GIGABYTE「AORUS」シリーズからGTX 1070 Tiが登場

GIGABYTE「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」

2018年01月16日 23時34分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」シリーズから、GeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」(型番:GV-N107TAORUS-8GD)が登場した。



「AORUS」シリーズのGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「AORUS GeForce GTX 1070Ti 8G」

 
 GIGABYTEオリジナルの3連ファン採用VGAクーラー「WINDFORCE 3X」を備えるGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカードの新製品。セミファンレス動作に対応するほか、カスタマイズ可能なLEDイルミネーション機能を搭載。基板裏面にはバックプレートを備えている。

3連ファン採用VGAクーラー「WINDFORCE 3X」を搭載。付属の「AORUS GRAPHICS ENGINE」ユーティリティを使用することで容易にOCできる

 主なスペックは、コアクロック1607MHz、ブーストクロック1683MHzで、OCモード時はコアクロック1683MHz、ブーストクロック1771MHzで動作。ビデオメモリーはGDDR5 8GBで、出力インターフェースはDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×1。カード長は280mm。

 価格はパソコンショップアークで7万4498円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


マイニング向けの安価な1200W電源が販売開始

Aiuto「PROMINER GM1200」

2017年12月27日 23時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 アユートから、マイニング向けをうたう電源ユニット「PROMINER GM1200」が登場した。オリオスペックで販売中だ。メーカーは台湾ANDYSON。

 「PROMINER GM1200」は、変換効率が80PLUS GOLD相当という容量1200Wの電源ユニット。連続して高負荷がかかるマイニング使用でも1年保証が付くという珍しい製品だ。

 ケーブルは直結式で、6ピン+2ピン構成のPCIe電源コネクターを8本備えるなど、複数のビデオカードが運用できる仕組み。冷却ファンは80mmタイプが2基のストレートタイプとなっている。なお、本体サイズは150(W)×230(D)×86(H)mmで、重量は3.62kg。

 価格は2万6800円。1200W電源ユニットとしても最安クラスの製品だ。

外排気仕様のGeForce GTX 1080 TiがELSAから

ELSA「ELSA GeForce GTX 1080 Ti 11GB ST」

2017年12月27日 22時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ELSAから、外排気仕様のVGAクーラーを採用するGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「ELSA GeForce GTX 1080 Ti 11GB ST」(型番:GD1080-11GERTSA)が発売された。


外排気仕様のVGAクーラーを採用するGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「ELSA GeForce GTX 1080 Ti 11GB ST」

 この製品は、比較的珍しい外排気型ブロアーファンを搭載したVGAクーラーを採用するGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード。すでに入手ができないFounders Editionとは異なるものの、外排気仕様が欲しいユーザーにとっては注目だ。



Founders Editionと同サイズのブロアーファンを搭載。ブラケット部からケース外へ排熱する

 主なスペックは、コアクロック1480MHz、ブーストクロック1582MHz、メモリークロック11010MHzの定格仕様。ビデオメモリーはGDDR5X 11GBで、出力インターフェースはDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン+6ピン。カード長は266mm。

 価格はパソコンショップアークで12万2871円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


RadeonもGeForceも搭載できる外付けVGA BOXの新モデル

PowerColor「GAMING STATION」

2017年12月15日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 PowerColorから、好きなビデオカードを搭載しThunderbolt 3で接続できる外付けケース「GAMING STATION」が登場した。



好きなビデオカードを搭載しThunderbolt 3で接続できる外付けケース「GAMING STATION」

 「GAMING STATION」は、PCI Express(3.0) x16スロット(PCとの接続はGen3×4)を備え、サイズ157(W)×310(D)×46(H)mm、2スロット厚、TDP 375Wまでのビデオカードを搭載できる外付けケース。PCとの接続はThunderbolt 3で、ビデオカードはRadeon、GeForceいずれも搭載できる。



GTX 10シリーズやRADEON RX 500シリーズなど、ビデオカードはRadeon、GeForceいずれも搭載できる

 Windows10(64bit)がインストールされた、Thunderbolt 3ポートを搭載するノートPCやintel NUCなどに接続可能なため、ハイエンドビデオカードが必要な最新ゲームもプレイできる。

 背面のインターフェースは、Thunderbolt 3(USB Power Delivery対応)のほか、USB 3.0×5(Type-A/リア×3+フロント×2)、ギガビットLANを搭載。電源は80PLUS GOLD認証取得の500Wを内蔵する。なお、本体サイズは163(W)×343.2(D)×245(H)mmとなる。

 価格はパソコンショップアークで5万544円。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


ASUSから新ブランド「CERBERUS」のGTX 1070 Tiがデビュー

ASUS「CERBERUS-GTX1070TI-A8G」

2017年12月15日 23時16分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ASUSから、オリジナルクーラーを採用したGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「CERBERUS-GTX1070TI-A8G」が登場。ゲーミング向けのキーボードやマウス、ヘッドセットなどを展開する「CERBERUS」ブランドの製品だ。



オリジナルクーラーを採用したGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「CERBERUS-GTX1070TI-A8G」

 搭載する2基のファンは、リファレンスカードよりも最大3倍静音で動作しながら、ヒートシンクに対して最大限のエアフローと105%大きな静圧を実現したウイングブレードファン。IP5X防塵性能の認定を受け、信頼性の向上と長寿命化を図っているほか、0dBテクノロジーによって、GPU温度が指定温度まで低下した際にはファンが停止する。

ビデオカードとしては新シリーズになる「CERBERUS」ブランドの製品。厚みは2.5スロットある点には注意

 主なスペックは、コアクロック1607MHz、ブーストクロック1683MHzで、OCモード時はコアクロック1670MHz、ブーストクロック1746MHzで動作。ビデオメモリーはGDDR5 8GB。出力インターフェースはDisplayPort 1.4×2、HDMI 2.0b×2、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×1で、カード裏面にはバックプレートを装着。カード長は270mm。



カード裏面にはバックプレートを装着。最近流行りのLEDギミックはない

 価格は6万9638円。パソコンショップアークやパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


世界最速のGeForce GTX 1080 TiがColorfulからデビュー!

Colorful「iGame GTX1080Ti Kudan」

2017年12月09日 22時32分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Colorfulから、GeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「iGame GTX1080Ti Kudan」が発売された。9日(土)より販売がスタートした。国内入荷数がわずか2本という貴重な製品だ。



GeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「iGame GTX1080Ti Kudan」。

 「iGame GTX1080Ti Kudan」は、120mmラジエーターを備えた独自の水冷ユニットと、92mmの3連空冷ファンによるハイブリッド冷却を採用するハイエンドビデオカード。製品は大型のアタッシュケースに収められており、ビデオカード本体のほか、水冷ユニットやサポートガイド「Enhance kit」、ドライバー&ビットセットなどが同梱されている。

高品質インダクターを使用した電源回路、I.P.P (iGame Pure-Power Inductance)と銅(1.67 μΩ cm)よりも電気抵抗の低い銀(1.59 μΩ cm)メッキ基板、S.P.T (Silver Plating Technology)を採用。オーバークロック性能と安定性を両立させた

 カードは空冷だけで使うこともできるほか、水冷ユニットのチューブを接続すればハイブリッド冷却が可能。なお、3連空冷ファンは温度が低い時にファンの回転を停止する「0dB Design-Fan Stop」機能を搭載する。

 GeForce GTX 1080 Ti搭載カードとしては最速仕様となるスペックは、コアクロック1657MHz、ブーストクロック1784MHz、メモリークロック11000MHz。ビデオメモリーはGDDR5X 11GB。出力インターフェースはDisplayPort 1.4×2、DMI 2.0b×2、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×2。



カード厚は3スロット。ブラケット部にはOCスイッチ「ONE-KEY OC」を装備している

 カード裏面にはバックプレートを備えるほか、トップ部分にはステータス情報を表示するLCDモニター「iGame Status Monitor」を装備。カード長は313mmとなっている。

 価格は15万8890円。パソコンショップアークとTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


ELSAオリジナルVGAクーラー搭載のOC版GTX 1080 Ti

ELSA「GD1080-11GERTLD」

2017年11月29日 23時52分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ELSAオリジナルVGAクーラーを採用するGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「GD1080-11GERTLD」が登場。パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。



ELSAオリジナルVGAクーラーを採用するGeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード「GD1080-11GERTLD」

 従来とは異なるオールブラックのシンプルなパッケージを採用する、GeForce GTX 1080 Ti搭載ビデオカード。ELSAといえばオリジナルVGAクーラー「S.A.C(Silent Air Cooling)」だが、入荷モデルのVGAクーラーは不明。デュアルファン搭載で、基板裏面にはバックプレートを備えていた。

入荷モデルはデュアルファン搭載で、基板裏面にはバックプレートを装着済み

 主なスペックは、コアクロック1531MHz、ブーストクロック1645MHz、メモリークロック11000MHzのオーバークロック仕様。ビデオメモリーはGDDR5X 11GBで、出力インターフェースはDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1。補助電源コネクターは8ピン+6ピン。



製品には保証書もしっかり同梱されていた

 価格は11万2320円で、入荷数は少量となっている。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


「Star Wars」とコラボした「TITAN Xp」が入荷、即完売

「TITAN Xp Collector’s edition」

2017年11月25日 23時53分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 NVIDIAの最上位ビデオカード「TITAN Xp」と「Star Wars」がコラボしたビデオカード「TITAN Xp Collector’s edition」が登場。オリオスペックでは入荷したもののすでに完売となっている。



「TITAN Xp」と「Star Wars」がコラボしたビデオカード「TITAN Xp Collector’s edition」

 「TITAN Xp Collector’s edition」は、GeForce GTX 1080 Tiよりも高速とされるPascal世代最上位GPU「TITAN Xp」ベースのビデオカード。

 海外専売(アメリカ、イギリル、ドイツ、フランス)のモデルだったが、このほどオリオスペックにグリーンLEDが特徴的な「Jedi Order」が入荷した。なお、「TITAN Xp Collector’s edition」には、ほかにレッドLEDモデル「Galactic Empire」もラインナップするがこちらは入荷していない。

「TITAN Xp」と同じ専用ケースに収めれている「Jedi Order」

 基本スペックは、「TITAN Xp」と変わらず。コアブーストクロック1582MHz、メモリークロックは11.4Gbps。GDDR5 12GBのビデオメモリーを搭載し、メモリーバス幅384bit。出力インターフェースはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1で、補助電源コネクターは8ピン+6ピン。



アルミ製カバーはキズを再現したデザイン。裏面はバックプレートを備える

 オリオスペックでは価格19万8000円(税抜)で、現在は受注販売。納期は約2週間としている。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


さすがに高い気がするELSAのGTX 1070 Tiが販売中

ELSA「ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C」

2017年11月18日 23時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ELSAから、オリジナルVGAクーラーを採用したGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C」(型番:GD1070-8GERTS)が登場。パソコンショップアークで販売中だ。



オリジナルVGAクーラーを採用したGeForce GTX 1070 Ti搭載ビデオカード「ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C」

 「ELSA GeForce GTX 1070 Ti 8GB S.A.C」は、ELSAオリジナルの静音性に優れた直径約85mmのS.A.Cファンを2基装備するGeForce GTX 1070 Tiカード。LED発光などのギミックはないが、基板長は266.7mmに納まる比較的コンパクトなデザインも特徴としている。

ELSAオリジナルの静音性に優れた直径約85mmのS.A.Cファンを2基装備。基板長は266.7mm

 基本スペックは、コアクロック1607MHz、ブーストクロック1683MHz、メモリークロック8000MHz、ビデオメモリーGDDR5 8GB。出力インターフェースはDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DVI-D×1。補助電源コネクターは8ピン×1。

 価格は8万1572円。さすがにGeForce GTX 1070 Ti搭載カードとしては割高の印象だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


デュアルファン搭載で補助電源なしのRadeon RX 560

ASUS「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」

2017年11月18日 22時09分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Radeon RX 500シリーズに久々の新製品が登場。ASUSから、Radeon RX 560を搭載するビデオカード「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」が発売された。



Radeon RX 560を搭載するビデオカード「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」

 「ROG-STRIX-RX560-O4G-EVO-GAMING」は、ASUSオリジナルのVGAクーラー「DirectCU II」を採用するRadeon RX 560搭載ビデオカード。IP5X対応防塵仕様のデュアルファンを備えるほか、GPUの温度が低い時にファンの回転を停止する「ゼロノイズ機能」に対応する。

 なお、シェーダープロセッサーがRadeon RX 560の標準仕様である1024から896へ削減されている点には注意が必要。クロックはブーストクロックが1149MHzで、Gaming Mode時は1187MHz、OCモード時1197MHzというスペック。

シェーダープロセッサーがRadeon RX 560の標準仕様である1024から896へ削減されている点には注意。補助電源コネクターは非搭載のため、取り回しは楽だろう

 そのほか、メモリークロックは6000MHzで、ビデオメモリはGDDR5 4GB。出力インターフェースはDisplayPort 1.4、HDMI 2.0b、DualLink-DVI-D。補助電源コネクターは非搭載で、カード長は194mmとなる。

 
 価格は1万9958円。パソコンショップアークとドスパラ秋葉原本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ