4K HDRに対応した“Apple TV 4K”が登場

現地時間2017年9月12日に、アメリカで開催されたAppleのプレスイベント。この場でApple TVの最新モデル“Apple TV 4K”が発表された。名前のとおり4Kに加えて、さらに明るく、本来の色を忠実に再現するハイダイナミックレンジ(HDR)にも対応している。

4K HDRに対応した“Apple TV 4K”

4K HDRに対応した“Apple TV 4K”

Dolby VisonとHDR10に両対応。最高品質の映像を楽しめる

鮮明な4K HDRを提供するために、Apple TV 4KはiPad Proと同じ“A10X Fusionチップ”を搭載。Dolby VisionとHDR10の両方に対応し、どのHDRテレビでも圧倒的な美しさでテレビ番組や映画を楽しむことができるとのこと。HDR10は4K画質コンテンツの多くに採用されている基本的な規格で、従来の4倍の明暗差が表現できる。Dolby VisionはHDR10の更に4倍の明暗差が表現できる規格だが、対応テレビはまだ少ない。

undefined

 

また、高性能の4Kビデオスケーラーも内蔵し、4Kテレビでこれまで以上にHDコンテンツが美しく表示されるようになる。4KテレビにApple TV 4Kを接続すると、そのテレビの機能を自動的に検出して設定を最適化し、最高品質の画像を出力。もちろんHDテレビにも対応し、そのテレビの最大解像度で出力して高画質な映像を楽しめるとしている。

購入済みのHD作品は自動的に4K HDRバージョンにアップデート

4K HDRコンテンツは今後iTunesで随時追加され、すでにiTunesライブラリにあるHD作品は4K HDRバージョンが利用できるタイミングで自動的にアップデートされる。また、既存作品の4K HDRバージョンをHDバージョンと同価格で提供するとしている。

undefined

 

iTunes以外にも今後、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスでも4K HDRコンテンツの提供が間もなく開始されるとのことだ。tvOSで映像配信サービスを追加可能なので、HuluやAbema TVといった日本で人気の動画配信サービスも楽しむことができる。

その他、Apple TVアプリケーションが今年後半にアップデートされ、Siriでの操作が今まで以上に簡単になるなどの発表がなされたが、日本では利用ができないのが残念なところ。

発売日は9月22日(金)。32GBモデルが1万9800円[税別]、64GBモデルが2万1800円[税別]、従来のApple TV(第4世代)は1万5800円で引き続き販売される。付属品はApple TV 4K本体にSiri Remoteコントローラー、電源コード、Lightning-USBケーブルなど。HDMIケーブルは付属しないため、注意が必要だ。

【関連記事】
全面ディスプレイのiPhone X発表、11月3日発売開始
ホームボタンが廃止されたiPhone X、操作はどうなる?
iPhone 8&8 Plusが発表、iPhone Xとはドコが違う?
Apple Watch Series 3が発表、単独で通話可能に
新iOS「iOS 11」の進化ポイントとは

4Kテレビ最新トレンド2017夏&おすすめ製品の選び方

※「4Kって何?」という方は、「話題の「4Kテレビ」とは?」をご参照ください。

4Kテレビ最新トレンド~2017年夏は「有機EL」が熱い!

2014年頃からテレビはフルHDから4Kへと急速にシフト。いまでは、4Kテレビの販売額が従前のフルHDを上回る時代になりました。

最新4Kテレビのトレンドですが、液晶タイプは価格が落ち着いて入手し易くなりました。また、新しい高画質技術として「HDR」が話題で、さらに、新方式「有機ELテレビ」が各社から出揃い、選ぶ楽しさも増しています。そのほか、不足がちだった4Kコンテンツは、配信サービスの普及で状況が一変。

もう「4K」は、当たり前と言えるのです。

■トレンドその1 <3年で4割も低価格化>
4Kテレビが一般ユーザーにも普及し始めたのは2014年前後。50型~60型クラスで、売れ筋製品の平均価格は25万円前後でした。

2017年夏は、エントリーモデルからハイエンドモデルまで製品が充実。単純に比較することはできませんが、中心価格帯は15万円前後と4割ダウンの印象です。

もっともお手軽な製品なら、大手メーカー製品でも10万円前後から選べるようになっています。

■トレンドその2 <HDRで高画質>
HDRの詳細については、「感動の高画質時代到来!テレビの新技術「HDR」とは?」で解説していますが、端的には明暗をよりダイナミックに表示し、肉眼で風景を目の当たりにしているかのようなリアリティーが得られる新技術。

その効果は、フルHDから4Kへの高解像度化よりも、より高画質に貢献すると言われるほどです。画質を重視するなら、「HDR対応」の最新4Kテレビに注目しましょう。

■トレンドその3 <新次元の高画質「有機EL」が各社から登場>

有機ELはは液晶と異なる新しい映像の表示方式。黒が引き締まり、また、キラキラとした輝きも感じられるもので、新次元の高画質を体感できます。詳細については、「話題の「有機ELテレビ」とは? 液晶との違いを解説」で解説していますので、合わせてご確認ください。

従来はLG社のみが有機ELテレビを発売していましたが、2017年夏は、ソニー、パナソニック、東芝も加わり、好みに応じて選択の自由が広がりました。

■トレンドその4 <4Kネット配信に対応>

以前は4Kコンテンツの不足が指摘されていましたが、AmazonビデオやNetflixといったネット配信では、オリジナル作品を中心に、4K/HDR化が急速に進んでいます。

最新のミドルクラス以上の4Kテレビには、こうした4K/HDR配信サービスの視聴機能を内蔵していて、高速ネット回線(実測で25Mbps程度以上)があれば、すぐにでも新時代の高画質を楽しむことができます。

各社のラインナップと特徴、おすすめモデル

各社の4Kテレビラインナップと、それぞれの特徴を見て行きましょう。皆さんの用途や好みに応じて、ピッタリの1台を見つけてください!

■最先端! 壁張りスタイルの有機ELで異彩を放つ <LG>

有機ELパネルを生産するLG。有機ELテレビで先行し、今年は極薄の壁張りスタイルを提案。ラインナップが豊富で、お手頃な製品も選べます。

【OLED65W7P】最新の壁張りスタイル!

LG 65V型 4K 有機ELテレビ OLED W7P W7シリーズ HDR対応 有機ELパネル ハイエンド壁掛けタイプ OLED65W7P

【OLED55C7P】有機ELが手に届きやすい価格で!

LGエレクトロニクス 55V型 4K 有機ELテレビ OLED C7シリーズ HDR対応 有機ELパネル Wi-Fi内蔵 OLED55C7P

■有機ELも液晶も高画質! <ソニー>
ソニーは4Kモデルを豊富にラインナップ。有機ELと液晶の高画質タイプほか、高音質なスピーカーシステムを搭載し、価格と機能が好バランスの製品もラインナップしています。

【KJ-65A1】ソニー初の4K有機ELテレビ。立体感溢れる映像美はテレビ史上最高峰。

ソニー SONY 65V型 4K 有機ELテレビ OLED ブラビア (2017年モデル) KJ-65A1

【KJ-65Z9D】パワフルな明るさで、日中のリビングでも力強いHDR高画質を発揮。

ソニー SONY 65V型 4Kテレビ ブラビア KJ-65Z9D

【KJ-55X9500E】高画質、高音質、価格を高い次元で両立した、バランスの良い1台。

ソニー SONY 55V型 4Kテレビ ブラビア (2017年モデル) KJ-55X9500E

■有機ELモデルも登場! 正確な色再現を極めた <パナソニック>
「高画質」には様々な定義がありますが、基本は、制作者の意図を忠実に再現すること。パナソニックのテレビでは、ハリウッドの制作スタジオにも認められる正確な色再現をベースに、家庭でも本物の高画質を堪能できます。

【TH-65EZ1000】有機EL高画質タイプ

パナソニック 65V型 4K 有機ELテレビ Ultra HD プレミアム対応 VIERA 3Wayシステムスピーカー搭載(Tuned by Technics) TH-65EZ1000

【TH-49DX750】HDR/ネット配信に対応したお手軽モデル

パナソニック 49V型 4K 液晶テレビ HDR対応 VIERA 4K TH-49DX750

■液晶タイプのラインナップが豊富 <シャープ>
液晶テレビで先駆者としての存在感を放つシャープ。製品ラインナップが充実し、画面サイズや予算に応じて選ぶ事ができます。

【LC-40U45】HDR/ネット配信に対応。40型で10万円前後!

シャープ 40型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 LC-40U45



■有機ELモデルが登場! デザインも評判<東芝>

日系メーカーとして、いち早く大画面有機ELテレビを商品化。
インテリア性の高いデザインも好評です。

【55X910】REGZA初の有機ELモデル。液晶に迫る価格も魅力!

東芝 55V型 4K対応 有機ELテレビ 別売HDD録画対応 REGZA 55X910

さいごに

4Kテレビはコンテンツの少なさや、敷居の高さが指摘されていましたが、ネット配信を利用すればグッと身近に。せっかく4Kを選ぶなら、積極的に高画質タイプを選びたいものです。

もちろん、価格が落ち着いたシンプルな製品も魅力。最新モデルは画質や機能も充実しているので、リビングのメインテレビとして、また、個室のパーソナル用途としても活躍するでしょう!

リフレッシュレートとは?テレビ購入時に確認は必要か

そもそも「リフレッシュレート」とは何か?

「リフレッシュレート」とは、そもそもパソコンの世界で使われてきた言葉です。「Re-fresh rate」――つまり、画面を更新する頻度を指し、「60Hz」なら1秒間に60回、「120Hz」なら1秒間に120回、画面を更新するという意味です。

例えば、マウスを動かして、モニタ上でカーソルが移動する光景を思い浮かべてください。ごく当たり前で気にも止める方はいないと思いますが、実は、パソコン側では結構大変な作業。マウスの動きを反映した画面全体の静止画(グラフィック)を生成し、次々と素早く切り替える(更新する)ことで、カーソルが動いているように見せているのです。

ペラペラ漫画を想像すると分かりやすいですが、リフレッシュレートが高いほど、動きをより滑らかに表現することができることをご理解頂けるでしょう。

パソコンでは60Hzが一般的ですが、高画質なアクションゲームでは高性能なグラフィックカードを用いて120Hz表示するようなケースもあります。

フレームレートとの関係は?

パソコンの世界では、映像(グラフィック)をパソコン自体が作り出すので、「高リフレッシュレート=より滑らかな動きを表現」と言えました。

一方、テレビの世界では、放送システムのフレームレート(1秒間あたりのコマ数)が決まっているので、「高リフレッシュレート射コーリより滑らかな動き」とは言えません。

具体的には、現在主流の地上デジタル放送は60コマ/秒(インターレース方式)で送出されていて、原則、テレビは60Hzで表示できれば過不足なしという訳です。

Blu-ray映画は大半がオリジナル映像と同じく24コマ/秒(プログレッシブ方式)で収録されているので、少し事情が異なります。テレビが48Hz(2倍)、72Hz(3倍)などで表示できれば、同じコマを単純に2度、3度と表示すれば済みますが、60Hz固定の場合は、24コマを60コマに変換する必要があり、割り切れない部分が映像の不自然さとなって現れます。

テレビで高いリフレッシュレートは無意味?

60Hzと120Hzの違い(イメージ)

60Hzと120Hzの違い(イメージ)

テレビでは放送システムの規格から、60Hz表示できれば過不足がないと述べましたが、カタログを眺めると、「120Hz」(倍速)や「240Hz」(4倍速)の文字を見かけます。これらは無意味なのでしょうか?

結論から言えば、「液晶パネルの弱点」を補う重要な役割を果たします。

液晶パネルは、次の映像が来るまで、前の映像を表示しておく「ホールド型」と呼ばれる性質を備えています。パソコンで事務作業を行うなど、静止画の表示ではチラツキを感じにくく好都合なのですが、動画の場合、前のコマと次のコマが時間を空けずに切り替わると、液晶の応答が機敏でないこともあり、映像の動いている部分がボヤケているように見えてしまいます。これが、液晶テレビの弱点として知られる「残像」の主な原因です。

「120Hz」(倍速)や「240Hz」(4倍速)を謳うテレビ製品は、コマとコマの中間に、新しいコマを作って埋めることで、ホールド型の表示方法はそのままに、残像を目立たなくできるという訳です。

ほかにも、「120Hz」や「240Hz」なら、60コマのテレビ映像も、24コマの映画映像も、共に無理なく整数倍で表示できるので、画質面でも有利というメリットがあります。

テレビを買うときはどう判断すれば良い?

ソニーBRAVIAの場合、ロゴで明示

ソニーBRAVIAの場合、ロゴで明示

残像が少ないほど目の疲れが軽減され、大きなメリットと言えます。可能であれば、「120Hz」(倍速)や「240Hz」(4倍速)を謳う製品に注目したいものです。

一方、「新しいコマ」は、元の映像に含まれず、テレビが作り出すので、メーカーの考え方や製品による性能差が画質を大きく左右します。

例えば、単純な計算でコマとコマの中間のコマを作って補間すると、ヒトの動きはロボットのようにヌルヌルしたように見えるなど、不自然になりがちです。ほかにも、無理に新しいコマを作らず、バックライトを消灯して「黒画面」を挿入し、元映像の自然な動きを残したまま残像を低減する考え方もあります(この方式は点滅によるチラつきが気になりやすく、輝度が低減するなどデメリットもある)。

長年テレビを作りづづけてきた大手メーカーは、豊富な経験から、コマ補間や黒挿入を巧みに使いこなし、残像の低減と自然な動画映像を実現しています。

例えばソニーの4K液晶テレビの場合、倍速(120Hz)駆動のパネルを使用して独自の高画質技術で補間コマを生成し、さらに、バックライトのコントロールを組み合わせることで、自然で滑らかな高画質の追求と、480Hz相当(8倍速相当)の残像低減を図っています。

ソニー SONY 65V型 4Kテレビ ブラビア KJ-65Z9D

他にも、各社でいろいろな取り組みがなされています。詳細は、各社のホームページやカタログなどでも明記されていますので、チェックしてみてください。

ちなみに、残像は大画面ほど気になりやすいもので、32型程度までなら、あまり気にしなくても良いでしょう。40型以上の大画面なら、予算の許す限り、120Hz(倍速)以上を選びたいものです。

さいごに

最近登場した有機ELテレビは、自ら光を放つ「自発光」タイプで、液晶のように反応に時間が掛かるシャッター構造を持たないため、残像が少ないというメリットがあります。

また、2020年に実用放送が検討されているスーパーハイビジョン放送は、8K高解像度だけでなく、120fps(120フレーム/秒)と時間軸方向にも高解像度化される予定です。映像の動きがより滑らかでリアルになるのはもちろん、表示パネルの進歩も加わって、残像の心配も少なくなりそうです。

安い4Kテレビと高い4Kテレビはなにが違うのか?

4Kが当たり前の時代だからこそ気になる、“安さ”の理由

直近の統計で、テレビ販売台数において4Kが占める割合が3割を超えました。それに伴い価格もどんどん下がり、高嶺の華だった4K大画面がいまやテレビの中心になりつつあります。しかし、なかには「4Kテレビなのに安すぎるけど大丈夫?」と、少し不安になる価格設定のものもチラホラ。

そこで今回は、安い4Kテレビと高い(ハイエンド)4Kテレビでは、具体的になにが違うのか? メーカー技術者への取材などを通じてわかったことをご紹介しましょう。

身近になった4Kテレビ。しかし、安過ぎるのもちょっと不安……という人も多いのでは?

身近になった4Kテレビ。しかし、安過ぎるのもちょっと不安……という人も多いのでは?


 

テレビを構成する4要素とは?

まず、テレビは何から成り立っているのかをご説明しましょう。液晶方式の場合、大雑把にいって液晶パネル、バックライト、電子回路、オーディオの4要素です。それぞれの現況について、詳しく解説します。

■液晶パネルは外部パネルメーカーからの調達が主流

まず液晶パネル。国内テレビメーカー各社もかつては垂直統合(パネルを自社生産しセットに組み上げる)が盛んでしたが、現在は外部パネルメーカーから調達するのが主流。代表的なパネルメーカーに、LGディスプレイ、サムスンディスプレイ、BOE、イノラックス(ホンハイ)、AUO(友達光電)があります。かつては日本も大画面液晶パネルを生産していましたが、パナソニックディスプレイが撤退したいま、生産続行はシャープ一社となりました。

■テレビの画質を大きく左右するバックライト

バックライトは液晶パネルと一体生産される場合と、セットメーカーがアッセンブル(組み立て)する場合があります。高画質機は後者で、直下型を使用する場合が多いです。後述しますが、このバックライトが液晶テレビの画質を大きく左右します。

■電子回路(映像エンジン)で各社なりの画質が決まる

電子回路の中核を担うのが映像エンジン。調達した液晶パネルを自社のテレビの画質に化けさせる役割です。各社各様のネーミングで競い合っています。ちなみに、東芝のレグザエンジンは競合他社のテレビにも使われていたことをご存知でしたか?

 
■オーディオは高価なテレビほどコストを掛ける傾向に

薄型テレビになって悪くなったといわれるのがテレビの音質。コストをかけられるフラグシップほど、オーディオにコストをかけて音質を良くする工夫がみられます。

価格差をもっとも左右するのはバックライトの形式

上記4要素のなかで、最も原価率が高いデバイスが液晶パネル。しかし、テレビ用大画面パネルの場合、きめ細かくグレードが分かれているわけでなく、サイズと画面解像度(4K,2KFHD,1044×1080等々)で価格はおおむね決まります。


なかでもバックライトは、グレード差が大きく、最もセットの価格差を左右します。液晶ハイエンドの場合、直下型ローカルディミング(部分制御)が主流で、エリア分割数もさまざまです。高級機の場合、エッジ型に部分制御を組み合わせたりします。中級機のエッジ型ではLEDが下側一列になります。話題のHDR10(HDR~ハイダイナミックレンジの指標)では1000nitsの明るい映像が求められ、使用するLEDの個数もいきおい増えていきます。

 

一方で、画質を決めるのが映像エンジン。一社のラインナップを見ると、似たようなネーミングの末尾にフラグシップには“PRO”が付いたりして、一見「松竹梅」があります。しかし、実際は使用するデバイス(LSI)と基本ソフトウェア自体は同じで、持てる能力の何パーセントまでを使うか? という違いに過ぎません。

それ以外にも、Netflixへの対応や録画機能といった付加価値もデバイスとソフトをどこまで使うか? という設定次第なのです。

バージョン差はソフトウェアの使用範囲

映像エンジンは画質の決め手だが…

以上、4Kテレビを構成する主要な4要素(液晶パネル、バックライト、電子回路、オーディオ)をご紹介しました。さて、この中で安い4Kテレビと高い4Kテレビの決定的な差を生む要素はどれでしょうか? すでに述べた通り、画面サイズが同じなら、その違いはズバリ「バックライトの差」です。

それではバックライトの品位が映像にどう反映されるかの見極め方を紹介します。

質の高いバックライトを使った4Kテレビを見分ける方法

フラグシップに搭載の直下型ローカルディミングは、液晶パネルの裏側にLEDを多数配置し、映像に応じてソフトウェアで部分部分を明るくしたり暗くしたりします。一方、エッジ型面駆動は一枚の映像フレーム全体を明るくしたり暗くしたりします。細かい明暗は液晶パネルの画素の開閉任せ、というわけです。

両社の中間のエッジ型分割駆動方式も中高級機の一部にみられます。しかし、エッジ型だから画質が悪いわけでなく、ソフトウェアによる制御が優れていれば、直下型に迫る映像が生まれます。

4K高級機は直下型バックライトを搭載

東芝レグザの直下型バックライト

バックライトの質を確認したいときは、映像が全黒になるシーンを再生してみてください。現在のエッジ型はLEDを画面下一列に並べる場合が多く、本来黒く沈む画面下が光漏れで明るくなったり、バックライト光が折り返す画面上も明るくなったりすることがあります。スコープサイズ映画の場合、一本の映画でずっと黒帯の個所がぼんやり明るくなっていたら興ざめです。これが第一のポイント。

次に全白のシーンを見てください。画面の左右や上下で明るさのムラや色付きがみられないか確認してください。これをユニフォーミティ(均一性)といいます。これがバックライトの性能を見る第二のポイント。

最後に、ナイトシーンを再生して黒からグレーに推移するグラデーションが滑らかで自然かどうか確認してください。これを階調再現力と呼ばれ、ソフトウェアがパネルをどれだけ使いこなしているかが分かります。

価格がほどほどであっても、バックライトとソフトウェアの性能が確かであれば、画面解像度と並ぶテレビの画質の重要要件のコントラストが満たされ、4Kテレビとして問題ありません。なお色表現は、色域についてBT.709以上でDCI90%カバーとか4Kテレビの一定の規格を満たしていればそれほどの差がありません。

HDR(ハイダイナミックレンジ)への対応も価格差のポイント

あとは、現在、テレビのトピックのHDR(ハイダイナミックレンジ)への対応が出来ているかどうかです。HDRへの対応を謳う製品を買うことをお薦めいたします。今後さらに明るさが必要なドルビービジョンへの対応が求められますが、今回は問題にしないことにします。

綾瀬はるかさんが出演するパナソニックのビエラのテレビCFのテーマが「液晶ビエラ」から「有機ELビエラ」に変わったことにお気づきですか? 現在、各社テレビのフラグシップが液晶方式から有機ELに代替しつつあります。液晶と有機ELの立ち位置の違いと棲み分けについては各社で微妙に温度差がありますが、これまでテレビの画質を牽引してきた直下型ローカルディミングの液晶が進歩を止め、高画質は有機ELに任せ、液晶方式の画質の進歩が停滞する恐れがあります。

それだけに、いま4K液晶テレビを買うなら、くれぐれも画質を見極めて「手抜きのない」製品を選ぶようにしましょう。

ガイド推薦、10万円台だけど「大丈夫」な4Kテレビはこれ

専門誌のレビューは高画質を競う各社のフラグシップばかりでボリュームゾーンの製品があまり紹介されません。最後にガイドが実際に実機の映像を確認して「大丈夫」とお薦めできる製品を挙げておきます。いずれも十万円台で買える4K HDRテレビです。

ソニー SONY 43V型 4K対応 液晶テレビ ブラビア KJ-43X8000E B

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 40M510X