まちの眺め、ドローンで新視点 京都・長岡京の市職員撮影 – 京都新聞

上空から眺めた長岡京市の全景。西山に抱かれ、中央に高層ビルがそびえる特徴が見て取れる+(ドローンで撮影。永田さん提供)
上空から眺めた長岡京市の全景。西山に抱かれ、中央に高層ビルがそびえる特徴が見て取れる+(ドローンで撮影。永田さん提供)

 ドローンで京都府長岡京市を空撮した動画を、市職員が自身で管理するフェイスブックのページで公開している。「一味違う感覚で、まちを見つめてもらいたい」。遊び心あふれるアングルで、観光名所や山並みなど、おなじみの景色に新たな光を当てている。

 市商工観光課主幹の永田雅史さん(45)=同市一文橋2丁目。2016年12月、フェイスブックのページ「長岡京市のいろいろ」で、同市の全景を東の空から捉えた動画を初めて公開した。

 ラジコンヘリコプターの趣味が高じ、4年前にアマチュア向けドローンを購入。河川敷など安全な場所で技術を磨いた。法改正で、家屋密集地などの上空の飛行には許可が必要に。市内の観光名所の多くは住宅街に近接しており、17年2月に許可を取得した。飛行時には撮影対象の寺社や施設の承諾も得る。

 同ページでは現在、深紅のキリシマツツジが彩る八条ケ池や、アジサイの咲く柳谷観音楊谷寺、背後に西山がひかえる西代里山公園など、約10本の空撮動画を閲覧できる。テレビの情報番組で動画が使われたこともある。

 1月上旬、勝竜寺城公園を空撮した。城を模した管理棟を真上からのぞき込んだり、堀の上を平行移動させて外壁をなめるように写したり。早速、ページにアップした。

 新春には、5台目のドローンを購入したばかり。「きれいな所が数多くあると、気づいてもらえるきっかけになれば」と話す。

【 2018年01月19日 11時43分 】

高砂でハンドメード市 地域の盛り上げを目的に、グルメイベントとコラボ – 関門経済新聞

 高砂総合運動公園(高砂市米田町)で2月10日・11日、イベント「ファンベースvol.5~ミンナガツナガルマーケットin高砂」が開催される。

イベントのポスター

 「地域を盛り上げる」ことを目的に、兵庫県内各所で開催される同イベントは2016年に始まり今年で3年目。毎回その土地のイベントとコラボレーションするのが特徴で、これまで豊岡市や養父市などで開き、高砂では2回目となる。

 実行委員会の辻井春樹さんは「もともと、地域のいろいろなイベントに携わっていたメンバーが集まって実行委員会を結成した。イベントを通して地域のことを広く知ってもらう機会になれば」と話す。

 今回は、ご当地グルメや冬の味覚を楽しめる「第8回元気ひろめ市 冬の味覚祭」とコラボ。ハンドメード作家らによる雑貨販売のほか、動物との触れ合い、縁日、ゴーカート、ラジコンなどの企画を展開する。

 「子どもが楽しめる内容もたくさんあるので、ファミリーで来ていただきたい。日程を2日間に増やして開くので、より充実した内容になると思う」と辻井さん。

 現在、出展者を募集している。「地域の魅力を発信できる方は参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~15時30分。出展者の募集は1月31日まで。

東京オートサロン2018で気になったクルマたちまとめ – ギズモード・ジャパン

今年も熱気ムンムンですよ。

2018年1月12日〜14日、カスタムカーの祭典・東京オートサロンが幕張メッセで開催され今年はなんと3日間で31万9030名を集客! この規模はF1観客動員数14万人、東京ゲームショー25万人を超え、コミケ50万人の背中が見えてくる勢いです。

そんな熱気ムンムンのオートサロンから、ギズモードが気になったものをチョイスしてご紹介!

これぞ王道、カスタムカー

カスタムカーの祭典ですから、当然注目しなければいけませんがその中でも注目は自動車大学校や専門学校の作るカスタムカー。学生ならではの自由な発想が特徴。

20180112-DSC_5002
Photo: 野間恒毅

毎年キワモノ、いや失礼、大改造してくるNATS(日本自動車大学校)は今回人気の高級ミニバン・ヴェルファイアをピックアップトラックに改造。切って、貼って、車高上げて、とても自然な仕上がりで完成度高いです。

20180112-DSC_4905
Photo: 野間恒毅

屋根にお城を乗っけたり、内装に花火の照明がついたりと、純日本風に仕上げたセリカはトヨタ自動車大学校のもの。はいからさんが通るっぽい写真の女子学生も製作にかかわったとか。

20180112-DSC_4973
Photo: 野間恒毅

このジムニーは4輪にガンタンク風クローラーを装着、どんな雪道や荒地でもこなせそうな勢い。

20180112-DSC_4980
Photo: 野間恒毅

今回結構目立ったのが軽トラのカスタム。こちらはDaytona(デイトナ)プロデュースのピックアップ風。ロールケージのスケルトン仕様で、趣味の自転車やラジコンを積載。

20180112-DSC_4986
Photo: 野間恒毅
20180112-DSC_4987
Photo: 野間恒毅

他にも魅力的な軽トラのカスタムがたくさんありました。

メーカーも出展

これだけ集客できるイベントですから、主要カーメーカーも出展。

DSC_4428
Photo: 野間恒毅

トヨタはGAZOO Racingとして「GRスーパースポーツコンセプト」を公開しましたよ。中身はル・マンで開発したコンポーネントをほぼそのまま使い、ハイブリッドで総合最高出力は1,000馬力。これを公道走行できるようにモディファイしたものといい、市販されるとすると億を超えるとかいう噂です。あとは皆さんが欲しい、買う、という声があればということですが。まあすごいですねえ。世界に比肩するスーパーカーになるかもしれません。

おっさんホイホイコーナー

アラフォー、アラフィフのおっさんに大人気なのがこちら。

20180112-DSC_5132
Photo: 野間恒毅

古くからのラリーファンにたまらないのが、コリン・マクレーがドライブしたスバル555カラーのレガシィ。そう、インプレッサがWRCが参戦する前はレガシィで参戦していたんですよね。このブルーにイエローのレタリング、そしてゴールドのホイールはいまやスバルの定番コーディネートとして定着してます。

DSC_4344
Photo: 野間恒毅

ダイハツの飛び道具はシャレード デ・トマソ。こちらも赤とブラックのツートンカラーがアイコンですね。昨年赤とブラックのツートンカラーのブーンを出して、(おっさんの)全員が全員「デ・トマソ!」と叫んでいたので、開き直って出してきたのでしょうか?

これぞ正統派?

改造車の祭典といってイメージするのがこんな車両じゃないでしょうか。いわゆるチバラギ仕様。

DSC_4480s
Photo: 野間恒毅

昨今は逆にこういったのが珍しくなっており、希少種伝統芸能として注目されていますね。

メーカーチューンドからシャコタン・ブギまで、様々なカスタムカーがあるだけではなく、皆さん大好きなカワイイ女の子、コンパニオンにレースクイーンも多数アテンド。ぜひ来年見に行ってはいかがでしょうか。

Photo: 野間恒毅
Source: TOKYO AUTO SALON 2018 | 東京オートサロン公式サイト

(野間恒毅)

腕をブン回して殴り合え! ラジコンロボットおもちゃ『センゴクバトラー』 – ガジェット通信

腕をブン回して殴り合え! ラジコンロボットおもちゃ『センゴクバトラー』

1月17日と18日に東京都立産業貿易センター台東館で開催された『春のおもちゃ商談会』。シー・シー・ピーは、殴り合いのバトルを楽しめるラジコンロボット『センゴクバトラー』を出展しています。

sengoku2

コントローラーのゲンコツマークがアタックボタンで、左右のアタックボタンを押すと腕をブン回して相手を殴ります。左右同時に押すと、左右連続コンボの必殺パンチが発動。

sengoku3

前進と左右旋回の動作を組み合わせてブッ飛ばせば、相手を倒してKOすることも可能。肩に装着したアーマーを吹っ飛ばしてもTKO勝ちになります。

2台あれば2人で対戦プレイできるほか、1台はオートモードで動かして1人で対戦することも可能。1台でも、ダミーフィギュアを相手にバトルの練習をすることができます。

『センゴクバトラー』は4月の発売予定。赤の『サムライタイプ』と青の『ニンジャタイプ』をラインアップして、価格は4280円(税別)です。

【釣りよかも参戦!】ジャパンフィッシングショー初日の見ドコロを簡単にまとめてみた – LureNews

明日から開催される「ジャパンフィッシングショー2018」。会場でアタフタしないためにも、初日の見ドコロをサクっとチェックしておこう!

出典:YouTube:釣りよかでしょう。まず、14:30からは、みなさんご存じ大人気Youtuberの「釣りよかでしょう。」がステージに登場。飛ぶ鳥を落としスギる勢いの釣りよか人気。今年も大いに盛りあがりをみせることだろう。

続いて、15:00から行われるのが、レディーストークショー児島玲子さん、秋丸美帆さん、ふくだあかりさん、坂本智子さんらによる女性アングラー目線でのトークは必見。ここでしか聞けないエピソードが飛びだすかも!?

そして、15:40から行われるのが、この日の目玉イベントとなる、トップアングラーお宝アイテム大放出の「大競り市」。この日しか手に入らないレアアイテムが多数出品される。出品アングラーはこちらの豪華メンバーだ。

そのほかにも、カタログ無料券やグルメコーナーで使える金券が当たる「FRIDAY特典クジ」や、釣りvsラジコンの対決が楽しめる「キャスティング精度選手権」なども開催。この初日だけの特別イベントなので、お見逃しなく!

【新作】全世界1400万DLの玩具ストラテジー『アーミーメン・ストライク』最強のおもちゃ軍団を指揮して戦え! – ファミ通App

【Amazonでこの本を購入する】

懐かしのおもちゃの世界へ

『アーミーメン・ストライク』はおもちゃの世界で最強の軍隊を目指すストラテジーゲームだ。対立するおもちゃと戦いながら、陣地に施設を配置・強化して、自分なりのおもちゃの軍隊を作り上げよう。

今回は、Google Playのおすすめタイトルとしても掲載された本作のゲーム内容について紹介していく。

アーミーメンメイン

ゲームの見どころ
・懐かしのおもちゃが動きだして家中でバトル!
・地道な強化で自分だけのおもちゃ軍団を作ろう!
・戦場へくり出して強敵を倒せ!

懐かしのおもちゃが動きだして家中でバトル!

本作は、持ち主が大人になって使われなくなってしまった“おもちゃの兵士”や“ラジコン”が、陣地を侵略してくる悪のおもちゃ“バッドトイ”たちを撃退するといったストーリー。

ストラテジーというとやることが多くて小難しいイメージがあるが、本作はソロプレイ用のステージ“特別行動”が用意されており、ひとつずつ任務を遂行するため、この手のジャンルの初心者でもとっつきやすい。

アーミーメンソファ

▲戦場は、ポテトチップスの散らばったソファーの上。おもちゃの軍隊は家の中を舞台に戦うのだ。

“特別行動”では、おもちゃの兵隊や戦車を出撃させ、敵本陣のHPを0にすることを目指す。自分のキャラクターたちを指定の場所に配置すると、近くの敵に向かって移動し攻撃をしてくれる。

アーミーメン特別行動

▲右下のスキルボタンで回復や攻撃、軍隊の誘導などが行える。

プレイヤーは軍隊の出撃位置を調整したり、スキルを使うことで軍隊の戦闘をフォローする。

バトルに勝利すると、育成アイテムやキャラクターの欠片などを手に入れることができる。欠片を一定数集めると、そのキャラクターを獲得できるので、欲しいキャラクターの欠片は積極的に集めていくのが吉だ。

アーミーメン欠片

▲ゲットしたキャラクターの欠片を集めることでさらに強化を進めることもできる。

▲どこかで見たことがあるおもちゃたち。ある意味で親しみが湧くかもしれない。

地道な強化で自分だけのおもちゃ軍団を作ろう!

本作では自分の陣地で施設を発展させつつ、おもちゃの軍隊や戦車の強化を行い、バトルで資源を手に入れるというゲームサイクルになっている。“おもちゃ”がテーマなだけあり、かわいい見た目の施設が多い。殺伐とした雰囲気にならないので、女性プレイヤーも楽しめるかも。

▲敵からお金を守ってくれるブタ貯金箱や偵察のためのラジコン飛行機などが施設として登場。

まずはすべての施設の中心となる“司令部”のレベル上げをするために、”顔料ビン”で塗料、”プラスチック金製”からプラスチックを集めるのがおすすめ。司令部のレベルは施設の開放条件や上限レベルに関わってくるので、優先的に上げるとほかの施設の強化もしやすくなる。

▲司令部は装飾することもできる。装飾によっては兵士の強化をできるものもあるぞ。これはミニ〇駆ではないと信じたい。

司令部のほかに、集めた資源で兵士や防衛施設の強化をすることもできる。施設のレベルを上げることで使用できるキャラや武器が増えていくぞ。

▲防衛施設などもパチンコなどしっかりおもちゃなのがおもしろいところ。

本作では施設の強化や兵士の訓練、バトルなどやれることが多く、何をすべきか迷ってしまう人もいるだろう。そんな人向けに“クエスト”というシステムが用意されている。

クエストはつぎに何をやるべきか示してくれるので、最初はクエストをこなしていくことを目標とするとよいだろう。

アーミーメンクエスト

▲施設の強化や兵隊の強化などさまざまなクエストが用意されている。

戦場へくり出して強敵を倒せ!

本作では自分の陣地から行う“特別行動”以外にも、戦場に繰り出して資源を採集したり、強力なバッドトイと戦って貴重なアイテムを獲得したりできる。

▲外に出るとそこには巨大なロボットやほかのプレイヤーの陣地がいっぱい。

戦場には、ほかのプレイヤーの陣地である司令センターも存在しており、攻撃することで資源を奪うことができるが、それは自分が資源を奪われる可能性があることも表しているぞ。

自分に何が必要か考えて、バッドトイの討伐、資源の採集、他プレイヤーから資源の奪取など行い、自分の軍隊の強化を進めよう。ひとりでは倒せないような強力なロボットもいるので、ときにはほかのプレイヤーと協力して1体の強大な敵に挑むのもおもしろいだろう。

皆さんも童心に帰って、“ぼくの考えた最強のおもちゃ軍隊”で強大な敵に立ち向かってみてはいかがだろうか。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?

YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

アーミーメン・ストライク

ジャンル シミュレーションRPG
配信日 配信中
コピーライト

【ロボット実証】ロボットによる港湾・漁港の構造物,海底地形計測システムの実証試験:平磯漁港(H30年1月23,25日) – 茨城県

更新日:2018年1月17日

以下のとおり、ロボット実証試験を実施します。

実証試験の概要

実証試験実施者

株式会社アーク・ジオ・サポート(本社:東京都渋谷区)

ロボットの概要

・ 自律航行とラジコン航行が可能な小型ボート型の測量船ロボットです(全長298cm)。港湾・漁港の施設や海底地形を探査することができます。
・ 探査時は1ノット~3ノットで航行し,音響探測機,水中音響カメラ,および3次元レーザースキャナーにより,港湾施設の状態を3次元でとらえ,効率的に探査することができます。
・ 海底地形状況(深掘,洗堀,形状,深浅)の現状調査や,護岸・堤防などの劣化,損耗等の点検での使用を想定しています。
アーク・ジオ・サポート_ロボットの写真

(写真提供:株式会社アーク・ジオ・サポート)

実施の詳細

日時

平成30年1月23日(火曜日)および25日(木曜日)
見学対応可能時間】 11時00分 から 14時00分 まで 
上記の時間内であればいつ来ていただいても対応可能です(但し,気象状況により開始時間,終了時間が変動する可能性があります)。
※ 天候の条件によっては中止する場合があります。実施の最終判断は当日朝8時に行いますので,詳細は株式会社アーク・ジオ・サポート(担当:大竹 ※連絡先はこちらをクリック)までお問合せください。

場所

平磯漁港(茨城県ひたちなか市平磯町1187)

アークジオサポート社実証試験エリア地図

・実証試験エリア:赤枠

・駐車スペース:緑枠

実証試験の見学にいらした方は,こちらに駐車してくださいますようお願いします。

※出典:国土地理院ウエブサイト
をもとに茨城県科学技術振興課が作成。

 

内容

・ 航行速度,旋回能力,測深データの計測精度の検証
・ 3次元レーザスキャナーデータ取得,施設形状の画像化の確認
・ 音響カメラ画像による構造物損傷状況確認

実証試験を取材・見学して頂く際の注意点

  • 安全対策として,ヘルメットの着用をお願いします。(実証試験会場で数人分の用意があります。)
  • お問い合わせ

    実証試験内容,ロボット本体について

    株式会社アーク・ジオ・サポート(外部サイトへリンク)(担当:大竹)

    電話番号:03-5304-7899
    試験当日の電話番号(大竹携帯電話番号):080-7817-4680

    事業について

    企画部科学技術振興課 研究開発推進グループ(担当:廣瀬,石川)

    電話番号:029-301-2532

    魚群探知、人命救助、釣りまでできる4Kカメラつき水中ドローン「PowerDolphin」 – ギズモード・ジャパン

    海釣りの強力なオトモになりますね。

    釣りにサーフィンにダイビングと、海でのアクティビティに大活躍する水中ドローン、PowerDolphinが誕生しました。

    以前、エイ型ドローンPowerRayを作ったPowerVision(パワービジョン)の最新モデルで、今度は名前のとおりイルカを模したデザインです。

    腹部には、GPSと連動して海底をマッピングできる魚群探知カメラが埋めこまれており、撒き餌用のコンテナも用意されています。お尻から釣り糸を垂らせば、魚だって釣れちゃいます。

    Video: Powervision Europe/YouTube

    操作はラジコンのプロポのようなコントローラーでもスマートフォンでもOK。スマホをモニター代わりに、プロポでの操作だってOKです。

    推進速度は秒速2m、3m、5mの3段階。溺れた人がいる地点でリリースし、救命胴衣や浮き輪を引っ張る操作もできます。

    前方のカメラは132度の広角で、可動部が2箇所あるため、水上から海底に向けて215度までの範囲を撮影することができます。LEDが4段階の明るさを調節しながら撮影。自分の釣りを、水中から「PowerDolphin」に動画撮影させることもできちゃうんです。

    撮影した30fpsの4K映像は、1080pHD画質でストリーミングをします。12Mピクセルの写真はMicro SDに記録もできますが、なんとコントローラーの電波が届く1,000mの長距離でも送信が可能。内蔵バッテリーはおよそ2時間までもちます。

    CES 2018でも発表したというPowerDolphin、発売日や日本での展開が気になりますね。

    Image: YouTube
    Source: YouTube via PowerVision, Facebook, CES 2018, Wikipedia

    岡本玄介

    【100均検証】ダイソーのラジコンで遊んでみた結果… – ロケットニュース24

    あなたは知っていただろうか? ダイソーにラジコンが売っていることを。もう一度言う。あの100円ショップの絶対王者『ザ・ダイソー』に、RCことラジオコントロール、漢字で言うなら無線操縦、通称「ラジコン」が売っているということをっ……!!

    念のため書いておくが、ラジコンである。自動車のラジコンである。コントローラーとクルマがコードで繋がれたオモチャではなく、きちんと「無線」で動く「ラジコン」が100円ショップのダイソーで売られているのだっ……!! ちなみに価格は……


    600円っ……!

    200円の商品があったり500円の商品があったりするダイソーであるが、ついに600円のラジコンまで売り出すようになったのだ。もはやダイソーは100円ショップではない。燃える闘魂アントニオ猪木よろしく、「100円ショップ」というキャッチコピーの「ザ・ダイソー」なのである。

    それはどうでもいいとして、こちらのラジコンの正式名称は「R/Cカー Type F」。

    タイプ・エフ……。箱に入っている真っ赤な車は、どう見てもF(エフ)である。どっからどう見ても……




    フェラーリだっ!٩( ᐛ )و

    (※ランボルギーニでした)

    そして、その傍らにはプロポ(送信機)が入っている。針金のアンテナがビヨヨ〜ンと伸びた、無線のプロポが入っている。赤外線ではないっ……。

    無線(ラジオ)だっ!!٩( ᐛ )و

    ちなみに対象年齢は10歳以上。電池の種類は単3で、本体に3本、プロポに2本、合計5本が必要となる。

    電池を入れ替えるたびにネジを開け閉めしなければならないのがクソ面倒だが、とにかく電池をインサート! ドキドキしながらプロポの「▲」を押してみると……


    シャアアアーーーーーッ!! 動いたっ! 動いただけでなく……前面のライトが光ってるーーーーッ!! なんという嬉しいギミック。ちなみにテールランプは光らない。

    左右のボタンを押してみると、フェラーリのステアリングも「カクッ、カクッ」と左右に曲がる。

    いわゆる「アナログ的」な微調整はできず、ボタンを押したら全力で曲がるようなタイプのステアリングだ。

    とにかく仕組みは理解した。600円なら、こんなもんだろう。ちゃんと走れば、それでいい……なんて優しい気持ちで地面に置いて走らせてみると……

    シャアアアーーーーーッ!!

    おおっ!

    わりと……

    そこそこ……

    ちゃんと動くぞ!!٩( ᐛ )و

    もちろん600円の玩具なのだから、いくら本体裏のステアリング調整をいじくっても「まっすぐ走らない」という欠点があったり、「小回りがぜんぜんきかない」みたいな点もあったりするが、そんな程度のことに難癖つけるのは野暮であろう。

    ただひとつだけ気になったのは……

    かなりの頻度で「コントールできなくなる」ということだ。何もしていないのに突然走り出したり、あるいは止まったりするのである。スリル満点で、たのしいぞ!

    Report:100均研究家・GO羽鳥
    Photo:RocketNews24.

    ★こちらもどうぞ → シリーズ「100均検証

    子供も楽しめるドリフトカートプロジェクト始動!【東京オートサロン2018】 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

    • 2018/01/15
    • Dee’s Club
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    北ホールのT&E(ティーアンドイー)ブースにあったハイエースは「荷物」がメイン。積まれて展示されていたのはドリフト専用として作られたカートだった! クルマを持たなくてもいいし、免許がなくてもいい。よりドリフトを身近に楽しめるようになるドリフトカートプロジェクトが実現へ向けスタートしました!

    展示している時点ではホントにプロジェクトがスタートしたばかりの試作前な状況ですが、このドリフトカートの最大の特徴はカート用アフターパーツの販売を視野に入れているところ。

    「ラジコンのドリフトの延長線として考えてもらうとわかりやすいです。エンジンを換えたり、ダンパーを換えたり、セッティングする楽しみがカートでも味わえるように」とティーアンドイー上野代表。

    いままでも個人で作るようなドリフトカートがありましたが、実際の動きはクルマとかなり差があるのも問題でした。そこも改善したいとあって、ダンパーの採用はこのためでもあるみたいですね。

    プロジェクトの実現がとても楽しみです!

    自動車業界の最新情報をお届けします!