Fractal DesignのPCケースが3年ぶりにフルモデルチェンジ! 

Fractal Design「Define R6」

2018年01月13日 23時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Fractal DesignのロングセラーPCケース「Define R5」の後継モデルとなる「Define R6」のサンプル版がアキバに登場。今月末より販売がスタートする予定だ。



Fractal Designの「Define R6」。いよいよ今月末より販売が始まる

 3年ぶりのフルモデルチェンジを果たした「Define R6」。新たな設計を随所に取り入れることで、より進化した静音性と拡張性を備えた。全体サイズは233(W)×543(D)×465(H)mm、重量12.4kgと「Define R5」から一回り大きくなっている(R5は232×521×451mm、重量11.2kg)。

内部の様子。シャドウベイはカバーで目隠しされている

 フロントに開閉式のトビラを備えるほか、そのフロント、サイド、トップの各パネル裏面に、動作音を軽減することができる高密度の防音素材を装備。第3世代の「ModuVentデザイン」は、付属のスチールカバーをトップパネルに取り付けることでケース内の密閉性を高め、防音性をさらに高められる。

マザーボードベース部の裏側部分にドライブ搭載スペースを設けている

 ベイレイアウトは、5インチドライブを1台搭載できるほか、3.5/2.5インチドライブを6台、2.5インチドライブを2台まで取り付け可能。シャドウベイはレイアウト変更に対応し、最大440mmまでのビデオカードや水冷ラジエーターの取り付けに対応する。



第3世代の「ModuVentデザイン」トップパネル。静音とハイエアフロー仕様を使い分けられる。またフロントパネルは、デュアルマウントシステムにより左右どちらからでも開閉する

 冷却ファンは標準で「Dynamic X2 GP14」140mmファンを3基搭載(フロント×2+リア×1)。最大9基のケースファンを搭載できるほか、ケース各所に120~420mmまでの水冷ラジエーターを装着できる。なお、CPUクーラーは高さ185mmまで対応。



フロント、トップ、ボトムには簡単に取り外しできるダクトフィルターを装備。I/Oポート USB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1という構成だ

 価格は通常版の「Define R6」が1万7800円(税抜)、サイドパネルに強化ガラスを採用した「Define R6 TG」が1万9800円(税抜)。ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館とTSUKUMO eX.でサンプル版を展示中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


5980円の強化ガラス採用ミドルタワーが発売

Thermaltake「VIEW 22 TG」

2017年12月21日 23時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Thermaltakeから、強化ガラスのサイドパネルを採用する安価なミドルタワーPCケース「VIEW 22 TG」が発売された。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で5980円(税抜)で販売中だ。



強化ガラスのサイドパネルを採用する安価なミドルタワーPCケース「VIEW 22 TG」

 コストパフォーマンスに優れるミドルタワーPCケース「VIEW 22 TG」は、左サイドに4mm厚の強化ガラスパネルを採用。サイズ223(W)×491(D)×467(H)mmの本体は、フロントパネルが流線形。スモーク仕様で搭載したファンが見えるようになっている。

左サイドに4mm厚の強化ガラスパネルを採用。組み込んだドレスアップパーツがより映えるデザイン

 内部はオーソドックスな作りで、ベイ数は2.5/3.5インチケージ×2、2.5インチトレイ×2。冷却ファンはフロント120mm×3または140mm×2、トップ120mm×3または140mm×2。標準搭載のリア120mm×1。ビデオカードは最大400mm、CPUクーラーは全高160mm、電源ユニットは全長160mmまで搭載可能だ。



ケース内のケーブル類をまとめられすっきり見せられる電源カバーを搭載。トップ、フロント、ボトム部にはダストフィルターを備える

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


Cooler Masterの人気PCケース「COSMOS」がモデルチェンジ

Cooler Master「COSMOS C700P」

2017年12月20日 22時50分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Cooler Masterからフルタワーケースの新製品「COSMOS C700P」が登場。複数のショップで今日20日から販売している。COMPUTEX TAIPEI 2017で披露されたフラグシップモデルだ。



フルタワーケースの新製品「COSMOS C700P」。COMPUTEX TAIPEI 2017で披露されたCooler Masterの人気PCケースだ

 Cooler Masterの人気PCケース「COSMOS」が、久々のモデルチェンジ。シリーズを象徴するアルミハンドルはそのままに、フレーム外側にRGBライトを搭載。サイドパネルには強化ガラスを採用するなど、イマドキ仕様となった。

マザーボードトレイのマウント方向を3パターンに変更できる

 また、マザーボードトレイのマウント方向を変更できるのも特徴。従来型の「レギュラーレイアウト」に加え、横向きにすることで、煙突効果によるエアフロー向上効果を得られる「チムニーレイアウト」。上下逆さにし、外から取り込んだ空気をダイレクトにCPUやビデオカードに当てることができる「インバートレイアウト」の3パターンが用意される。



モジュラーデザインによりケースを完全に分解できる。I/OポートはUSB 3.1 Gen.2 Type-C×1、USB 3.0×4、オーディオ入出力を備える

 主なスペックは、ベイ数が5インチ×1、2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2、拡張スロットは8。ビデオカードは最大490mmまで、CPUクーラーは高さ198mmまで対応する。冷却ファンはフロント120/140mm×3(140mm×2標準搭載)、トップ120/140mm×3、リア120/140mm×1(140mm×1標準搭載)。サイズは306(W)×639(D)×651(H)mmで、重量は22.2kg。

 価格は5万4864円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


煙突のような縦長PCケースの最新型がPhanteksから発売

Phanteks「ENTHOO EVOLV SHIFT X」、「ENTHOO EVOLV SHIFT」

2017年12月16日 23時52分更新

 Phanteksから縦長煙突構造のユニークなPCケース「ENTHOO EVOLV SHIFT X」「ENTHOO EVOLV SHIFT」が発売された。今年6月のCOMPUTEX TAIPEI 2017で披露された製品だ。



縦長煙突構造のユニークなPCケース「ENTHOO EVOLV SHIFT X」「ENTHOO EVOLV SHIFT」

 登場したのは、DIY水冷パーツの組み込みを前提に設計されたという大型モデル「ENTHOO EVOLV SHIFT X」と、CPU/GPU/2基のオールインワン水冷キットを搭載することを前提とした「EVOLV SHIFT」の2モデル。両サイドパネルは強化ガラス製で、どちらも対応マザーボードはMini-ITX。上位モデルの「ENTHOO EVOLV SHIFT X」は、横置きにも対応する。

上位モデルの「ENTHOO EVOLV SHIFT X」は、横置きにも対応。リビングPCとしても使えそうだ

 「EVOLV SHIFT X」の主なスペックは、サイズ170(W)×274(D)×650(H)mm。ベイが3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×4。冷却ファンはフロント120/140mm×3(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1(140mm×1標準)。CPUクーラーは高さ82mm、ビデオカードは長さ529mm、電源ユニットは奥行き160mmのATXが搭載できる。



トップパネルは軽く押しこむと開く仕組み。内部の熱はここから排出される

 小型の「EVOLV SHIFT」の主なスペックは、サイズ170(W)×274(D)×470(H)mm。ベイが3.5インチシャドウ×1、2.5インチシャドウ×3。冷却ファンはフロント120/140mm×2(140mm×1標準)、ボトム120/140mm×1。CPUクーラーは高さ82mm、ビデオカードは長さ350mm、電源ユニットはSFXまでが搭載できる。



ボトム部分にはファンを標準搭載。素材はアルミ。両サイドは強化ガラスで着脱も容易な構造だ

 価格は「EVOLV SHIFT X」が2万4980円、「EVOLV SHIFT」が1万9980円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


内部を魅せたい人はコチラ Antecの強化ガラス採用PCケース

Antec「P110 Luce」

2017年12月14日 23時31分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Antecから、強化ガラスパネル採用のATX対応ミドルタワーPCケース「P110 Luce」が発売中だ。先日発売された静音ケース「P110 silent」のバリエーションモデルとなる。



強化ガラスパネル採用のATX対応ミドルタワーPCケース「P110 Luce」

 内部パーツを魅せるミドルタワーPCケースの新製品。フロントパネル上部のロゴ部分にはイルミネーションLEDを搭載し、トップのLEDスイッチによりLEDカラーの変更が可能。またLEDテープ用の4ピンコネクターを内部に備えるため、オプションながらLEDストリップの増設が容易にできる。

別途ライザーケーブルが必要ながら、ビデオカードの垂直マウントに対応する

 内部はベイ数が、2.5/3.5インチシャドウ×6、2.5インチシャドウ×2。最大390mmを確保した拡張カードスペースのほか、重量級ビデオカードも安心して利用できるVGAホルダーを装備。そのほか、CPUクーラーは全高165mm、電源ユニットは奥行200mmまで対応する。



ケーストップのフィルター部分はマグネットを採用することで簡単に取り付け、取り外しが可能

 冷却ファンはフロント120mm×3または140mm×2(120mm×1標準)、トップ120/140mm×2、リア120mm×1(標準)で、水冷用ラジエーターはフロントが360mm、トップが280mm、リアが120mmまで搭載可能。全体サイズは、230(W)×489(D)×518(H)mm、重量約11.7kg。

 価格は1万4480円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


NZXTの人気PCケース「S340 Elite」に1500台限定の紫モデル

NZXTの人気PCケース「S340 Elite Limited Purple Edition」

2017年12月12日 23時15分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 NZXTのロングセラーPCケース「S340 Elite」に、全世界1500台限定というパープルカラーの「S340 Elite Limited Purple Edition」が登場した。



全世界1500台限定というパープルカラーの「S340 Elite Limited Purple Edition」

 「S340 Elite Limited Purple Edition」は、強化ガラスサイドパネル採用の「S340 Elite」をベースに内部の電源ユニットカバーやケーブルバー、2基の冷却ファンをパープルカラーにした限定モデル。製品にはシリアルナンバーとNZXT CEOのサインが刻印された金属プレートが装着されている。

フラットデザインが人気のPCケース「S340 Elite」。製品にはシリアルナンバーとNZXT CEOのサインが刻印された金属プレートが装着済み

 基本スペックに変更はなく、左サイドパネルに強化ガラスパネルを装備。ベイ数は3.5インチシャドウ×2+1(2.5インチシャドウ排他)、2.5インチシャドウ×3+1(3.5インチシャドウ排他)で、5インチベイはなし。



内部の電源ユニットカバーやケーブルバー、2基の冷却ファンをパープルカラーにした

 冷却ファンは、トップ120mm×1とリア120mm×1を標準で備えるほか、フロント120/140mm×2が追加可能。また、ラジエーターはフロントに最大280mm、リアに120mmが搭載できる。なお、CPUクーラーは高さ161mmまで、ビデオカードは最長364mmまでサポート。全体サイズは203(W)×432(D)×474(H)mm。PCケースの前面などに磁石で固定できる、ヘッドホンハンガーの「PUCK」も付属する。

 価格は1万7574円(税抜)。ツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


人気のコンパクトケースに強化ガラス版「Define Mini C TG」が登場

Fractal Design「Define Mini C TG」

2017年11月24日 23時16分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Fractal DesignのコンパクトなミドルタワーPCケース「Define C」シリーズから、強化ガラス採用のMicro ATXモデル「Define Mini C TG」が登場した。なお、ソリッドパネルとアクリルウィンドウモデルはすでに発売済み。



Fractal DesignのコンパクトなミドルタワーPCケース「Define Mini C TG」。強化ガラス採用のMicroATXモデルだ

 「Define C」シリーズは、吸音材装備のフロントやサイドパネル、密閉性を高めるトップのModuVentデザインといった静音性能とドライブベイを極力排したシンプルな内部構造が特徴のPCケース。

 「Define Mini C TG」は、左サイドパネルに強化ガラスを採用するバリエーションモデル。そのほか、基本スペックに変更はなく、ベイ数は2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×3で、拡張スロットは5段。



左サイドパネルには全面強化ガラスを採用するバリエーションモデル。内部のパーツ類がよく見えるはず

 冷却ファンはフロント120/140mm×2(「Dynamic X2 GP12」×1標準搭載)、トップ120/140mm×2、リア120mm×1(「Dynamic X2 GP12」標準搭載)、ボトム120mm×1。本体サイズは210(W)×399(H)×399(D)mm。CPUクーラーは高さ172mm、ビデオカードは全長315mm、電源ユニットは全長175mmまで対応する。

 価格は1万5098円。パソコンショップアークとツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


NZXTが12月末発売の学習機能付きPCケースを披露

2017年11月18日 20時20分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

 NZXT製の新型PCケース「H770i」の発売記念イベントが、ツクモパソコン本店で開催された。イベントでは「H770i」のほか、12月末発売予定の新作PCケースとファンコントローラー「Grid+ V3」も紹介された。



販売代理店タイムリー主催の「NZXT H770i発売記念イベント」。右の写真がそのH700i

 イベントは15日に発売されたばかりの新型PCケース「H770i」を紹介するもの。「H700i」は、左サイドに強化ガラスパネルを採用するミドルタワーPCケースで、ケース内部にファンコントローラーとLEDコントローラーを兼ねたスマートデバイスを標準装備する。



15日に発売されたNZXT製の新型PCケース「H770i」。価格は2万9980円


ファンコントローラーとLEDコントローラーを兼ねたスマートデバイスをケース内に装備している

 このスマートデバイスは、専用の監視制御ソフト「CAM」を使うことで、LEDストリップのオンオフや、光の色や光り方なども自在に設定できる。また、温度とファン回転数のグラフをマウスで操作することで、簡単に思い通りのファン設定を行なえる。

 「CAM」では、ゲーム画面にフレームレートやGPU温度などを表示することもでき、スマートフォン用アプリからいつでもCPU温度やGPU温度を確認可能だ。

 さらにスマートデバイスには、機械学習を利用したファン設定の最適化機能を搭載している。この機能を実行すると、あらゆる回転数、動作音、高負荷時およびアイドル時のCPUやGPUの温度変化などを記録し、そのデータを元にNZXTのサーバーが機械学習によってファン設定の最適解を導き出せるという。


LEDのカラー変更やファンの回転数などを調整できる監視制御ソフト「CAM」

 イベントでは「H700i」の姉妹機である「H400i」と「H200i」も公開された。どちらも12月末発売予定で、Micro ATXケースの「H400i」が予価2万2980円、Mini-ITXケースの「H200i」が予価1万9980円とのこと。

12月末発売予定のMicro ATXケースの「H400i」とMini-ITXケースの「H200i」



スチール+強化ガラスが高級感と美しさを演出するMicro ATXケースの「H400i」



Mini-ITXケースの「H200i」。冷却性能が高いフロント全面吸気のPCケースにもかかわらず、ファンが見えない上品な外観が特徴だ

 ほかにもデジタルファンコントローラーの「GRID+ V3」が紹介された。これは前述のスマートデバイスを単品販売にした製品だ。

 本体には6つのコネクターを搭載しており、それぞれに接続したファンをCAMで監視できる。さらに付属のマイクを接続すると、PCケース内部のノイズを拾って自動的にファン回転数を機械学習で制御する自動ノイズ低減機能が有効になる。



15日に発売された「GRID+ V3」。実売価格は7000円前後

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


人気のコンパクトキューブにマイナーチェンジモデル「METIS PLUS」登場

RAIJINTEK「METIS PLUS」

2017年11月16日 23時02分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 RAIJINTEKのアルミ製のキューブ型Mini-ITX対応ケース「METIS PLUS」が登場。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で販売中だ。



RAIJINTEKのアルミ製のキューブ型Mini-ITX対応ケース「METIS PLUS」。安価なコンパクトケースとして人気の「METIS」のバリエーションモデルだ

 「METIS PLUS」は、コンパクトサイズのPCケースとして人気のケース「METIS」のバリエーションモデル。新たにトップパネル部に120mmファンが搭載可能となったほか、2.5/3.5インチ兼用ベイ×1(2.5インチは2基搭載可能)が追加。標準搭載されるリアの120mmファンはLEDタイプに変更された。

「METIS」(左)と「METIS PLUS」(右)の比較。本体サイズは190(W)×277(D)×256(H)mmと変わらない

 主なスペックは、ベイ数が3.5インチシャドウ×1、2.5インチシャドウ×2、2.5/3.5インチ兼用×1(2.5インチは2基搭載可能)。拡張スロットは2段で、ビデオカードは全長170mm、CPUクーラーは全高160mmまで搭載できる。なお、電源は通常のATX電源ユニットが利用可能だ。



右サイドパネルはアクリル仕様。標準搭載されるリアの120mmファンはLEDタイプに変更された

 国内展開されるカラーはホワイト/レッド/シルバー/ブルーの4モデル。価格は7277円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


「理想的なファン設定を実現」するファンコン装備のPCケース

NZXT「H700i」

2017年11月15日 23時39分更新

文● 山県 編集●ASCII編集部

 NZXTから、ファン+LEDコントローラーを標準搭載するミドルタワーPCケース「H700i」シリーズが登場。ブラックとホワイトの2モデルが販売中だ。



ファン+LEDコントローラーを標準搭載するミドルタワーPCケース「H700i」シリーズ

 「H700i」シリーズは、左サイドに強化ガラスパネルを採用するミドルタワーPCケース。特徴はケース内部に標準搭載するファン+LEDコントローラー。専用ソフト「CAM」を使うことで、文字通りファンやLEDをコントロールに加え、「機械学習」機能を内蔵するのが特徴だ。

NZXTらしいフラットなフロントパネルを採用する「H700i」。ファン+LEDコントローラーは「機械学習」機能を内蔵。「理想的なファン設定を実現」する

 ファン+LEDコントローラーには騒音レベルを測定できるマイクも搭載。CPUやビデオカードなどの温度に加えて、PCケース内のノイズデータを計測する。「機械学習」により計測データをNZXT側のサーバーとやり取りを重ねることで「温度だけでなく動作音をも考慮した理想的なファン設定を実現」するという。



内部にはケーブル類を表側から見えないようにするフレームを装備。標準で4基の「Aer F120」ファンを搭載する

 PCケースのスペックも確認しておこう。ベイ数は3.5インチシャドウ×3、2.5インチシャドウ×7、拡張スロットは7。冷却ファンはフロント120mm×3/140mm×2(Aer F120×3標準搭載済み)、トップ120mm×3/140mm×2、リア120/140mm×1(Aer F140標準搭載済み)。ラジエターはフロントに最大360mm(厚さ60mm)、トップに最大360mm(厚さ30mm)、ボトムに最大140mm。

 ビデオカードは長さ413mm、CPUクーラーは高さ185mmまで搭載可能。本体サイズは、230(W)×494(D)×516(H)mm、重量12.27kg。

 価格は2万7759円(税抜)。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ