mineo、100万回線間近! ファンファーストで生き残りを狙う

2018年01月18日 22時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

 ケイ・オプティコムが展開するモバイルサービス「mineo」は、都内でメディア向けの事業説明会を開催。mineoの現状説明とともに、今後の戦略について紹介した。

ファンコミュニティー重視でMVNOの競争を勝ち抜く考えのmineo

昨秋のキャンペーンで一気にユーザー獲得
今年度中に100万回線に到達予定

 まず回線の状況については、2017年末の状況で約90万回線を達成。2017年度内の100万回線を予定している。これはサービス開始時から目標として公表してきた数値であり、サービス開始から4年弱でついに到達することになる。

 特に昨年10月は単月で4万8000回線を獲得。これは音声SIMを契約すると、12ヵ月にわたり、月900円が割り引かれるという「大・大盤振る舞いキャンペーン」の影響によるもの。ちなみに昨年12月から、割引期間が6ヵ月に短縮されたものの、同様に月900円が割引の「続・大盤振る舞いキャンペーン」を展開。これは実は今日18日までだったが、「100万回線ありがとう!キャンペーン」名前を変え、春商戦の5月8日まで継続される。



現在は90万回線。3月末での100万回線到達を予定。市場シェアも拡大している

 とはいえ、昨年から主要キャリアの新料金プランや“サブブランド”の展開により、MVNOを取り巻く状況は決して楽観できる状況ではない。MVNO間の競争やサバイバルレースも進んでいる中で、ユーザーに安心して使ってもらうためにも競争に勝ち残ること、そのために「オンリーワンな存在」になることを目指す。



他のMVNOとは異なる特色がファンコミュニティーの存在だ

 そこでキーワードとなるのが、mineoが繰り返しアピールしてきたユーザーコミュニティーの重視といった「圧倒的ファンファースト」だ。コミュニティーサイト「マイネ王」の月間PVは700万を突破、mineo全体の契約数に占めるメンバー数の割合も約4割となっている。これらの効果により、解約率は1.11%にまで低下。また、「人に推奨したいサービス」である指標となるNPS(Net Promoter Score)という数値で、キャリアやMVNOの平均を大きく上回る数値を獲得しているという。



解約率や他のユーザーに勧めたいサービスという観点で優位な地位を築いている

 ユーザーの利便性を上げるという部分では、3月末のリリースを目指し、スマホ用の「mineoアプリ」を開発している。このアプリではmineoの売りである「パケットギフト」や「フリータンク」といった機能も手軽に利用できるようになる予定だ。

2万円台前半の新スマホを2月に発表
なんとSIMフリー版iPhone 7を取り扱い開始

 説明会では、セット端末の新モデルについても公表された。タブレットはファーウェイ「MediaPad M3 lite」、スマホは2万円台前半の製品が2月に発表予定とされている。さらにiPhone 7/iPhone 7 Plusの取り扱いも開始する。これは他のMVNOでも見られる認定中古品でもなく、国内版SIMフリーモデルの新品とのこと(つまりFeliCa搭載)。しかもApple Storeでも販売が終了している「(PRODUCT) RED」や256GBモデルが含まれるなど、少々不思議な部分もある。



ミドルクラスのスマホの新機種が2月に登場予定。iPhone 7も取り扱い開始。Apple Storeでの販売は終了しているPRODUCT REDが

 これについては“信頼できる代理店”から入手したもので、もちろん保証も受けられる製品だ。ただ価格はiPhone 7の128GBモデルが7万8000円、256GBモデルが8万7600円、iPhone 7 Plusの128GBモデルが8万9400円、256GBモデルが9万9600円(いずれも税抜)と、現在Apple Storeで購入した価格を上回るケースもある。mineoの料金とのセットで分割払いもできるので、それも含めて判断するといいだろう。

MVNOが混雑する時間帯も高速なサブブランド
どうして可能なのか、明らかにすることを求める

 なお、発表会後の囲み取材では、総務省「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」で同社が意見を出した件についての質問もなされた。

 これは、いわゆる“サブブランド”(KDDI子会社でau MVNOでもある「UQ mobile」を想定?)における混雑時間帯の通信速度で、一般のMVNOでは接続料と料金のバランスを考えると提供不可能と考えられる数値が出ていることに疑問を呈したものだ。これについては、なぜそれが可能なのか、まずは内容を明らかにすることを求める姿勢を示した。

 また、au回線を用いたSIMでiPhoneでのテザリングが利用できない件では、KDDIとの話し合いの中で技術的な解決策については見えてきたとするが、作業に要するコスト負担など、まだ課題があることが明かされている。

■関連サイト



カテゴリートップへ


アメリカで進むCATVの“コードカット”とストリーミング、そしてラーメンの話

松村太郎の「西海岸から見る”it”トレンド」
第196回

2018年01月18日 10時00分更新

文● 松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII編集部

 筆者はテレビが好きな方です。もちろんネットやケータイの世代に分類されるでしょうが、テレビは娯楽として好きです。

 アメリカから日本のテレビ番組を見ようとすると、これまではケーブルテレビの日本チャンネルに契約する方法が最も早道でした。しかし自分が好きな番組が配信されてくるかわかりませんし、そもそも「コードカット」が進んで、ケーブルテレビの受信機すらなくなりつつある環境で、日本の番組への有効なアクセス手段ではなくなりつつあります。

英語版Wikipediaでもアメリカでケーブルテレビの解約が進んだことによる市場への影響などが詳しく説明されている

「コードカット」とはアメリカの家庭で不可欠だった
ケーブルテレビの契約を辞める行為

 「コードカット」とは、それまで米国の大抵の家庭がしていたケーブルテレビや衛星放送の契約を打ち切ることで、この言葉が登場した2010年当初は、80万人ほどと顕在化し始めました。調査会社eMarketerによると、2017年の米国の成人におけるコードカッターは2200万人にまで膨らんだといいます。向こう4年間で、ケーブルテレビや衛星放送の有料契約者数は10%下落する予測も立てられました(http://variety.com/2017/biz/news/cord-cutting-2017-estimates-cancel-cable-satellite-tv-1202556594/)。

 代替となる映像を見る手段として考えられているのが、ネットストリーミングです。その代表格といえるNetflixは、2017年3月の段階で5090万契約を突破し、主要ケーブルテレビの契約者数4860万件を上回ったことが話題になりました。

 単純に考えればケーブルテレビからNetflixに乗り換えが進んでいるのではないかと見ることができますが、Netflixのオリジナルコンテンツを見たくて、ケーブルテレビの契約を残しながらNetflixを利用するパターンもあり、世代間でも差がありそうです。

 ケーブルテレビはたいていの場合、「バンドル」と呼ばれる多チャンネルのパッケージで提供されます。そのため、普段見ない大量の番組の分まで費用を負担しているような形になってしまいます。それが「無駄」と感じることで、ケーブルの契約をカットすることになります。

 既存のケーブルテレビ視聴者にとっては、コードカットに至る段階があるようです。筆者は米国生活を始める際、英語をたくさん聞けるようにとケーブルテレビを契約しましたが、2015年についにコードカットに至りました。

 しかし以前からケーブルテレビを見ていない人、パソコンやタブレット、スマートフォンが生活の中のスクリーンの主体となっている人は、ケーブルの契約に頼らず、最初からオンラインの映像手段に頼ることになるはずです。

コードカットとストリーミング
スポーツ番組をストリーミングだけで満たすことは困難

 こちらでコードカットしてしまって困るのはスポーツ観戦です。多くのジャンルで、以前からの「放映権」による管理が続いているため、オンラインでスポーツイベントを楽しむ手段はほとんどありませんでした。

 たとえば、リオ五輪でも米国チームが活躍(しそうな)試合が地上波で放映される以外は、ケーブルのスポーツチャンネルでの視聴となってしまいました。テレビ局のアプリはApple TVやスマートフォンなどに用意されていますが、実際の視聴にはケーブルテレビのアカウントでログインしなければなりません。

 では、五輪開催の月だけでも料金を支払っても良いと思っていても、その手段が用意されていないのです。ケーブルテレビの契約を復活させないと、オリンピックを満足に楽しめない状態になっており、今年の平昌五輪でも同じような状況が続きそうな気がしています。

 そのため、いまだストリーミングだけでは、日々の映像視聴のニーズを完全に満たすことができないのです。米国に来てオリンピックを夏・冬と4回目を迎えますが、まだまだストリーミングサービスの死角は大きいということです。

 またストリーミングサービスも、1つだけ契約すれば済むか、といわれるとそうではありません。Netflixにないが、Huluでは配信されているコンテンツを見たい場合もあるからです。

 幸いなことに、NetflixとHuluの双方を契約しても20ドル以下に収まり、100ドル取られていたケーブルテレビの料金に比べると十分割安です。同じ事が、HBO Nowなどのケーブルチャンネルのアプリでもいえます。ただ、どんどん契約していけば、結局ケーブルテレビと同じような料金になってしまうでしょう。

 ストリーミングサービスが良いのは、簡単に排他処理ができることです。今月はNetflixで見たいドラマを一気に見る。翌月はNetflixをやめてHuluに入り、そちらのコンテンツを一気に見る。そんな方法を自由に採ることができる点もストリーミングの魅力かもしれません。





この連載の記事

キャッシュレスを促進! ドコモ、新決済サービス「d払い」を4月から開始

2018年01月17日 22時30分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

 ドコモは4月から新決済サービス「d払い」を開始すると発表した。現行の「dケータイ払い+」はd払いへと名称変更になる。

 現在のキャッシュレス決済と比べて大きく異なる点は、スマホアプリ上に表示したバーコードやQRコードをお店のPOSレジや端末(タブレットなど)で読み取ることで、支払いを月の携帯電話代に合算して支払えるところ。NFCやおサイフケータイといった、端末によっては搭載していない機能に頼ることなく支払える。専用アプリは無料で、iOS、Android両対応。

 中国でシェアが大幅に伸びている「We Chat Pay」に近いが、個人間での送金には対応しない。

 NTTドコモ 執行役員 プラットフォームビジネス推進部長 前田義晃氏は「当社は1999年にiモードで携帯料金の合算払いに対応した。その結果、合算払いは4000億円の年間取扱高へと成長し、ユーザーは1500万人も存在するる」と最初に解説。新しく始めるd払いについては「d払いはドコモユーザーが利用でき、クレジットカードをもたない人でも使えます。お店側としては新しい顧客を獲得できるだけでなく、レジの締め作業などの手間が減らせる」といったメリットを述べた。



ドコモ 執行役員 プラットフォームビジネス推進部長 前田義晃氏 ローソン 執行役員 マーケティング本部長 野辺一也氏



すでに1500万人のユーザーを抱えているのが強味。キャッシュレス化をさらに促進させるとのこと ユーザーにもお店側にも多大なメリットがある

 対応するシステムをすでに導入している店舗なら、タブレットに専用アプリを入れるだけと導入コストも非常に安くなる。「この点を活かして中小企業にも広めたい」とローソンの執行役員 マーケティング本部長 野辺一也氏は語った。続けて「現金払いでレジの行列ができると、帰ってしまう人もいる。これは機会損失です。決済のスピードアップだけでなく、現金でポイントカードが使えないとエンゲージメントがわかりませんが、d払いなら顧客データの収集にも効果があるでしょう。また、レジから現金がなくなることで防犯対策にもなる」と期待を寄せた。

支払い方法はコレだけ! デモンストレーションで解説

アプリを起動するとこの画面になる。バーコードは有効期限付きで、決済ごとに生成されるので同じものは存在しないという。ポイントも溜まるし、ポイントを使うことも可能

POSレジでバーコードを読み込む

支払い終了。毎月の月額利用料に加算される

レシートも出るが、このような支払い通知のメールも届く

こちらは店舗がタブレットの場合

タブレットのカメラでQRコードを読み取る

これで支払い完了! とてもスピーディーだ

■関連サイト



カテゴリートップへ


JR北海道、スマホに定期券を表示するシステムを北見/網走圏で導入

2018年01月17日 18時40分更新

文● 二子/ASCII編集部

 JR北海道は、2018年4月から網走/北見を中心とした石北線、釧網線の一部エリアにスマホで定期券を予約や購入、乗車が可能な「スマホ定期券」サービスを開始する。

 このサービスでは、ウェルネットのスマホアプリ「バスもり!」を活用している。バスもり!は高速バス・路線バスでの購入、確認では用いられてきたが、鉄道への拡大事例となる。

 ユーザーはiPhone/Androidにアプリをインストールし、購入手続きを行なう。運賃はクレジットカードのほか、コンビニや銀行ATM、ネット銀行での支払いに対応。通学定期については、学校事務との連携で本人確認をする。偽造防止のために画面中央の乗り物の画像がスクロールしたり、色が変わるなどの仕組みが施されている。

 導入が予定されている区間において、みどりの窓口がある有人駅は北見、網走、知床斜里の3駅のみ。学期始まりのたびに主要駅の窓口に行って購入する手間が省けるなど利便性向上が見込まれる。

■関連サイト



カテゴリートップへ


TwitterでのLINE QRコード投稿をアラート検知

子供のネット利用における意外な盲点

2018年01月16日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

LINE QRコードをTwitterに投稿

 エースチャイルドは1月16日、子どものSNS利用を見守るサービス「Filii」に、TwitterへのLINE QRコード投稿を検知する機能を追加したと発表した。

 LINEには自分のプロフィール画面からQRコードを作成する機能があり、別の人がLINEアプリで読み込むと連絡先の交換が可能となる。エースチャイルドが行なった実証実験ではこの機能を利用して他人のQRコードを流出させたり、TwitterにQRコードを公開してネットでの友達作りを安易に行なうという行為が発見された。オープンなTwitterでLINE QRコードが拡散すると、不特定多数の人間も連絡先を取得できるなどトラブルの元になる可能性が非常に高いとされている。

アラート表示画面

 Filiiに追加された機能では、Twitterアプリ画面においてLINE QRコードを監視、自身や他人の投稿を見つけてアラートを本人および保護者に通知する。自身の投稿の場合はツイートを削除し、LINE設定画面にてQRコードの更新を行なうことでトラブルを未然に防げるとしている。

 Filiiは、iOSまたはAndroidのスマホ、タブレットおよびPCのブラウザーで利用可能。LINEやTwitter、Facebookなどのデータ分析をはじめ、保護者が「つながり分析」や「プロフィール分析」できる機能がある(アプリは無料、サービスは有料)。

■関連サイト



カテゴリートップへ


ソフトバンクからも「Android One」! シャープ製ミドル機「S3」発売

2018年01月16日 14時50分更新

文● 二子/ASCII編集部

 ソフトバンクは、ソフトバンクブランドの携帯電話としては初のAndroid Oneシリーズのシャープ製Androidスマートフォン「Android One S3」を1月下旬以降に発売する。

 Android Oneシリーズは、グーグルと共同で推進されているプログラムに基づき提供される端末で、シンプルなUIと使い勝手とともに、OSの早期アップデートも前提となっている。これまでは国内では同じソフトバンクでも、Y!mobileブランドでのみの販売だったが、今回初めてソフトバンクブランドでリリースされることになった。

 Android One S3もすでにY!mobile向けに発表済のモデルで、Android Oneのなかではミドルクラスに位置づけられる。シャープ製スマホらしく、フルHD解像度の5型IGZO液晶を搭載。Snapdragon 430(1.4GHz+1.1GHz)、3GBメモリー、32GBストレージなど、十分な性能を持つ。IPX5,8/IP6Xの防水・防塵にも対応するが、おサイフケータイやフルセグ、指紋センサーなどの機能は用意されない。カラバリはネイビーブラック、ホワイト、ピンクの3色。

メーカー シャープ
ディスプレー 5型IGZO液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約71×144×8.5mm
重量 約143g
CPU Snapdragon 430 1.4GHz+1.1GHz
(オクタコア)
メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部メモリー microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0
最大通信速度(下り/上り) 112.5Mbps/37.5Mbps
SB網4G対応周波数 2.1GHz/1.7GHz
/900MHz/2.5GHz(AXGP)
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz対応)
FeliCa/NFC ×/×
カメラ画素数 リア:約1310万画素
/イン:約500万画素
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
バッテリー容量 2700mAh
生体認証 ×
連続通話時間(LTE/3G) 約1310分/約1190分
連続待受時間(LTE/3G) 約605時間/約740時間
カラバリ ネイビーブラック、ホワイト、ピンク
発売時期 1月下旬以降

■関連サイト



カテゴリートップへ


最大19%ポイント還元も! au WALLETゴールドカード特典内容改定

2018年01月16日 10時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

 KDDIと沖縄セルラー、KDDIフィナンシャルサービスは1月16日、「au WALLETゴールドカード」の特典内容をリニューアルした。毎月の利用料金に応じて税抜1000円ごとに最大100ポイントがもらえる「ゴールド特典ポイント」、auスマホの購入時に利用できる「auクーポン」の毎年進呈、ホテルや旅館予約サービス「Relux」の優待利用などの特典を用意。また、年間利用金額に応じたボーナスポイントが最大4000ポイントに増量される。

 合わせてゴールドカードの特典内容リニューアルを記念して、1月16日から7月31日までの対象期間中、1回当たりのゴールドカード利用金額が5万円以上の場合、通常200円ごとに2ポイントのところ1ポイント上乗せする「ゴールドプレミアム」キャンペーンを実施する。

 「au STAR」の8%還元とゴールド特典の10%、さらにクレジット決済ポイントの1%を加えると、通信費に対して最大19%のポイント還元が可能だ。au WALLETゴールドカードの年会費は税別1万円で、最大5000万円の旅行保険が付帯する。

■関連サイト



カテゴリートップへ


モトローラのSIMフリースマホ「Moto X4」がAndroid 8.0に 対応予定機も公表

2018年01月15日 15時50分更新

文● オカモト/ASCII編集部

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、同社が昨年10月に発売したSIMフリースマホ「Moto X4」について、Android 8.0へのアップデートを開始したと発表した。

 Moto X4はミドルハイ~ハイエンドクラスの端末で、防水・防塵にも対応するのが大きな特徴。主なスペックは、フルHDの5.2型IPS液晶、Snapdragon 630(2.2GHz、オクタコア)、4GBメモリー、64GBストレージ、12メガ+8メガのデュアルカメラ(インカメラは16メガ)、指紋センサー、3000mAhバッテリーなど。

 またこれに合わせて、あらためてAndroid 8.0アップデート予定の端末一覧についても公開している。提供時期については準備が整い次第、順次アナウンスするとのことだ。


・Moto Z
・Moto Z Play
・Moto Z2 Play
・Moto G4 Plus
・Moto G5
・Moto G5 Plus
・Moto G5S
・Moto G5S Plus

■関連サイト



カテゴリートップへ


ソフトバンク、2018年の学割は先生も対象で50GBが最安値3980円から!

2018年01月15日 15時30分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

 ソフトバンクは今日15日、2018年の学割プラン「ソフトバンク学割 2018」を発表した。学割自体は1020円の割引だが、「おうち割 光セット」や「みんな家族割」、「家族新規特典」といったほかの割引サービスを併用すると、「ウルトラギガモンスター」の50GBのプランを最初の1年間に限り3980円/月で利用できる。受け付け開始は17日から。

 なお、通常だとスマ放題3000円、ウルトラギガモンスター50GBが7000円で1万円/月なので、学割のみの場合は1020円引きで8980円/月となる。スマ放題ライトの場合は7980円/月。

 さらに、学割の対象は学生とその家族までだったが、今回から25歳以下の教師にも適応される「学割先生」がスタート。ただし、プランはウルトラギガモンスターに限り、公立学校共済組合組合員証、文部科学省共済組合組合員証もしくは私立学校教職員共済加入者証を所有していることが条件となる。

ソフトバンク 代表取締役副社長兼COO 榛葉 淳氏

 また、学生のスマホデビューを後押しするため「スマホデビュー割」も17日から開始。データ容量は1GBになるが、次の機種変更まで1980円/月で使える。Xperia XZ1をはじめ、2017年にソフトバンクからリリースされたスマホ6機種が対象だがiPhone 8/8 Plusも加わることになった。その理由をソフトバンクの代表取締役副社長兼COOの榛葉 淳氏は「最新のiPhoneが使いたいという声が学生から多かったため」と説明した。また、iPhone Xがラインナップに加わらなかったことについては「学割先生で大人の方に使ってもらいたいので差別化を図った」とのこと。



学生の要望に応えたというウルトラギガモンスター



25歳以下という条件付きだが、先生にも学割が適用されることになった これからスマホデビューをしたいという学生向けのプラン。iPhone 8/8Plusも対象になった

好評だったSUPER FRIDAYは2018年も実施!

 ソフトバンクユーザーなら誰でもサービスが受けられる「SUPER FRIDAY」を今年も実施。2月に吉野家の牛丼並盛り、3月にサーティワンのサーティワンアイスクリームのコラボアイスを提供することが決まっているのだが、学生なら牛丼2杯、アイスは2ヵ月(3月と4月)対象とこちらも優遇される。



学生なら2倍の恩恵が受けられるSUPER FRIDAY

 新サービスのプレゼンテーションが終わると学割のCMキャラクターを務める竹内涼真さん、生瀬勝久さん、壇蜜さん、志尊淳さんが登壇し、学生時代の思い出などを語った。元サッカー部の竹内さんは特製のボールを使ったリフティングを披露し、スーツに革靴ながら38回もやり遂げたのだった。



左から竹内涼真さん、生瀬勝久さん、壇蜜さん、志尊淳さん CMでは先生と生徒という役柄ながら、竹内さんと志尊さんは年齢がほぼ変わらないので、演じてて不思議な気分だったという



学生時代の思い出の先生で盛り上がるみなさん 竹内さんのリフティング! ボールをよく見ると、学割先生のデザインになっていることがわかる

■関連サイト



カテゴリートップへ


UQ mobileが防水防塵耐衝撃のタフネススマホ「DIGNO A」3月上旬発売

2018年01月15日 11時00分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部



「DIGNO A」

 UQ mobileが3月上旬発売予定の京セラ製スマホ「DIGNO A」は、5型フルHD解像度液晶を搭載する防水防塵耐衝撃のタフネスモデル。約1300万画素のリアカメラは像面位相差オートフォーカスによるピント合わせが高速で、明暗差の大きい場所ではHDR撮影に自動で切り替わる。

 OSはAndroid 8.0でSoCはSnapdragon 430、3GBメモリーと32GBストレージでバッテリー容量は2600mAh。スペック面ではauの2018年春スマホ「Qua phone QZ」とほぼ同様だ。



ネイビー

 「DIGNO V」のHD解像度液晶からフルHD解像度にスペックアップし、メモリーとストレージもそれぞれ1GB/16GBずつ増量。ただしおサイフケータイには非対応となっている。カラバリはライトブルーとネイビーの2色。

メーカー 京セラ
ディスプレー 約5型
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約72×145×8.7mm
重量 約136g
CPU Snapdragon 430
1.4GHz+1.1GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0
VoLTE
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
カメラ画素数 リア:約1300万画素
/イン:約500万画素
バッテリー容量 2600mAh
FeliCa/NFC ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 IPX5,8/IP5X
生体認証 ×
連続待受時間 約530時間
連続通話時間 約960分
カラバリ ライトブルー、ネイビー
発売時期 2018年3月上旬

■関連サイト



カテゴリートップへ