WD製3D TLC NAND採用の新型SSD「X600」がSanDiskからデビュー

SanDisk「SD9SB8W-128G-1122」、「SD9SB8W-256G-1122」、「SD9SB8W-512G-1122」、「SD9SB8W-1T00-1122」、「SD9SN8W-256G-1122」、「SD9SN8W-512G-1122」

2018年01月18日 23時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 SanDiskから、新型SSD「X600」シリーズが登場。パソコンショップアークで販売がスタートした。販売されているのは2.5インチサイズが4モデルとM.2(SATA)サイズが2モデル。



SanDiskの新型SSD「X600」シリーズ。Western Digitalの製64層3D TLC NANDを採用する

 「X600」シリーズは、Western Digitalの製64層3D TLC NANDを採用したSSD。従来モデル「X400」シリーズから容量が大きい2TBモデル(未発売)をラインナップするほか、最大25%の消費電力削減を実現したという。

 主なスペックは、最大転送速度がシーケンシャルリード560MB/sec、同ライト530MB/secで、ランダムリードは9万5000IOPS、同ライトは8万4000IOPS。消費電力は動作時平均0.06W、動作時最大3.75W、書込耐性は最大500TBW(2TBモデル)で、製品保証は5年間。



M.2(SATA)モデルは2製品登場。最上位の2TBモデルは近日中に入荷予定という

 ラインナップおよび価格は「SD9SB8W-128G-1122」(2.5インチ/128GB)が7560円、「SD9SB8W-256G-1122」(2.5インチ/256GB)が1万1880円、「SD9SB8W-512G-1122」(2.5インチ/512GB)が1万9500円、「SD9SB8W-1T00-1122」(2.5インチ/1TB)が3万7480円。「SD9SN8W-256G-1122」(M.2/256GB)が1万1880円、「SD9SN8W-512G-1122」(M.2/512GB)が1万9980円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


「NUC」やThin Mini-ITXでも使えるノート向け汎用ACアダプターが発売

SilverStone「SST-AD120-T」

2018年01月18日 23時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 SilverStoneから、複数のコネクターを交換することで、各社ノートPCやIntel「NUC」シリーズに対応するACアダプター「SST-AD120-T」が発売された。



各社ノートPCやIntel「NUC」シリーズに対応するACアダプター「SST-AD120-T」

 「SST-AD120-T」は、ノートPCやIntel「NUC」シリーズ、Thin Mini-ITXフォームファクターマザーボードへの使用を前提として設計された120WのACアダプター。最大90%の効率を誇り、Energy Star EPS 2.0およびErP Lot 7 Tier 2規格に準拠。7個のチャージャーチップ(コネクタ)が付属し、さまざまな環境に対応する。



Intel「NUC」シリーズ、Thin Mini-ITXフォームファクターマザーボードでも利用できるなど汎用性は高い

 そのほか、OVP/OPP/SCP/OTPの各種保護回路に対応。出力19Vdc、入力電圧100~240V、入力周波数範囲47~63Hz、最大出力電流6.32A。サイズは75(W)×25(H)×150(D)mm、重量450g。製品保証は1年。

 価格はパソコンショップアークで8510円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


Shuttle製キューブ型ベアボーンにZ270搭載の新モデルが登場

Shuttle「SZ270R8」

2018年01月18日 23時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Shuttleお得意のキューブ型ベアボーンに新モデル「SZ270R8」が登場。今日18日から販売がスタートした。第6(Skylake)/7(Kaby Lake)世代Coreプロセッサーに対応するIntel Z270チップセットを搭載した製品だ。



Shuttle製キューブ型ベアボーンの新モデル「SZ270R8」

 「SZ270R8」は、 Z270チップセット採用しSkylakeやKaby Lake世代のCPUが使えるキューブ型ベアボーン。独自冷却機構「I.C.E.ヒートパイプ」によるCPUクーラーを備え、TDP 95Wモデルまで利用できる。

Z270チップセット採用しSkylakeやKaby Lake世代のCPUが使える

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x4×1。搭載可能なビデオカードはサイズ280(W)×120(H)×40(D)mmまで。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-2400/2133MHz、最大64GB)まで対応する。



独自冷却機構「I.C.E.ヒートパイプ」によるCPUクーラーを搭載。3.5インチシャドウベイは4基備えるなど拡張性は低くない

 オンボードインターフェースとしてサウンドやギガビットLAN(intel I211)×2、M.2×2(SATA 6Gb/sもしくはPCIe Gen3×4をサポート)、SATA3.0×4、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス出力はDisplayPort 1.2×2、HDMI 1.4b×1。電源に80PLUS SILVERの500Wを標準搭載する。本体サイズは216(W)×332(L)×198(H)mm。



M.2×2はSATA 6Gb/sもしくはPCIe Gen3×4をサポート)するため高速タイプのSSDが利用できる

 価格は4万1800円。パソコンショップアークやドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


3年保証付きの安価なSSD「JS300」がラインナップ拡充

LEVEN「JS300SSD240GB」、480GB「JS300SSD480GB」

2018年01月18日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 J&A Informationの安価なSSD「JS300 SSD」シリーズに240GB「JS300SSD240GB」、480GB「JS300SSD480GB」の2モデルが追加。昨年8月に発売された既存の120GBモデル「JS300SSD120GB」と合わせて激安販売中だ。



J&A Informationのブランド「LEVEN」から安価なSSD「JS300 SSD」シリーズが登場。代理店の興隆商事による3年保証が付く

 「JS300 SSD」シリーズは、最安クラスの価格が魅力のSerial ATA対応2.5インチSSD。昨年8月に120GBモデル「JS300SSD120GB」が発売。今回新たに2モデルが追加された。販売しているテクノハウス東映と東映ランドでは、120GB「JS300SSD120GB」が4980円、240GB「JS300SSD240GB」が8380円、480GB「JS300SSD480GB」が1万3980円となっている。

3モデルともに最安クラスの価格設定になっている

 搭載コントローラーはSMI製でMicron TLC NANDを採用。転送速度はシーケンシャルリード560MB/sec、同ライト550MB/sec(240GBは510MB/sec、120GBは370MB/sec)。代理店の興隆商事による3年保証が付く。最近増えている激安系SSDの新モデルとして覚えておこう。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


超小型Mini-ITXケースで話題の「A4-SFX v2」がついに発売

DAN Cases「A4-SFX v2」

2018年01月17日 23時46分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Mini-ITXケースとしては、非常に小型なモデルとして注目の独DAN Casesブランドの製品「A4-SFX v2」が発売された。国内代理店はディラック。



独DAN Casesブランド「A4-SFX v2」。Mini-ITXケースとしては、非常に小型なモデルとして注目の製品

 「A4-SFX v2」は、クラウドファンディングのKickstarterで誕生した小型Mini-ITXケース。クラウドファウンディングにより誕生したヒットケースといえば、Mini-ITX対応のNCASE「M1」があるが、「A4-SFX」はさらに小型化。本体サイズは114(W)×318(D)×200(H)mm、重量1.25kgとなっている(「M1」は160(W)×328(D)×250(H)mm)。

本体サイズは114(W)×318(D)×200(H)mm。素材はフルアルミ製となっている

 カラーラインナップはブラックとシルバーで、オプションながらアクリルウィンドウ「A4-SFX Windows Kit」(税抜1万980円)もあり。ベイ数はボトム部に2.5インチシャドウベイ×3が用意されているほか、電源ユニットはSFX/SFX-L規格に対応。ビデオカードは2スロット厚/奥行き295mmまで(高さは144mmまで)、CPUクーラーは高さ48mmまで利用可能だ。



内部の様子。ビデオカード用のライザーケーブルは3M製を採用する



組み込みイメージ。TITAN Xのようなハイエンドビデオカードも搭載できる

 価格は3万8858円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


税抜1万2862円! 500Wの格安80PLUS TITANIUM電源

Segotep「GP600T Titanium」

2018年01月17日 23時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 マイニング向けをうたう電源ユニット「GP1350-FM Gold」を発売したSegotepから、新製品がもうひとつ。80PLUS TITANIUM認証取得の500W電源ユニット「GP600T Titanium」が発売された。

80PLUS TITANIUM認証取得の500W電源ユニットは格安の「GP600T Titanium」

 「GP600T Titanium」は、80PLUS TITANIUM認証モデルとしては格安の1万2862円(税抜)で販売されている500W電源ユニット。搭載する冷却ファンは自動回転数制御に対応した120mm口径モデルで、ケーブルは取り回しが容易なフラットタイプケーブルを採用する。



ケーブルは直結式だったり製品保証は1年間だったりもするが、とにかく安い80PLUS TITANIUM認証電源

 なお、ケーブルは直結式。OVP/OCP/OPP/SCP/UVPの各種保護回路のほかActive PFC回路を搭載。サイズは150(W)×140(D)×86(H)mm、重量約1.8kg。製品保証は1年間。



+12Vはシングルレール設計で最大41A。奥行きは140mmとショートサイズな点も特徴

 ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


クレジットカードサイズの小型PC「Compute Card」が発売

Intel「CD1M3128MK」、「CD1C64GK」

2018年01月17日 23時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 インテルからクレジットカードサイズの小型PC「Compute Card」が登場。パソコンショップアークやテクノハウス東映で販売がスタートした。



クレジットカードサイズの小型PC「Compute Card」。製品はシンプルな茶箱入り

 「Compute Card」は、クレジットカードよりほんの少し大きいサイズ95(W)×55(D)×5(H)mmの本体にCPU、メインメモリー、ストレージ、グラフィックス機能や無線通信機能といったPCとしての基本機能が搭載されている。

 単体での運用はできず、ComputeCardスロットを装備したIoT機器などに差して利用することになる。ただ、別売のインテル純正ドッキングベイ「Compute Card Dock」のComputeCardスロットに差し込めば、PCとしての利用も可能だ。

 入荷を確認したのは「Core m3-7Y30」(2コア4スレッド/クロック1.0GHz/tb時2.6GHz/キャッシュ4MB/TDP4.5W/Intel HD Graphics 615)、SSD 128GB(PCIe 3.0×2接続)の「Compute Card CD1M3128MK」と「Celeron N3450」(4コア4スレッド/クロック1.1GHz/tb時2.2GHz/キャッシュ2MB/TDP6W/Intel HD Graphics 500)、eMMC 64GBGBの「Compute Card CD1C64GK」。

サイズ95(W)×55(D)×5(H)mmの本体にPCとしての基本機能が搭載されている「Compute Card」

 共通仕様としてメモリーにLPDDR3-1866 4GB、ネットワークにIEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.2のほか、グラフィックス出力機能としてDisplayPort 1.2(4K @ 60Hz)×1とHDMI 1.4b(4K @ 30Hz)×1を備える。なお、対応OSはWindows 10 (64bit)。価格は「Compute Card CD1M3128MK」が4万7300円、「Compute Card CD1C64GK」が2万800円。

インテル純正ドッキングベイ「Compute Card Dock」。スロットに「Compute Card」本体を差し込んで使用する

 またドッキングベイ「Compute Card Dock」は、Compute Cardスロットを備えるほか、USB3.0 (USB3.1 Gen1) Type-A×3(フロント×1/リア×2)、Gigabit LAN (RJ45) ポート×1、Mini-DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×1を搭載。サイズは145(W)×151.76(D)×20.5(H)mm。付属品にACアダプター(65W)やVESAマウントブラケットが付く。価格は1万5800円。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


SilverStoneから二層構造のM.2 SSD用ヒートシンクが登場

SilverStone「SST-TP02-M2」

2018年01月17日 22時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 SilverStoneから、M.2 SSD用ヒートシンク「SST-TP02-M2」が登場した。パソコンショップアークで販売中だ。

 アルミニウム製素材のヒートシンクはサイズ70(W)×20(D)×10(H)mm。二層構造で熱伝導性は1.5W/m.kとされている。またサーマルパッドはヒートシンク用のブルーパッドのほか、両面と片面用グレーパッドの計3種類がつく。そのほか、取り付けは付属のシリコンバンドを利用するため、SSD本体を傷つける心配もない。

 なお、SilverStoneのテスト結果によると、SSDの温度を最大で64度に抑えているとのこと。価格は1490円となっている。

猛烈な勢いだったウイルス、Nimdaに感染して涙目だった話

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』
第64回

2018年01月17日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ


 PCを使うものにとって、「ブルースクリーン」や「起動不能」、「ネットワーク未接続(インターネット使用不能)」など、恐怖の事象はいくつかありますが、中でも最も恐ろしいもの、それは「コンピューターウイルスへの感染」です。

 セキュリティーソフトを入れているから安全! ネットワークにつながっていないから安全! と思いきや、奴らはいろいろな経路から侵入してきます。特に新種のウイルスなどは、蔓延が早かったりすると、セキュリティーソフトが対策に追い付かず、いつの間にか感染していた……ということもあります。

 そんな頭を悩ませたウイルスの代表格は「Nimda」だと、個人的には思っています。

 いや、自分が感染してしまったからだとは思いますが……。

 そうです、感染してしまったのです。あの「Nimda」に。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!


この連載の記事

GIGABYTE「AORUS」シリーズからGTX 1070 Tiが登場

GIGABYTE「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」

2018年01月16日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」シリーズから、GeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」(型番:GV-N107TAORUS-8GD)が登場した。



「AORUS」シリーズのGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」

 
 GIGABYTEオリジナルの3連ファン採用VGAクーラー「WINDFORCE 3X」を備えるGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカードの新製品。セミファンレス動作に対応するほか、カスタマイズ可能なLEDイルミネーション機能を搭載。基板裏面にはバックプレートを備えている。

3連ファン採用VGAクーラー「WINDFORCE 3X」を搭載。付属の「AORUS GRAPHICS ENGINE」ユーティリティを使用することで容易にOCできる

 主なスペックは、コアクロック1607MHz、ブーストクロック1683MHzで、OCモード時はコアクロック1683MHz、ブーストクロック1771MHzで動作。ビデオメモリーはGDDR5 8GBで、出力インターフェースはDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×1。カード長は280mm。

 価格はパソコンショップアークで7万4498円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ