ニンテンドースイッチに録画機能 しかし30秒限定で「えぇ…」

「PS4なんて1時間録画できるぞ」との声も:

2017年10月19日 11時15分更新

文● G.Raymond

 任天堂が19日から「Nintendo Switch」本体機能の更新データ(バージョン:4.0.0)の配信を開始。新たに画面の録画機能を追加した。キャプチャーボタンを押す最大30秒前から録画できる。録画は30秒まで、対応タイトルのみ。動画は本体メモリーに最大100本、市販microSDカードに最大1000本まで保存可能。

 ユーザーからは機能追加を喜ぶ声があがっている一方、「えぇ…」「Switchに録画機能が…!と思ったら30秒か…」「たった30秒かよ!マジか!PS4なんて1時間録画できるぞ!?」「(ゲーム「スプラトゥ-ン」の)ナワバリとかガチのリプレイ用には使えないかー」など、録画時間の短さを嘆く声が続出した。

 「今後のアプデで延びるでしょ」という期待も寄せられている。

●画面録画操作について
・ゲーム中に、Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)と、最大で30秒前からの動画を保存できる。
・保存した動画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できる。
・「アルバム」からFacebook、Twitterに投稿できる。

●録画対応タイトル
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(Ver. 1.3.0以降)
「マリオカート8 デラック」(Ver. 1.3.0以降)
「ARMS」(Ver. 3.1.0以降)
「スプラトゥーン2」(Ver. 1.2.0以降)

Nintendo Switchの本体システムがバージョンアップ!(任天堂)
https://topics.nintendo.co.jp/c/article/b9ec231a-ae4b-11e7-8cda-063b7ac45a6d.html

■関連サイト



カテゴリートップへ

バンダイ、AI搭載「ハロ」型ロボットを開発

手足は伸びないようだ

2017年10月03日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「ガンシェルジュ ハロ」

 バンダイは10月2日、ガンダムシリーズに登場する「ハロ」型の球体ロボット「ガンシェルジュ ハロ」を発表した。2018年発売予定。

 バンダイナムコグループのITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT」の第1弾。AIを搭載し、ガンダムに関する話題を語り合うことができる対話型コミュニケーションロボット。作中と同様に、目のLED点灯や本体が前後左右に揺れたり対話する人の方向に向くなどの動きが可能。

会話例

 また、スマホとBluetooth接続してスピーカーなどにもなるという。直径はおよそ19cm、重量は未定。Wi-Fi接続、Bluetooth接続する。価格など詳細に関しては未定だが、10月3日~6日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2017」でデモンストレーション展示を行なう(ブースはホール4、S30-14)。

■関連サイト



カテゴリートップへ

ひとつチャンスをやろう。タニタ×ジョジョの体組成計が予約受付再開!!

2017年10月02日 15時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 タニタは10月2日、テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」とコラボした体組成計インナースキャンVoice「BC-202-DU」の予約受付を再開した。タニタオンラインショップ限定で、価格は1万9440円。予約期間は10月9日まで。

 荒木飛呂彦氏による漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部をアニメ化した作品とコラボした製品。作品の世界観にあわせ、劇中に登場する「J」や「ハート」マークなどをあしらったデザインに仕上げている。

 また、初期設定時の操作や計測結果を主要キャラクターである東方仗助(小野 友樹)、広瀬康一(梶 裕貴)、虹村億泰(高木 渉)によるオリジナル音声でナビゲートしてくれるので、作品の世界観に浸りながら楽しく健康管理ができるとしている。

 本体サイズは幅352×奥行き300×高さ37mmで、重量はおよそ1.6kg(乾電池含む)。150kgまでの測定に対応しており、体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量、体水分率が測れる。登録人数は4人まで。

■関連サイト



カテゴリートップへ

Ponanza強すぎの第2期電王戦第2局裏話、川上会長が電王戦の成り立ちをぶっちゃける

6年間の歴史に幕を下ろした最後の電王戦

今回の対局会場は兵庫県の姫路城。大天守保存修理により、白さの輝きを取り戻した。

 さまざまな話題を提供し、将棋ファンの裾野を広げる原動力にもなった電王戦が5月20日、6年の歴史に幕を下ろした。最終局となった第2期電王戦第2局は、Ponanzaが中盤から徐々に佐藤天彦叡王(名人)に差をつけ、94手までで勝利を収めた。これで、4月1日に行なわれた第1局に続き連勝し、Ponanzaは電王戦負け無しの7勝。また、将棋界で最も歴史のあるタイトル“名人”の保持者、佐藤名人が負けたことにより、事実上コンピューター将棋ソフトは、プロ棋士レベルを超えたことになる。中継を見てさらっと記事化したサイトが多い中、本稿では現地取材した最後の電王戦をお届けする。

・ニコニコ動画会員ならタイムシフト放送をチェック!
第2局の棋譜を見ながら記事を読むと駒の配置がわかる!

午前中は佐藤天彦叡王のペースだったのだが……

 第2期電王戦第2局は、舞台を兵庫県の姫路城へ移し、午前10時より対局が始まった。快晴に恵まれた姫路城は昨年3月に大天守保存修理を終え、白い輝きを取り戻した白壁が青空によく映える。対局する場所は大天守というわけではなく、二の丸にある「チの櫓」(ちのやぐら)で行なった。前回は取材陣の控室と対局場所は同じ建物だったが、今回の控室は城内入口前にある迎賓館と城の東側にあるプレハブの建物になった。控室が狭かったため2つに分かれてしまったが、テレビ局と記者クラブの人は迎賓館、その他はプレハブと将棋取材の慣例に従った形で、もちろん筆者はプレハブ行き。WiFiがないので取材場所としては厳しかった。

対局場所となる「チの櫓」(手前)。前回と違い、記者控室からは離れた場所になった。

こちらが城内入口の前にある迎賓館。取材陣の控室のひとつ。

 また、今回の対局場がかなり狭いのと、世界遺産ということで傷つけたり汚したりしては大変と取材陣も入れ替え制。もちろん、テレビ局と記者クラブ優先のため、佐藤叡王の初手は撮影できず、チの櫓の前でiPhoneを使ってニコ生中継を見ていた次第だ。

Ponanza開発者の山本一成氏(左)と下山晃氏(右)がぬの門を抜けて登場。チの櫓に入る。

続いて佐藤天彦叡王がチの櫓に入る。こちらは中継もされていた。

 そんな筆者が外で待たされているときに、佐藤叡王の先手で始まった本局は、まず水をガブリと飲んだあと▲2六歩と飛先を突いた。これに対して、ほとんど考えずPonanzaは反応。△4二玉と第1局の▲3八金と驚かせたのと同様、今回も解説陣はどよめいていた。どうも、初手▲2六歩に対して、後手のPonanzaは9種類の指し手があるらしく、その中の一手を選択したようだ。

チの櫓はとても狭く、第1局日光のときよりも舞台部分が小さいなと思ったのはこのためだったようだ。

初手は撮影できなかったが、佐藤叡王の指し手。電王手一二さんがピンクがかっているのは、赤い絨毯が写り込んでいるため。

 この手に対して、少し間を開けたが、佐藤叡王は▲2五歩とさらに進めた。ある程度は予想していたのか、12手目に△7七角成で角交換。23手目で▲2六銀と上がるなど、11時ごろまでに25手まで進み、持ち時間は佐藤叡王が残り4時間41分。Ponanzaが4時間25分と前回とは逆にPonanzaのほうが時間を使った展開だった。しかも評価値は、佐藤叡王のプラスで推移している。今回の評価値は「elmo」が使われていた。今年の世界コンピュータ将棋選手権でPonanzaを倒し、全勝優勝した新進気鋭のソフトだ。

 27手目▲2四歩と飛車先を突っかけ、△同歩、▲同銀、△2三歩、▲1五銀と引いたところで、△6四角打ちと飛車取りの攻め。これに対して▲3七角と受けて、△1四歩、▲2六銀と引いたが、ここでPonanzaが長考。36手目△1五歩と指した時点で、残り時間は佐藤叡王が4時間33分、Ponanzaが3時間46分。ここまではPonanzaが時間を消費するという意外な展開で、前回持ち時間を序盤で使いすぎてしまった佐藤叡王の反省がうかがえた。36手目の時点で、評価値は佐藤叡王のプラス200ほど。対Ponanzaでは序盤でもななかなか100以上差をつけるのは難しいが、ここまでは佐藤叡王の思惑通りに進んでいるに見えた。

 しかし、昼食休憩に入る直前の43手目、佐藤叡王が▲6八金右と指した途端、評価値がほぼ0に。対局後の記者会見でも山本一成氏が語っていたが、人間的には守りを固めたつもりでも、コンピューター側からすると右側の守りが弱くなり、バランスが崩れるため咎める一手となったのだ。解説陣には5八金の存在を評価していたのだが、この寄りから△3七角成りと角交換へ。佐藤叡王は穴熊へと駒組みを進めていくことになるが、評価値は逆転してしまった。ただ、昼食休憩時までに45手進み、残り時間は佐藤叡王が4時間10分、Ponanzaが3時間29分と30分の差がついていた。

評価値が0になってしまった一手。佐藤叡王は矢倉ではなく穴熊を目指した。



ゲームの新しい遊び方!“LANパーティ”ってなに?

2017年5月3日(水)18時! C4 LAN 2017 SPRINGで生放送

2017年05月01日 18時00分更新

文● ジサトラアキラ

スマートフォンから視聴したい場合は、niconicoアプリをダウンロードのうえ、
こちらからご覧ください。

 最近、編集部で「ラーンパーティ、LANパーティ!」(参考動画)とつばさが躍っております。

 ジサトラPCゲーミング担当のアキラです。もうゴールデンウィークに突入だ! という人もいるのではないでしょうか。自宅でPCゲーム三昧、というのも良いですが、ゲーム関連のリアルイベントも盛りだくさんなので、ぜひ足を運んで見てくださいね!

 今回紹介するのは、日本でも開催数が増えている、ユーザー主導のPCゲーム系イベント、「LANパーティ」です。

 LANパーティは、参加者がPCを持ち寄って集まり、ローカルネットワーク(LAN)で接続して対戦や協力プレイ遊ぼう、というもの。

 歴史的にはUNIXで勉強していた学生間で遊ばれていたのが発端のようですが(Wikipediaより)、ネットワーク機能を標準搭載した「Windows 95」の登場でインターネットも普及し、ネットワークを介したマルチプレイタイトル、id Softwareの「DOOM」や「Quake」のようなタイトルが人気となって形成されたゲーマーの文化です。

 世界最大のLANパーティといえば、スウェーデンを中心に毎年開催されている「DreamHack」(関連サイト)でしょう。過去に開催されたデータによると、イベント参加者は2万人超、PCを持ち込んだ参加者は約1万人、LANに接続されたデバイスは約1万7000台と、想像も付かないような規模です。

 既存のPCではない、ユーザー自慢の“MOD”PCをお披露目する機会にもなっており、ゲームだけでなく自作PC好きにもたまらないイベントです。

 さて、日本国内ではどうでしょうか。さすがにDreamHack規模のLANパーティはありませんが、10数名の規模でライブハウスを貸し切って行なったり」(関連記事)、定期的に行なわれています。

 そして、このゴールデンウィークの5月3日から3日間、日本最大級のLANパーティ、「C4 LAN 2017 SPRING」が浅草橋ヒューリックホールで開催されます! 現在、PCを持ち込める席(BYOC:Bring Your Own Computer)は完売となっていて、ユーザーの熱が早くも盛り上がっているようです!

 ちなみに、「じゃあもう参加できないの?」と思ったあなた。そういった人のために、会場には最新のゲーミングPCに各種ゲームをインストールしているコーナーがあります!

●フリーPCコーナー 出展メーカー




GALLERIA GAME MASTER、@Sycom、G-GEAR



G-Tune、LEVEL∞

 いずれもCore i7-7700KとGeForce GTX 1080 TiやGeForce GTX 1080を搭載した、ゲーマー垂涎のPCばかり。これからゲーミングPCを買ってみよう、新調してみよう、という人には使い心地が確かめられる良い機会になるのではないでしょうか。

 そしてそして、会場の様子はニコ生・YouTubeで観られます。そう、ASCIIのチャンネルで!

 5月3日18時、「C4 LAN 2017 SPRING」の会場から、ジサトラが生放送しちゃいます!

 番組では、LANパーティに必須な高性能なゲーミングPCの魅力を、オーバークロックやゲーム配信など、ジサトラ流PCの遊び方でご紹介いたします。


・オーバークロックもゲームだ!Core i7-7700Kの液体窒素冷却で世界へ挑め


・ハイエンドCPUだとこんなに快適!ゲーム配信入門


・勝てるグラボ!GeForce GTX 1080 Ti&「フォーオナー」でガチバトル

 ゴールデンウィークのお出かけ先で、ご自宅でゆっくりしているときに、ぜひぜひご試聴よろしくお願いいたします!


・ニコニコ生放送は→こちら
・YouTubeチャンネルは→こちら

■関連リンク



カテゴリートップへ