古い年賀状を発見しよう!思わぬ開運も!?

古い年賀状・年賀はがきから「おたから」を発見しよう!

家にある年賀状がもしかしたらお宝かもしませんよ

家にある年賀状がもしかしたらお宝かもしませんよ

ふだん郵便局に行く機会がなくても、1年に1回の国民的イベントである年賀状のやりとりだけは……という方は多いのではないでしょうか。年賀はがきの抽選を機会に自宅や職場に届いた年賀状を見返す方も多いと思います。この機会に自宅もしく実家などにある古い年賀状もチェックして、プレミアが付く年賀状・年賀はがきを探してみませんか。この記事を読めば、あなたも年賀状の目利きになれるかも?!です。

昭和20年代の官製年賀はがきは未使用にプレミアが!

日本でもっとも古い官製年賀はがきは、昭和25年用の年賀はがきで、発行日は昭和24年12月1日です。郵政省が誕生して最初の年末年始を迎えた時期であり、朝鮮戦争による特需景気で沸いていた時代でした。戦後復興も進んだことから、くじ付きの年賀はがきが2種発売されました。カタログ評価額ですが、青い2円はがきが未使用3,000円・使用済400円、赤い2円+1円(寄付金付き)はがきが未使用2,800円・使用済300円となっています。

日本最初の官製年賀はがき

日本最初の官製年賀はがき。昭和25年用として2種発行された。

官製年賀はがきのうち、昭和20年代のものはいずれもカタログ評価1,000円を超えています。未使用が特に高価なのが、昭和28年と29年のくじ無しの官製年賀はがきで、カタログ評価5,500円がつけられています。実勢価格は保存状態により前後しますが、標準的なものであればカタログ評価の7割が1つの目安です。

昭和28年(左)・昭和29年(右)用の年賀はがきの印面

昭和28年(左)・昭和29年(右)用の年賀はがきの印面。未使用は現存数が少ない。

 

3種類ある昭和25年の寄付金付き年賀はがき

昭和25年の寄付金付き年賀はがきは古いものですが、一定数が流通したので、家の奥から出てくることもあると思います。もし見つけたら、細かなタイプも調べてみましょう。この年賀はがきは印刷庁に加えて、大日本印刷、凸版印刷、共同印刷の3社が印刷を担いました。印刷庁製と大日本印刷製は組番号で判断でき、前者は40組より若い番号のもので、後者は131組以降です。凸版印刷と共同印刷も組番号で分かりますが、下記の秘符で判別することもできます。

凸版印刷と共同印刷の年賀はがきの違い

クリックしてぜひ拡大いただきたい。青い丸で囲んだ部分をよくみると、凸版印刷製(上)は丸型部の上下に点が1つずつ、共同印刷製(下)は上に2つ、下に1つの点がある。

昭和26、27年の年賀状は広告入機械印を探したい

年賀状をみると、さまざまな消印が押されていることに気づくと思います。昭和26年、27年の年賀状でポイントになるのは、「広告入機械印」です。全国各地で機械印に広告を入れられるようになりました。多くは1,000円前後ですが、中には年末年始限定の珍しいものもあり、数千円以上の価値を持つことがあります。

「森永キャラメル」の広告入機械印

「森永キャラメル」の広告入機械印が押された昭和26年の年賀はがき。インクの色もとび色と黒色のタイプがある。(参考価格:500円)

年賀郵便に華を添える図入り年賀印

昭和25年から昭和31年にかけては「図入り年賀印」がポイントです。梅、ウサギ、南天、富士山、初日の出、折り鶴、コマなど毎年決められた図案の消印が全国各地で使われています。鮮明に押されたものであれば、300円前後の価値があります。戦前は昭和11年から13年にかけて使用されていました。

図入り年賀印

昭和25年から昭和31年にかけて使用された図入り年賀印。

消印付きの年賀はがきは大切にしたい

昭和32年は年賀印が使われませんでした。昭和33年以降は毎年1月1日の日付と「年賀」の文字を入れた消印が用意され、年賀状取扱期間中の例年12月28日頃までに差し出されたものに押されています。年賀郵便が集中する繁忙期には、専門家も驚くような珍印が押されることもありますので、年賀印に限らず、どんな種類でも鮮明に消印が押されたものは保存しておくのが原則です。特に昭和37年以降は官製年賀はがきへの消印の省略が行われていますので、より重要といえます。

昭和37年度以降の消印の押された年賀はがき

昭和37年度以降、消印の押された官製年賀はがきは少なくなる。左・中央は100円程度の価値。右は短命局の和欧文機械印のため、2,000円程度の価値がある。

はがき額面以外に押された年賀印にプレミア!

また、年賀印の大半が官製年賀はがきか、私製年賀はがきに押されたものです。下に示す年賀印のうち、年賀はがき用の4円切手の年賀印は100円程度の価値ですが、印刷物の郵便用(今日のゆうメールに相当)に使われたかもしか8円の年賀印は2万円を超える価格で取引されることがあります。かもしか8円の使用済のうち、数万枚に1枚程度の可能性でしか出現しない「知る人ぞ知る珍品」です。

多宝堂4円とかもしか8円の年賀印

多宝堂4円とかもしか8円の年賀印。左の4円ではありふれているが、右の8円は「おたから」である。

お年玉小型シートで高いのは東京五輪以前

たんすを整理していたら、お年玉シートが出てきたという話もよく聞きます。多少なりともプレミアムがつくのは東京五輪の開催年である昭和39年以前のものに限られ、それ以外のものは郵便に使ってしまっても問題ありません。本当の意味で「おたから」と呼べるのは、昭和30年以前のものからで、実勢価格は保存状態にもよりますが、いずれもカタログ評価は1万円を超えます(この記事での評価額は2018年1月時点での目安)。

円山応挙の虎

戦後のお年玉の年賀小型シートで最も高価な「円山応挙の虎」。カタログ評価45,000円。

いかがだったでしょうか。年賀状は人と人のあいだで交わされる心をこめた贈り物です。時代が経てば歴史的資料としての価値も持つ場合もありますし、世代を超えたコミュニケーションも図れるかもしれません。ぜひこの機会に改めて見返してはいかがでしょうか。

思わずシェアしたくなる?!2018年の年賀状の愉しみ方

2018年用年賀はがきの注目のポイント

年末が近づいてくると、全国各地の郵便局では、年賀はがきの販売がピークを迎えます。最近では若年層を中心に年賀状離れが進んでいると言われていますが、日本郵便はネット上でさまざまな話題づくりをして、切手や郵便への関心を広げる試みをしています。そんな日本郵便の動向も踏まえながら、2018年の年賀状についてご紹介していきたいと思います。

2018年用年賀はがきから。左から「福寿草」(インクジェット写真用)・「スヌーピー」・「ハローキティ」。

郵便局で発売されている2018年用年賀はがきの一部。左から「福寿草」(インクジェット写真用)・「スヌーピー」・「ハローキティ」。

SNSでシェアされる年賀状

2018年の年賀はがきの1つの特徴は、思わずシェアしたくなるような「あっと驚く」仕掛けがたくさんあるということです。たとえば、新進気鋭の切手デザイナー山田泰子さんが担当した、年賀はがき「犬の絵馬」。ここには、実にいろいろな小ネタが仕込んであります。

2018年用年賀はがき「犬の絵馬」

2018年用年賀はがき「犬の絵馬」。この年賀はがきを担当した切手デザイナーは山田泰子さん(日本郵便)。

絵馬の中に小さく描かれた干支の動物たち

まず注目されるのが、2018年の干支である戌(いぬ)の絵馬です。よくみると2017年の酉(とり)と、2019年の亥(いのしし)が小さく隠れています。それだけではありません。年賀はがきの印面をじっくりと観察してみてください。絵馬の背景にある青海波の模様ですが、かわいいイノシシになっています。これなら思わずSNSなどでシェアしたくなりますね。

年賀はがき「犬の絵馬」の絵馬の部分

年賀はがき「犬の絵馬」の絵馬の部分を拡大。絵馬には酉(とり)と亥(いのしし)が隠されていて、背景の青海波もイノシシになっている。

2018年用年賀はがきに潜むマイクロ文字

さらに絵馬の紐の結び目を注意深く観察すると、なんと「NENGA」(ねんが)というマイクロ文字まで入れられています。ここに挙げたような小ネタは日本郵便の公式サイトにも紹介されていますが、全部ではありません。だからこそ、SNS(リンク先は日本郵趣協会によるツイート)での情報交換が欠かせないというわけです。

絵馬の紐の結び目に隠されたマイクロ文字

絵馬の紐の結び目に隠されたマイクロ文字「NENGA」と書かれている。

2018年の隠れミッキーは8つ

さらに注目されるのは、2008年に発行されてからすっかり定番の人気商品になった、ディズニーキャラクター年賀はがきです。中でもシルエットになった「隠れミッキー」探しは毎年恒例となっているので、ぜひ探してみてください。2018年のディズニーキャラクター年賀はがきには合計で8つの「隠れミッキー」がいるそうです。

2018年用年賀はがき「ディズニーキャラクター」。

2018年用年賀はがき「ディズニーキャラクター」。青で印をつけたところに8つある「隠れミッキー」の1つが確認できる。

「年賀」の歴史は繰り返す!?

さて、2018年は干支の「戊戌」(つちのえいぬ・ぼじゅつ)に当たります。ちょうど60年前の1958年(戊戌)生まれの方は2018年に還暦を迎えるわけですが、2018年の年賀はがきは1958年の年賀はがきと同じ富士山の図案だという共通点があり、まさに「富士山から富士山へ」と回帰しているのです。むろんこれ以外にも富士山の年賀はがきが発行されたこともありますが、2018年用に発行された年賀はがきにはとりわけ多くの富士山が登場しています。

1958年と2018年の年賀はがきの比較

1958年(左)と2018年(中央・右)の年賀はがきの比較。60年間で、額面や印刷はもちろん、はがきのサイズや紙質なども大きく変化している。

もう1つ言うと、1958年の年賀切手も2018年の年賀切手のいずれもが東京・浅草の郷土玩具「犬張子」だという共通点があります。2018年の年賀切手は犬張子でも「笊(ざる)かぶり犬」というものですが、60年ぶりに年賀切手も「犬張子から犬張子へ」と回帰しています。これらの一致は偶然のものとは思われず、2018年が平成30年であるため、30の倍数である60年前を意識したのかもしれません。

1958年と2018年の年賀切手の比較

1958年と2018年の年賀切手の比較。いずれも東京・浅草の郷土玩具「犬張子」を意匠としている。

昭和にもあった年賀状の割引制度

最後に郵便料金について触れたいと思います。周知のとおり、2018年から年賀状だけは52円(通常の郵便はがきは62円)という割引料金が適用されます。1958年の年賀はがきも同様で、通常の郵便はがき料金は5円でしたが、年賀はがきは割引料金が適用されていて、額面は4円となっています。身近なところに1954年から1966年までの郵政省発行の年賀はがきがある方はぜひ手にとってみてください。下に示しているように年賀状の割引料金が適用される期間について詳しく書かれています。

1958年と2018年の年賀はがきのくじ部分

1958年と2018年の年賀はがきのくじ部分。年賀状の割引料金の適用期間について記されている。(割引制度は1952年用の年賀はがきから)

いかがだったでしょうか。2018年の年賀状が届いたら、古い年賀状を引っ張り出してきて、新しい年賀状とあれこれ比較してみても、面白いかもしれません。

ムーミン切手の世界!フィンランド独立100年に寄せて

フィンランド議会の独立宣言から100年

北欧の小国フィンランドが悲願だった独立を宣言したのは1917年12月6日のことです。2017年が独立からちょうど100年の節目を迎える年であり、フィンランドの国内外でさまざまな催しが行われています。そこで今回はムーミンを中心にフィンランド切手の魅力について解説したいと思います。

フィンランド独立時点の紋章切手2017年

フィンランド独立時の紋章切手を描いた記念切手(2017年)。Finlandia2017を記念したもの(参考価格:600円)。

ムーミンの故郷フィンランド

ムーミンを知らない人はいないでしょう。フィンランドの女性芸術家・作家トーベ・ヤンソン(1914-2001年)の手によってムーミンの作品が生まれたのは、第二次世界大戦中のことでした。

ムーミンが初登場する『小さなトロールと大きな洪水』が世に出たのは1945年のこと。しかしヤンソンは早くも1939年の時点で書き始めていました。トロールとは北欧に伝わる架空の生き物で、ムーミンの登場人物たちはそこから着想を得ています。

フィンランドのムーミン切手の初日カバー

フィンランドのムーミン切手の初日カバー(2013年)。記念印もムーミンの絵柄となっている(参考価格:1,800円)。

芸術一家に生まれたトーベ・ヤンソン

ムーミンの著者トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人であり、1914年に芸術一家に生まれました。スウェーデンやフランスで美術教育を受けている期間を除けば、生涯の多くをヘルシンキのアトリエとフィンランド湾に浮かぶ島にある自宅との行き来だけで過ごしています。ムーミンがあまりに有名ですが、後半生では小説やエッセイの執筆に力を入れ、公共建築の壁画なども制作しました。

ムーミン切手の初日カバー2004年

ムーミン切手の初日カバー(2004年)。、左の人物がトーベ・ヤンソン(参考価格:1,200円)。

フィンランドで発行された世界最初のムーミン切手

世界で最初のムーミン切手が登場したのは1992年10月のこと。4種組の切手帳として発行されました。特に知られているのはそのうちの1枚で、絵本『ムーミン谷の夏祭り』(1954年)の表紙になったものです。

ムーミンパパのお芝居を見ているシーンで、観客席となっている中央のボートにはスナフキンやリトルミイがいる様子までシルエットで分かるようになっています。

世界最初のムーミン切手

フィンランドで発行された世界最初のムーミン切手(1992年)。4種組の切手帳として発行されたうちの2種(参考価格:400円)。

ムーミン谷の夏まつり

絵本『ムーミン谷の夏まつり』(日本語版)の表紙(部分)。

タンペレのムーミン美術館がオープン

ムーミンファンの方にぜひオススメしたいのは、2017年5月発行のムーミン切手です。タンペレ市立博物館内のムーミン谷美術館が移転し、2017年6月にムーミン美術館として開館したのを記念したもので、特に注目されるのは左上の1枚です。ムーミンシリーズ第1作『ムーミン谷の彗星』(1946年)の冒頭をなす有名なシーンで、物知りのじゃこうねずみに「地球が滅びる」という予言を聞いているところです。シートの右隅にはじゃこうねずみの姿が見えます。

ムーミン美術館開館記

タンペレのムーミン美術館開館記念(2017年)。国際郵便用の切手5種を収めている(参考価格:3,000円)。

日本は世界で2番目のムーミン切手発行国

少々意外かもしれませんが、日本の郵趣界はフィンランドと深いつながりがあります。その1つが、日本は世界で2番目にムーミン切手を発行した国だということです。郵便局が2015年5月に発行したムーミンのグリーティング切手52円×10種、82円×10種(シール式・現在は発売終了)が、実はフィンランド以外の国では初めて実現した公式のムーミン切手なのです。

ムーミンのグリーティング切手52円の販促ビラ

ムーミンのグリーティング切手52円の販促ビラ(2015年)。

フィンランド切手の至宝!金井宏之コレクション

もう1つは、日本にはフィンランド切手の珠玉のコレクションが存在することです。日本の郵趣界で長年にわたって指導者的な役割を果たしてきた金井宏之氏(1925-2012年)の収集は世界最高レベルのフィンランド切手コレクションとされ、1988年の国際切手展Finlandiaでナショナル・グランプリに輝いたレジェンド的な作品です。

金井宏之コレクション フィンランド1856-1875

「金井宏之コレクション フィンランド1856-1875」(2017年・予約提供価 税込10,000円)。

このたび、(公財)日本郵趣協会はコレクションを所蔵する(一財)切手文化博物館とタイアップを行い、フィンランド独立100周年記念事業の一環として2017年10月に「SUOMI FINLAND 1856-1875」(金井フィンランド・コレクション)の特別記念出版物を刊行しています。なお、金井コレクションは2017年11月3日から5日にかけて東京・浅草で開催される第52回全国切手展<JAPEX2017>で招待展示作品として公開されます。

フィンランド最初の切手100年

フィンランド最初の切手をイメージして製作された切手発行100周年切手(1956年)。実際の切手と同じく切手の上部が向き合ったテート・ベシュで発行されている(参考価格:400円)。

フランス大統領選とマリアンヌ切手のデザイン

フランス大統領が変わるたびに一新される切手図案

フランス大統領は共和国の国家元首であり、外交面を中心に強大な権力を持っています。現在の任期は5年に短縮され、再選も一度限りとなっていますが、かつては「7年の国王」と呼ばれたこともあります。

そんな国家制度を持つフランスでは、大統領が変わるたびに、普通切手のデザインも変わるのが慣例となっています。現時点ではどのようになるか不確定ですが、2017年5月11日にはオランド大統領に代わる次期大統領が決まるため、近く新しいフランス普通切手のデザインに改められることが予想され、その動向が注目されています。

エッフェル塔のあるパリの光景

フランスの首都パリの光景。

フランス普通切手に描かれるマリアンヌ

現在のフランス普通切手には、フランスを擬人化した女性像であるマリアンヌ(Marianne)が描かれています。マリアンヌは18世紀によくあったマリーとアンヌという2つの女性の名前を合わせた造語で、一般に自由の女神として知られます

マリアンヌは多くの場合、フランス革命の中心となった市井の人びとの象徴であるフリジア帽を着けており、「自由・平等・博愛」の精神を表しています。1960年の「新フランシリーズ」などの例外もありますが、1944年以降のフランス普通切手の大半がマリアンヌを描いたものとなっています。

歴代のマリアンヌ切手

歴代のマリアンヌ切手。左からミュラーのマリアンヌ(1955年)、コクトーのマリアンヌ(1961年)、シェファーのマリアンヌ(1967年)、ベケのマリアンヌ(1971年)。

巨匠ガンドンが手がけた3つのマリアンヌ

歴代のマリアンヌ切手の中では、凹版彫刻家ピエール・ガンドンが手がけたものが特に有名です。彼は3つのマリアンヌの普通切手シリーズを手がけたため、それぞれを区別する意味で「ガンドンのマリアンヌ」(1945-1954年)、「ガンドンのサビーヌ」(1977-1982年)、「ガンドンの自由の女神」(1982-1990年)という通称で呼ばれています。

なかでも「ガンドンのマリアンヌ」は戦後フランス切手を代表する存在で、ガンドンの奥さんがモデルを務めたエピソードでも知られます。「ガンドンのサビーヌ」(ダヴィッドの絵画)はヴァレリー・ジスカールデスタン大統領(在任1974-1981年)の時代の普通切手であり、「ガンドンの自由の女神」(ドラクロワの絵画)はフランソワ・ミッテラン大統領(在任1981-1995年)の時代の普通切手です。

ガンドンが手がけたマリアンヌ

ガンドンが手がけたマリアンヌ切手。左からガンドンのマリアンヌ(1945年)、ガンドンのサビーヌ(1979年)、ガンドンの自由の女神(1982年)。

90年代以降のマリアンヌ切手

ジャック・シラク大統領(在任1995-2007年)の時代は当初、「革命200年のマリアンヌ」が使われていましたが、1997年に「革命記念日のマリアンヌ」となり、シラク大統領の2期目には2005年「ラムーシュのマリアンヌ」が使われるようになりました。

ニコラ・サルコジ大統領(在任2007-2012年)のときには、「ボージャールのマリアンヌ」が使用されました。星はヨーロッパ連合を表していて、フランスがサルコジ大統領の在任中の2008年に欧州連合理事会議長国となったことが踏まえられています。

ボージャールのマリアンヌ

サルコジ大統領在任中に発行されたボージャールのマリアンヌ初日カバー(2008年)。

炎上騒ぎを起こしたマリアンヌ切手?!

オランド大統領(在任2012-2017年)のときの普通切手はデザインが公募され、全国の高校生1,000人の投票により新しいデザインが選ばれました。

ところが、2013年7月14日の革命記念日の日に披露されるや、デザイナーの1人オリビエ・シアパがツイッター上に、マリアンヌのモデルの1人にフェミニスト活動家のインナ・シェフチェンコ(ウクライナ人)の名を挙げたため、新切手をボイコットする声も上がった、いわく付きの切手となっています。

若者のマリアンヌ

オランド大統領在任中に発行された若者のマリアンヌ(2013年)。

忘れ去られた題材のセレスと種まき

マリアンヌ以外の題材で、フランス切手の定番と言えば、セレスと「種まき」でしょう。1849年に発行されたフランスの最初の切手が、農業神セレス(Ceres)であることは有名です。

しかし実は当時の政府の告示には「自由の女神」と明記されており、広い意味でマリアンヌと同じ系譜に位置づけることができます。

セレス

セレス切手の描かれたフランス切手発行150年記念(1999年)。

またフランス第三共和政(1870-1940年)の後半には、主に「種まき」が普通切手の題材に使われました。

共和政の穏健な特性を「種まき」が表し、共和政の革命的性格をマリアンヌが表していて、もともと両者は並び立つ存在だったのですが、現在では「種まき」が登場する場面はあまりありません。

革命記念日のマリアンヌと種まき図案の切手帖

革命記念日のマリアンヌと、伝統的な種まきのデザインの切手を組み合わせた切手帖(2003年)。

このように歴代のフランス切手にはさまざまな自由の女神や女性たちの姿が描かれいますので、フランス切手を見かけたら、それがマリアンヌなのか、あるいはセレスや種まきなのか、図案を味わいながらチェックしてみると面白いものです。