iPhoneサイズの自撮りドローンが注目される理由とは

「週刊アスモノ」アーカイブ
第44回

2017年7月3日(月)放送

2017年07月04日 06時00分更新

文● 三宅


週刊アスモノはTOKYO MX朝のニュース番組『モーニングCROSS』内で毎週月曜日8時ごろから放送している超ギークなASCIIコラボコーナーです。こちらではコーナーの動画をASCII倶楽部会員向けにお届けします。

国内のドローン市場は2017年の221億円に対して、2020年はなんと853億円にもなるという。

ドローン関連企業への投資も増え、ビジネス用途での導入も進んでいる。

ホビー向けに関しては、サイズが小型化しながらも多機能になって、今回紹介する『AirSelfie』はiPhoneとほぼ同じサイズながら動画や静止画撮影機能を備えている。

「ドローンの操作は難しいんじゃないの?」という方は、ぜひ動画を見て欲しい。

ケース型ということもあって、ローターがガードされているので扱いやすい。

自撮り棒の代わりに自撮りドローン。伸ばした腕を隠さなくてもいいので、構図も自由。

※会員登録いただきログインしますと、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。

この連載の記事

東京おもちゃショー 2017の注目アイテム振り返り

「週刊アスモノ」アーカイブ
第40回

2017年6月5日(月)放送

2017年06月05日 19時00分更新

文● 三宅


週刊アスモノはTOKYO MX朝のニュース番組『モーニングCROSS』内で毎週月曜日8時ごろから放送している超ギークなASCIIコラボコーナーです。こちらではコーナーの動画をASCII倶楽部会員向けにお届けします。

2017年6月1日(木)~4日(日)の4日間に渡って開催された東京おもちゃショー。

年々ハイテク化するおもちゃは、大人が欲しくなってしまうものばかり。子供のために! と言いつつちゃっかり自分が……なんて人もいそうです。

注目はドローンやVRを使った製品で、スマホを使って手軽に映像を楽しめるものも増えています。

せきぐちあいみさんが3Dドリームアーツペンの公式アーティストとして実演もしていたり、楽しい会場の様子を動画でどうぞ!

仕事や取材で行っても、つい忘れて自分が楽しんでしまう東京おもちゃショー。

※会員登録いただきログインしますと、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。


この連載の記事

プログラムを覚えないとロッカーが使えない!?PC時代の大学が凄かった

「週刊アスモノ」アーカイブ
第36回

2017年5月8日(月)放送

2017年05月08日 20時00分更新

文● 三宅


週刊アスモノはTOKYO MX朝のニュース番組『モーニングCROSS』内で毎週月曜日8時ごろから放送している超ギークなASCIIコラボコーナーです。こちらではコーナーの動画をASCII倶楽部会員向けにお届けします。

PCが当たり前の社会とは言っても、プログラムを覚えるのは少々ハードルが高い。

そんな意識をすっかり変えてくれる東洋大学の情報連携学部に行ってきました。

総合プロデュースをしたのは坂村 健学部長。アスキーの読者ならばTRONプロジェクトの坂村さんと言ったほうがわかりやすい。

PCですべて代用するため、本のない図書館や拡張を見据えて天井のない室内、電気もPCからコントロールと徹底した環境を作り上げている。

日常からプログラムに接するとあって、こんな環境で学びたかったという人も多いのではないでしょうか?

天井は工事の遅れではなく、センサー設置など、あとから機能拡張をしやすくするため。

ロッカーはICカードで開錠するので、プログラムを覚えないと自分のロッカーが使えない。

※会員登録いただきログインしますと、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。


この連載の記事

壁や机に投影した画面を操作できる「Xperia Touch」

「週刊アスモノ」アーカイブ
第35回

2017年5月1日(月)放送

2017年05月01日 19時00分更新

文● 三宅

プロジェクターは単に映像を投影する機械、というのは過去の話。

超単焦点レンズと赤外線センサーによって、投影した画像を操作できる「Xperia Touch」。マルチタッチにも対応しているので、複数人が参加するゲームだったり、楽器などの演奏も可能。

キーボード操作など、タッチ判定するプロジェクターは過去にもあったが、本製品は正確さとレスポンスが大変よいので動画で確認してほしい。

※会員登録いただきログインしますと、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。