JAL旅客システム11月刷新による予約一時停止が1位 先週の注目記事17年10月15日-21日 – Aviation Wire

 10月15日から21日までによく読まれた記事をまとめました。一番読まれたものは、日本航空(JAL/JL、9201)が11月に予定している、旅客サービスシステム(PSS)刷新に伴うサービス一時停止の記事でした。

11月に旅客システム刷新でサービスを一時停止するJAL=17年9月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALは、航空券の予約や購入、搭乗手続きに使う旅客システムを11月16日に刷新予定。サービス停止期間は、15日午後7時から16日午前8時まで。JALのウェブサイトや予約センター、空港カウンター、旅行会社など、すべての窓口で航空券の予約や取り消し、購入などの手続きができなくなります。当日の運航に影響はないとしています。

 第2位は、中部空港(セントレア)に本社を置くエアアジア・ジャパン(DJ)が、1路線目となる中部-札幌(新千歳)線を開設すると、16日に正式発表。約2年遅れの就航で、冬ダイヤ初日の29日から1日2往復運航します。

 第3位は、羽田空港国内線第1ターミナルに、タカラトミー(7867)の「トミカ」「プラレール」の期間限定ショップ「羽田エアポート店」がオープン。20日から11月30日までの営業を予定しています。

 このほか、JALの成田-コナ線搭乗記や、伊丹空港で14日に開かれた空の日イベント、アシアナ航空(AAR/OZ)による冬ダイヤの日韓路線へのエアバスA380型機とA350-900型機投入などの記事が読まれました。

  1. JAL、11月に航空券予約を一時停止 旅客システム刷新、運航に影響なし

  2. エアアジア・ジャパン、中部-札幌就航へ 2年遅れ、冬ダイヤから

  3. 羽田にトミカとプラレールショップ 11月まで期間限定

  4. ゴツゴツとした溶岩の島 JALコナ初便に乗ってみた

  5. 伊丹空港、空の日イベント盛況 CRJさよなら展示も

  6. アシアナ航空、日韓線にA380とA350投入

  7. 国交省、航空機登録17年9月分 ソラシド737やJAL777

  8. ルフトハンザ、成田の運休継続 支社長「グループで運航」

  9. エミレーツ航空、100機目のA380を11月受領へ

  10. ノックスクート、成田-バンコク就航へ タイ当局のSSC解除受け

先週の注目記事バックナンバー
エアアジア・ジャパン10月就航が1位 先週の注目記事17年10月8日-14日

きゃわゆうう~い、ひよこちゃんだっ! チキンラーメンの「メレンゲしろたまメーカー」が当たるキャンペーン始まるよ – Pouch[ポーチ]

チキンラーメンに入れる具材といえば、まず思い浮かぶのが卵です。ただでさえ美味なチキンラーメンですが、卵を入れることでさらにおいしくなりますヨネ!

さて、11月1日から日清・チキンラーメンの「メレンゲしろたまメーカープレゼントキャンペーン」がスタートするようです。ふわっとろっの卵をチキンラーメンにトッピングできちゃう、とんでも便利なアイテムが当たるよぉ~!

【「究極のTKG」をひよこちゃんデザインに】

今回のキャンペーンで5000名に当たるのは、ふわふわでとろとろの “メレンゲしろたま” を作れるという「メレンゲしろたまメーカー」。

こちら、タカラトミーアーツから10月26日に発売される新商品「究極のTKG」を、チキンラーメンのキャラクターであるひよこちゃんデザインにしたものなのだそうです。

【極上食感の卵をトッピングしよう!】

“メレンゲしろたま” の正体は、かくはんした卵の白身! あえて生卵の白身のみをかくはんすることで、まるで雲のようなふわふわの極上&究極食感が生まれるとのこと。

なるほどー、シンプルに卵をのせるのもいいけれど、ひと手間を加えたふわとろ卵をのせるのもいいなぁー……うまそう、ゴクリ。

キャンペーンの実施期間は来年1月31日までとなっており、チキンラーメンの5食パックなど対象商品を購入すれば応募できるようです。

「究極のTKG」は希望小売価格3500円(税抜)で販売されるみたいなので、ヒヨコちゃんデザインでなくていい人はそちらをゲットするのもアリ!?

参照元:プレスリリース日清
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

ハッシュタグ「中の人卵料理コンテスト」で公式中の人の皆さんが卵祭りを開催中! – ニフティニュース

ハッシュタグ「中の人卵料理コンテスト」で企業公式アカウントの界隈が静かな賑わいを見せています。

事の発端は、タカラトミーが10月6日に発売した自分の手でタマゴから孵化させる新感覚ペット『うまれて!ウーモ』第4弾の発売に伴い企画したイセ食品の『森のたまご』とのコラボイベント『食欲の秋!ニコニコたまご料理コンテスト』。このキャンペーンイベントを盛り上げようと、タカラトミーはあちこちの企業公式の中の人にも参加を要請?先に行われていた「#もりたまウーモクッキング」のハッシュタグに「#中の人卵料理コンテスト」を追加。さらに交流のある企業中の人の皆さんに生卵を大量に送り付けるという暴挙に。
これを受け、送り付けテロに遭われた企業中の人の皆さんによる卵料理コンテストの火ぶたが切って落とされることとなりました。

そして送りつけられた人達が挑んだのは……森永製菓アイスの中の人の場合には、製菓会社の中の人にあるまじき(?)発言「製菓メーカーに 勤めておきながら Yはお菓子作りなんて からっきし出来ない」といいつつ、パワープレイで工場の研究所に持ち込み、大量の卵を見事にアイスに変身させました。バニラビーンズが高級感を感じさせます。

製パン会社のパスコは、パンと卵といえば、やっぱりアレでしょうということで、パン1斤をつかったサンドイッチ。もちろんたたまごサンド。フタの上には飾りのヒヨコたちがピヨピヨ。キュートさが食べるの辛くなるくらいに可愛いです。

ノザキのコンビーフはお得意のコンビーフと卵のコンビネーション4品。卵黄のつやつやとした丸みとコンビーフの色の対比が食欲をそそります。これはビール持ってこい!になりますね。特に揚げずにできるコンビーフのスコッチエッグ風、揚げ油をを使わずできるなんて素敵すぎやしませんか!

丸亀製麺は送り付けられてきた卵でタルタルソースを作り、自社の天ぷらと合わせてホットドックに。天ぷらを使うとはなかなかやるなぁ。

さらに、かき揚げの中にヒヨコちゃんも……。パスコとまさかのネタ被りにびっくり。

主催のタカラトミーの兄弟アカウント、タカラトミーアーツ広報は、同社が10月に発売した卵かけごはんの卵をふわふわ食感に仕上げる商品『究極のTKG』を使ったローストビーフ丼。白身の純白のふわふわがローストビーフによく映えています。

洋菓子のモンテールの公式キャラクター「シュークリーム先輩」は、卵を使ったスイーツソースに挑戦。アングレーズソースというらしいです。
スイーツだけに盛り付けも高級スイーツっぽさを出してみた感じが伝わってきて、これならうちでもできそうかもって思わせてくれるのがいいですね!

筆者もよくお世話になっているクックパッドは、シンプルな『喫茶店風たまごサンド』。ふわふわ感とボリューム感がタマラン!!

さらにこの盛り上がりを受けて送り付けられていない企業中の人たちも立ち上がり始めています。
料理全然関係ない部門。
淀川工技社は、メレンゲを使った目玉焼き『エッグクラウド』に挑戦。盛り付けが可愛い……。

アバー(株)は台湾たまご料理2品。トマトと炒めた卵って相性いいですよねー。

Tシャツなどにオリジナルプリントをほどこす株式会社デッセは、「巣ごもりキャベツキムチ味チーズ焼き」。Tシャツ関係ないのによく頑張った!

グリーンスタンプは、スパニッシュオムレツ。一つの耐熱容器で色鮮やかなお料理が作れるの、良さそうですね。

とまぁ、まだまだ広がりを見せそうな『中の人卵料理コンテスト』は11月5日まで開催。一般部門もありますので卵料理に自信がある人はチャレンジして応募してみるといいことがあるかもしれませんよ?

※見出し画像はタカラトミーアーツ広報(@tartsPR)のスクリーンショットです。

(梓川みいな)

「ZOIDS FIELD OF REBELLION」“最速の紙装甲”は,ある意味で男のロマン。今回の「ライトニングサイクス」回はお待たせしました – 4Gamer.net

 タカラトミーのスマートフォン向けアプリ「ZOIDS FIELD OF REBELLION」iOS / Android:通称ゾイドFOR)は,MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)ライクなゲームシステムを採用した,ゾイド乗り達による4対4の対戦が楽しめるタイトルだ。

ZOIDS FIELD OF REBELLION

 そんな同作に新たなゾイド「ライトニングサイクス」が2017年9月26日に実装された。ロールは“ファイター”で,4.2というゾイドFOR最速の移動速度を誇るのが大きな特徴だ。

 しかしその一方,基本形態のレベル20時でも最大HPは727という最低値で,非常に尖った性能となっている。搭載コストも12と低めなので,バトルでの立ち回りだけでなく,どうカスタマイズするかの段階から頭を悩ませてくるクセの強いゾイドだ。
 だが,そういう尖ったコンセプトにあえて惹かれる人は少なくないだろう。

最速だが紙装甲という,玄人にこそ刺さりそうな性能のライトニングサイクス
ZOIDS FIELD OF REBELLION
カラーバリエーションは基本色を含めて5種類
ZOIDS FIELD OF REBELLION ZOIDS FIELD OF REBELLION
ZOIDS FIELD OF REBELLION ZOIDS FIELD OF REBELLION

 ライトニングサイクスに乗ってバトルに挑むと,とにもかくにも「柔らかすぎる」という印象が強い。“デストロイヤー”ではない敵プレイヤーゾイドによる攻撃だとしても,2回も被弾すれば撃破されてしまう。

 また,原稿執筆時点ではステージが「湿地」に変更されているのも,ライトニングサイクスにとっては逆風だ。湿地にはステージの中央を縦に分断するように川が流れており,「沼」も点在。これらの水辺では,移動速度が低下し,敵味方に関係なく攻撃を仕掛けるゾイド「バリゲーター」が棲息している。

川や沼で脚をとらわれないように注意すべし。ライトニングサイクスは脚が命だ
ZOIDS FIELD OF REBELLION

 移動速度の低下は,“脚にステータスを全振りしたゾイド”とも言えるライトニングサイクスの持ち味を殺し,無差別なバリゲーターの存在は紙装甲にとって大きな脅威となる。わりとたまったものではない。

 それでもライトニングサイクスの有用性を見い出すとしたら,最速の「移動速度」をさらに特化させるべきだ。ライトニングサイクス専用ウエポン「高出力加速パーツ」と,サブパイロット「トリニティ・シンクレア」は最低限必須だろう。

 高出力加速パーツは,300のENを消費して移動速度+20%と防御力+50の効果を一定時間発生させる。ライトニングサイクスの長所を伸ばし,短所をカバーする隙のないウエポンだ。コストが3という点も嬉しい。

 トリニティ・シンクレアは,搭乗ゾイドの移動速度を上げるパッシブスキルを付与し,かつ“フルバースト”で味方ゾイドの移動速度を大幅に上げる効果がある。

トリニティ・シンクレア
ZOIDS FIELD OF REBELLION

 この2つを組み込むことで,ライトニングサイクスの持ち味を最大限に引き出せる。敵プレイヤーゾイドに接近気味の距離でも,発射された弾を見てから回避できるほど移動がすばやくなるからだ。ただし,どちらもガチャコンテナの排出品なので,手に入れるハードルの高さがネックである。

 基本的なアセンブリは,小型ゾイドの排除という“ファイター”として役割を全うするためのミサイルポッド系ウエポン(赤)と,護身用/援護射撃用のパルスレーザーライフルまたはロングレンジライフル系ウエポン(青),そして先述の高出力加速パーツの3点になるだろう。

小型ゾイドの排除に定評のあるミサイルポッド
ZOIDS FIELD OF REBELLION
高いとは言えない最大ENだが,プレイヤーゾイドとの戦いがメインの役割ではないので,パルスレーザーライフルでも問題ない。どうしてもEN消費が気になるならロングレンジライフルを積もう
ZOIDS FIELD OF REBELLION
HP強化パーツや装甲強化パーツは,高出力加速パーツの代用として候補に挙がる。被弾がリスキーすぎるライトニングサイクスに格闘キット系は向いてない
ZOIDS FIELD OF REBELLION

 高出力加速パーツがない場合,代用としてHP強化パーツや装甲強化パーツを組み込んで生存力を高めたいところだ。格闘キット系もそのコストの安さから積みがちだが,他のゾイドよりも被弾するデメリットが高いので,そもそもライトニングサイクスで接近戦を狙うのはオススメしない。繰り返しになるが,2回程度の被弾でライトニングサイクスは十分撃破される。接近戦はオススメしない。

ZOIDS FIELD OF REBELLION

 バトルでは,その脚を生かした“レーンコントロール能力”を発揮して立ち回りを考えよう。

 小型ゾイドを排除し,レーンの前線を押し上げていくのが“ファイター”の役割だが,ライトニングサイクスの主戦場は「3つのレーンすべて」だ。このゾイドの脚ならレーン間の距離的な問題は解決されるので,全レーンでファイターとして役割を発揮しやすい。

 なお敵プレイヤーゾイドとは,必ず一定距離を保つことが重要となる。距離さえ保っていれば,敵プレイヤーゾイドが放った弾丸は簡単に避けられるはず。避けたあと,敵のプレイヤーゾイドがリロード中のタイミングに反撃するか,小型ゾイドの排除を優先してミサイルポッドを放つかは状況に応じて決断しよう。

スピーディなライトニングサイクスに合わせてプレイヤーも思考を一段速くしよう
ZOIDS FIELD OF REBELLION
ZOIDS FIELD OF REBELLION

 ライトニングサイクスの解説は以上となる。あくまで筆者のプレイをもとにした見解なので,参考程度に留めてもらえると安心だが,言っていることは大体合っているはずだ。

 最速の紙装甲という,ある意味で男のロマンが詰まったゾイドとも言えるライトニングサイクス。興味を持った人はぜひ乗りこなしてみてほしい。

「究極のTKG」爆誕、白身をふわふわメレンゲに…畜生その手があったか美味いよ、ダースベイダーもいるよ – エキサイトニュース

卵かけごはん、好きだ。
炊きたてホカホカごはんの上に卵を乗せてお醤油をちょいっとたらして。うん、美味い。シンプルイズベスト。
そんな誰もが知る「卵かけごはん」を進化させるクッキングトイが10月26日に発売される。
白身をふわっふわのメレンゲ状にすることで『極上の新食感』に。気になるっ…!

「こんなの初めて」たまごかけご飯

10月18日、「タカラトミーアーツ2018新春商談会」にお邪魔してきた。
その中でひときわ目を引いたのが「究極のTKG(きゅうきょくのたまごかけごはん)」だ。
まるで雲のようなふわっふわの白身の上に乗っかった黄身。
この白身のふわっふわ加減がまた絶妙である。「ふわっッふわっッ…!」って感じ。
このシンプルなひと工夫が新たな味を生み出した。

そういえば今までにも「 おかしなカキ氷ガリガリ君」「 おかしなかき氷 井村屋 あずきバー 」「 おかしなスムージー ガリガリ君 」などをリリースしてきたタカラトミーアーツ。このヒットシリーズも、誰もが知るアイスをかき氷やスムージーにすることで新たな味を生み出した商品だった。

CM動画ではアレンジ例として「納豆」「板わさ」「かつおぶし」「アボカド」「コンビーフ」といったアレンジの他、「パン」「焼きそば」との組み合わせも紹介されている。開発に当たってたまごかけごはんを食べすぎた企画担当者がたどり着いたという「 日清『チキンラーメン』 」との組み合わせもぜひ食べてみたい。

11/1から「チキンラーメン」とコラボした「メレンゲしろたまメーカープレゼントキャンペーン」がスタート。日清の対象商品で応募。
ひよこちゃんデザインが可愛い。
たまご割り機能内蔵 ふわとろTKGがワンタッチで完成「 究極のTKG (たまごかけごはん) 」

「 究極のTKG (たまごかけごはん) 」、発売予定日は2017年10月26日。
洗いやすい構造も良い。

ダースベイダーが柿の種を出すべーだ…

あとこちらの玩具もぜひ紹介したい。

見た目はスターウォーズのフィギュア。
しかしその実態は「おつまみサーバー・O-2MM」
O-2MM(オーツーエムエム)と書いて、おつまみ。ダジャレだ…。

このマスクの口元に手を差し入れると「I am your father.」「Blast Them.」などお馴染みのセリフとともに一口ぶんの柿の種がぽろぽろと出てくる。
パーティモードにするとランダムで一口では食べきれないほどの柿の種が…!

って、シュール過ぎやしませんか!
なぜスターウォーズに生活感。なぜダース・ベイダーに柿の種…。
ちなみに発売は2017年12月予定、クリスマス・お正月に欲しいっす。

(イラストと文・まつもとりえこ)

羽田にトミカとプラレールショップ 11月まで期間限定 – Aviation Wire

 羽田空港国内線第1ターミナルに、タカラトミー(7867)の「トミカ」「プラレール」の期間限定ショップ「羽田エアポート店」がオープンする。10月20日から11月30日までの営業を予定している。

トミカとプラレールの商品イメージ(日本空港ビルの資料から)

 場所は2階出発ロビーの「東京食賓館Cゲート前店」店内。トミカやプラレールの人気商品をはじめ、タカラトミーが開くイベント「トミカ博」や「プラレール博」などでしか購入できないイベント記念商品も扱う。

 購入特典として、店内商品を税込3000円以上購入するとDVD、カーズ商品を1000円以上買うと下敷きをプレゼントする。いずれも種類と数量限定で、なくなり次第終了する。

 営業時間は、午前9時から午後6時まで。

関連リンク
羽田空港 国内線旅客ターミナル
タカラトミー

<動意株・19日>(大引け)=カーメイト、タカラトミー、日本電計など – minkabu PRESS

<動意株・19日>(大引け)=カーメイト、タカラトミー、日本電計など  カーメイト<7297.T>=後場に入ってストップ高し、年初来高値を更新。あおり運転など危険運転対策としてドライブレコーダーが注目されるなか、360度ドライブカメラ「ダクション360」を手掛ける同社への関心が高まっているもよう。ダクション360は、走行中の車内外を360度撮影でき、通常のドライブレコーダーでは撮りきれない横方向からの突然の飛び出しや後方からの無理な追い抜きなどを逃さず記録することが可能。なお、同社は18日、27日から東京ビッグサイトで開催される「第45回東京モーターショー2017」に、ダクション360などを出展すると発表している。

 タカラトミー<7867.T>=大幅反発し年初来高値を更新。東海東京調査センターが18日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続しつつ、目標株価を1600円から3050円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。同センターでは、最重点商材である「スナックワールド関連商材(ジャラ)」の販売好調を評価。メーン商材の「トレジャラボックス(7月13日発売)」が年間1000万個ペースの好調な滑り出しとなっており、売り切れ店舗も続出しているという。これに伴い、同センターでも18年3月期営業利益を前期比68%増の130億円(前回予想120億円)と上方修正、続く19年3月期以降の予想も引き上げたとしている。

 日本電計<9908.T>=後場急伸。同社は午後1時、18年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は870億円から900億円(前期比7.4%増)へ見直したほか、営業利益は24億円から27億円(同17.5%増)へ、最終利益は15億円から18億円(同11.7%増)へ修正した。電子・電機業界では新型スマートフォンや有機ELテレビなどの投資が積極的に行われている。こうした中、電子計測器商社である同社は、積極的なソリューション事業を展開し、売り上げを伸ばしているほか、国内外の子会社も好調に推移している。

 セゾン情報システムズ<9640.T>=ストップ高。同社は18日の取引終了後、18年3月期の第2四半期連結業績予想の修正を発表したことが好感された。売上高は147億円から151億円(前年同期比4.3%減)へ見直し、最終利益は14億円から19億6000万円(同2.1倍)へ修正した。カードシステム事業でシステム開発および情報処理サービスが堅調に推移し増収となったほかコスト低減により売上総利益が増加した。また、販管費が想定を下回ったことも利益を押し上げた。なお、18年3月通期業績予想は据え置いている。

 ロゼッタ<6182.T>=ストップ高。同社は18日の取引終了後、機械翻訳開発で飛躍的なブレークスルーが発生し、開発中の最新翻訳機モデルで医学や化学など数種類の分野の英日翻訳で精度95%に到達したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。精度95%は、同社が上場時に「ほぼ人間に匹敵する精度」として、2025年までの到達目標に設定していた水準で、「プロの専門翻訳者以下、非専門翻訳者以上」のレベルだという。

 和井田製作所<6158.T>=ストップ高。同社は軽量材料株のシンボルストックとして短期資金の注目度が高い。切削工具と研削盤分野で高い商品競争力を持っており、そのナノ・ミクロン単位に特化した技術に定評がある。株価は10月初旬に急騰後、押しを入れていたが、700円近辺は調整一巡感があり、一気に買い直される格好となった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

<東証>タカラトミーが11%高 ゲームアイテム人気を材料視 :日本経済 … – 日本経済新聞

(13時45分、コード7867)大幅に反発している。午前中に前日比194円(11.7%)高の1857円まで上げた。年初来高値を更新し、2000年7月13日以来の高水準だ。同社が今年の重点商品のひとつとしている玩具が子どもたちに大人気で、今期業績見通しを達成するとの期待が高まっている。

 レベルファイブ(福岡市)のゲームソフト「スナックワールド」で使用するアイテム「ジャラ」の販売が伸びており、…