DELLとニッキー・リードさん電気電子機器廃棄物への取り組み … – マイナビニュース

スマートフォンやPCはもちろん、増加するIoTとITが進むにつれて、電気電子機器廃棄物(E-waste)も増加する。世界市場でシェアを持つPCベンダーでもあるデル(DELL)は、PCベンダーの一員として、このE-wasteに対する取り組みをCES2018で発表している。

同社は、環境取り組みプロジェクト「Legacy of Good Program」の一環として2020年までに1億ポンド(約45,360トン)のリサイクル材料を製品再利用の目標に設定、これまでにも製品や梱包に持続可能な材料を使用するなど2012年以降、5,000万ポンド(約22,680トン)を超える再利用を実現している。

今回新たに、米国の女優で脚本家のニッキー・リード(Nikki Reed)さんと進めるプロジェクト「The Circular Collection by Bayou with Love and Dell」では、同社環境パートナーWiston GreenTech社が開発した環境への影響を大幅に削減する再生プロセスを用いて廃棄物から回収した金を使った限定ジュエリーコレクションを披露している。また、使用済み電子機器から回収した金は、製品のマザーボードに使用するプロジェクトも発表しており、2018年春から同社のノートPC「Latitude 5285 2-in-1」にも搭載される予定だという。

Bayou with Loveの共同創設者であるニッキー・リードさんは、「Bayou with Loveを立ち上げた目的は、人間が地球にもたらす影響についての認識を高め、持続可能な方法で調達された再生原料から美しい製品を作り出すことができることを示すためでした。デルとともに、『廃棄物』となった金をリサイクルすることにより、継続的に資源を再利用して廃棄物ゼロを実現するための環境作りに取り組んでいます」とE-wasteから美しいジュエリーが創造されるというこの象徴的なプロジェクトの目的を述べている。

また、デルの副会長Jeff Clarke(ジェフ・クラーク)氏は「当社では、特にサプライチェーンを通じて、より効果的かつ効率的な事業運営の方法を模索しています。製品に使用するプラスチック、カーボンファイバー、ゴールドといった材料をどこから、いかに調達するかというマテリアルにおけるイノベーションは、当社にとってますます重要になっています。地球の鉱石1トンよりも、マザーボード1トンに含まれるゴールドの方が最大で800倍も多いという事実を考えれば、私たちが貴重な材料を蘇らせる膨大な機会を手にしていることが分かります。それに気づいたのがニッキー・リード氏であり、当社だったのです。世界で最も差し迫った環境課題を解決するためには、常に既存の枠組みにとらわれずに考え、イノベーションの境界を押し広げる必要があります」と世界規模でハードウェアを生産する同社が材料獲得においてもイノベーションを実践していることを強調している。

ASCII.jp:デル、回収した金をマザーボードに再利用する新プロジェクト – ASCII.jp

「Latitude 5285 2-in-1」に搭載して発売

2018年01月17日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

 デルは1月9日、金ジュエリーコレクション「The Circular Collection by Bayou with Love and Dell」を発表した。電子機器から回収した金を用いて制作されたジュエリーを取り扱う。

 女優/起業家/アクティビストであるニッキー・リードと共同創設した限定ジュエリーコレクション。デルのリサイクルプロブラムで電子機器の資源の有効活用として展開されるもので、コレクションには14/18Kのゴールドリング、イヤリング、カフリンクスなどがラインアップされる。

The Circular Collection by Bayou with Love and Dell

 さらに同社では、回収した金を新しいマザーボードに再利用するという業界初の試験的プロジェクトを発表。このマザーボードは「Latitude 5285 2-in-1」を含む数百万台のPCに利用され、2018年春より出荷を予定している。

「Latitude 5285 2-in-1」 

 廃棄される電子機器などに含まれる貴金属は、現在では12.5%程度が再利用されるに過ぎず、米国だけでも毎年6000万ドル相当の金や銀を無駄にしていると推測される。同社では無料リサイクルサービス「Dell Reconnect」と提携リサイクル企業により、プラスチックから貴金属に至るまで広範囲なリサイクルやアップサイクル(より価値の高いものへの変換)プログラムを推進。2020年までに1億ポンド(およそ45360トン)相当の資源を再活用する目標を掲げている。

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

Appleに対抗? Dellのハンズオフ機能「Mobile Connect」 | ギズモード … – ギズモード・ジャパン

AndroidとWindowsの関係が縮まった!

AndroidとWindowsのエコシステムの多様性は、Apple(アップル)のエコシステムに比べたとき、最も大きな強みのひとつでしょう。ただ、それらを開発する異なる2つの会社が、MacやiPhoneファンが強く誇りに思っているであろうシームレスに統合されたプラットフォームを作りあげることは、決して簡単なことではありません。

しかし、ようやく今Dell(デル)が、「Mobile Connect」というAppleのハンズオフ機能(iPhoneとMacのどちらを使っているかに関わらず情報や電話、テキストを簡単に送受信できる)を代替するような新機能を、ノートPCを使うユーザーに提供してくれようとしています。

20180112-Dell-Mobile-Connect-2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

2018年に発売されるすべてのXPS、Inspiron、Vostro、Alienwareのノートブックに搭載されることになるソフトでは、BluetoothとWi-Fiを合わせた独自技術を用いて、スマホに送られた情報にノートPCのスクリーン上でもアクセスすることができるようになります。

Androidスマホとペアリングすると電話の発信、通知の確認、そしてノートPCのスクリーン上にスマホスクリーンのミラーリングをすることすらできるのです。しかも、すべてワイヤレスですよ。iPhoneで利用しようとすると、電話に出たりテキストを送ったりすることはできるものの、iOSの性質上このMobile Connectの高度な機能は使えません。

20180112-Dell-Mobile-Connect-3
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

チャンスがあったので、Mobile Connectを自分でも試してみたところ、ノートPCからデモ機のスマホを操作するのは、まるで手のひらに本物のスマホを持っているのと同じくらいシンプル。

ただ、Mobile Connectはコマンドを呼びだすときに多少のラグがあることにも気づきました。特に、大画面スクリーンのミラーリングを行なっているときなどは顕著です。それでも遅延は似たようなノートPC/スマホをSamsung(サムスン)のSideSyncアプリでペアリングするときとそれほど大きくは変わりません。

Mobile Connectによって、DellがWindwosとAndroidの間のギャップを埋める役割を担おうとしてくれていることはすごくありがたいことですし、その機能がいい感じに動いてくれるのも励みになります。ただ、Appleのエコシステムを使うユーザーがiOS 8(2014年後半に登場)の頃から使っていた機能であることを考えると、似た機能の実現にここまで時間がかかってしまったことには少し不満がなくはないんですがね。

Image: Gizmodo US

Sam Rutherford – Gizmodo US[原文

(Doga)

デルがジュエリーを発表!? なるほど、ガジェットから金属リサイクルで指輪 … – ギズモード・ジャパン

あら、素敵だわぁ。

スマートフォンのケースからスマートウォッチと、IT業界とファッション業界は、昨今、その距離を縮めてきましたが、まさかあのIT企業がジュエリーを発表するとは思いませんでした。PCメーカーのデルです。デルがジュエリーラインを発表したのです。

デルとアクセサリとは、なんとも奇妙な繋がりに思いますが、理由をきけば納得。発表されたジュエリーライン「The Circular Collection by BaYou with Love and Dell」は、デルのリサイクルプログラムを通じ、ガジェットに含まれる金を再利用して作られたジュエリー。なるほど、金のリサイクルとなれば、部品のいたるところに金が使われているガジェットはまさにぴったり。ジュエリーのデザインを担当したのは、マイケル・デル氏…ではなくて、映画『トワイライト』シリーズで知られる女優のニッキー・リードさん。14金/18金の指輪、イヤリング、カフリンクスがあり、価格は78ドルから348ドル(約8,600円から3万8000円)。

日本では、東京オリンピックに向けて、スマートフォンやパソコンなどをリサイクルしてメダルを作成しようというプロジェクトがありますが、今後この動きは加速しそうですね。好きなIT企業のアクセサリなんて、ヒネリがきいている上に地球にも優しい。Appleがこれやったら、大変な人気になるでしょうに。

Image: Bayou with Love
Source: Tech Crunch, Bayou with Love
Reference: 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

(そうこ)

デル、CES2018にて新型「XPS 13」などを発表 – ASCII.jp

さらに薄型軽量かつ高性能に

2018年01月10日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

XPS 13

 デルは1月9日(米国時間)、米ラスベガスで開催されているCES 2018にて新型ノートパソコンやソフトウェアなど各種発表を行なった。

 とくに注目されるのは同社コンパクトノートPCの主力モデルとも言える「XPS 13」に新型が登場した点。全面的に設計が刷新され、さらに軽量(最軽量モデルでおよそ1.2kg)かつ薄型(3.4mm、従来比30%減)となっているほか、第8世代インテルCoreプロセッサーや4Kディスプレー、最大1TBのSSD搭載を実現。

XPS 13は、火星探査機にも使われているシリカ結晶素材を活用、これまでの炭素複合材を超える放熱性を確保しているという 

 また、指紋認証や顔認識対応カメラを搭載するほか、4つの内蔵マイクはCortana音声認識にも適しているという。新しいXPS 13は米国やヨーロッパで発売が開始されており、価格は999.99ドルより。

 このほか、「XPS 15 2-in-1」には第8世代CoreプロセッサーとともにRadeon RX Vega Mグラフィックスを搭載してパフォーマンスを向上させている。また、ソフトウェア「Dell Mobile Connect」を使うことで、デルのPCとスマホ(iOS/Android)を統合化し、パソコンから電話やメッセージ送受信、モバイルアプリの操作などが可能となる。

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

ASCII.jp:デル、CES2018にて新型「XPS 13」などを発表 – ASCII.jp

さらに薄型軽量かつ高性能に

2018年01月10日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

XPS 13

 デルは1月9日(米国時間)、米ラスベガスで開催されているCES 2018にて新型ノートパソコンやソフトウェアなど各種発表を行なった。

 とくに注目されるのは同社コンパクトノートPCの主力モデルとも言える「XPS 13」に新型が登場した点。全面的に設計が刷新され、さらに軽量(最軽量モデルでおよそ1.2kg)かつ薄型(3.4mm、従来比30%減)となっているほか、第8世代インテルCoreプロセッサーや4Kディスプレー、最大1TBのSSD搭載を実現。

XPS 13は、火星探査機にも使われているシリカ結晶素材を活用、これまでの炭素複合材を超える放熱性を確保しているという 

 また、指紋認証や顔認識対応カメラを搭載するほか、4つの内蔵マイクはCortana音声認識にも適しているという。新しいXPS 13は米国やヨーロッパで発売が開始されており、価格は999.99ドルより。

 このほか、「XPS 15 2-in-1」には第8世代CoreプロセッサーとともにRadeon RX Vega Mグラフィックスを搭載してパフォーマンスを向上させている。また、ソフトウェア「Dell Mobile Connect」を使うことで、デルのPCとスマホ(iOS/Android)を統合化し、パソコンから電話やメッセージ送受信、モバイルアプリの操作などが可能となる。

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

デル、CES 2018にてHTC Viveのコンシューマ向け販売を決定 – GAME Watch

 デルは1月10日、1月9日にアメリカのラスベガスにて開催されたCES(Consumer Electronics Show) 2018にて発表された内容を公開した。

新しい「Alienware Software Command Center」

 従来の自社ソフトウェアを1から見直し、システム設定やコンテンツ、その他の機能をシンプルで洗練されたインターフェイスに統合する「Alienware Command Center」を発表した。

 これにより初心者やベテランのゲーマーはそれぞれの需要に合わせて周辺機器の調整が可能になり、自分のゲームライブラリにアクセスしてゲームごとに異なるカスタムプロファイルを容易に構築できるようになる。また電源管理とオーバークロックのためのツールを用い、さらなるパフォーマンス向上にもつなげられる。

 さらに、Alienwareやマウス、キーボードすべてに対応するAlienware独自のゲーム中照明「AlienFX 2.0」を発表。「Alienware Command Center」は個別キーとキーグループに更なるカスタマイズを提供し、1,680万色に及ぶ色数を表現可能になる。

e-Sportsへの新たな投資

 デルとAlienwareは、2007年のChampionship Gaming Seriesのスポンサーに加えe-Sportsチーム「Team Liquid」、「Team Dignitas」、「ELEAGUE」との連携などe-Sports業界への投資を行なってきた。デルはトレーニングと協議においてAlienwareの周辺機器を利用しているTeam Liquid向けに、新たなAlienware e-Sportsトレーニング施設を発表した。

 ロサンゼルスにある約743平方mの施設はTeam Liquidの本部として使用され、複数の有力チームをサポートする。調理師やスポーツ心理学者、栄養士などが配置され、デルとAlienwareの最新技術によってサポートされる。

VRを現実に

 AlienwareはNVIDIA、Oculusと連携しながら競争型VRスポーツの新規カテゴリを創造し、それを幅広く浸透させることを目指している。

 14都市から参加した200名以上の選手がAlienwareのシステムを使用しSurviosの最新VRゲームである「Sprint Vector」の最速タイムを競った。フィナーレは1月9日にラスベガスで開催され、上位8名のプレーヤーがAlienware VR Cup National Championのタイトルと総額1万米ドルの賞金を競った。

 また、デルはVRのエントリーコストを削減するため799米ドルからの価格に抑えたVR対応InspironゲーミングデスクトップPCを発表する。PCゲーマー向けに開発された同製品は、最大6コアの第8世代インテルCPUやGPUを搭載し、高速起動のためのSSDオプションを搭載、長期間のプレイ向けに考案された熱設計を採用している。

PCメーカーとして初めてHTC Viveのコンシューマ向け販売を開始

 VR関連の便利な購入に加え、デルはPCメーカーとして初めてHTC Viveのコンシューマ向け販売を開始する。またARヘッドセットの取り扱いについてもMetaとの契約を締結しており、最新のVR/AR技術を用いた開発者の需要に応える。

Compellent FS8600:単一ファイルシステムで4PBに拡張可能なスケールアウトNAS – TechRepublic Japan

Dell Compellent FS8600のポイント

  • 1つのファイルシステムで最大4Pバイトまで拡張可能
  • スナップショットやリモート複製などでローカルで保護
  • PowershellとRESTに対する管理APIも利用

Dell Compellent FS8600の製品解説

 デルの「Dell Compellent FS8600」は、分散型ファイルシステム「Dell Fluid File System(FluidFS)」をベースにしたスケールアウト型NAS。ストレージプールが単一のIPアドレスが割り当てられた単一のファイルシステムとして活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 1つのファイルシステムで最大4Pバイト、グローバルの名前空間で20Pバイト以上に拡張できる。最大スループットは11.9Gbpsと説明する。
 SMB/NFS、FTPなどのプロトコルをサポートする。スナップショットやリモート複製、スナップショットのアーカイブを使用してデータをローカルで保護する。

 管理ツールの「Dell Storage Manager」には、ファイルシステムのクォータ、ファイル拡張子のフィルタリング、レポート作成などの機能を搭載。PowershellとRESTに対する管理APIも利用できる。

 必要に応じて、ドライブやストレージエンクロージャ、またはNASアプライアンスを透過的に追加、管理することで既存のインフラストラクチャ内のファイルストレージのパフォーマンスと容量を拡張することも可能だ。

Dell Compellent FS8600のまとめ
用途と機能 分散型ファイルシステム搭載のスケールアウト型NAS
特徴 1つのファイルシステムで最大4Pバイト、グローバルの名前空間で20Pバイト以上に拡張可能。SMB/NFS、FTPなどのプロトコルをサポート

デル、最新「XPS 13」発表 第8世代i7&メモリ16GB&4Kモデルも – ITmedia


ニュース


» 2018年01月05日 13時50分 公開



デルは、同社のノートPC「XPS 13」の最新モデル「New XPS 13」を発表した。Intelの第8世代コアを全モデルで採用し、最大メモリ16GB、4K(3840×2160ピクセル)のタッチ対応ディスプレイを選択できる。


[井上輝一,ITmedia]




 デルは1月3日(現地時間)、米国ラスベガスで行われる「CES 2018」に先立ち、同社のノートPC「XPS 13」の最新モデル「New XPS 13」を発表した。Intelの第8世代コアを全モデルで採用し、最大メモリ16GB、4K(3840×2160ピクセル)のタッチ対応ディスプレイを選択できる。


「New XPS 13」

 最小構成ではCPUに第8世代Core i5-8250U、メモリ4GB、128GB SSD、13.3型フルHD(1920×1080ピクセル、タッチ非対応)ディスプレイで999.99ドル。最大構成では第8世代Core i7-8550U、メモリ16GB、13.3型4K(3840×2160ピクセル、タッチ対応)で2049.99ドル。OSにはWindows 10 Home 64bitとWindows 10 Pro 64bitを選択できる。

 全ての構成でサイズと重量は変わらず、7.8〜11.6(高さ)×302(幅)×199(奥行き)mmで、1.21kgと軽量に収めた。

 ポートにはThunderbolt 3×2基とUSB Type-C 3.1×1基、SDメモリーカードリーダー、ヘッドフォンジャックを備える。電源ボタンは指紋認証センサーを兼ね、Windows Helloによる生体認証が可能。無線接続にはKiller製のWi-Fi(IEEE 802.11ac)とBluetoothを備える。ワイヤレスWANのオプションはない。


New XPS 13のポート類


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

パワーマット(Powermat)、ワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium)へ参加 – CNET Japan

パワーマット(Powermat)、ワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium)へ参加

AsiaNet 71731

パワーマット(Powermat)、 電磁誘導充電を次のレベルへ牽引すべくワイヤレス・パワー・コンソーシアム(Wireless Power Consortium)へ参加

イスラエル、ネベ・イラン、ニュージャージー州ピスカタウェイ、2018年1月4日/PRNewswire/ —

ワイヤレス充電技術の先駆者、パワーマット(Powermat)は本日、同社がワイヤレス・パワー・コンソーシアム(WPC)に参加することになったと発表しました。パワーマットはWPCへ、既存のQiエコシステムへの互換性を保ちつつ、電磁誘導充電の技術を促進する同社の技術と専門性を提供することになります。

     (ロゴ: リンク )

「パワーマットがWPCに加わり、現在起きているテクノロジーや体験の進展へ寄与してくれることを楽しみにしています。」と、WPC会長のメンノ・トレファース(Menno Treffers)氏はコメントしています。「パワーマットはワイヤレス充電の価値に気づいた先駆者でした。WPCに参加することで同社は、グローバル基準であるQiの背景にあるワイヤレス充電のエコシステムの統一を進めて、ワイヤレス充電の採用率を更に高めて、消費者がどこへ行ってもワイヤレス充電をより便利に使えるようにします。WPCは、テクノロジー革新におけるパワーマットの専門性を活用して、より高い電力や広範囲の特別な自由度を含めたより多くの活用事例をサポートして行きます。」

「Qiは市場におけるワイヤレス充電の主流となっており、最近発売されたアップル社のiPhoneラインはこの成功の証拠と言えるでしょう。」と、パワーマットCEOのエラッド・ドゥブズィンスキー(Elad Dubzinski)氏はコメントしています。「パワーマットはワイヤレス充電の潜在性を更に解放すべく、テクノロジーの革新を共有し、ワイヤレス充電インフラの成長を促進することで、ワイヤレス充電をユーザーが必要としている全ての場所へもたらします。」

パワーマットは、アップル(Apple)、サムスン(Samsung)、LGエレクトロニクス(LG Electronics)、デルファイ(Delphi)などを含むQi規格を採用する360以上の企業に加わることになります。

パワーマットについて
パワーマットはワイヤレス充電の先駆者かつリーダーであり、世界最大のワイヤレス充電ネットワークのプロバイダーです。当社は電磁誘導充電技術開発の最前線にいます。スターバックス、サムスン、ゼネラルモータース(General Motors)やフレックス(Flex)など、市場をリードする各社が当社の技術を採用しており、そのおかげで私達誰もが100%充電完了状態で毎日を生きることができます。

ワイヤレス・パワー・コンソーシアムについて
2008年に設立されたワイヤレス・パワー・コンソーシアムは、約23ヵ国の360社以上で構成された、協力的な標準の促進を目指す、オープンな団体です。WPCのメンバーには、アップル、エーサス(ASUS)、ベルキン(Belkin)、ボッシュ(Bosch)、キャノン、デル(Dell)、ハイアール(Haier)、HTC、フアウェイ(Huawei)、IKEA、LG、モトローラ(Motorola)、モフィー(mophie)、パナソニック、ロイヤル・フィリップス(Royal Philips)、サムスン、ソニー、ヴェライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)などが含まれます。世界中の国々、そして産業のあらゆる部分から参加している、大小様々な競合各社やエコシステム内のパートナー企業であるこれらの企業は、ワイヤレス電力に関して世界で最も便利、安全、かつ効率の良い標準を設計し、開発するというただ一つの目標の実現を目指して協力しています。

PR 連絡先:
パワーマット
Gilly Kinsky:
Gilly.kinsky@powermat.com
WPC
Lauren Althaus: LAlthaus@golin.com
Dan Guitteau: DGuitteau@golin.com

ソース: パワーマット

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。