【写真特集】山口大志写真展「AMAZON 密林の時間」 – THE PAGE

猛毒を持つヤドクガエル タラポト/ペルー

 山口大志写真展「AMAZON 密林の時間」が、1月19日から25日まで、富士フイルムフォトサロン 大阪(中央区本町2-5-7)で開かれている。

 2010年から7年にわたって毎年アマゾン撮影を続けている写真家・山口大志氏は、多いときには1年の半分をアマゾンで過ごす。同展では、森と水が織りなす生命の宝庫・アマゾンを多角的に取材し、自然や極彩色の植物、多種多様な生き物たちが繰り広げる「生命の輝き」を切り取った写真が鑑賞できる。入場無料。

<プロフィール> 山口 大志 (やまぐち ひろし)
1975年、佐賀県唐津市生まれ。幼少時代から昆虫採集や熱帯魚の飼育に夢中になり、自然への興味から1993年に石垣島西表島に移住、7年間を過ごす。この間、環境省西表野生生物保護センターに非常勤勤務。2004年から4年半、写真家 三好和義に師事後、独立。2010年、オーストラリア・ウーメラ砂漠で、小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰還する決定的瞬間を撮影。この頃から、本格的にアマゾンに取り組む。2012、2013年、日経ナショナルジオグラフィック写真賞優秀賞、2016年、第5回田淵行男賞岳人賞を受賞。
山口大志 初写真集『AMAZON 密林の時間』 2017年9月、クレヴィスより刊行 

内閣総理大臣賞の塚田米造さんら表彰 – 毎日新聞

内閣総理大臣賞を受賞し、賞状を受け取る塚田米造さん(左)=東京都千代田区の毎日ホールで2018年1月19日、竹内紀臣撮影



 伝統と高い実績を誇る「2017年毎日写真コンテスト」(主催・毎日新聞社、日本報道写真連盟、後援・文化庁、特別協賛・東日本旅客鉄道、協賛・ニコンイメージングジャパン、富士フイルムイメージングシステムズ、エプソン販売)の表彰式が19日、毎日新聞東京本社の毎日ホールで行われ、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、ドキュメント大賞、ネーチャー大賞はじめ、単写真、組み写真、ファミリー、高校生、中学生、小学生の全6部門の入賞・入選者ら約80人が出席した。

 6部門に2711点の応募があり、最高賞の内閣総理大臣賞に選ばれた長野市の塚田米造さん(82)に賞状、副賞のほか毎日新聞社から賞金30万円が贈られた。入賞・入選作品99点を展示する優秀作品展は東京都港区の富士フイルムフォトサロン東京(25日まで)と、大阪市中央区の同フォトサロン大阪(3月9~15日)で開催する。いずれも入場無料。


【速報】FUJIFILM SQUAREで写真展が開催、昭和が生んだ怪物・林忠彦氏の“お仕事” – ニフティニュース

 富士フイルムは1月19日、写真歴史博物館「FUJIFILM SQUARE」で、今年で生誕100年を迎える写真家の林忠彦氏の作品展を開催すると発表した。開催期間は、4月1日から7月31日まで。監修は、林氏の四男で写真家の林義勝氏。
 作品展では、林氏の約半世紀におよんだ活動のなかから二つの時代に焦点を絞り、新たな視点でその足跡を振り返る。第1部では、林氏の初期の傑作「カストリ時代」に代表される戦後の東京と人々を記録したモノクロ作品を展示。第2部では、国宝や重要文化財に指定されている全国各地の茶室を被写体に林氏の美意識と撮影技術の粋を極めた「茶室」と、人生最後のライフワークとして四男の義勝氏とともに完成させた「東海道」から厳選されたカラー作品を展示する。
 作家の太宰治氏や坂口安吾氏の肖像写真を撮影したことで知られる林氏は、第二次世界大戦から高度経済成長、そしてバブル景気へと移り変わる激動の昭和時代を通じて、世相をとらえたスナップ、文化人のポートレート、日本文化の真髄を追い求めた風景写真など、林氏はさまざまなものをフィルムに写し込んでいった。復興していく日本のエネルギーを原動力に、凄まじい勢いですべてを撮り尽くした林氏は、「昭和が生んだ怪物」と称されている。

富士フイルム、米バイオ薬受託拠点で新生産棟稼働 – 日刊工業新聞

  • トップ
  • 医療・健康・食品ニュース

[ 医療・健康・食品 ]

富士フイルム、米バイオ薬受託拠点で新生産棟稼働

(2018/1/19 05:00)

富士フイルムは18日、米テキサス州にあるバイオ医薬品の開発・製造受託(CDMO)拠点で新生産棟を稼働させたと発表した。需要が拡大している抗体医薬品の製造を行う。…

(残り:144文字/本文:224文字)

(2018/1/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

医療・健康・食品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

島津製作所、デジタル式回診用X線撮影装置を発売 – マイナビニュース

島津製作所は、デジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX8 Version」を販売開始した。同装置では、従来品よりサイズのコンパクト化を実現し、視認性と走行性を向上したほか、大型フルフラットモニタやFPD(Flat Panel Detector)収納部ロック機能、豊富なオプションなどによって高い操作性を実現したという。

デジタル式回診用X線撮影装置は、救急処置室や新生児集中治療室など緊急性の高い医療現場での検査や病棟回診に使用されるもの。すでに同社のデジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt」シリーズは世界60か国以上で稼働しており、シリーズ累計で3400台を超える販売実績を有している。

今回開発されたMobileDaRt Evolution MX8 Versionは、これまで培ってきた技術や実績を結集して開発したもの。使用者を多方面から支援すべく、デザインが一新されている。

そのほか、ワイヤレスハンドスイッチなどの新しいオプションを使用可能にし、本体のモニタやコリメータ周辺、FPD収納部などの利便性を高め、X線の焦点距離を伸ばして高いベッドでの撮影にも対応しやすくすることで、回診業務のさらなる効率化に貢献するとしている。

なお同装置は、キヤノン製または富士フイルム製の最新FPDに対応できるとのこと。価格は1億900万円~(税別、システム構成により異なる)となっている。

富士フイルム、米でバイオ医薬の新生産棟稼働 – 日本経済新聞

 富士フイルムは18日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業を拡大するために米テキサス州の拠点で建設を進めていた新生産棟を稼働させたと発表した。容量2000リットルの培養タンク2基を設置し、製薬会社から受託して抗体医薬品を製造する。生きた細胞を扱うバイオ薬は安定生産が難しく、開発と製造を分業する動きが広がる。能力増強で需要を取り込む。

 米グループ会社のフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ・…

富士フイルム、米でバイオ医薬の新生産棟稼働 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

 富士フイルムは18日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業を拡大するために米テキサス州の拠点で建設を進めていた新生産棟を稼働させたと発表した。容量2000リットルの培養タンク2基を設置し、製薬会社から受託して抗体医薬品を製造する。生きた細胞を扱うバイオ薬は安定生産が難しく、開発と製造を分業する動きが広がる。能力増強で需要を取り込む。

 米グループ会社のフジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ・…

富士フイルム,移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO Go PLUS(カルネオ ゴー プラス)」新発売〜入院患者のベッドサイドなどで低線量・高画質のX線 … – インナビネット

FUJIFILM DR CALNEO Go PLUS

FUJIFILM DR CALNEO Go PLUS

富士フイルム(株)は,必要な場所へ移動させて高画質なX線撮影ができる,移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO Go PLUS(カルネオ ゴー プラス)」1)(以下,「CALNEO Go PLUS」)を,富士フイルムメディカル(株)を通じて,2018年2月1日より発売する。本製品は,同社カセッテDR2)「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズと,独自のX線画像処理技術の組み合わせにより,CR3)方式のデジタルX線画像撮影装置に比べて約1/44)のX線量でも,高画質な画像を実現する。また,高さを調整できる支柱の採用により,全高を1.27mまで低くできるため,移動時の前方の視野が広く確保でき,安全な走行をサポートする。

病院内において,手術中の患者や,レントゲン室への移動が困難な患者のX線撮影は,患者の元に移動型X線撮影装置を持ち込んで行われる。その際,広い病棟内を移動して,スペースが限られた病室でX線撮影を行うため,移動型X線撮影装置には,低線量で高画質なX線画像が得られることに加え,スムーズで安全な走行やコンパクトな車体などが求められる。また,近年は,撮影した画像をその場ですぐに確認できる利便性を持つ,カセッテDRを搭載した移動型デジタルX線撮影装置の普及が進んでいる。

今回発売する「CALNEO Go PLUS」には,独自の画像読取技術であるISS方式5)とノイズ低減回路6)によって,低線量でも高画質なX線撮影を可能にした「CALNEO Smart」シリーズを搭載。さらに,X線の散乱線7)成分を高速かつ忠実に算出し,撮影したX線画像のコントラストと粒状性を向上させる画像処理技術「Virtual Grid(バーチャルグリッド)処理」8)や,撮影した画像から人体の厚みや構造物を推定し,診断に適したコントラストと濃度に調整する「ダイナミック処理」(*8)の組み合わせにより,CR方式のデジタルX線画像撮影装置に比べて約1/4のX線量でも,高画質な画像を得ることが可能である。

また,本製品は,高さを調整できる昇降型の支柱を採用。本体の全高を1.27mまで低くでき,移動時の視野が広く確保され,前方が見やすくなる。そのほかにも,19インチの大型モニタを採用し,またカセッテDRなどの収納スペースを複数設けるなど,利便性を大幅に向上する工夫がなされている。

1 販売名:回診用X線撮影装置 CALNEO Go/認証番号 : 第225ABBZX00080000号
2 DR(Digital Radiography)方式・カセッテサイズデジタルX線画像診断装置。「DR方式」は,被写体を通過して照射されるX線エネルギーを電気信号に変換し,X線透過画像として再構成する方式。この方式を用いて,X線画像撮影をするシステムのこと。
3 Computed radiographyの略。イメージングプレート(IP)に記録したX線画像情報を読み取り,診断目的に合わせて最適なデジタル画像処理を行うことで,高精度のX線画像を生成する,医療用デジタルX線画像診断システム。
4 同社評価。グリッド格子比8:1の比較評価(CD-RADファントム利用)で,CR方式と比べ約1/4の線量でも同等画質を実現した。
5 ISS(Irradiation Side Sampling)方式。従来型のFPD(Flat Panel Detector) と反対側のX 線照射面側にセンサーを配置し,X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る同社独自方式。
6 X線情報をセンシングする性能を高め,かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。
7 X線が被写体を透過する時に,被写体の中のさまざまな物質によって乱反射したX線のこと。
8 「Virtual Grid処理」と「ダイナミック処理」は,有償のオプション。

●主な特長

(1)高画質な診断画像を提供
低線量の撮影でも高画質な画像を得ることができる「CALNEO Smart」シリーズに対応。また,撮影画像からX線の散乱線成分を除去する金属製フィルター「グリッド」を使わなくても,画像のコントラストと粒状性を向上させることができる,全身のあらゆる部位対応の「Virtual Grid処理」や,人体の厚みの異なる部位や構造物を推定して,コントラストと濃度を最適化する「ダイナミック処理」がオプションとして使用できる。これらの組み合わせにより,CR方式のデジタルX線画像撮影装置に比べて約1/4のX線量でも,高画質な画像を得ることが可能。

(2)移動時の前方視野を広く確保
高さを調整できる昇降型の支柱を採用。支柱を収納すると,本体の高さを1.27mまで低くすることができ,移動時に前方視野を確保しやすくなる。

支柱が収納できるため,進行方向の視野が確保しやすい。

支柱が収納できるため,進行方向の視野が確保しやすい。

(3)大型モニタを搭載
19インチの大型モニタを搭載。撮影画像の視認性と,撮影時の操作性を向上させた。

(4)豊富な収納スペース
走行ハンドル下部には,大・小2サイズのカセッテDRを収納できるパネルロック付きの専用スペースを設けた。また,手袋やカセッテラップなどの小物類も収納できる。上部には従来機同様に,エプロンハンガーなども備えている。

●主な仕様

■本体サイズ
全幅 560mm / 全長 1285mm / 高さ 1270mm(支柱収納時) / 総重量 440kg
■FPDサイズ
FUJIFILM DR CALNEO Smartシリーズ

●問い合わせ先
富士フイルムメディカル(株)
営業本部 マーケティング部
TEL 03-6419-8033
http://fms.fujifilm.co.jp/

【買い】ミズホメディー(4595)インフルエンザ関連。新値追いの動きに期待。 – minkabu PRESS

■続伸期待

体外診断用医薬品の開発製造販売の一貫メーカー。
感染症抗体、ホルモンなどの体外検査用医薬品専業。インフルエンザから腎・肝機能など幅広く。
富士フイルム(4901)と共同でインフルエンザ用自動迅速検査キットを開発。
インフルエンザ迅速診断薬が売上高の5割を占める。

昨年2月の呼吸器感染症遺伝子検査薬の製造販売承認の開示から上昇トレンド入り。
5月までは暫くレンジの動きでしたが、12日発表の1Q決算が既に進捗率142.6%と大幅に超過していたことが分かり、好感されました。秋の中ごろは調整しましたが、11月発表の決算から動意。

17年12月期第3四半期累計(1-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比5.4倍の3億1200万円に急拡大し、通期計画の6億5600万円に対する進捗率は前年同期の11.1%を上回る47.6%に達した。

会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-12月期(4Q)の経常利益は前年同期比26.2%減の3億4400万円に減る計算になる。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の経常損益は1200万円の黒字(前年同期は8300万円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-10.5%→1.2%に急改善した。

[出典:株探]

現在、高値圏にあり17日は4490円を付ける場面も。
18日も新値追いの動きに期待し買い予想。

【関連ニュース】

本田隆一郎

本田隆一郎 (ほんだりゅういちろう)

株式投資暁投資顧問 取締役

富士フイルム、前方視野確保で安全向上−移動型X線撮影装置 – 日刊工業新聞

[ 新製品 ]

富士フイルム、前方視野確保で安全向上−移動型X線撮影装置

(2018/1/18 05:00)

富士フイルムは17日、移動型デジタルX線撮影装置「カルネオゴープラス」を2月1日に発売すると発表した。低線量・高画質に加え、移動時の高さを約3割低くすることで前…

(残り:246文字/本文:326文字)

(2018/1/18 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

新製品のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>