新生活準備をモバイルノートから始めませんか。マウスなら11.6型が5万円台 – ニコニコニュース

【元記事をASCII.jpで読む】

 マウスコンピューターは公式ウェブサイトにて、この冬人気の売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」を開催中。

 期間中はmouseG-TuneDAIVブランド製品それぞれの特集ページが用意され、この冬おすすめとする人気モデルが集められている。

 人気のモデルは持ち運びに便利な11.6型ノートPC。たとえば8GBのメモリー240GBのSSDという快適仕様の「LuvBook C シリーズ MB-C250X1-S2」は5万7024円で手に入る。

 自宅にデスクトップを置くスペースがないならば、15.6型の大画面ノートを使うという手もある。7万5384円からの「m-Book F シリーズ MB-F535EN1」は光学ドライブの内蔵にも対応するCore i3搭載モデル。メモリーを16GBに増設した快適構成でも9万1368円と、10万円以内におさまる。

 これではスペックが足りない? ならばG-TuneDAIVブランドのマシンを検討してみよう。ベースモデルを10万円以上にカスタマイズよりも、はじめから10万円以上の専門機を選択すると、スペックや使い心地がいいという場合も結構ある。

 コストパフォーマンスや使用感だけでなく、使い方や利用シーンに応じてCPUやメモリー、ストレージ容量などをカスタマイズできるのも同社PCの特徴。ぜひ、特集ページからお気に入りのPCを見つけてみてはいかがだろう?

 そのほかの売れ筋モデルはこちら。

新生活準備をモバイルノートから始めませんか。マウスなら11.6型が5万円台

快適なRAW現像環境、DAIVのCore i7-8700+GTX 1060マシンなら16万円台 – ASCII.jp

2018年01月19日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部


 マウスコンピューターは公式ウェブサイトにて、この冬人気の売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」を開催中。

 期間中はmouseG-TuneDAIVブランド製品それぞれの特集ページが用意され、この冬おすすめとする人気モデルが集められている。

 特集されているのは同社のクリエイター向けデスクトップPC大定番モデルである「DAIV-DGZ510」シリーズや、高性能を誇る薄型軽量設計のノートPC「DAIV-NG4500S1-S5」だ。

 RAW現像やイラスト作成などでPhotoshopを多用するならば「GeForce GTX」グラフィックスカード搭載マシンがオススメ。たとえば、CPUにCore i7-7800、GPUにGeForce GTX 1060(3GB)を搭載し、メモリー16GB240GB SSD+2TB HDDなどを採用するクリエイター向けデスクトップPC「DAIV-DGZ520M4-SH2」は16万1784円から。


 イラスト作成にPhotoshopよりIllustratorを多用する、あるいは3Dモデリングをやるならば、GeForceよりもベクトル処理が得意な「Quadro」グラフィックスカード搭載マシンを選択しよう。CPUにCore i5-8400、GPUにQuadro P2000(5GB)を搭載し、メモリー16GB240GB SSD+2TB HDDなどを採用するデスクトップPC「DAIV-DQZ520S1-SH2」は17万7984円で購入できる。


 コストパフォーマンスや使用感だけでなく、使い方や利用シーンに応じてCPUやメモリー、ストレージ容量などをカスタマイズできるのも同社PCの特徴。ぜひ、特集ページからお気に入りのPCを見つけてみてはいかがだろう?

 そのほかの売れ筋モデルはこちら。


DAIV-NG5720S2-SH2

・Windows 10 Home 64bit
・Core i7-7700HQ(4コア/8スレッド 2.80GHz-3.80GHz)
・GeForce GTX 1060(3GB)
・32GB(DDR4 SODIMM PC4-19200)
・240GB SATA3 SSD
・1TB HDD
・モバイル Intel HM175 チップセット
・15.6型 フルHDノングレア(1920×1080ドット sRGB比95%)
・およそ7.6時間バッテリー駆動

余裕のメモリー32GB搭載ノートPC!購入はコチラ!

■関連サイト



カテゴリートップへ

ASCII.jp:快適なRAW現像環境、DAIVのCore i7-8700+GTX 1060 … – ASCII.jp

2018年01月19日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部


 マウスコンピューターは公式ウェブサイトにて、この冬人気の売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」を開催中。

 期間中はmouseG-TuneDAIVブランド製品それぞれの特集ページが用意され、この冬おすすめとする人気モデルが集められている。

 特集されているのは同社のクリエイター向けデスクトップPC大定番モデルである「DAIV-DGZ510」シリーズや、高性能を誇る薄型軽量設計のノートPC「DAIV-NG4500S1-S5」だ。

 RAW現像やイラスト作成などでPhotoshopを多用するならば「GeForce GTX」グラフィックスカード搭載マシンがオススメ。たとえば、CPUにCore i7-7800、GPUにGeForce GTX 1060(3GB)を搭載し、メモリー16GB240GB SSD+2TB HDDなどを採用するクリエイター向けデスクトップPC「DAIV-DGZ520M4-SH2」は16万1784円から。


 イラスト作成にPhotoshopよりIllustratorを多用する、あるいは3Dモデリングをやるならば、GeForceよりもベクトル処理が得意な「Quadro」グラフィックスカード搭載マシンを選択しよう。CPUにCore i5-8400、GPUにQuadro P2000(5GB)を搭載し、メモリー16GB240GB SSD+2TB HDDなどを採用するデスクトップPC「DAIV-DQZ520S1-SH2」は17万7984円で購入できる。


 コストパフォーマンスや使用感だけでなく、使い方や利用シーンに応じてCPUやメモリー、ストレージ容量などをカスタマイズできるのも同社PCの特徴。ぜひ、特集ページからお気に入りのPCを見つけてみてはいかがだろう?

 そのほかの売れ筋モデルはこちら。


DAIV-NG5720S2-SH2

・Windows 10 Home 64bit
・Core i7-7700HQ(4コア/8スレッド 2.80GHz-3.80GHz)
・GeForce GTX 1060(3GB)
・32GB(DDR4 SODIMM PC4-19200)
・240GB SATA3 SSD
・1TB HDD
・モバイル Intel HM175 チップセット
・15.6型 フルHDノングレア(1920×1080ドット sRGB比95%)
・およそ7.6時間バッテリー駆動

余裕のメモリー32GB搭載ノートPC!購入はコチラ!

■関連サイト



カテゴリートップへ

マウス、第8世代Coreや静音キーボードを採用した13.3型ノートPC | マイ … – マイナビニュース

マウスコンピューターは19日、法人向けPCブランド「MousePro」にて、第8世代Intel Coreを採用した13.3型ビジネスノートPC「MousePro NB3」シリーズを発表した。

同社のビジネス向け13.3型ノートPC「MousePro NB3」シリーズ最新モデル。打鍵音を低減したキーボードを採用したほか、バッテリ駆動時間を最大8.1時間に伸ばした。インタフェースは新たにUSB 3.0 Type-Aを3基搭載。第8世代Intel Coreプロセッサを採用モデルも2種類用意した。

ラインナップはCeleron搭載の「MousePro-NB391C」、第8世代Intel Core i5搭載の「MousePro-NB391H-SSD」、第8世代Intel Core i7搭載の「MousePro-NB391Z-MHD」の3種類。

最上位モデル「MousePro-NB391Z-MHD」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8550U(1.80GHz)、メモリが8GB、ストレージが128GB M.2 SSD+500GB HDD、グラフィックスがIntel UHD Graphics 620(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド(1,920×1,080ドット)など。OSはWindows 10 Pro 64bit。

バッテリ駆動時間は約7.5時間(JEITA 2.0)。本体サイズは324×234×22.5mm(突起部含まず)、重量は約1.5kg。この構成で価格が税別114,800円。

第8世代Intel Core i5搭載の「MousePro-NB391H-SSD」ではストレージが240GB SSDとなり、価格が税別99,800円。Celeron搭載の「MousePro-NB391C」ではメモリが4GB、ストレージが500GB HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 610、ディスプレイ解像度が1,366×768ドットとなり、価格が62,800円。

マウス、第8世代Coreプロセッサ搭載の13.3型モバイルノート – PC Watch

MousePro-NB391シリーズ

 株式会社マウスコンピューターは、MouseProブランドより、13.3型ビジネスノートPC「MousePro-NB391」を発売した。税別価格は62,800円から。

 ビジネス用モバイルノート「MousePro NB3シリーズ」の新モデルで、4コア/8スレッドの第8世代Coreプロセッサを搭載。液晶の開閉角度を従来製品より10度拡げ、机上作業時の視認性を向上させたという。

 打鍵音を低減した静音キーボードの採用や、約44%のバッテリ駆動時間延長したほか、14.6時間駆動を可能にする大容量バッテリもオプションで用意する。

 おもな仕様は以下の通り。

製品 MousePro-NB391C MousePro-NB391H-SSD MousePro-NB391Z-MHD
OS Windows 10 Pro 64 ビット
ディスプレイ 13.3型1,366×768ドット非光沢液晶 13.3型フルHD(1,920×1,080ドット)非光沢液晶
CPU Celeron 3865U(2コア/1.8GHz) Core i5-8250U(4コア、1.6GHz) Core i7-8550U(4コア、1.8GHz)
メモリ DDR4-2400 4GB DDR4-2400 8GB
ストレージ 500GB HDD 240GB SATA SSD 128GB SATA SSD+500GB HDD
ネットワーク IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、Gigabit Ethernet
インターフェイス USB 3.0×3、HDMI、ミニD-Sub15ピン、100万画素Webカメラ、SDXC対応カードリーダ、スピーカー、マイク、音声入出力
バッテリ リチウムイオン
駆動時間 約8.3時間 約8.1時間 約7.5時間
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 約324×234×22.5~25mm
重量 約1.5kg
税別価格 62,800円 99,800円 114,800円

G-Tune、6コアCPUに2基のGTX 1080を搭載した約70万円の17.3型4KノートPC – マイナビニュース

マウスコンピューターは1月18日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」より、2基のNVIDIA GeForce GTX 1080をSLI構成で搭載した17.3型4KノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130PA1-SP」を発売した。価格は税別699,800円から。

6コア/12スレッドのデスクトップ向けCPU「Intel Core i7-8700K」に加えて、グラフィックスに2基のNVIDIA GeForce GTX 1080をSLI構成で搭載するハイエンド仕様のノートPC。ヘビーゲーマーのみならず、VR/ARなどのコンテンツ制作者もターゲットとする。

17.3型ディスプレイは4K解像度で、NVIDIAの表示技術「G-SYNC」をサポート。動きが速いゲーム映像でもティアリングやカク付きを軽減する。また、ストレージに、高速なNVMe SSDを最大で3基、2.5インチSSD/HDDを2基搭載可能で、最大7TBの大容量も実現できる。

Thunderbolt 3のほか、Mini DisplayPort、HDMIを備え、本体も含めて最大4画面の4K出力に対応する。さらにUHS-II対応のメモリーカードなども搭載する。

主な仕様は、Intel Core i7-8700K(6コア/3.7GHz)、メモリがDDR4 64GB、ストレージが1TB PCIe Gen3 SSD×3、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080×2、ディスプレイが17.3型4K(3,840×2,160ドット)、OSがWindows 10 Home 64bit。

通信機能はギガビット対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth v4.2。インタフェースはHDMI×1、Mini DisplayPort×2、USB 3.1 Gen2 Tyep-C×2(Thunderbolt 3)、USB 3.0×5、カメラ、UHS-II対応マルチカードリーダーなど。

マウス、第8世代Coreの13.3型モバイルノート「m-Book J」 使い勝手を高めた新ボディー採用 – ITmedia


ニュース


» 2018年01月18日 16時12分 公開



マウスコンピューターは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを採用したモバイルノートPC「m-Book J」シリーズを発表した。





 マウスコンピューターは1月18日、13.3型フルHD液晶ディスプレイ搭載のモバイルノートPC「m-Book J」シリーズを発表、本日販売を開始する。標準構成価格は11万4800円から(税別)。

photo


photophoto
m-Book J

 1920×1080ピクセル表示の13.3型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するノートPCで、CPUに最新のCore i7-8550U(1.8GHz、最大4GHz)を採用したモデルだ。利便性を重視した新設計の筐体を採用し、ディスプレイの開閉角度を140度(従来は130度)に広げ、USBポート同士の間隔を広げるなど細やかな改善が行われた。モバイルモデルながらキーボードは約18.75mmのキーピッチを設けており、ゆとりのあるタイピングが可能となっている。

 OSはWindows 10 Home 64bit版を導入。メモリは8GB、ストレージは512GB SSDを標準で内蔵した(光学ドライブは非搭載)。インタフェースはUSB 3.0×3、ギガビット対応有線LAN、HDMI出力、アナログD-Sub出力、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2+LEなどを利用可能だ。

 バッテリー駆動時間は約7.5時間。バッテリーは着脱可能な設計で、BTOオプションとして約13.5時間の駆動が可能な大容量バッテリーも用意している。本体サイズは約324(幅)×234(奥行き)×25(高さ)mm(突起部含む)、重量は約1.4kg。


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:adid, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:render } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

マウスコンピューター、モバイル環境のために開発した新筐体採用し、第8世代4コアCPUを搭載した13.3型ノートパソコンを発売 – livedoor

マウスコンピューターは、モバイル環境での実用性を考慮して新規開発した筐体に、最新の第8世代4コアCPUとなるCore i7-8550Uを搭載した13.3型ノートパソコン「m-Book Jシリーズ」を2018年1月18日(木)より発売する。価格は11万4,800円(税別)から。

本製品は、モバイル環境での「使いやすさ」をコンセプトに製品企画・開発を行い、モバイルに適した13.3型サイズに着脱可能なバッテリーやアナログVGA(D-Sub)を備え、あらゆる環境で安心・便利に使うことができるという。また、最新の第8世代4コアCPU「インテル Core i7-8550U プロセッサー」と、高速アクセスを実現する512GB SSDを搭載することで、画像・映像編集など負荷が高い作業も快適に処理できるパフォーマンスを備え、性能面でも使いやすさを実現した。

Core i7-8550U、8GBメモリ、512GB SSDを搭載する「m-Book J370SN-M2S5」は製品価格11万4,800円(税別)から、その他にもCPUやメモリ容量を変更した幅広いモデルラインアップを揃えている。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ドスパラ、「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨パソコンを発売
・ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売
・HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
・DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始
・「iiyama PC」と「仮面女子」のコラボ新アイドルユニット「無限女子 〜 powered by 仮面女子 〜」イメージムービー公開

ECS、Gemini Lakeを採用した手のひらPCベアボーン「LIVA Q2」 – PC Watch

LIVA Q2

 台湾ECSは、CES 2018の会場付近のホテルにおいて、Gemini Lake世代のデュアルコアCeleronを採用した手のひらサイズのPC「LIVA Q2」を展示した。

 同社は2017年に同サイズの「LIVA Q」を発表しており、これをベースとした製品としてマウスコンピューターが「MousePro C」を投入している。LIVA Q(およびMousePro C)はApollo LakeのSoCを採用していたが、LIVA Q2ではGemini Lake世代に刷新した。ただし現時点では、LIVA Q2はまだ開発中であり、LIVA Qが現行最新製品として引き続き販売される。

 本体サイズは70×70×33.4mm(幅×奥行き×高さ)で、フットプリントは変わっていないが、厚さが2.4mm増え、体積は従来の152mlクラスから164mlクラスにアップしている。

 おもな仕様は、メモリにLPDDR4 2GB/4GB、ストレージにeMMC 32GB/64GBなどを搭載。インターフェイスは、microSDカードスロット、USB 3.0、USB 2.0、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、HDMI 2.0出力などを備える。

【18時20分更新】製品写真をLIVA Q2に差し替えました。

本体背面

マウスコンピューター、第8世代Coreプロセッサー搭載した新型ノートを発売 – ASCII.jp

使いやすさにこだわりつつパフォーマンスを充実

2018年01月18日 11時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「m-Book Jシリーズ」

 マウスコンピューターは1月18日、新規開発した筐体に最新インテルCore i7-8550Uを搭載した13.3型ノートパソコン「m-Book Jシリーズ」を発売した。

 モバイル環境での「使いやすさ」をコンセプトに製品企画・開発を行ない、13.3型液晶(1920×1080ドット)のコンパクトノートながら着脱可能なバッテリーやアナログRGB出力、有線LANポートを搭載。最新CPUに加えてSSDを搭載することで画像・映像編集など負荷が高い作業も快適に処理できるパフォーマンスと使いやすさを実現。

アナログRGB出力や有線LANポートも装備

 ウェブカメラはデュアルアレイマイクも搭載。本体サイズはおよそ幅324×奥行き234×高さ22.5mm、重量はおよそ1.4kg(付属品含まず)。8GBメモリーや512GB M.2 SSDを搭載する
を搭載する「m-Book J370SN-M2S5」は12万3984円より。その他、CPUやメモリ容量を変更した幅広いモデルラインアップを揃える。

オプションで大容量バッテリーを装着可能

■関連サイト



カテゴリートップへ