iPhoneでもOK! Bluetoothヘッドホン国内最大手が音にこだわった新型を試聴三昧

バッテリー内蔵ケース付True Wirelessと士郎正宗モデルが登場

2017年09月26日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●高橋智 編集●ASCII

iPhone X発表で一層注目を集めるBluetoothヘッドホン市場。そんななか国内シェアナンバーワンのエレコムがついにTrue Wirelessを発表、同時にシロマサモデルをワイヤレス化! そして数千円台の普及タイプもラインナップ。さっそく試聴してみた!

今買うならiPhone Xに必須のワイヤレスだ!

 ヘッドホンジャックを排除したiPhone 7/7 Plusが発売された2016年10月以降、Bluetoothヘッドホン市場が右肩上がりの活況だ。アップルからiPhone X/8/8 Plusも発表され、ますます加速していくことは間違いない。そんなBluetoothヘッドホン市場で、2016年1月からシェアナンバーワンのメーカーをご存知だろうか? 並みいるオーディオメーカーを押しのけてトップを独走しているのが、エレコムである。

 そんなエレコムがこの秋、ついにTrue Wirelessを発表した。

同社初のTrue Wireless! シロマサモデルのBT版も

 Bluetoothヘッドホンの国内シェア3割超を占める最大手エレコムが、1万円前後から3000円台までのボリュームゾーンに計4機種を投入。なかでも注目は、同社初となるTrue Wirelessモデル「LBT-TWS01シリーズ」。そして2016年に話題を呼んだ士郎正宗モデルのBluetoothヘッドホン版「LBT-SL100シリーズ」も登場した。

 そのほか、実勢価格3580円というお手頃かつ、多数の耳型データを基にデザインされた装着感◎のBluetoothヘッドホン「LBT-HPC13シリーズ」。そして実勢価格5480円でAACコーデック対応の「LBT-HPC21シリーズ」も発売。この秋からは予算に合わせて最適なBluetoothヘッドホンが選べるわけだ。今回は4つの中から前者2つを紹介しよう。

LBT-TWS01シリーズ……エレコム初のTrue Wirelessモデル。左右が完全独立しているので、ケーブルの煩わしさから開放された

LBT-SL100シリーズ……士郎正宗氏がデザインしたヘッドホンをBluetooth化。アニソンのためのヘッドホンというコンセプトも継承

LBT-HPC21シリーズ……ハウジングにアルミ合金を採用したミドルクラスのモデル。ネオジムマグネットを採用した6mm径のダイナミック型ドライバーを搭載。振動板はPETフィルムを採用し、レスポンスの良い中高域を実現。5組の3Dイヤーアームと3組のイヤーキャップにより、耳に合わせてぴったりフィットできる

LBT-HPC13シリーズ……カラフルな色を用意し、装着感にこだわったBluetoothヘッドホン。外耳道と珠間切痕の角度を測定し、最適な挿入角度と抜けにくさを実現させている。9.2mm径のダイナミック型ドライバーを装備し、振動板はPETフィルムを採用。振動板表面には40本のリブを設け、異常な振動を抑制し、歪の少ないリニアな出力を実現した。スマホ向けとAV機器向けがある





ヘッドフォン・イヤフォン一体型VRグラスが約1万円で販売

2017年06月27日 15時30分更新

文● 天野透/ASCII



ヘッドフォン型の「P-VRGEH01」(左)と、イヤフォン型の「P-VRGEI01」(右)

 エレコムは6月27日、スマホを使ったVRグラス「P-VRGEH01」「P-VRGEI01」の2機種を発表した。発売日はいずれも7月中旬で、価格はP-VRGEH01が1万12円、P-VRGEI01が9104円。

 4.0~6.0型のスマホを本体に入れて使用するVRグラスで、P-VRGEH01はヘッドフォン一体型、P-VRGEI01はイヤフォン内蔵。いずれも専用のVRアプリをインストールしたスマホを本体にセットして、上下左右360度全方向のVR映像を体験できる。フロントカバーには3.5mmオーディオミニプラグを搭載し、スマホと接続できる。P-VRGEH01のみフロントカバーにカメラレンズを遮らない透明カバーを採用し、アウトカメラを使用したARコンテンツにも対応する。

 いずれも左右の目の幅や焦点距離の調節ができる「調節ダイヤル」を搭載するほか、各種調節ボタンを天面に装備し、VRグラスを装着したまま映像の再生/停止、音量などの操作もできる。しっかりと頭に固定できる調節可能なヘッドバンドを採用し、ハンズフリーで使用可能。開閉しやすいフロントカバー設計で、スマホアプリを起動してすぐにVRコンテンツを体験できる。VRコンテンツは「ボッツニュー公式VRアプリ」からダウンロードする。

 P-VRGEH01のヘッドフォンは、コンパクトにまとまるカールコードを採用。イヤーパッドは柔らかいクッション素材で、長時間の使用に配慮している。P-VRGEI01は、巻取り式のイヤフォン一体型で、未使用時はコードを本体に収納できる。

 サイズはP-VRGEH01が約幅190×奥行215×高さ115mm、P-VRGEI01が約幅130×奥行197×高さ108mm。重量はP-VRGEH01が約520g、P-VRGEI01が約370g。

■関連サイト



カテゴリートップへ

エレコム、Type-C端子搭載の車載USB充電器を発売

普及が進むType-Cデバイスを車内でも快適に充電

2017年06月06日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

MPA-CCC03(ブラックとホワイトが用意され、ホワイトはフェイスモデルも用意)

 エレコムは6月6日、車の中でモバイル機器を充電できるシガーライターソケット用USB充電アダプターの新商品として、USB Type-C端子を装備した3製品を発表。6月下旬に発売する。

 「MPA-CCC03」は2.4A出力で、100cmのUSB Type-Cケーブル付きモデル。ブラックとホワイトが用意される。価格は2344円。

MPA-CCC04(ブラックおよびホワイトが用意される)

 「MPA-CCC04」は巻取り式ケーブル(約60cm)とUSB Aポートの2出力を持つモデル。出力は2ポート合計3Aまで。USB A端子側はおまかせ充電に対応。価格は2884円。

MPA-CCC05BK(カラーはブラックのみ)

 「MPA-CCC05BK」は巻取り式ケーブル(約90cm)とUSB Aポートと、ケーブル側は最大出力3A、2ポート合計で最大5.4Aと大出力。価格は3618円。いずれの製品も12V/24V入力に対応する。

■関連サイト



カテゴリートップへ

エレコム 4K/8K対応のアンテナケーブル3モデルを発表

機器接続用の短尺ケーブルなど

2017年05月30日 18時40分更新

文● 天野透/ASCII




左から「DH-ATSS48K2シリーズ」「DH-ATLS48Kシリーズ」「DH-ATLS48KKシリーズ」

 エレコムは5月30日、4K/8K放送の伝送に対応したTV用アンテナケーブル3製品を発表した。発売は6月中旬。

 いずれも次世代放送規格の4K/8K放送で使われる3224MHzまでの左旋円偏波に対応した同軸アンテナケーブル。従来よりも厚い3重シールドを採用し、従来放送の低周波数帯域受信に強いテフロン線材を使用。サビに強く信号劣化が少ない金メッキコネクターを採用する。ラインアップはAV機器同士を接続する短尺仕様の「DH-ATSS48K2シリーズ」、7mまたは10mの長尺タイプ「DH-ATLS48Kシリーズ」、フローリングに合わせたケーブルカラーの「DH-ATLS48KKシリーズ」の3種類。

 DH-ATSS48K2シリーズは直径3.6mmの0.7mスリムケーブルを2本同梱する。カラーはブラックとホワイトの2色で、コネクターはストレート型。価格は3812円。

 DH-ATLS48Kシリーズは厚みのある使用する部材の使った長距離専用4C設計を採用で、コネクターはアルミリングとゴールドのシルクを使ったデザインにし、壁面側がL型、機材側がストレート型。カラーはブラックとホワイトの2色で、価格は7mが5152円、10mが6696円。

 DH-ATLS48KKシリーズはフローリングに合わせた明暗2色のブラウンカラーを採用。DH-ATLS48Kシリーズと同じくアルミリングとゴールドシルクのコネクターで、L型+ストレート型仕様。ケーブル直径は3.6mmのスリムタイプ。価格は3mが3424円で、5mが3996円。

■関連サイト



カテゴリートップへ

普段使いできるデザインのカメラ用バックパックが「off toco」ブランドから発表

2サイズ展開で表面は撥水生地

2017年05月30日 18時15分更新

文● 天野透/ASCII

カメラ用の機能が随所に入ったオシャレデザインのバックパック

 エレコムは5月30日、カジュアルスタイルカメラバッグブランド「off toco」のバックパック2モデルを発表した。発売は6月上旬で、価格は「DGB-S035シリーズ」が1万3424円、「DGB-S036シリーズ」が9580円。

 いずれもカメラを使わない時はインナーケースを取り外して使える2STYLE仕様。バッグ中央にあるファスナー式の仕切りを外せる二気室貫通構造を採用した。左右どちらでもインナーケースを引き出せる収納口を装備し、バッグを背負ったままでカメラやレンズに手が届く。この専用収納口にはハンドル式のダブルファスナーを採用し、より素早く取り出せる設計になっている。インナーケースには機材の大きさに合わせて調整できる仕切り板が付属する。

下段のインナーケースは左右どちらからも引き出せる

 前面と背面にはそれぞれファスナーポケットを装備。カメラ小物をはじめ、手帳やスマホなどを収納できる。さらに背面にはキャリーバー固定用のキャリーベルトを配置し、小型南京錠を付けられるリング形状のファスナー金具を採用。表面は全体に撥水加工された生地を使用しており、持ち手部分はダブルハンドル仕様になっている。

 ラインアップはスタンダードサイズとミニサイズの2モデル。スタンダードサイズのDGB-S035シリーズは、14インチまでのパソコンが収納できる専用ポケットと、財布やペットボトルなどが入る小物収納スペースに加え、ショルダーベルト部分にファスナーポケットを装備する。コンパクトサイズのDGB-S036シリーズは、9.7インチまでのタブレットが収納できる専用ポケットと、財布やペットボトルなどを入れられる小物収納スペースを装備する。

ショルダーベルトをはじめ、ポケットが豊富

キャリーバッグの固定用ベルトも装備

ミニサイズでも9.7インチのタブレットが入る

 カラーはいずれもブラック、グレー、ネイビーの3色で、DGB-S035シリーズのサイズは幅300×奥行150×高さ410mm、重量は912g。DGB-S036シリーズのサイズは幅240×奥行125×高さ305mm、重量は584g。

■関連サイト



カテゴリートップへ

ポートをふさいで不正な接続を防止する「USB Type-Cポートガード」

使われてないポートにセットしてホコリの侵入防止にも

2017年05月09日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「USB Type-Cポートガード」

 エレコムは5月9日、パソコンなどのUSB Type-Cポートを物理的にふさいで不正な接続を防止する「USB Type-Cポートガード」を発表。5月下旬に発売する。

 パソコンやUSBハブのポートに挿し込んでで不正な接続による情報漏えいを物理的に防止するポートカバー。空きポートからのホコリの侵入を防ぐこともできる。脱着器具の「USB Type-C ポートガード」と、ポートに挿し込む「USB Type-Cポートガード用ストッパー」から構成される。挿し込んだストッパーは取り外しにくいが、ポートガードのキャップを使えば簡単に引き抜ける。

「USB Type-Cポートガード」(左)、ストッパーを装着したところ(右)

 製品はUSBポートガードとストッパー6個がセットで、価格は1944円。追加のストッパー(12個入り)は1728円。

■関連サイト



カテゴリートップへ


小型ながら2ポート装備の高出力、おまかせ充電にも対応するキューブ充電器

普段使いに、持ち運びに使える手頃なUSB充電器

2017年05月09日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「MPA-ACUEN000Nシリーズ」

 エレコムは5月9日、スマホやタブレット用のキューブ型AC充電器「MPA-ACUEN000Nシリーズ」を発表した。5月下旬に発売する。

 サイズはおよそ幅36×奥行き36×高さ40mmというコンパクトサイズながら、USB出力を2ポート装備。1ポート最大2.4A(2ポート合計2.4A)という高出力タイプなのでタブレットの急速充電にも対応。また、iPhone/iPad/Android端末などでは充電機器を見分けて最適な給電を行なう「おまかせ充電」が可能。

ブラック、ホワイト、ピンクの3モデルがラインナップ。ACプラグは折りたたみ式

 ACプラグは折りたたみ式。設計寿命3万時間、10年を想定する長寿命を設計を行なっている。価格は3618円。

■関連サイト



カテゴリートップへ