「Samsung DeX」で「マチキャラ」はどうなる? – ITmedia Mobile – ITmedia




 既報の通り、サムスン電子ジャパンは11月1日、「DeX Station(デックスステーション)」を主要なWeb通販サイトを通して発売します。

 DeX StationはGalaxy S8/S8+と同時に発表されたクレードルで、両機種をデスクトップPCのように使えるS8/S8+の新機能「Samsung DeX」を使うために必須のものです。

 筆者は先日、Samsung Electronics本社で取材を行うために韓国に渡航しました(参考記事)。その際に、手持ちの「Galaxy S8 SC-02J」で使うために韓国版のDeX Stationを購入してしまいました。価格は16万ウォン(約1万6000円)で、国内版の想定販売価格とほぼ同じです。

韓国版DeX Stationのパッケージ
韓国版DeX Stationのパッケージ。国内で発売することを知っていたら、ACアダプター的な意味で韓国での購入を見送ったと思われる(日本版と韓国版はプラグ形状が異なる)


DeX Station(収納時)
机に据え付けたDeX Station,机にDeX Stationを据え付けた図


DeX Station(展開時)
本体を取り付ける時は、このように背もたれ兼冷却ファンを持ち上げる


DeX Station(接続時)
DeX StationにSC-02Jを据え付ける。DeXモード中は、スマホの画面は消灯する

ドコモ向けのスマホといえば「マチキャラ」

 SC-02Jは“NTTドコモ向け”のGalaxy S8です。ドコモ向けのスマホといえば、マチキャラです。筆者はドコモオリジナルの「メイドのメイちゃん」がお気に入りで、ホーム画面で常時表示しています。

ホーム画面
筆者のスマホのホーム画面には常に「メイドのメイちゃん」がいる

 ここでふと思ったのです。DeXモードでマチキャラはどうなるのかと。

結論:マチキャラは出てくるが制約あり

 結論から言ってしまうと、DeXモード利用中にもマチキャラは出せますが、現時点では制約がいくつかあります

 まず、マチキャラの動ける範囲が限られています。具体的には、デスクトップ左側の405×720ピクセル程度の範囲内でのみ、マチキャラを動かせます。

マチキャラの動かせる範囲
マチキャラを動かせるのは赤枠の範囲内のみ。外には飛び出せない

 次に、接続のタイミングによってはマチキャラが過剰に大きく表示される場合があります。巨大なマチキャラも嫌いではありませんが、若干威圧感があるような気もしなくはありません。

通常サイズ
マチキャラは、通常このサイズで表示されるが……


ビッグサイズ
接続タイミングによってはこうなる。かなり大きいことがお分かりいただけただろうか

 また、マチキャラを使う「iコンシェル」アプリをウィンドウ表示した際に、ウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残されて」しまいます。

通常表示
通常は画面中央下にマチキャラが収まるはずの「iコンシェル」アプリだが……


DeXモード表示
DeXモードでは、アプリウィンドウの位置によってはマチキャラが「取り残される」


しゃべってコンシェル
ちなみに、iコンシェルアプリと同様にマチキャラ(しゃべってキャラ)を使う「しゃべってコンシェル」アプリではこのような問題は起こらない

 さらに、取り外しのタイミングによっては、通常モード復帰時にマチキャラが消えてしまったり、過剰に小さく表示されたりすることもあります。

過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん
過剰に小さく表示されたメイドのメイちゃん

 マチキャラの表示に問題が起こった場合は、いったん別のアプリを全画面で起動した後にホーム画面に戻るか、再度本体を脱着すれば元通りになるはずです。

ニーズは少ないと思うが「全画面で動いてほしい」

 「おり」に囲まれることなく、DeXモードでもマチキャラは自由に動き回ってほしいと、筆者は思っています。ニーズが少ないことは百も承知ですが、DeXモードで自由に動き回るメイドのメイちゃん(マチキャラ)を見たいのです。

 夢がかなう日は来るのでしょうか……?

(※ DeX Stationの詳細なレビューは後日お届けする予定です。お楽しみに!)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

韓国サムスン電子、CEOが退任 – AFPBB News

【10月13日 AFP】韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は13日、権五鉉(クォン・オヒョン、Kwon Oh-Hyun)最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。同社は事実上のトップである副会長の李在鎔(イ・ジェヨン、Lee Jae-Yong)被告らが関わった贈収賄スキャンダルの立て直しに苦慮している。

 同社の声明で権氏は「前例のない危機に直面する中、変化の激しいIT業界での挑戦にうまく対応するには、新しいスピリットを持った若いリーダーシップの下で新たなスタートを切る時だと考えている」と述べた。

 権氏はサムスン電子の副会長と取締役会議長も務めている。(c)AFP

Appleは折り曲げ可能な有機液晶ディスプレイをLGと共同開発、2020年以降に「フォルダブルiPhone」が登場か – GIGAZINE





iPhone XのOLEDパネルの生産を一手に引き受けるSamsungが2018年に折りたためるスマートフォンを発売すると発表して注目を集めており、「Appleもフォルダブル(折りたためる)iPhoneを登場させるのでははないか」と注目が集まっています。そんな中、実はAppleはLGと手を組んで折りたたむことが可能なOLEDパネルを開発する体制を整えていることが報じられています。

더벨 – 국내 최고 자본시장(Capital Markets) 미디어
http://www.thebell.co.kr/front/free/contents/news/article_view.asp?key=201710100100002080000119

Apple Working With LG Display on Future Foldable iPhone – Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/10/11/apple-lg-foldable-iphone/

業界関係者の話として韓国のニュースサイトThe Bellが伝えたところによると、AppleがフォルダブルiPhone開発のパートナーとして選んだのは、サムスン系でiPhone Xのディスプレイを生産している「Samsung Display」ではなく、「LG Display」(LGD)だったことが明らかになっています。その理由については、GalaxyシリーズなどのAndroidスマートフォンを開発・生産しているライバル企業のSamsung Electronicsに情報が漏れることを嫌ったものだとの見方が有力視されています。

複数のディスプレイ業界関係者の話としてThe Bellが伝えたところによると、LGDは近い過去の段階でAppleから折りたたみ可能なOLEDパネルの開発について打診を受け、社内に開発を担当するタスクフォースを設けて対応にあたりはじめたとのこと。また、LGグループの部品会社「LGイノテック」も折りたたみ可能なOLEDパネルに必要なフレキシブルプリント回路基板(FPCB)の開発タスクフォースを設けていることが伝えられています。

Appleがこのディスプレイを用いたフォルダブルiPhoneの発売を目指しているのは、2020年とされています。Appleはこれまで、次世代iPhoneに用いられる主要部品については1年前からパートナー企業と共有して開発を行ってきています。折りたたみ可能なOLEDパネルの業界ではSamsung Displayが最先端を進んでいるとみられており、Appleもその技術を使いたいことは想像に難くありませんが、Appleが求めるOLEDパネルのフォームファクタがライバル陣営に漏れることをAppleが嫌い、LGDに協力を打診したものとみられています。2020年というターゲットは、開発に十分な時間を持たせるためのものだとも見られています。

折り曲げられるディスプレイを用いるスマートフォンに関しては、Samsungが2018年にも世界初のフォルダブルAndroidスマートフォンを発表するとも予測されています。一方、LGとAppleが開発するディスプレイは2020年にならないと生産は開始されないとする業界関係者の見方もあり、およそ1年から2年程度の遅れが見られる状態です。

CNN.co.jp : 折りたためるスマホ、韓国サムスンが来年発売か


LGDは、折りたたみ可能なOLEDパネルの試作品を2~3年前に開発に成功している状態。 その後、LGDは製品化に欠かせないパネルの耐久性などの品質を高める開発を進めてきており、最終的には数千万枚という大量生産が開始された際の歩留まり(生産量から不良品を除外した出荷可能な個体の数)が最も重要なポイントになると見られています。

・関連記事
将来のiPhoneは柔軟に曲がるディスプレイを搭載か?iPhoneの部品メーカーが新素材パネルを発表 – GIGAZINE

「次期iPhoneでAppleは有機ELディスプレイを採用する」とシャープの新社長が明かす – GIGAZINE

グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 – GIGAZINE

折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイを低価格で実現できる透明電極素材が登場 – GIGAZINE

極薄ペラペラでマグネット貼り付けの「壁紙型55インチ有機ELディスプレイ」が登場 – GIGAZINE

・関連コンテンツ

Appleは折り曲げ可能な有機ELディスプレイをLGと共同開発、2020年 … – GIGAZINE





iPhone XのOLEDパネルの生産を一手に引き受けるSamsungが2018年に折りたためるスマートフォンを発売すると発表して注目を集めており、「Appleもフォルダブル(折りたためる)iPhoneを登場させるのでははないか」と注目が集まっています。そんな中、実はAppleはLGと手を組んで折りたたむことが可能なOLEDパネルを開発する体制を整えていることが報じられています。

더벨 – 국내 최고 자본시장(Capital Markets) 미디어
http://www.thebell.co.kr/front/free/contents/news/article_view.asp?key=201710100100002080000119

Apple Working With LG Display on Future Foldable iPhone – Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/10/11/apple-lg-foldable-iphone/

業界関係者の話として韓国のニュースサイトThe Bellが伝えたところによると、AppleがフォルダブルiPhone開発のパートナーとして選んだのは、サムスン系でiPhone Xのディスプレイを生産している「Samsung Display」ではなく、「LG Display」(LGD)だったことが明らかになっています。その理由については、GalaxyシリーズなどのAndroidスマートフォンを開発・生産しているライバル企業のSamsung Electronicsに情報が漏れることを嫌ったものだとの見方が有力視されています。

複数のディスプレイ業界関係者の話としてThe Bellが伝えたところによると、LGDは近い過去の段階でAppleから折りたたみ可能なOLEDパネルの開発について打診を受け、社内に開発を担当するタスクフォースを設けて対応にあたりはじめたとのこと。また、LGグループの部品会社「LGイノテック」も折りたたみ可能なOLEDパネルに必要なフレキシブルプリント回路基板(FPCB)の開発タスクフォースを設けていることが伝えられています。

Appleがこのディスプレイを用いたフォルダブルiPhoneの発売を目指しているのは、2020年とされています。Appleはこれまで、次世代iPhoneに用いられる主要部品については1年前からパートナー企業と共有して開発を行ってきています。折りたたみ可能なOLEDパネルの業界ではSamsung Displayが最先端を進んでいるとみられており、Appleもその技術を使いたいことは想像に難くありませんが、Appleが求めるOLEDパネルのフォームファクタがライバル陣営に漏れることをAppleが嫌い、LGDに協力を打診したものとみられています。2020年というターゲットは、開発に十分な時間を持たせるためのものだとも見られています。

折り曲げられるディスプレイを用いるスマートフォンに関しては、Samsungが2018年にも世界初のフォルダブルAndroidスマートフォンを発表するとも予測されています。一方、LGとAppleが開発するディスプレイは2020年にならないと生産は開始されないとする業界関係者の見方もあり、およそ1年から2年程度の遅れが見られる状態です。

CNN.co.jp : 折りたためるスマホ、韓国サムスンが来年発売か


LGDは、折りたたみ可能なOLEDパネルの試作品を2~3年前に開発に成功している状態。 その後、LGDは製品化に欠かせないパネルの耐久性などの品質を高める開発を進めてきており、最終的には数千万枚という大量生産が開始された際の歩留まり(生産量から不良品を除外した出荷可能な個体の数)が最も重要なポイントになると見られています。

・関連記事
将来のiPhoneは柔軟に曲がるディスプレイを搭載か?iPhoneの部品メーカーが新素材パネルを発表 – GIGAZINE

「次期iPhoneでAppleは有機ELディスプレイを採用する」とシャープの新社長が明かす – GIGAZINE

グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 – GIGAZINE

折り曲げ可能なフレキシブルディスプレイを低価格で実現できる透明電極素材が登場 – GIGAZINE

極薄ペラペラでマグネット貼り付けの「壁紙型55インチ有機ELディスプレイ」が登場 – GIGAZINE

・関連コンテンツ

サムスン、Windows MR対応のヘッドマウントディスプレイ「Odyssey」 – Phile-web

Samsung Electronicsは、マイクロソフトと提携し、「Windows Mixed Reality(MR)」に対応するヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を発表した。米国では予約受付が開始されており、米国、中国、韓国、香港、ブラジルでの発売が予定されている。価格は499ドルで、日本での発売については明かされていない。


「Samsung HMD Odyssey」

Windows MRはマイクロソフトが提唱するプラットフォームで、複合現実(MR)とは拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を含めたものと説明されている。Windows MR対応機は本体にモーションセンサーを搭載する点、通常のVRヘッドセットよりもスペックの低いPCで動作するといった点が特徴となる。

ディスプレイは3.5インチ/1,440×1,600解像度のAMOLED(有機EL)ディスプレイをデュアルで搭載。リフレッシュレートは最大90Hzに対応し、視野角は110度。サラウンドサウンドを実現するヘッドホンおよびボイスコマンド用のアレイマイクはAKG製を採用している。

Samsung、「Windows MR」の「HMD Odyssey」を499ドルで発売へ – ITmedia

ニュース

» 2017年10月04日 07時33分 公開



Samsungが、Microsoftの「Windows MR」搭載のMR(複合現実)ヘッドセット「Samsung HMD Odyssey」を499ドルで年内に発売する。米国ではDell、Lenovo、HP、AcerのHMDと共に10月3日から予約受付を開始した。


[佐藤由紀子,ITmedia]


 韓国Samsung Electronicsは10月3日(現地時間)、米Microsoftがサンフランシスコで開催したMR(複合現実)関連イベントで、MicrosoftのMRプラットフォーム「Windows MR」搭載のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Samsung HMD Odyssey」を発表した。

 odyssey 1
Samsung HMD Odyssey

 米国では同日予約受付を開始した。価格はサードパーティー製HMDとしては最高(台湾ASUSのものの米国での価格はまだ不明だが)の499ドル(約5万6000円)。年内に米国、中国、韓国、香港、ブラジルで発売の予定だ。日本での販売については不明。

 3.5インチ(1440×1600ピクセル)のAMOLED(アクティブマトリクス有機EL)のデュアルディスプレイ、傘下のHarman Internationalの「AKG」ブランドのヘッドフォン、アレイマイクを搭載する。MR HMDは数社から既出だが、ヘッドフォン統合型はこれが初めてだ。

 odyssey 2

 Microsoftのモーションコントローラが付属する。視野角は110度。

 odyssey 3

 サードパーティー製の「Windows MR」HMDとしては既に、「Dell Viser」(350ドル、コントローラを付けると400ドル)、「Lenovo Explorer」(350ドル/400ドル)、Acer製品(300ドル/400ドル)、HP製品(329ドル/429ドル)、ASUS「HC102」(499ユーロ)が発表されている。

 米国ではHC102以外の製品の予約を同日から受付開始した。

 odyssey 4

 Microsoftは同日、17日のWindows 10のFall Creators Updateに合わせて2万本以上のMRアプリを公開することも発表した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i

サムスンはiPhone X用にディスプレイを売る方がGalaxy S8の部品製造よりも儲かる – GIGAZINE





iPhone生誕10周年の記念モデル「iPhone X」に、有機ELディスプレイを独占供給するSamsungは、1台あたり110ドル(約1万2000円)でディスプレイユニットを卸しているという予想がThe Wall Street Journal(WSJ)によって出されています。これはスマートフォン用のパーツ製造では破格のもので、自前のGalaxy S8製造よりも儲かっていると指摘されています。

Why Apple Rival Samsung Also Wins If iPhone X Is a Hit – WSJ
https://www.wsj.com/articles/why-apple-rival-samsung-also-wins-if-iphone-x-is-a-hit-1506936602

WSJは、iPhone X用の有機ELディスプレイを供給するSamsungの子会社であるSamsung Displayがディスプレイ1枚につきAppleから110ドル(約1万2000円)を得ていて、収益が40億ドル(約4500億円)にのぼると報じています。この利益は、Samsung製のハイエンドスマートフォンGalaxy S8向けの部品の製造から得られる利益よりも大きいとのこと。なお、正確にはGalaxy S8を販売するのはSamsung Electronicsですが、巨大なコングロマリットであるSamsungというくくりで見れば、自前のスマートフォン向け部品を製造するよりも、ライバルであるAppleのiPhone向け部品の方がはるかに儲かるというわけです。

Samsungが1台分で110ドル(約1万2000円)という極めて高い部品価格を設定できるのは、iPhone X向けに高品質な有機ELディスプレイを大量かつ安定的に供給できるメーカーが世界で唯一Samsung Displayだから、という実情があります。スマートフォン関連の知的財産権に関して法廷闘争を繰り返してきたAppleとSamsungですが、ことモバイル端末向けの部品供給においては驚くほど親密な関係にあり、互いに利益を上げているという実態にあります。

なぜAppleはSamsungなしでは生きていけないのか? – GIGAZINE


とはいえ、部品調達先がSamsung一社という状態はAppleにとって経営上の大きなリスクになっているのは事実であり、AppleはSamsungのライバルのLGに対して資金提供をするなどして、部品の調達先を広げる努力をしています。

将来のiPhone搭載に向けてLGが1兆円超の有機ELディスプレイ設備投資を決定 – GIGAZINE


・関連記事
iPhone 8が高価になるのは有機ディスプレイがSamsung独占だからとの見方 – GIGAZINE

AppleがSamsungをディスプレイ発注先から外す方針、Innoluxなどに変更へ – GIGAZINE

Appleに切り捨てられたGPUメーカーImagination Technologiesの身売りが確定 – GIGAZINE

Samsungがジョブズの死を「Appleを攻撃する絶好の機会」と記した極秘メールが公開される – GIGAZINE

日本でのアップルvsサムスン特許訴訟はサムスン勝訴 – GIGAZINE

Appleの特許使用料は「デバイス1台につき約180円が妥当」専門家が法廷で証言 – GIGAZINE

・関連コンテンツ

SKテレコムとサムスン、4G/5G混在トライアル実施 – 日経テクノロジーオンライン

 韓国SK Telecom(SKテレコム)社と韓国Samsung Electronics社(サムスン)は2017年9月28日、4G LTEと5Gの混在する環境での相互作用確認トライアルを完了したと発表した(Samsung社ニュースリリース)。Samsung社が世界初とするこの試みは、2.6GHz帯の商用4GLTEネットワーク、3.5GHz帯と28GHz帯の5Gネットワークを使って行われた。基幹ネットワークはSDN(Software Defined Networking)で仮想化している。また、ネットワークスライシングも導入し、異なる周波数帯、複数の論理ネットワークを組み合わせて多様なサービスに対応するmulti-Radio Access Technology(Multi-RAT)環境下での品質確保を確認した。機器類は、4G、5G両方をサポートするものを使っている。

4G/5G混在環境トライアルの様子

出所:Samsung Electronics社
画像はhttps://news.samsung.com/global/category/press-resources/press-release

[画像のクリックで拡大表示]

 実験は、ソウル市乙支路のSK Telecom社本社構内と移動中の車両に搭載された端末間で、360度VR動画の生中継ストリーミングを送受信する形で行われた。オフィスビルが密集する市街地の、大量の通信が飛び交う屋外で、途切れなく快適なストリーミングサービスを4Gから5Gへ、あるいは5Gから4Gへ送信できることを確認。加えて今回の試験では4G通信エリアと5G通信エリア間の移動時に途切れの無いサービスが得られることも確認できたという。

 両社は今回の結果を踏まえて、既存の4G商用ネットワークと5Gネットワーク混在環境でのさらなる検証を進め、5Gの可能性を見極めていくとしている。

独自のデジタルペン入力技術が「Galaxy Note8」に採用 – @IT MONOist



「Galaxy Note8」「Galaxy Note8」 出典:ワコム

 ワコムは2017年9月4日、同社のデジタルペン入力ソリューション「feel」が、韓国のSamsung Electronicsの新型スマートフォン「Galaxy Note8」に搭載されるSペンに継続して採用されたことを発表した。Sペンにより、精密な操作や自己表現、豊かなコミュニケーションをサポートする。

 同社は、2011年導入の初代Galaxy Note以来、デジタルペン技術を提供している。Galaxy Note8用には、より自然な使い心地でデジタルペンによる手書き入力やマルチタッチによる直感的な操作を提供するfeelが継続採用された。

 Galaxy Note8用のSペンは、4096段階の高い筆圧感知レベルと0.7mmの微細なペン先を持ち、自然な書き心地を可能にした。また、同機の主要機能「インフィニティ ディスプレイ」や「デュアルキャプチャーカメラ」と高度な連携を行うためのインタフェースの役割も果たす。

 「ライブメッセージ」機能では、Sペンで手書き入力したテキストや絵を汎用性の高いアニメーションGIFにして共有できる。また、Sペンを近づけると、71言語に対応する単語や文章の翻訳、通貨の為替変換などができる。新機能「サムスンパス」との連携により、サインによるユーザー認証にも対応する。

 同社は、Samsung Electronicsをはじめとしたパートナー各社との協力をさらに強化する。デジタル文具時代にむけた取り組みを推進し、より直観的で楽しくクリエイティブに使えるソリューションを提案するとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rivalry between Apple and Samsung in smartphones will grow fiercer – The Economist

NEVER shy about hype, on September 12th Apple’s boss, Tim Cook, presented the firm’s latest iPhones to a packed auditorium in its glitzy new headquarters in Cupertino. He made a grand prediction: its new, premium phone, the iPhone X (pronounced “ten”), will “set the path of technology for the next decade”. Set to be released this November, ten years after the first iPhone launched, the iPhone X has new features such as an edge-to-edge OLED screen (a thinner screen that does not use a backlight), wireless charging, facial-recognition technology and a dual-lens camera.

On the same day, Samsung, a rival smartphone-maker, held a lower-key event in Seoul. Koh Dong-jin, president of Samsung Electronics’ mobile business, announced that next year Samsung could reimagine the smartphone entirely and launch a new design with a foldable screen, which can close like a small book. On September 15th its latest premium smartphone, the Galaxy Note 8, will go on sale, boasting many of the features offered by the iPhone X.

Both are trying to convince consumers to spend around $1,000 for their new gadgets. Samsung’s new phone will cost $960; Apple’s high-end iPhone X will cost $999, 45% more than the average selling price of an iPhone in 2016. (The iPhone 8, simpler than the X and available for sale in September, will start at $699.)

The competition to wow consumers has been intensely fought between Apple and Samsung Electronics for years. They claim a duopoly over the premium part of the smartphone market. Together they control around two-thirds of the global market (Apple claims 44% of smartphone revenues and Samsung 22%; see chart). The two firms have tussled in courts around the world over intellectual property, with Apple accusing Samsung of infringing on its smartphone patents.

Last year Apple seized share in premium phones when Samsung struggled with its Galaxy Note 7; its batteries had a habit of overheating, which necessitated a global recall. Samsung’s new phone is expected to win back users. It used to copy Apple’s innovations but is now often ahead on new features, says Werner Goertz of Gartner. Samsung was the first to release an OLED screen, for instance.

The rivalry between the two will only grow fiercer (even though Samsung is also among Apple’s most important suppliers of components, and is expected to provide OLED screens and chips for Apple’s latest phones). In rich countries the market for smartphones is maturing: many of the firms’ gains will come from stealing each other’s customers. In emerging markets, especially China, they will compete to persuade consumers to trade up from cheaper phones. Apple globally claims an 82% retention rate, compared with Samsung’s 67%. This is significantly higher than other firms’, especially Chinese manufacturers like Xiaomi and OPPO, whose less expensive phones have gained share among Chinese consumers in recent years.

Samsung and Apple will fight on three fronts. One is to design a better overall software ecosystem and keep consumers within it. “I don’t know if it’s a smartphone war as much as it is an ecosystem war,” says Tim Bajarin of Creative Strategies, a technology consultancy. Samsung runs on the Android operating system, whose design it does not fully control, whereas Apple has the advantage of complete oversight of its iOS operating system.

A second front will be fought over virtual assistants. Apple was the first mobile-phone maker to offer a voice-controlled assistant, called Siri, which it introduced in 2011. Samsung offers one named Bixby. Both have been underwhelming in their capabilities. But Samsung is investing huge sums to change this, while Apple is criticised for underinvesting in Siri.

A third battleground in software will be augmented reality (AR), or the projection of digital information onto the physical world. Both Apple and Samsung offer dual-lens cameras, which make it easier to integrate AR functions into apps.

There is unlikely to be one winner. Samsung is well hedged; its strong chip and smartphone-components business will insulate the firm if mobile-phone sales slow. Apple lacks this diversity, but its mobile devices project luxury, and its customers are less likely to defect because iOS runs across all their devices. Mr Cook may be right that Apple’s phones will set technology’s direction, but his firm will feel Samsung’s breath on its neck all the way.