ポケモンGO 「ホウオウ」レイドバトルに出現

 ナイアンティックは11月28日、スマホ向けアプリ「ポケモンGO」にて、ホウオウが出現することを発表しました。期間は12月12日まで。

 ホウオウの出現は、世界中のトレーナーが1週間で30億匹のポケモンをつかまえる「グローバルチャレンジ」イベントが達成されたことへの追加報酬という扱い。レイドバトルで出現し、通常のレイドボスとしてゲットできます。

■関連サイト



カテゴリートップへ

スマホ版どうぶつの森 通信エラー「復旧のため調査を進めている」

「想定を超えるアクセスによるサーバーの通信トラブル」

 任天堂は11月21日、スマートフォン向けアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」をApp StoreGoogle Playでリリースしました。

 しかし、21日18時10分頃から、ネット上では、アプリをダウンロードした人たちの間で「通信エラーが発生する」「サーバーにつながらない」といった報告が相次ぎました。

 これを受けて、どうぶつの森 ポケットキャンプの公式Twitterアカウントは、21日20時頃に「想定を超えるアクセスによるサーバーの通信トラブルが発生し、お客様がゲームを遊べない状態が続いております」とツイート。

 復旧のための調査を進めているとのことで、「今後の復旧状況については本アカウントでお伝えします」としています。

 なお、余談ですが、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で検索すると、公式ではなく、まとめサイトや攻略wikiなどを名乗ったまぎらわしい名前のTwitterアカウントが散見されます。不正確な情報を拡散しないように注意しましょう。

■関連サイト


カテゴリートップへ

「東方」シリーズ Steamに進出

「東方天空璋」Steam発売は日本時間11月18日

 同人サークル「上海アリス幻樂団」を運営するZUN氏は、Steam版「東方天空璋」の配信開始日を11月17日(日本時間11月18日)であると公式Twitterで発表した。

 「東方Project」(通称「東方」)は、同人サークル・上海アリス幻樂団制作の弾幕シューティングのシリーズを中心とする作品の総称。

 東方天空璋は、2017年8月11日にリリースされたシリーズ第16弾。博麗霊夢、霧雨魔理沙、射命丸文、チルノの4種類の自機を選択し、「季節装備」を駆使してステージを突破していくシューティングゲーム。

「東方天空璋」

 なお、2017年末に頒布予定の対戦格闘ゲーム、「東方憑依華」(黄昏フロンティアとの共作)もSteam版の発売が予定されている。

■関連サイト



カテゴリートップへ

R2-D2、ドロイド同士で殴り合う

負けると壊されてガラクタにされてしまうよ

 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が2017年12月15日に公開予定。関連グッズも多数発売されており、いよいよスター・ウォーズの新作公開されるのだなという気分を盛り上げてくれます。中には、「えっ、こんなグッズがあるの」と思わせるものも発売されています。

 Twitterで局所的に話題になっていたのが、エポックの「ポカポンゲーム スター・ウォーズ R2D2 vs R2Q5」です。10月7日から発売されているもので、価格は2138円。

 同社の人気対戦ゲームの「ポカポンゲーム」スター・ウォーズ版です。反乱同盟軍のR2-D2と帝国軍のR2-Q5に分かれて、ハンマーでタイミングよく叩き、相手のアタマを飛ばせば勝利。本体サイズは幅250x奥行き68x高さ185mm。

 R2-D2は、スター・ウォーズシリーズで高い人気をほこる、宇宙用のアストロメク・ドロイドです。本編を見たことがなくてもR2-D2なら知っている人もいるでしょう。スター・ウォーズにおいて関連商品がもっとも販売されたキャラクターともいわれています。

 一方、R2-Q5は「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に登場した、第2デス・スターに配属されていたアストロメク・ドロイド。関連グッズもあり(関連記事)、実は結構好きだというファンもいるようです。

 ポカポンゲームの元祖は1979年に発売されたそうで、40年近くの歴史があります。世代を超えて愛されるゲームのスター・ウォーズ版ということで、ファンはチェックしてみてはいかがでしょうか。

■関連サイト



カテゴリートップへ

ダース・ベイダー 柿ピーを吐く

技術で築いたおつまみを過信するな

 タカラトミーアーツは「STAR WARS おつまみサーバー」を11月30日から発売する。ラインアップは「ダース・ベイダー」「ストームトルーパー」の2種類で、価格はいずれも7538円。

 マスク型の本体の下部分に手を差し込むとセンサーが反応し、「I am your father.」など劇中のおなじみのセリフとともに、中に入れたおつまみが一口分ほど出てくる。レプリカマスク(およそ1/2スケール)としての側面も持ちあわせている。

カイロ・レンが大事に飾ってそう

ストームトルーパーもあるぞ

 ダース・ベイダーには「Yes, my master.」などのキャラクターボイスや吐息、ライトセーバーの音など、ストームトルーパーには「Don’t move.」「Freeze!」などのボイスや銃声音など、それぞれ約10種類の音声や効果音を内蔵。

 「パーティーモード」も搭載している。参加者が順にセンサーに触れると、ランダムで「帝国のマーチ」が流れ「Luke, it is your destiny.」(ルーク、これがお前の運命だ)などのセリフとともに、本体に入っているおつまみが通常よりも多めに出てくる。

 電池は単3アルカリ乾電池×3本。本体サイズはダース・ベイダーが幅180×奥行167×高さ235mm。ストームトルーパーが幅127×奥行160×高さ230mm。重量はいずれも630g。

■関連サイト



カテゴリートップへ

10個のサウンドドライバーを搭載する7.1chゲーミングヘッドセット

仮想7.1chでなく、本当にドライバーを左右計10個搭載

2017年07月07日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

 ASUSTeK Computerは7月7日、10個の独立サウンドドライバーを搭載する本格派7.1chゲーミングヘッドセット「ROG Centurion (ROG 7.1)」を発売した。

 フロント40mm、センター30mm、サイド20mm、リア20mm、サブウーファー40mmという独立した計10ドライバーを搭載する本格的な7.1chサラウンドを実現。接続はUSBオーディオで、手元で操作できるUSBオーディオステーションにはノイズキャンセルマイクを搭載するほか、各種ゲームに適したオーディオ設定やマイクミュートなどのスイッチを装備。

 ヘッドセットにもマイクを装備しており、マイクブームは取り外し可能。重量は 450g。価格は3万8000円。

ミニスーファミ登場「マリカー」も「神トラ」も「スパデラ」も!!

スーパーファミコンの21タイトルを収録

 任天堂は6月27日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を10月5日から発売すると発表した。価格は7980円(税抜)。

 1990年に発売した家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の本体をコンパクトなサイズに仕上げ、スーパーファミコン用のゲームラインナップの中から選んだ21タイトルをあらかじめ収録したゲーム機。付属する2個のコントローラーはサイズもボタンの配置もスーパーファミコンのコントローラーを再現している。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」のコントローラーは小型だったが、こちらはスーファミのコントローラーのサイズ感そのまま

本体は手のひらサイズ

 USBケーブル(電源供給用)とHDMIケーブルが付属しているほか、「ニンテンドーUSB ACアダプター」も同日発売予定(1000円、税別)。また、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ専用ACアダプター」も使用できる。

 収録タイトルは「スーパーマリオワールド」「スーパーマリオカート」「F-ZERO」「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」「星のカービィ スーパーデラックス」など。

収録タイトル ※発売日、メーカー名はスーパーファミコン版発売当時におけるもの

 また、「スターフォックス」の続編として開発された幻のタイトル「スターフォックス2」が収録されている。同タイトルは世界初リリース。スターフォックスの最初のステージをクリアすればプレイ可能になる。

■関連サイト



カテゴリートップへ

ゲーム中の敵の位置がわかる7.1chサラウンド搭載ゲーミングヘッドセット

長時間の装着でもムレにくいメッシュ素材や取り外し可能なマイクを装備

2017年06月23日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「ロジクール G433 7.1 有線 サラウンド ゲーミング ヘッドセット」

 ロジクールは6月22日、ゲーミングヘッドセット「ロジクール G433 7.1 有線 サラウンド ゲーミング ヘッドセット」および「ロジクール G233 有線 ゲーミングヘッドセット」を発表。7月20日に発売する。

 ⻑時間のプレイでも蒸れにくいスポーツメッシュのイヤーパッドや、取り外せるマイクブーム、同社が特許出願中の「PRO-G」ドライバー搭載による高音質などを特徴とするゲーミングヘッドセット。とくにG433はDTS Headphone:X 7.1サラウンドを搭載し、ゲーム中の敵の位置がわかりやすいほかサラウンドならではの臨場感を体感できる(同梱のUSBジタルオーディオコンバーターによりPC上でDTS Headphone:Xが有効になるほか、ロジクールゲーミングソフトウェアが必要。

「ロジクール G233 有線 ゲーミングヘッドセット」

 両モデルともに同社PRO-Gテクノロジー採用の40mmドライバーを採用。マイクは単一指向性でノイズキャンセリング機能付き。G233は3.5mmステレオミニプラグで接続、G433は付属のUSBアダプターまたは3.5mmステレオミニプラグで接続する。いずれもサイズはおよそ幅172×奥行き81.7×高さ182mm、重量約259g。予想実売価格はG433が1万5530円、G233が1万1210円。

■関連サイト



カテゴリートップへ

LG、144HzとNVIDIA G-SYNC対応の34型曲面ディスプレー「34UC89G-B」

視界の広いウルトラワイド、GPUがレンダリングされるフレームをすべて表示するNVIDIA G-SYNC搭載

2017年06月23日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「34UC89G-B」

 LGエレクトロニクス・ジャパンは6月23日、同社初となるNVIDIA G-SYNCテクノロジーに対応したウルトラワイド34型ディスプレー「34UC89G-B」を発表。7月14日に発売する。

 21:9ウルトラワイドの曲面型パネルを採用する34型ディスプレーで、ティアリングやスタッタリングを制御するNVIDIA G-SYNCテクノロジーに対応。リフレッシュレート144Hzの高速駆動に加え、スケーラーチップを経由せず直接映像を表示して遅延を抑える「DASモード」、映像の暗くて見づらい部分を認識して明るく映し出す「ブラックスタビライザー」、ディスプレー上に照準マークを表示させてターゲットを狙いやすくする「クロスヘア」などゲームに適した機能を装備。

スタンドは取り外し可能。VESAマウントにより壁掛け利用も可能

 画面解像度は2560×1080ドット、映像入力はHDMI×1/DisplayPort×1を装備。USBハブ機能などを装備。V字型スタンドは最大120mmの高さおよび前5度~後ろ20度の角度調整が可能。本体サイズはおよそ幅820×高さ445~565×奥行き280mm、重量は8.3kg。予想実売価格は12万円前後。

■関連サイト



カテゴリートップへ

「World of Tanks」3シリーズに「戦場のヴァルキュリア」の戦車が登場

2017年06月12日 19時30分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

 ウォーゲーミングジャパンは6月12日、PC版オンラインタンクバトル「World of Tanks」およびコンソール版「World of Tanks Console」、モバイル版「World of Tanks Blitz」に、セガゲームスのアクティブ・シミュレーションRPG「戦場のヴァルキュリア」シリーズの戦車が登場すると発表した。

 2016年に「World of Tanks Blitz」に登場したエーデルワイス号(Edelweiss」およびネームレス戦車(Nameless)がPC版およびコンソール版にプレミアム車輌として登場。これらの車輌は車輌モデルが大幅にアップデートされており、新たに専用のゲーム内ボイスがセットとなる。

 World of Tanks Blitzには戦場のヴァルキュリアシリーズから新たにルパス(Lupas)がプレミアム車輌として登場する。これらの車輌は期間限定販売なので要注意。

■各タイトルでの販売期間■
・World of Tanks:6月16日(金)~7月3日(月)
・World of Tanks Console:6月22日(木)~7月2日(日)
・World of Tanks Blitz:6月16日(金)~7月3日(月)

■関連サイト



カテゴリートップへ