世界初、18~400mmをカバー タムロンが超望遠高倍率レンズを発売 – 乗りものニュース

タムロンが、世界で初めて18~400mmをカバーするデジタル一眼レフカメラ専用レンズ「Model B028」を発売しました。

乗りものをはじめ、風景、料理まで多様なシーンに対応

 カメラレンズ大手のタムロンが2017年7月、世界で初めて18~400mm(35mm判換算28~620mm相当)の焦点距離をカバーするAPS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用レンズ「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD(Model B028)」を発売しました。

 超望遠400mm、ズーム倍率22.2倍の幅広い撮影領域を実現する超望遠高倍率ズームを開発し、広角から、「引き寄せ効果」や「圧縮効果」といった超望遠レンズならではの画面作りも1本のレンズで可能に。幅広い画角をレンズ交換なしで1本でカバーできることから、タムロンによると、風景、ポートレート、料理、スポーツ、動物など幅広い被写体に対応するとのこと。さらに、レンズ交換の余裕がない鉄道撮影の場合でも、さまざまな焦点距離の撮影がレンズ1本で可能といいます。

171006 tamronlens 01
18~400mmをカバーするデジタル一眼レフカメラ専用レンズ「Model B028」の外観(画像:タムロン)。

 AF駆動に、タムロンが独自開発したモーター「HLD(High/Low torque-modulated Drive)」を採用。また、手ぶれ補正機構「VC(Vibration Compensation)」も搭載されています。

 レンズ構成は11群16枚。レンズ先端からマウント面までの長さはキヤノン用が123.9mm、ニコン用が121.4mm、質量はキヤノン用が710g、ニコン用が705g。メーカー希望小売価格9万円(税別)です。

【了】

ミクロの世界を堪能しよう。異世界を垣間見た気分になれるニコンの「スモールワールド」顕微鏡写真コンテスト優秀作品 (※昆虫、寄生虫、菌類あり) – BIGLOBEニュース

top

image credit:image credit:Jean-Marc Babalian/Nikon Small World

 光学顕微鏡のレンズを通して初めて気づく小さな世界のすばらしさを伝えてくれるニコンの「スモールワールド」顕微鏡写真コンテストについては、これまでも折にふれお伝えしているが、今年もその栄えある入賞作品が決定したようだ。

 第43回目となる今回は、世界88ヵ国から2000人以上からの応募があり、今年100周年を迎えるニコンにふさわしい素晴らしい作品が集まったという。

 ミクロの世界を見事にとらえた首位3位を含む、2017年の優れた作品の一部をご紹介しよう。

  1. 1位:不死化したヒトの皮膚細胞のケラチン構造
    1_e

image credit:Dr. Bram van den Broek, Andriy Volkov, Dr. Kees Jalink, Dr. Nicole Schwarz, and Dr. Reinhard Windoffer/Nikon Small World

  1. 2位:ノボロギクの種
    2_e

image credit:Dr. Havi Sarfaty/Nikon Small World

  1. 3位:ボルボックス(オオヒゲマワリ)のコロニーが破裂した瞬間
    3_e

image credit:Jean-Marc Babalian/Nikon Small World

  1. ユリの花粉
    6_e

image credit:Dr. David A. Johnston/Nikon Small World

  1. 染色して結んだヒトの毛髪
    17_e

image credit:Harald K. Andersen/Nikon Small World

  1. 葉の上に並んだタテハチョウ科のMestra butterflyの卵
    14_e

image credit:David Millard/Nikon Small World

  1. 金属のような光沢をもつミツバチ科のorchid cuckoo bee
    13_e

image credit:Levon Biss/Nikon Small World

  1. 虹色に輝くシジュウカラの羽毛
    16_e

image credit:Marek Mis/Nikon Small World

  1. ザトウムシの目
    12_e

image credit:Charles Krebs/Nikon Small World

  1. クリスマスツリーのように着色された軟骨様組織
    9_e

image credit:Catarina Moura, Dr. Sumeet Mahajan, Dr. Richard Oreffo, and Dr. Rahul Tare/Nikon Small World

  1. トマトの上で成長する菌
    5_e

image credit:Dean Lerman/Nikon Small World

  1. 夕日のように見える土壌中の菌のコロニー
    20_e

image credit:Tracy Scott/Nikon Small World

  1. クレジットカードのホログラムロゴの拡大写真
    11_e

image credit:Steven Simon/Nikon Small World

  1. 一部のナマコの皮膚にあるイカリ状の小骨片
    18_e

image credit:Christian Gautier/Nikon Small World

  1. サナダムシの頭部
    4_e

image credit:Teresa Zgoda/Nikon Small World

そのほかの素晴らしい作品は公式サイトでも紹介されているぞ。

via:sciencealert / microscopy-ukなど / translated by D/ edited by parumo

ニコン、営業益190億円に上振れ 4~9月 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 ニコンの2017年4~9月期は、連結営業利益(国際会計基準)が前年同期比3割減の190億円前後だったようだ。37%減の170億円とする従来予想を上回った。国内で約1000人を減らすなど合理化の効果に加え、デジタルカメラの販売が底入れしてきた。

 売上高は1%減の3400億円弱だったとみられる。従来予想は4%減の3310億円。

 売上高、営業利益ともに減少幅が想定より小さかったのは構造改革の効果と、デ…

篠田 優 写真展「See/Sea」開催中。 東京・銀座ニコンギャラリーで10月24日(火)まで – https://lrnc.cc/

‘).appendTo(‘#header-menu’);
})

YAMAHA WebCM “Play Different” lee & ZiNEZ編

北村匠海、週刊ザテレビジョン連載「take me,take you」第33回未公開ショット! – ウオーカープラス

ダンスロックバンド・DISH//のボーカル&ギターを務め、また俳優として活躍する北村匠海の連載第33回、未公開ショット&メーキング動画を公開!!

撮影●諸井純二

  • 撮影●諸井純二

今回は、自身の20歳の誕生日に個展を開催するをいうことで、中古カメラ店に行ってきました。お店につくと、「実は今まで使っていたニコンのカメラが壊れちゃって…」と良いタイミングだったよう。同じカメラともう1台候補のものがあり、迷っていた匠海くんでしたが、ニコンのカメラを連れて帰っていました。個展への思いや、写真については発売中の週刊ザテレビジョン43号にてお話しています。また、読者からの質問「最近笑ったことは何ですか?」にも答えているので、合わせてチェックしてみてください。

きたむら・たくみ=’97年11月3日生まれ、東京都出身。ダンスロックバンド・DISH//のボーカル&ギター。最新シングル「僕たちがやりました」が発売中。ライブDVD/Blu-ray「DISH//日本武道館単独公演’17TIME LIMIT MUSEUM」が発売中。2018年1月1日に4年連続5回目となる東京・日本武道館単独公演を開催することが決定した。また、俳優としても活躍し、映画「恋と嘘」が公開中、公開待機作に「勝手にふるえてろ」(12月23日(土)公開)がある。

ニコン、横浜に開設−非破壊検査装置のデモ施設 – 日刊工業新聞

  • トップ
  • エレクトロニクスニュース

INDUSTRIAL TRENDS AD

[ エレクトロニクス ]

ニコン、横浜に開設−非破壊検査装置のデモ施設

(2017/10/18 05:00)


ニコンは横浜市栄区に非破壊検査装置や非接触3次元測定機のデモンストレーション施設を開設した。日本やアジア地域の顧客に対し、産業機器事業の製品群の認知度を高めて販…

(残り:193文字/本文:273文字)

(2017/10/18 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える!
「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい!
軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス
小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

現実空間を融合させたMRライブ動画配信を実現化 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
現実空間を融合させたMRライブ動画配信を実現化

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

「emmmR株式会社」「Nikon-SBI Innovation Fund」からの増資により事業拡大、エンターテインメント分野の進出へ ~ビジネス拡大に伴い、クリエイティブ豊かな人材も急募~

Mixed Reality(MR:複合現実感)の技術を実現するハードウェアおよびソフトウェアの開発・販売を行うemmmR株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:天野友昭 以下、emmmR)が、2017年10月、株式会社ニコンとSBIインベストメント株式会社が共同で設立したプライベートファンド「Nikon-SBI Innovation Fund」を引受先とする第三者割当増資を実施し、これまで取り組んできたMRを実現化するハードウェアとソフトウェア「リアルタイム・エフェクター(仮称)」の開発を加速、エンターテインメント分野に進出を開始することを、お知らせします。また、事業拡大に伴い、3DCGグラフィックス系ソフトウェアの開発経験がある、クリエイティブ豊かなエフェクト開発エンジニアを募集しております。

【emmmR株式会社】 http://www.emmmr.com

■emmmRの事業と使命
emmmR(エムアール)の社名は、「どれにしようかな?」のワクワク感と現実空間を融合させて“もっとワクワクするなにか”を創るMixed Reality Companyです。社名は“どれにしようかな?かみさまのいうとおり…”の英語版 “eeny,meeny,miny,moe”の頭⽂字「emmm」をとりました。そして最後の“R”は、Realityの“R”です。事業は、MRを実現するハードウェア及びソフトウェアの開発と販売、さらにはMR技術が誰でも手軽に楽しめるエンターテインメントに活用できる世界へ誘うことにあります。従来のリアルとバーチャルの複合は、大掛かりなセットが必要であり、演者側がセットの位置決めやCG映像に合わせた緻密なパフォーマンスをする必要がありました。しかし、emmmR開発の「リアルタイム・エフェクター(仮称)」を使用することで大掛かりなシステムの必要性がなくなり、人の動きに合わせてリアルタイム表⽰される3DCGエフェクトと現実空間を融合させたMRライブ動画配信が実現。私たちの技術は、ゲームや動画などのエンターテインメントはもちろんですが、医療や建築現場、デザインやファッション界などでの活用が期待されており、中国を軸にアジアへ向けてビジネスを展開中です。

■emmmR社代表コメント
ネットとスマホが普及した現在、誰もが自分のクリエイティブを世界に向けて発信できる時代です。エンターテインメントの分野での利用機会はネット配信、地上波、イベント演出等に加えC2Cコミュニケーションも視野に入れ、今回の増資をステップにネット配信事業の最大市場である中国での販売を開始いたします。

リアルとバーチャルが相互干渉する世界。そんな不思議な空間を世界中の皆さんに楽しんで頂けるプラットフォームに成長することを目指してまいります。

【会社概要:引受先】
Nikon-SBI Innovation Fund(運営会社 SBIインベストメント株式会社)
所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19F
代表者:代表取締役社長 川島克哉


【会社概要】
会社名: emmmR株式会社
所在地: 東京都品川区大崎 1-20-16
代表者: 代表取締役社長 天野友昭
設立: 2017年5月15日
URL: http://www.emmmr.com 
事業内容: MRを実現するハードウェア及びソフトウェアの開発と販売 ほか

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
emmmR株式会社
e-mail:[email protected]

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が「デジタルカメラグランプリ2018」にて総合金賞を受賞 – 時事通信

[株式会社ニコンイメージングジャパン]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が、2017年9月29日に発表された「デジタルカメラグランプリ2018」において、最高位となる総合金賞<デジタル一眼>を受賞したことをお知らせいたします。


「デジタルカメラグランプリ」とは、今回で10周年20回目を迎える、メーカーからエントリーされたデジタルカメラやフォトアクセサリーを対象に、写真を“撮る”だけにとどめず“愉しむ”ための優れた製品を選出するデジタルイメージング機器の総合アワードです。
写真家・評論家・販売店からなる審査委員による厳正な審査により、各部門賞を受賞した製品の中からもっとも優秀であると評価された製品として、「ニコン D850」が総合金賞<デジタル一眼>を受賞しました。

すべての受賞製品はフリーマガジン・デジタルカメラグランプリ「受賞製品お買い物ガイド」に掲載され、販売店などで配布されます。

「デジタルカメラグランプリ2018 受賞製品お買い物ガイド」
http://www2.phileweb.com/pdf/dgp2018/ebook_dc2018/

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171012-6021.pdf

企業プレスリリース詳細へ (2017/10/13-15:38)

鉄道写真の新定番レンズAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで … – PR TIMES (プレスリリース)

スペシャルコンテンツ「RAIL-SIDE STORY」は、高い光学性能とVR機構を搭載し気軽に超望遠撮影が楽しめる鉄道写真撮影の新定番レンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」で鉄道写真家 助川康史氏が撮影した鉄道写真作品を紹介するコンテンツです。第一回のテーマは、東海道・山陽新幹線 N700系「のぞみ」をはじめとする新幹線・特急列車です。疾走する鉄道車両を美しく捉えたNIKKOR 200-500mmの実力を助川氏の解説とともに存分にお楽しみいただけます。

●AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRについて

開放F値5.6一定で望遠域から超望遠域までをカバーする超望遠ズームレンズ。EDレンズの採用で色収差を抑えた、高い光学性能をズーム全域で実現します。手ブレ補正効果4.5段※(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載。動体撮影に適した[SPORT]モードも搭載しています。また、電磁絞り機構による高速連続撮影時のAEの安定性で、新幹線など高速列車の決定的な瞬間を美しく描き切ります。

※NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_nikkor_200-500mm_f56e_ed_vr/

●助川康史(すけがわ やすふみ)氏について

1975年生まれ。秋田経済法科大学法学部、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業後、鉄道写真家の真島満秀氏に師事。鉄道車両が持つ魅力だけでなく、鉄道を取りまく風土やそこに生きる人々の美しさを伝えることをモットーに日本各地の線路際をカメラ片手に奮闘中。鉄道趣味誌や旅行誌の取材、各種時刻表の表紙写真を手掛ける。日本鉄道写真作家協会(JRPS)理事。(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171012-8139.pdf

鉄道写真の新定番レンズAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで鉄道写真家 助川康史氏が撮影した作品を紹介するスペシャルコンテンツ「RAIL-SIDE STORY」を公開 – PR TIMES (プレスリリース)

スペシャルコンテンツ「RAIL-SIDE STORY」は、高い光学性能とVR機構を搭載し気軽に超望遠撮影が楽しめる鉄道写真撮影の新定番レンズ「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」で鉄道写真家 助川康史氏が撮影した鉄道写真作品を紹介するコンテンツです。第一回のテーマは、東海道・山陽新幹線 N700系「のぞみ」をはじめとする新幹線・特急列車です。疾走する鉄道車両を美しく捉えたNIKKOR 200-500mmの実力を助川氏の解説とともに存分にお楽しみいただけます。

●AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRについて

開放F値5.6一定で望遠域から超望遠域までをカバーする超望遠ズームレンズ。EDレンズの採用で色収差を抑えた、高い光学性能をズーム全域で実現します。手ブレ補正効果4.5段※(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載。動体撮影に適した[SPORT]モードも搭載しています。また、電磁絞り機構による高速連続撮影時のAEの安定性で、新幹線など高速列車の決定的な瞬間を美しく描き切ります。

※NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定
http://www.nikon-image.com/products/lens/nikkor/af-s_nikkor_200-500mm_f56e_ed_vr/

●助川康史(すけがわ やすふみ)氏について

1975年生まれ。秋田経済法科大学法学部、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業後、鉄道写真家の真島満秀氏に師事。鉄道車両が持つ魅力だけでなく、鉄道を取りまく風土やそこに生きる人々の美しさを伝えることをモットーに日本各地の線路際をカメラ片手に奮闘中。鉄道趣味誌や旅行誌の取材、各種時刻表の表紙写真を手掛ける。日本鉄道写真作家協会(JRPS)理事。(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d16573-20171012-8139.pdf