西武の赤電時代 – 鉄道ファン

西武の赤電時代

NEKO MOOK 2621.RM MODELS ARCHIVE.かつて,西武鉄道の車両は,外部塗色をトニーベージュとラスベリーレッドのツートンとした車両,いわゆる赤電のグループが大部分を占めていた時期がありました.赤電にはさまざまな形式があり,本書では,これらについて,貴重な写真に詳しい解説を付すかたちで紹介されており,そのほかに,荷物電車,さらに,20m,3扉車の系譜として101系,301系,3000系の紹介も加わっています.巻末には,車歴表が付いています.本書は,西武鉄道の車両を研究する向きや鉄道模型の車両で再現する向きにとって,必携の資料となりましょう.

発行 ネコ・パブリッシング
仕様 B5判 114ページ
定価 本体1800円+税
発売日 2017年8月 3日
購入する

鉄道ファン2017年11月号掲載|
ネコ・パブリッシングの記事一覧

札幌・苗穂工場の「北海道鉄道技術館」で鉄道にたくさん触れてみよう! – ORICON NEWS

札幌駅のひとつ隣りにある苗穂駅(なえぼえき)。駅のプラットフォームより北側には、JR北海道苗穂工場が存在し、広い敷地を有しています。
そんな工場の敷地内になんと、鉄道に関する展示を見学することが出来る施設があります!その名は「北海道鉄道技術館」。ここは「さっぽろ・ふるさと文化百選」にも選ばれている場所です。

工場敷地内にある、レンガ造りの「北海道鉄道技術館」

写真:岡田 学

北海道鉄道技術館のある苗穂工場へ訪れるには、苗穂駅から歩道橋を歩いて北側へと向かいます。また、札幌駅からアリオ札幌までバスで向かい、そこから歩いていくという方法も有り。どちらにしろ、徒歩の時間は30分もかかりません。
入場するには、苗穂工場の入り口にて受付をする必要があります。入場料は無料なので、気軽に入ることが可能。入り口から正面方向へ歩いてゆくと、5分以内でレンガ造りの資料館が見えてきます。こちらが北海道鉄道技術館です。
建物入り口の右側にはSLの「C62-3号機」が屋外展示されています。ただし、こちらはだいたい5月〜11月の間のみ展示となっているため、冬の間は見られません。
開館日は基本的に、第2・第4土曜日のみと限定的。営業時間に関する詳しい情報は、記事最後の基本情報にて掲載しております。

北海道鉄道技術館の入り口を入ると、目の前にある実物運転台

写真:岡田 学

それでは、レンガ造りの北海道鉄道技術館へ入ってみましょう。入り口を通ると、すぐに実物車両の運転台がお出迎え!左右に1台づつ置かれていて、入り口から見て左側は「キハ82運転台」で、右側の方は「アルコン運転台」となっています。
他には、SL「D51形」やディーゼル機関車「DD51形」の1/5模型、駅や信号所で使われていた腕木式信号機、エンジンカットモデル、蒸気発生装置など、その展示内容は充実しています。まさに鉄道好きのための施設と言えるでしょう。

運転体験が可能な「振子でトライ」

写真:岡田 学

エンジンカットモデルや蒸気発生装置が展示されているのとは反対側のフロアにあるのは、札幌駅周辺の建物がジオラマ化された鉄道模型。
このジオラマの鉄道模型は、「振子でトライ」と名付けられている運転シミュレーター。その名前が示す通り、運転台で操作をすることによってジオラマの鉄道模型を動かせます。この運転台は実物と同じですので、臨場感はたっぷり!
北海道鉄道技術館の館内にはスタッフがいますので、運転台の操作についてわからないことがあれば気軽に尋ねてみてください。

国鉄時代の写真パネルなどが展示されている2階フロア

写真:岡田 学

1階の展示を見終わったら、次は2階へ行きましょう!2階における展示内容は4つの分類となっており、それぞれ「工場の歴史コーナー」、「模型コーナー」、「SL復元コーナー」、「SLコーナー」となっています。
北海道鉄道技術館において、2階へと上がる階段は3つ。建物入口のすぐ横にある階段も、その1つです。そこを上がっていくと、視界に入ってくるのはSL復元コーナー。ここでは、SL「C11-171号機」の復元の様子を写した写真パネルなどが展示されています。
工場の歴史コーナーには、国鉄時代の写真パネルや作業服、記念乗車券、事務機器の展示など、鉄道ファンの心をくすぐる物が盛り沢山!これらを見て、鉄道が歩んできた歴史についてあらためて学んでみてはいかがでしょうか?

北海道鉄道技術館の建物とは離れた場所にも、SLの屋外展示が

写真:岡田 学

北海道鉄道技術館の前に展示されているSL「C62-3号機」とは別に、なんともう一台、SL「D51-237号機」の屋外展示があるんです!
苗穂工場の入り口から正面方向に歩いて、最初に遭遇する線路の手前で右に曲がると、SLが展示されている広場となります。入り口からの距離は、鉄道技術館より近い場所です。
まずはこちらを先に楽しむか、あるいは鉄道技術館を見た後に鑑賞するかは、お好きな方をどうぞ。
C62-3号機と同様に、このD51-237号機も冬季は見られません。展示されている具体的な時期については、苗穂工場の方へご確認ください。

北海道鉄道技術館は、鉄道に関する展示が盛り沢山!

鉄道に関する展示が盛り沢山の北海道鉄道技術館。ジオラマの鉄道模型を動かる「振子でトライ」や国鉄時代の資料展示など、鉄道にどっぷりと浸かることが出来ます。鉄道ファンの方はもちろん、それ以外の方も、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
注意すべき点はやはり、営業日が第2・第4土曜日のみと見学できる日が少ない点。こちらは、予定をしっかりと立てて訪れましょう。
<基本情報>
住所:札幌市東区北5条東13丁目
電話番号:011-721-6624
営業時間:13時30分〜16時00分
開館日:毎月第2・第4土曜日(5月〜8月の4ヵ月間は、第1土曜日も開館)
入館料:無料
アクセス:JR苗穂駅より徒歩約20分。
バスの場合 札幌駅北口より乗車、「苗穂工場前」で下車後、徒歩約5分
2017年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
JR北海道苗穂工場
http://www3.tky.3web.ne.jp/‾jrnaebo/

【トラベルjpナビゲーター】
岡田 学

旧谷汲駅で「赤い電車まつり2017」開催 – 鉄道ファン

【懐景】1960年代、ソニーがつくった鉄道模型ブランド「マイクロトレーン」日本Nゲージ界の先駆け – 鉄道チャンネル

【懐景】1960年代、ソニーがつくった鉄道模型ブランド「マイクロトレーン」日本Nゲージ界の先駆け

2017.10.21

「マイクロトレーンは、ソニーが完成した超小型・精密鉄道模型です。お手もとのマイクロトレーンを、いつまでも快調に、気持ちよく走らせるために、あなたにいろいろなお役目をお願いすることになります。線路工、電気技師、運転士、それから経営者まで……。そのため、仕事をはじめられるまえに、ぜひお読みください」

これが、ソニー「マイクロトレーン」の取扱説明書の冒頭文。ソニーは1964年、鉄道模型ブランド「マイクロトレーン」を立ち上げ、Nゲージのレール、電気機関車、客車、パワーパックなどをリリース。赤い電気機関車は、1963年に登場した交流用電気機関車 国鉄ED75形電機。茶色い客車は国鉄スハ43系客車。

写真は、2012年4月から1か月間、ソニービルで行われた「THOMAS & FRIENDS in GINZA ~ソニーときかんしゃトーマスのネットワーク体験島~」イベントで公開されたときのワンシーン。ソニーが保存していたかつての製品を、半世紀のときを経て公開したものだ。

大阪モノレール 「モノレール ちびっこまつり」10月28日(土)に開催 – 鉄道チャンネル

大阪モノレール 「モノレール ちびっこまつり」10月28日(土)に開催

2017.10.21

会場は万博記念公園駅構内イベント広場

10時から15時の開催です。会場では、鉄道模型運転体験、ちびっこ制服撮影会や、おまつり縁日などの他、モノショップミニ売店もあります。

モノレール沿線リレーイベント

10月に開かれる「モノレールちびっこまつり」をスタートに、11月3日〜5日の「ロハスフェスタ」、11日の「彩都ライフサイエンスパーク一般公開」、23日の「理化学研究所一般公開」のイベント会場で2個以上のスタンプを集めて、12月16日(土)の「梅花女子大クリスマスイブニング」のモノレールブースに持って行くと先着400名に、非売品の『モノレールオリジナルスケッチブック』がプレゼントされます。モノレールオリジナルぬり絵付きです。詳しくは「モノレール ちびっこまつり」会場で!

問い合わせ:大阪モノレール お客様係 TEL 06-6832-0202

2011年(平成23年)に中国重慶にできた新路線に抜かれるまで営業キロ21.2kmは、世界最長のモノレール路線としてギネスブック認定書が駅などに掲出されていました。今もあるのかな。50‰の急勾配をモノともしないのはやはりモノレールだなぁ、と初めて乗った時に感心しましたね。

ギネス世界記録樹立! 時速3546キロの鉄道模型を作った男【前編】 – ニフティニュース

8月に開催された「国際鉄道模型コンベンション」で自作のリニア型の鉄道模型を走らせ、時速3546キロ(実車換算)という驚異のスピードを叩き出した男。いったい何者なのか?

* * *

ギュギュイイーン。鉄道模型では聞いたことのない高い音が鳴り響き、リニアモーターカー型の車両が目の前を一瞬で通り過ぎる。「びっくりハウススペシャル Discover DREAM号」、8月18日に行なわれた国際鉄道模型コンベンションの「韋駄天(いだてん)! スピードコンテスト」で、時速3546キロ(実車換算)というギネス世界記録を樹立した車両だ。

これを作ったのが千葉県松戸市在住の江川芳章(よしあき)氏。彼はスピードコンテストが始まった3年前から負けなし3連覇。なぜそんなに強いのか? 工房のある自宅にお邪魔した。

彼の鉄道好きの原点は4歳のときに開業した東海道新幹線。家から近い東京駅へ新幹線を見に行っていたという。

鉄道模型に本格的にハマったのは大学生の頃。

「近くの模型店が高校の体育館を借りてスピードコンテストを開いたんです。面白そうだなと自作のマシンで挑戦。でも凝りすぎて完成は前日の夜。塗装も乾いてない状態で参加したんですが、脱線したりして1勝もできなかった。悔しかったですね」

そして今から3年前、スピードコンテストの開催を知り、再び参加することになる。長年技術者として働き、部品メーカーを経営するようになり、昔とは知識と経験が違う。

「スピードコンテストに出る車両はサスペンションを入れてます。普通、鉄道模型でサスペンションなんていらない。でも速いスピードで走る場合は、振動を吸収しないと車体が飛び上がって脱線しちゃうんです。それと車輪は少なく。増えると脱線の確率が上がります。あとホイールベースが長いほうが安定します」

さまざまなアイデアを形にしていくなかで、新たな装置を開発した。本物の鉄道車両メーカーが使っているものと似たような仕組みの、いわゆる台車試験機だ。

「スピードを上げると台車がどんな動きをするか。線路だとチェックしづらいので、専用の装置を作りました。この上で車輪を回転させます」

この装置を使うことによって新たな発見も。鉄道模型は車輪が回りながら、走行するための電力をレールから集めるのだが、驚くほど集電性能が悪かったのだ。

「例えば12V(ボルト)の電圧をかけても、モーターには3Vか4Vしかこない。だから車体の下に新たに集電装置をつけた。それで2割速くなりました。あとはコンデンサーをつけた。集電が途切れたらそこから電気を出して、復活したら電気をためて。このふたつで4割速くなりました。鉄道模型がスピードを出す上で難しいのは線路から効率よく集電するところなんです。最近、速いプラレールが話題になってますが、あれは電源を内蔵しているから意外と簡単です」

★この続き、後編は明日配信予定!

(取材・文・撮影/関根弘康 写真/IMON)

●江川芳章(えがわ・よしあき)

部品メーカー経営、かつて大手モーターメーカーに勤めていたこともある57歳。5年前に趣味全開の家を建て、週末はこもりっきり。スピードコンテストでは無敗の3連覇

「パンダくろしお」の紙模型で旅気分いかが? JR西 – 朝日新聞

 京都・大阪と和歌山県南部を結ぶJR西日本の特急「くろしお」。今夏から運行しているパンダの顔をデザインした「パンダくろしお」のペーパークラフトが登場した。

 ホームページから展開図を印刷し組み立てる。無料。1~6号車の側面に同県白浜町のアドベンチャーワールドのライオンやキリンなどの動物たちが描かれており、全てそろう。

 同社の紙の模型は列車だけでなく、大阪駅や京都駅ビルなど50種類以上。担当者は「組み立てた後は、実際に列車に乗り、駅でお買い物もどうぞ」とPR。

JR西日本 阪急電鉄 共催 茨木フェスティバル 開催 – 鉄道チャンネル

JR西日本 阪急電鉄 共催 茨木フェスティバル 開催

2017.10.20

2017年10月28日(土) 10:00〜15:00

 
会場は、阪急茨木市駅構外 1F・2Fコンコースです。

イベント内容

■書道コンクール展示
 事前応募された作品を構内に展示します
 イベント開催当日10時から優秀作品の発表を行います。
■昔の駅舎、列車写真パネル展示
 JR・阪急の各京都線のなつかしい写真を展示します。
■制服・制帽写真撮影
 JR・阪急の車両の前面パネルを設置
 その前で阪急・JRの制服(子供用のみ)、制帽を着用、持参のカメラで撮影してください。
■ホーム非常ボタン押下体験
 JR駅ホームの「非常ボタン」実物模型を設置します。
 実際に押下する体験会を実施します。
■鉄道模型走行コーナー・模型販売
 鉄道模型メーカーKATO(カトー)社によるNゲージ鉄道模型ジオラマの展示
 現場では運転体験ができます。(車両の持ち込みはできません。)
 ※販売商品は既製品のみとなります。詳細は未定です。

■駅弁販売
 JR主要駅で駅弁を販売する「淡路屋」が出張販売いたします。

■阪急オリジナルグッズ販売
 駅ごあんないカウンター、駅売店、アズナス取扱商品を販売します。
 ※JR西日本のオリジナルグッズの販売はございません。
■プラレールくじ
■スーパーボールすくい

書道コンクール 作品募集

・応募対象 幼稚園児~小学生のみ
・課  題 JR京都線・阪急京都線の「駅名」※漢字・ひらがなは問いません。
・用紙サイズ 半紙(縦32.5cm、横24cm)
 ※ ご応募作品はお返しできません。
 ※ ご応募作品は阪急茨木市駅で10月28日開催のイベントで全ての作品を展示する予定です。
 ※ 表装・裏打ち・押印等はしないでください。
・氏名の記入方法 幼稚園児…氏名のみ 小学生…学年・氏名
・受付場所 阪急茨木市駅ごあんないカウンター・JR茨木駅改札口
 ※ 入賞者の皆様への事前連絡のため、受付時にご連絡先をお伺いいたします。
・応募締切 10月20日(金)
・優秀作品の発表 10月28日のイベント当日10時にJR駅長賞・JR助役賞・阪急駅長賞・阪急助役賞・優秀賞の発表を行います。

1970〜1980年代にJRと阪急で、大阪〜京都間のスピード競争を繰り広げていたことを懐かしく思い出しました。共催の茨木フェスティバル、隔世の感があります。また、阪急総持寺駅の西側にJRの新しい駅が開業します。こちらは茨木駅・茨木市駅間よりも更に近いのです。これからも並走しながら共に発展していって欲しいですね。

実際にJR茨木から阪急茨木市駅まで歩いたことがあります。カナリ急ぎ足で15分程度、ゆっくり歩くと20分ちょっとでしょうか。ちょうど真ん中辺りに茨木市役所があります。気持ちの良い公園もあって、天気の良い日は歩くと気持ち良いですよ。

「ドラえもん」メカニックの内部構造を作り込めるプラモデル 「本物」を … – ニフティニュース

バンダイは、メカニックを作り上げる「Figure-rise Mechanics」プラモデルシリーズから、TVアニメ「ドラえもん」が題材の「Figure-rise Mechanicsドラえもん」を、2017年11月に全国の模型店および玩具店、インターネット通販などで発売する。

完成後も内部メカニックを楽しめるクリアパーツが付属

内部設定までこだわり、「ドラえもん」のメカニックの内部構造を作り込める。小学館発行の「決定版 ドラえもん大事典」をもとに、「ウルトラ・スーパーデラックス・コンピュータ」や「ペタリハンド」など特徴的なメカニックの内部を再現。

よりドラえもんの構造が理解できるほか、組み立てる過程にもこだわり、まるで本物のドラえもんを組み立てているような楽しさを味わえるという。また、通常のブルーの外装に加えクリアパーツの外装も付属し、組み立てた後でも内部のメカニックを楽しめる。

ドラえもんと同様にメカニックの内部構造を組み立てられる「Figure-rise Mechanics ドラミ」、「Figure-rise Mechanics ドラえもんのひみつ道具 タイムマシン」も同時発売する。

価格は、「ドラえもん」「ドラミ」が2700円(税込)、「タイムマシン」が4104円(同)。