有とUSB接続と互換性のあるスマート55インチのタッチスクリーンとWM55H。このデバイスは、月末に欧州と米国での販売になります。

head.ready(“ld”, function() { $(“.texto .social .facebook”).sharrre({share: {facebook: true}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘facebook’); }}); $(“.texto .social .twitter”).sharrre({share: {twitter: true}, buttons: { twitter: { via: ‘libertaddigital’ }}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘twitter’); }}); $(“.texto .social .flipboard”).sharrre({share: {flipboard: true}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘flipboard’); }}); $(“.texto .social .gplus”).sharrre({share: {googlePlus: true}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘googlePlus’); }}); $(“.texto .social .linkedin”).sharrre({share: {linkedin: true}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘linkedin’); }}); $(“.texto .social .meneame”).sharrre({share: {meneame: true}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘meneame’); }}); $(“ul.social .pinterest”).sharrre({share: {pinterest: true}, buttons: { pinterest: {media: ‘http://s.libertaddigital.com/2018/01/08/samsung-the-wall.jpg’, description:’Samsung presenta ‘El Muro’, una televisión modular de 146 pulgadas’}}, click: function(api, options){ api.openPopup(‘pinterest’); }}); });

サムスン、インテル抑え半導体で初の世界首位に – AFPBB News

【1月5日 AFP】米調査会社ガートナー(Gartner)は4日、韓国の電機大手サムスン電子(Samsung Electronics)が半導体の売上高でライバルの米インテル(Intel)を上回り、半導体メーカーとして初の首位となったとする調査結果を公開した。

 ガードナーのアナリスト、アンドリュー・ノーウッド(Andrew Norwood)氏によると、サムスン電子は最大の市場シェアを得て、インテルから半導体業界首位の座を奪った。インテルが首位の座を明け渡すのは1992年以来、25年ぶり。

 2017年の世界の半導体市場の売上高は、スマートフォンなどの接続機器の需要の伸びに支えられて22%増の4197億ドル(約47兆3300億円)だった。

 サムスンの売上高は52.6%増の612億ドル(約6兆9000億円)で、市場シェア14.6%だった。

 一方、インテルの売上高は6.7%増の577億ドル(約6兆5000億円)にとどまり、市場シェアは13.8%だった。(c)AFP

パワーマット(Powermat)、 電磁誘導充電を次のレベルへ牽引すべくワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium)へ参加 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

AsiaNet 71731

パワーマット(Powermat)、 電磁誘導充電を次のレベルへ牽引すべくワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium)へ参加

イスラエル、ネベ・イラン、ニュージャージー州ピスカタウェイ、2018年1月4日/PRNewswire/ —

ワイヤレス充電技術の先駆者、パワーマット(Powermat)は本日、同社がワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)に参加することになったと発表しました。パワーマットはWPCへ、既存のQiエコシステムへの互換性を保ちつつ、電磁誘導充電の技術を促進する同社の技術と専門性を提供することになります。

     (ロゴ: https://mma.prnewswire.com/media/548315/powermat_logo_Logo.jpg )

「パワーマットがWPCに加わり、現在起きているテクノロジーや体験の進展へ寄与してくれることを楽しみにしています。」と、WPC会長のメンノ・トレファース(Menno Treffers)氏はコメントしています。「パワーマットはワイヤレス充電の価値に気づいた先駆者でした。WPCに参加することで同社は、グローバル基準であるQiの背景にあるワイヤレス充電のエコシステムの統一を進めて、ワイヤレス充電の採用率を更に高めて、消費者がどこへ行ってもワイヤレス充電をより便利に使えるようにします。WPCは、テクノロジー革新におけるパワーマットの専門性を活用して、より高い電力や広範囲の特別な自由度を含めたより多くの活用事例をサポートして行きます。」

「Qiは市場におけるワイヤレス充電の主流となっており、最近発売されたアップル社のiPhoneラインはこの成功の証拠と言えるでしょう。」と、パワーマットCEOのエラッド・ドゥブズィンスキー(Elad Dubzinski)氏はコメントしています。「パワーマットはワイヤレス充電の潜在性を更に解放すべく、テクノロジーの革新を共有し、ワイヤレス充電インフラの成長を促進することで、ワイヤレス充電をユーザーが必要としている全ての場所へもたらします。」

パワーマットは、アップル(Apple)、サムスン(Samsung)、LGエレクトロニクス(LG Electronics)、デルファイ(Delphi)などを含むQi規格を採用する360以上の企業に加わることになります。

パワーマットについて
パワーマットはワイヤレス充電の先駆者かつリーダーであり、世界最大のワイヤレス充電ネットワークのプロバイダーです。当社は電磁誘導充電技術開発の最前線にいます。スターバックス、サムスン、ゼネラルモータース(General Motors)やフレックス(Flex)など、市場をリードする各社が当社の技術を採用しており、そのおかげで私達誰もが100%充電完了状態で毎日を生きることができます。

ワイヤレス・パワー・コンソーシアムについて
2008年に設立されたワイヤレス・パワー・コンソーシアムは、約23ヵ国の360社以上で構成された、協力的な標準の促進を目指す、オープンな団体です。WPCのメンバーには、アップル、エーサス(ASUS)、ベルキン(Belkin)、ボッシュ(Bosch)、キャノン、デル(Dell)、ハイアール(Haier)、HTC、フアウェイ(Huawei)、IKEA、LG、モトローラ(Motorola)、モフィー(mophie)、パナソニック、ロイヤル・フィリップス(Royal Philips)、サムスン、ソニー、ヴェライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)などが含まれます。世界中の国々、そして産業のあらゆる部分から参加している、大小様々な競合各社やエコシステム内のパートナー企業であるこれらの企業は、ワイヤレス電力に関して世界で最も便利、安全、かつ効率の良い標準を設計し、開発するというただ一つの目標の実現を目指して協力しています。

PR 連絡先:
パワーマット
Gilly Kinsky:
Gilly.kinsky@powermat.com
WPC
Lauren Althaus: LAlthaus@golin.com
Dan Guitteau: DGuitteau@golin.com

ソース: パワーマット

(日本語リリース:クライアント提供)

Powermat Joins the Wireless Power Consortium to Help take Inductive Wireless Charging to the Next Level

PR71731

NEVE ILAN, Israel and PISCATAWAY, New Jersey, January 4, 2018 /PRNewswire=KYODO JBN/ —

    
    Powermat, the wireless charging technology pioneer, today announced it will
become the newest Wireless Power Consortium (WPC) member. Powermat will
contribute its technology and expertise to further advance inductive wireless
charging capabilities while maintaining backwards compatibility to the existing
Qi ecosystem.

         (Logo: https://mma.prnewswire.com/media/548315/powermat_logo_Logo.jpg )

    “We are looking forward to Powermat joining WPC and contributing to ongoing
advancement of the technology and experience”, said Menno Treffers, Chairman,
WPC.

“Powermat was one of the pioneers that recognized the value of wireless
charging. By joining WPC, it further unifies the wireless charging ecosystem
behind the Qi global standard, which will accelerate wireless charging adoption
and make it more convenient for consumers to use wireless charging wherever
they go.  WPC will leverage Powermat’s expertise in technology innovation to
support more use cases including higher power and expanded special freedom.”

    “Qi has become the dominant wireless charging standard on the market and
the recently launched Apple iPhone lineup is evidence of this success”, said
Elad Dubzinski, Powermat CEO. “Powermat will share technology innovation to
further unlock wireless charging potential, and will expedite the growth of the
wireless charging infrastructure, bringing wireless charging to wherever users
need it”.

    Powermat is joining more than 360 companies now supporting the Qi standard
including industry leaders such as Apple, Samsung, LG Electronics, Delphi and
more.

    About Powermat

    Powermat is the wireless charging pioneer and leader, provider of the
largest wireless charging network in the world, and at the forefront of
inductive wireless charging technology development. Supported by our market
leader partners such as Starbucks, Samsung, General Motors & Flex, we can all
live life at 100%.  

    About Wireless Power Consortium

    Established in 2008, the Wireless Power Consortium is an open,
collaborative standards development group of more than 360 company members
based in approximately 23 countries. WPC’s members include Apple, ASUS, Belkin,
Bosch, Canon, Dell, Google, Haier, HTC, Huawei, IKEA, LG, Motorola, mophie,
Panasonic, Royal Philips, Samsung, Sony, and Verizon Wireless. These companies
— large and small competitors and ecosystem partners, from all parts of the
industry and all parts of the globe — collaborate for a single purpose: to
design and evolve the world’s most useful, safe and efficient standard for
wireless power.

PR Contacts:
Powermat                                         
                                             
Gilly Kinsky: Gilly.kinsky@powermat.com                              
                                             
WPC                                   
Lauren Althaus: LAlthaus@golin.com                     
                                             
Dan Guitteau: DGuitteau@golin.com

SOURCE: Powermat

彼らはサムスンの相続人のために12年間刑務所を求める – Business Monkey News (blog)

Jay Y. Lee, tras conocer el veredicto en agosto que lo condenó a cinco años de prisión, acusado de soborno, malversación de fondos, fuga de capitales y falso testimonio
Jay Y. Lee, tras conocer el veredicto en agosto que lo condenó a cinco años de prisión, acusado de soborno, malversación de fondos, fuga de capitales y falso testimonio. Foto: AFP

Los fiscales surcoreanos que siguen el caso de corrupción de Jay Y. Lee, vicepresidente de Samsung Electronics , solicitaron ampliar la pena a 12 años. El pedido se realizó durante la apelación que realizaron los abogados defensores del ejecutivo, que fue condenado en agosto a cinco años de prisión.

Se espera que el Tribunal Superior de Seúl anuncie su dictamen a fines de enero. En prisión desde febrero, Jay Y. Lee, de 49 años, es el hijo de Lee Kun-hee, el fundador del conglomerado surcoreano que fabrica desde dispositivos electrónicos a barcos, casas, hoteles y hospitales. También comercializa seguros de vida y gestiona parques temáticos y canchas de golf, en una estructura que comenzó como un chaebol, como se conocen a los enormes grupos empresariales dominados por familias.

Kun-hee había sido acusado por evasión de impuestos y condenado a tres años, aunque fue indultado por el gobierno surcoreano. En 2014 sufrió un ataque al corazón que lo dejó con un delicado estado de salud. Desde entonces, Jay Y. Lee fue visto como su sucesor natural, hasta que el escándalo de corrupción lo llevó a la cárcel, en el marco de una crisis institucional que terminó con la destitución de la presidenta Park Geun-hye.

Lee fue declarado culpable por soborno, malversación de fondos, fuga de capitales y perjurio en relación con el pago o la promesa de pago de 38,6 millones de dólares a la confidente de Park, Choi Soon-sil, actualmente encarcelada.

この注: で

es

私たちは、ウェブサイトの品質を改善し、記事をチェックすることにより、アクティブなユーザーに報酬を与えるために、システムに取り組んでニュースや品質改善をありがとういます Business Monkey News!

アイテムが間違っている場合、これは誤訳や不足している情報は、あなたが(私たちが修正されます)コメントを通知し、それを編集することができたりすることができます ここで、元記事を見ます: (元の言語で記事)

変更は、2時間後に更新されます。

資料を変更します。

ベトナム企業トップ500、アグリバンクとBIDVがトップ10入り – 日刊ベトナムニュース

 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート)は、「ベトナム企業トップ500(VNR500)」の2017年版を発表した。それによると、サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV)が首位に立った。また、ベトナム農業農村開発銀行(アグリバンク=Agribank)、ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV)がトップ10入りした。

 VNR500は、売上高、成長速度、利益、総資産、労働力などの指標に基づき各企業をランキング化したもの。VNR500にランクインした企業を企業形態別で見てみると、100%政府出資企業が156社、政府出資率50%以下の企業が199社、政府出資率50%以上の企業が88社となっている。

 売上高全体に占める割合で見ると、国営企業の割合が前年の59%から52%に縮小したが、民間企業の割合が同27%から32.3%へと拡大した。

 2017年におけるベトナム企業トップ10は以下の通り(カッコ内は前年の順位)。

1位:サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV) (2位)

2位:ベトナム電力グループ(Vietnam Electricity=EVN) (4位)

3位:ペトロベトナムグループ(Vietnam National Oil and Gas Group=PVN) (1位)

4位:ベトナム軍隊通信グループ(Viettel Group=ベトテル) (3位)

5位:ペトロリメックス総公社(Petrolimex=ペトロリメックス) (5位)

6位:ベトナム農業農村開発銀行(アグリバンク=Agribank) (14位)

7位:ビンソン製油・石化社(Binh Son Refining & Petrochemical=BSR) (6位)

8位:ホアファット鉄鋼グループ[HPG]ベトナム投資開発銀行[BID](BIDV) (15位)

9位:ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines=VNA) (10位)

10位:ベトナム石炭鉱産グループ(Vinacomin=ビナコミン) (8位)

 2017年におけるベトナム民間企業トップ10は以下の通り(カッコ内は前年の順位)。

1位:ビングループ[VIC](Vingroup) (5位)

2位:チュオンハイ自動車[THACO](Truong Hai Automobile=THACO) (1位)

3位:ビナミルク[VNM](Vinamilk) (2位)

4位:DOJIジュエリー株式会社(DOJI Jewelry) (3位)

5位:マサングループ[MSN](Masan Group) (6位)

6位:テーゾイジードン投資[MWG](Mobile World Investment) (8位)

7位:FPT情報通信[FPT](FPT Holdings) (4位)

8位:(Hoa Phat Group) (7位)

9位:インティメックスグループ(Intimex Group) (78位)

10位:VPバンク[VPB](VPbank) (10位)

サムスンとKT、ソウルと平昌オリンピック会場間の高速鉄道でLTE-R運用開始 – 日経テクノロジーオンライン

 韓国Samsung Electronics社(サムスン電子)は2017年12月21日、韓国の通信事業者KT社とのLTE-Railway(LTE-R)ネットワークを使った高速鉄道サービスを開始したと発表した(ニュースリリース)。この路線は韓国鉄道施設公団(Korea Rail Network Authority、KRNA)が運営、平昌オリンピック会場となる江陵オリンピックパークまでの120kmの区間を、最高時速250kmで運行する。今回は、この区間の7つの駅にLTE-Rネットワークを配備し、Mission-Critical Push-to-talk(MCPTT)を含む3GPPリリース13準拠の機能を提供する。従来の業務用無線(Trunked Radio System、TRS)やVHFシステム、公共安全向けLTE(Public-Safety LTE、PS-LTE)とも相互運用する。

[画像のクリックで拡大表示]

 LTE-Rは、列車内や外部との無線による高速音声、データ通信が可能な次世代鉄道/地下鉄向け通信技術。MCPTT、グループ通話、VoLTEなどでの列車と管制室間のミッションクリティカルな通信が可能となる。Samsung社では、700 MHz帯を使ったLTEベースの公共保安・災害救援通信(Protection and Disaster Relief、PPDR)、EPC(Evolved Packet Core)、IMS(IP Multimedia Subsystem、IPベースの通信制御システム)、PTT(Push to Talk方式)サーバーを含む基幹ネットワークに加え、LTE-R対応の鉄道事業者専用スマートフォン「SM-G888N0」も提供する。

  Samsung社では、2017年4月に、同国初のLTE-Rサービスとなる釜山地下鉄一号線へのサービスを開始(関連記事)したほか、ソウルとインチョン国際空港を結ぶ路線でも同サービスを運用開始している。