女子小学生の保護者、タブレットでの学習OK・読書NG – リセマム

 女子小学生の保護者の4割以上は「タブレットでの学習」に前向きだが、「タブレットでの読書」については6割近くが消極的であることが、アスキー・メディアワークスなどの調査からわかった。女子小学生の半数は、紙とタブレットを併用して学習したいと考えていた。

 「子どもライフスタイル調査 2018冬」は、KADOKAWA アスキー・メディアワークスと角川アスキー総合研究所が共同で2017年8月1日~9月20日に実施。KADOKAWA アスキー・メディアワークスの女児向け雑誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に、女子小学生とその保護者から365件のサンプルを得た。

 女子小学生にタブレットの使用の有無について尋ねると、「家族のタブレットを借りて使っている」36.4%がもっとも多く、ついで「自分専用のタブレットを使っている」7.4%、「学校の授業」4.1%、「通信教育」3.6%など。自分専用タブレットの割合は、小学1~3年生の5.2%に対して小学4~6年生は11.4%と、学年で差がみられた。使用頻度では「毎日」がもっとも多く、1~3年生は24.8%、4~6年生は30.8%。ついで「週に1~2回」で1~3年生は20.2%、4~6年生は23.1%だった。

 タブレットを使っている女子小学生のうち、「学習に使っている」は1~3年生は27.5%、4~6年生は41.5%。「今後学習に使いたい」と回答した小学生を合わせると、1~3年生の約4割、4~6年生の6割以上が学習での利用に意欲を示した。

 タブレットで学習している女子小学生に「紙の本・ドリル」と「タブレットで見られる本・ドリル」どちらが学習しやすいか尋ねると、42.1%が「タブレット」の方が学習しやすい・どちらと言えば学習しやすいと回答。ただし、「タブレットで見られる本・ドリルだけで学習したい」は35.1%にとどまり、52.6%が紙とタブレットの「両方で学習したい」と答えている。

 女子小学生の保護者に向けて、タブレットで学習(知育)させたいか質問すると、15.6%は「すでに勉強をさせている」、28.5%は「今後勉強をさせたい」と回答。保護者の44.1%がタブレット教育に前向きな姿勢を示したが、タブレットでの読書に関しては「させたいと思わない」が全体の57.0%を占めており、消極的な意見が多かった。

 子どもにLINEなどの無料通話・メールアプリを利用させることについて質問したところ、37.8%が「使う時間や使い方を制限すれば問題ないと思う」、5.8%が「問題ないと思う」と回答。2014年8月に行った同様の質問では、26.7%が「使う時間や使い方を制限すれば問題ない」、2.7%が「問題ない」だったため、肯定派が増加していることがわかった。

保護者はタブレットでの学習に意欲的だが、タブレットでの読書には消極的『子どもライフスタイル調査 2018 冬』結果のお知らせ – PR TIMES (プレスリリース)

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)アスキー・メディアワークスは、株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:芳原世幸)と共同で『子どもライフスタイル調査 2018 冬』を実施いたしましたので、調査結果をお知らせいたします。
 今回の調査結果は、株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークスの女の子向けゲーム&キャラクター情報誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に実施し、回答者から読者の中心層である女子小学生を抽出して、集計分析したものです。

  • 調査結果のポイント  
    ◎女子小学生の48%がタブレットを使っている。
    ◎タブレット使用女子小学生の27%がタブレットを「毎日」使用している。
    ◎タブレットを学習で使用している女子小学生の53%が、今後紙の本・ドリルとタブレットの両方で学習したいと回答。
    ◎保護者の44%が学習にタブレットを使わせたいと回答。
    ◎保護者の57%がタブレットで読書をさせたくないと回答。
    ◎女子小学生の保護者の38%がLINEなどの無料通話アプリについて「使う時間や使い方を制限すれば問題ないと思う」と回答。

■調査概要   
【調査期間】2017年8月1日~2017年9月20日
【調査方法】雑誌添付ハガキによるアンケート
【調査対象】女子小学生
 雑誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に調査を実施し、回答者から女子小学生のみを抽出して集計した。  
【集計サンプル数】合計365件(女子 小1~3年生 233件、女子 小4~6年生 132件)

※なお、本リリースに掲載しておりますデータを記事にて引用される場合は、「株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス調べ」と出典を明記していただきますようお願いいたします。

■『子どもライフスタイル調査 2018 冬』調査結果詳細   

(1)タブレットについて

◆女子小学生の48%がタブレットを使っている

 自宅に限らずタブレットの使用の有無について尋ねたところ、女子小学生の48%が「使っている」と回答。「家族のタブレットを借りて使っている」の比率が36%と高い。「通信教育」が4%、「学校の授業」が4%と利用方法がひろがっている。また、「自分専用のタブレットを使っている」も7%。

◆タブレットを使用している女子小学生の27%が「毎日」使用している

 タブレットを使用していると回答した女子小学生に使用頻度を尋ねたところ、27%が「毎日」使用していると回答。うち女子小4~6年では、31%が毎日使用していると回答。一定の割合でタブレットが生活に浸透している様子がうかがえる。

◆タブレットを使用している女子小学生の33%が「学習」に利用

 タブレットを使用していると回答した女子小学生にタブレットを学習に利用しているか尋ねたところ、「学習に使っている」が33%。「今後学習に使いたい」も合わせると50%と約半数を占める。

◆タブレットで学習している女子小学生の4割が「紙の本・ドリル」より「タブレット」の方が学習しやすいと回答

 タブレットで学習している女子小学生に「紙の本・ドリル」と「タブレット」では、どちらが学習しやすいか尋ねたところ、女子小学生の14%が「タブレット」と回答。「どちらかと言えばタブレット」を含めると42%がタブレットの方が学習しやすすいと回答。一方、「どちらかと言えば」も含めた「紙の本・ドリル」との回答は、3割にとどまり、学習のしやすさでは、タブレットの評価が紙を上回る結果となった。

◆タブレットを学習で使用している女子小学生の53%が今後、紙の本・ドリルとタブレットの両方で学習したいと回答

 今後「紙の本・ドリル」で学習したいか、「タブレットで見られる本・ドリル」で学習したいか尋ねたところ、タブレットを学習で使用している女子小学生では、53%が「両方で学習したい」と回答。また、タブレットで学習していないタブレット使用者の51%も両方で学習したいと回答。学習のしやすさでは、タブレットの方が優勢ではあるものの、タブレット使用者の半数は、タブレットと紙を併用したいと考えているようだ。

《保護者向けの設問》

(2)自身の子どものタブレット使用について(保護者全体)

◆女子小学生の28%は、タブレットの使い方を教えなくても、自分で使い方を覚える

 女子小学生の保護者に自身の子どものタブレット習熟度を尋ねたところ、女子小学生の保護者の28%が「使い方を教えなくても、自分で使い方を覚える」と回答。女子小4~6年生の保護者では37%と高学年で高い。

◆保護者の44%は、今後タブレットを使わせたいと回答

 女子小学生の保護者に自身の子どもにタブレットで学習(知育)をさせたいか尋ねたところ、女子小学生の保護者の16%が「すでに勉強をさせている」と回答。「今後勉強をさせたい」と合わせると44%。保護者の間でもタブレットでの教育に前向きな姿勢が優勢であることがわかる。

◆「タブレットで読書をさせたいと思わない」という回答が57%

 女子小学生の保護者に自身の子どもにタブレットで読書をさせたいか尋ねたところ、女子小学生の保護者の57%が「読書をさせたいと思わない」と回答。「すでに読書をさせている」という回答は7%。タブレットを学習に使うことは肯定派が多かったが、読書については否定派が多数を占める結果となった。

(3)子どものLINEなどの無料通話・メールアプリの利用について(保護者全体)

◆女子小学生の保護者の38%が「使う時間や使い方を制限すれば問題ないと思う」と回答

 女子小学生の保護者に自身の子どもにLINEなどの無料通話・メールアプリを利用させることの考えについて尋ねたところ、38%が「使う時間や使い方を制限すれば問題ないと思う」と回答。肯定的な意見は「問題ないと思う」と合わせて44%。2014年8月調査では肯定的な意見は29%だったので、肯定派が増加した結果になった。

◆「トラブルや犯罪に巻き込まれそう」と55%が回答

 女子小学生の保護者に自身の子どものLINEなどの無料通話・メールアプリ利用で心配なことを尋ねたところ、55%が「トラブルや犯罪に巻き込まれそう」と回答。次いで、「依存症になりそう」が53%。

■調査対象の雑誌 媒体概要  

【雑誌名】キャラぱふぇ

【内容】小学生の女の子に人気のゲームやキャラクターのコミックなどを多数掲載。  

    文具セットやポーチなど、クオリティの高い付録がついています。  

【発行形態】雑誌/偶数月1日発売

【発行部数】180,000部 【特別価格】880円(税込) 【判型】AB判

【発行】株式会社KADOKAWA 【プロデュース】アスキー・メディアワークス

【男女比】男1、女99 【平均年齢】8.7歳

【公式サイト】http://cp.dengeki.com/

■関連サイトURL 

・KADOKAWAオフィシャルサイト http://www.kadokawa.co.jp/

・アスキー・メディアワークス公式サイト http://asciimw.jp/

・電撃25周年公式サイト http://25th.dengeki.com/

・角川アスキー総合研究所 http://www.lab-kadokawa.com/

 

急患受け入れ病院閲覧タブレット 岡山市消防局が全救急車配備へ – 山陽新聞

 岡山市消防局は、救急患者の受け入れが可能な医療機関をリアルタイムで閲覧できるタブレット端末を全ての救急車に配備する方針を固め、18日発表の2018年度当初予算要求に関連経費を盛り込んだ。現場の迅速な …

この記事は会員限定です。

電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

リツイートでお絵かきタブレットraytrektabが当たる – ASCII.jp

2018年01月18日 17時30分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 ドスパラは1月18日、Twitterから応募できるプレゼント企画「冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン」を開始した。

 ドスパラ公式Twitterアカウントをフォローし、対象のつぶやきをリツイートすると抽選で1名に4096階調の筆圧感知ペンを搭載したお絵かきタブレット「raytrektab DG-D08IWP」が当たる。

 Twitterのアンケート機能を使って「これからお絵かきを始めるなら、デジタルかアナログか」を問うアンケートを実施したところ、デジタルの回答が多数であったことを受け、今回のキャンペーン開催にいたったという。詳細は以下のとおり。

冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン

応募方法
 1:ドスパラ公式アカウント(@dospara_web)をフォロー
 2:対象のつぶやきをリツイート
賞品
 お絵かきタブレット「raytrektab DG-D08IWP」 1名
応募期間
 1月31日(水)23時59分まで
応募資格
 有効なTwitterアカウントを持っている日本在住の方
抽選
 応募期間終了後、厳正な抽選の上当選者を決定(2018年2月中旬を予定)
当選発表
 当選者のみTwitterのダイレクトメッセージにて連絡

■関連サイト



カテゴリートップへ

ASCII.jp:リツイートでお絵かきタブレットraytrektabが当たる – ASCII.jp

2018年01月18日 17時30分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 ドスパラは1月18日、Twitterから応募できるプレゼント企画「冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン」を開始した。

 ドスパラ公式Twitterアカウントをフォローし、対象のつぶやきをリツイートすると抽選で1名に4096階調の筆圧感知ペンを搭載したお絵かきタブレット「raytrektab DG-D08IWP」が当たる。

 Twitterのアンケート機能を使って「これからお絵かきを始めるなら、デジタルかアナログか」を問うアンケートを実施したところ、デジタルの回答が多数であったことを受け、今回のキャンペーン開催にいたったという。詳細は以下のとおり。

冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン

応募方法
 1:ドスパラ公式アカウント(@dospara_web)をフォロー
 2:対象のつぶやきをリツイート
賞品
 お絵かきタブレット「raytrektab DG-D08IWP」 1名
応募期間
 1月31日(水)23時59分まで
応募資格
 有効なTwitterアカウントを持っている日本在住の方
抽選
 応募期間終了後、厳正な抽選の上当選者を決定(2018年2月中旬を予定)
当選発表
 当選者のみTwitterのダイレクトメッセージにて連絡

■関連サイト



カテゴリートップへ

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策を強化|Business … – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

利用限度額を引き上げたBtoB決済サービス

一般的な企業間取引では、購入した商品の代金を一定期間分まとめて後日支払いをする掛売りが主流となっている。

続きを読む

クレジットカード番号の安全管理環境を一括提供するセキュリティパック

日立システムズは、カード番号などの安全管理を支援するソフトウェアとITインフラをセットで提供する「ハイパーコンバージド・ソリューション トークナイゼーションモデル」を販売開始した。

続きを読む

事例! J-Credit実行計画のあれにもこれにも新POSシステムで対応

消費者にとっては喜ばしい。クレジットカード取引などの公正性と健全性を確保する事業者ルールを定めた「改正割賦販売法」の成立。その具体策である「実行計画」を、日本クレジット協会を事務局にしたクレジット取引セキュリティ対策協議会と経済産業省が推進している。

続きを読む

代引、カード、後払いを一括管理、時間と費用を節約

急速な成長を遂げ、いまも拡大を続ける電子商取引(EC)市場――。
オンラインショッピングサイトやアプリは、当編集部員のような一般利用者にはとても便利な仕組みだが、それを運営する事業者やマーケット出店者には苦労も多い。たとえば、収金を確実にするために、支払いは電子マネーのみとしたら売れる物も売れなくなる。

続きを読む

冬はコタツでお絵かきしよう お絵かきタブレット『raytrektab DG-D08IWP』が当たるプレゼントキャンペーンを実施 – ValuePress! (プレスリリース)

2018年1月18日(木)より、Twitterにてご応募いただけるプレゼント企画『冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン』を開始いたしました。抽選で1名様に、4096階調の筆圧感知ペンを搭載したお絵かきタブレット『raytrektab DG-D08IWP』が当たります。

株式会社ドスパラ(代表取締役社長:西尾伸雄 東京都千代田区)は、2018年1月18日(木)より、Twitterにてご応募いただけるプレゼント企画『冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン』を開始いたしました。

ドスパラ公式Twitterアカウントをフォロー、及び対象のつぶやきをリツイートしていただくことで、抽選で1名様に、4096階調の筆圧感知ペンを搭載したお絵かきタブレット『raytrektab DG-D08IWP』が当たります。

当キャンペーンは、Twitterのアンケート機能を用いて『これからお絵かきを始めるなら、デジタルかアナログか』を問うアンケートを行ったところ、“デジタル”の回答が多数であったことを受け実施するものです。

どこでも使いやすい8インチタブレットで快適なお絵かきを実現した『raytrektab DG-D08IWP』が、皆様のお絵かき環境に革命を起こします。ご応募をお待ちしております。

raytrektab DG-D08IWP 詳細

http://www.dospara.co.jp/5info/cts_raytrektab

【冬はコタツでお絵かきしよう!キャンペーン】

————————

◆応募方法

①ドスパラ公式アカウント(@dospara_web)をフォロー

https://twitter.com/dospara_web

②対象のつぶやきをリツイート

https://twitter.com/dospara_web/status/953857076756758538

◆賞品

お絵かきタブレット『raytrektab DG-D08IWP』 1名様

◆応募期間

2018年1月31日(水)23:59まで

◆応募資格

有効なTwitterアカウントをお持ちで日本在住の方

◆抽選

応募期間終了後、厳正な抽選の上当選者を決定いたします。(2018年2月中旬を予定)

◆当選発表

ご当選者様のみTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡差し上げます。

————————

【Twitterアンケートについて】

——————-

■アンケート設問

これからお絵かきを始めるなら‥??

■アンケート回答と結果

44% デジタルで描く

14% アナログで描く

42% 両方使う

■回答数

1,717票(アカウント)

■アンケート対象

ドスパラTwiiterアカウントフォロワーの皆様

■アンケート実施期間

2017年1月17日(水)12:53~1月18日(木)12:53

■アンケート結果ページ

https://twitter.com/dospara_web/status/953475213613674496

——————-

※本リリースに記載の内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

———————————————————————-

【株式会社ドスパラについて】

株式会社サードウェーブより、コンピューター機器等の小売事業部門を分割し、2012年4月設立。

パソコンショップ『ドスパラ』(全国22店舗・ウェブ通販)を運営。

国内生産BTO(Build To Order)パソコンやPCパーツ、周辺機器を中心に、国内外の製品を豊富に取り揃える。

http://www.dospara.co.jp/corporate/

http://www.dospara.co.jp/

ドスパラ店舗

http://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop

==============================================================

このリリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

【販売に関するお問い合わせ先】

株式会社ドスパラ ドスパラ通販センター

TEL:0570-028-120 (PHS・IP電話から 03-4332-9194)

電話受付(平日)9:00~21:00 (土日祝)10:00~18:00

【報道関係者様お問い合わせ先】

サードウェーブグループ

株式会社ドスパラ 広報部:勝亦 健太(かつまた けんた)

E-mail:dospara-koho@twave.co.jp

TEL:03-5294-2043

携帯電話:070-2164-5994

==============================================================

タブレットを用いた捜査体験コーナーもある三菱みなとみらい技術館の企画展「科学捜査の秘密2」 – MdN Design Interactive

体験型展示コーナーの様子(第1回より)

体験型展示コーナーの様子(第1回より)

2018年1月17日(水)から2月12日(月・休)まで、三菱みなとみらい技術館にて「科学捜査の秘密2―証拠はウソをつかない―」が開催されている。昨年度も好評だった企画展の第2弾。事件や事故の現場に残された物的証拠を手掛かりに科学技術を駆使して真実を見分ける「科学捜査」を体験できる。火曜休館で、開館時間は10:00〜17:00(入館は16:30まで)。企画展観覧料は無料で、入館料(大人500円 / 中学・高校生300円 / 小学生200円 / 未就学児や65歳以上は無料)は別途に必要とされる。

本展では、タブレット端末を用いて捜査の一連の流れを模擬体験できる「捜査体験コーナー」や、科学捜査の鑑定手法のうち7種類(指紋鑑定 / 毛髪鑑定 / 血痕分析 / 交通事故鑑定 / 塗膜分析 / 火災鑑定 / 足跡鑑定)について9項目に関する手法を紹介する「体験型展示コーナー」を用意。「捜査体験コーナー」では、盗難 / 火災 / 誘拐 / 交通事故という4つの事件が週替わりで展開され、捜査手帳に見立てたタブレットを片手に自分で考えながら捜査の流れを体験できる。週末にはワークショップも開催。自分の指紋を鑑定するなど、特殊な素材を用いて簡単に捜査の鑑定体験ができる。

■期間:
2018年1月17日(水)~2月12日(月・休)

■開催場所:
三菱みなとみらい技術館
横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル

■問い合わせ先:
三菱みなとみらい技術館
tel. 045-200-7351
url. http://www.mhi.co.jp/museum/

ワコム,書き心地を向上した大画面24型液晶ペンタブレット2機種発売 – インナビネット

DTK-2451 / DTH-2452

DTK-2451 / DTH-2452

ワコムは,現在多くの医療機関に導入されている液晶ペンタブレットDTK-2241,DTH-2242の後継機種として,さらに大きく見やすい24インチ大画面と,より素早く細かな手書き描写が可能な 2048段階の筆圧感知機能を搭載したDTK-2451(デジタルペンのみ対応)とDTH-2452(デジタルペンとタッチに対応)を2018年1月末から販売開始する。

●医療現場の現状

医療現場では,高齢化社会への対応,包括的な地域医療システムの推進,医療ミスの削減,事務スタッフの業務効率化など様々な課題に応えるため,電子カルテを中心とした医療情報システムが見直されている。紙のカルテを電子化する意義は大きい一方,診療記録や患者の症状,手術記録などを, 迅速に分りやすく記入するためには,患部のスケッチを織り交ぜたり,必要な部分を手書きでマーキングしたり,文字にしにくい内容を図示するなど,電子カルテにおいても紙のカルテと同様の使用感や効率性を確保することが重要。こうした中,常に「紙とペンに近い書き心地」を追求してきたワコムの液晶ペンタブレットは,電子カルテを有効に活用するための入力・表示機器として幅広く支持されている。

●電子カルテのメリットを引き出すワコムの液晶ペンタブレット

今回発売の2機種は,フルHD(解像度1920 x 1080)の24型液晶を採用することで,より大きく見やすい表示エリアを確保しながらも細かい書き込みにも対応し,医療現場での電子カルテのほか様々な電子文書の添削等にも最適な液晶ペンタブレット。さらに,頻繁に使用する機能を割り当てることができる4つのファンクションキーを搭載し,利便性を高めている。

電子カルテは1999年,当時の厚生省による「診療録等の電子媒体による保存について」の通知で認められて以来,ベッド数で400床を超える大病院がリードする形で普及が進んできた。また,現在,中規模病院(同100以上400床未満)でも普及の加速が期待されており,新機種への置き換えを含め,着実な需要が見込まれている。

さらに,同機種の液晶ペンタブレットは,医療機関以外でも,全国の警察や消防など緊急連絡を受理して現場へ指令を出す「通信指令センター」においても,迅速な情報伝達のために広く導入されており,こうした用途での新規および置き換え需要にも応えていく。

【DTK-2451/DTH-2452製品ページ】
https://tablet.wacom.co.jp/medical/products/dtk2451/index.html

●問い合わせ先
(株)ワコム ビジネスソリューション
TEL 03-5337-6706
Eメール:vm-info@wacom.co.jp
http://www.wacom.com/

NIPPON Tablet、ソニーネットワークコミュニケーションズをMVNEとするMVNO事業を開始 – SankeiBiz

NIPPON Tablet株式会社(東京本社:東京都品川区、代表取締役社長:武田 知之(たけだ ともゆき)、以下「NIPPON Tablet」とする)は2018年1月25日、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:十時 裕樹(ととき ひろき)、以下「ソニーネットワーク」とする)が展開するモバイル事業のもと、MVNO事業者として通信事業を開始することをお知らせいたします。

ソニーネットワークは、モバイル事業として「nuroモバイル」を展開し、LTE SIMによるモバイルサービスを提供しております。今回、NIPPON Tabletとの協議により、タブレットをインフラとした様々なサービス提供を行い、社会インフラ構築を目指すNIPPON Tabletの事業に賛同し、全国の加盟店様向けモバイル通信機能の提供に合意いただくこととなりました。

NIPPON Tabletは加盟店である店舗向けに「防犯・防災・おもてなし」の3つのコンセプトでサービスを展開しており、そのすべてを自社端末(Androidタブレット)をインフラとした、サービスの提供をいたしております。このたび2018年2月よりMVNO事業者となり、同時期に市場投入する自社端末(Androidタブレット)より、すべてに通信SIMを配備し、無償で加盟店様へ提供することを開始いたします。これにより場所を選ばずに通信を行う事が可能となり、発災時の避難ツール(避難場所情報提供、安否確認等)としての活用が可能になります。

■NIPPON Tablet株式会社について
NIPPON Tabletは店舗を持つ法人または個人を中心に、「防犯・防災・おもてなし」をコンセプトに3つの「あったら安心・便利」を提供します。NIPPON Tabletが提供するサービスのベースとして、専用のタブレットを提供し、そのタブレット内で各種防犯に関するサービス、防災に関するサービス、おもてなしに関するサービス(決済サービスが含まれます。)を提供します。今後この3つのコンセプトに関するサービスを充実させ、店舗向けの「あったら安心」、「便利」を向上させて参ります。

<NIPPON Tabletの展開するサービス>
〇防犯
・防犯カメラ機能(2018年4月開始予定)

〇防災
・防災情報提供機能(2018年2月開始予定)
・避難情報提供機能(2018年準備中)

〇おもてなし
・通訳機能
- 7か国語通訳機能
・決済機能
- 訪日中国人向けモバイル決済機能
- 日本人向けモバイル決済機能(2018年春開始予定)
- クレジットカード決済機能(2018年2月開始予定)
・集客、売上施策機能
- 会員カード機能など

【NIPPON Tablet株式会社概要】
本社 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-7F
ホームページ: https://nippon-tablet.com/
代表 : 代表取締役社長 武田 知之
設立 : 2016年11月
資本金 : 14,000,000円
顧問他 : 高木 純(創業者)
PLR(*1)技術顧問 橋田 浩一
(東京大学大学院 情報理工学系研究科
ソーシャルICT研究センター教授)
(*1) 自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS(Personal Data Store)の一種で
個人生活録(PLR:Personal Life Repository)の事。