PS4、Nintendo Switchでも使えるゲーミングヘッドセットがCORSAIRから

CORSAIR「HS50 STEREO」

2018年01月20日 23時38分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 CORSAIRから、PCはもちろんPS4、Nintendo Switch、Xbox Oneなどでも使えるゲーミングヘッドセット「HS50 STEREO」が発売された。カーボン、グリーン、ブルーの全3色をラインナップする。



ゲーミングヘッドセット「HS50 STEREO」

 「HS50 STEREO」は50mmネオジウムドライバ採用のゲーミングヘッドセット。左イヤーカップの下部にボリュームコントロールと、ミュートボタンを備え、手元で素早く調整できる。またマイクは、取り外し可能な単一指向性ノイズキャンセリング機能を搭載する。

ヘッドバンドアームとハウジングの継手部分には、耐久性に優れるアルミニウム製のヨーク構造を。イヤーカップ部分には形状記憶フォームを採用する

 4極3.5mmステレオミニプラグは、PS4、Nintendo Switch、Xbox One(別途「Xbox One ヘッドセット アダプター」が必要)などのコンシューマーゲーム機、PCやMacから各種モバイル機器まで幅広く利用できるのも特徴だ。



価格も手ごろ。さまざまなデバイスで使えるので1個あると重宝する

 主なスペックは、ヘッドフォン感度111dB±3dB、周波数特性20Hz~20kHz、インピーダンス32Ω@1kHz、マイク感度-40dB±3dB、周波数特性は100Hz~10kHz、インピーダンス2.0kΩ。本体サイズは160(W)×100(D)×205(H)mm、重量約319g。

 価格は8856円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


お手頃価格のWD製M.2 SSD「WD Green SSD」シリーズから新モデル

Western Digital「WDS120G2G0B」、「WDS240G2G0」

2018年01月20日 23時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Western Digitalのエントリー向けSSD「WD Green SSD」シリーズから、M.2対応の新モデル「WDS120G2G0B」と「WDS240G2G0」が登場。パソコンショップアークで販売中だ。

 「WD Green SSD」シリーズは、昨年11月に2.5インチ版のバリエーションモデルが登場。今回のM.2対応版はそれに続くもので、120GB「WDS120G2G0B」と240GB「WDS240G2G0」が入荷している。

 詳細スペックは不明ながら、TLC NANDを採用。シーケンシャルリードは従来モデルより5MB/sec速い545MB/sec。消費電力はアイドル時0.08W/動作時平均2.8W。

 価格は120GB「WDS120G2G0B」が6480円、240GB「WDS240G2G0」が9980円だ。

声優さんも参加する「すのこタン。ライブ!」の開催が決定

2018年01月20日 22時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 アルミ製冷却台「すのこタン。」シリーズのファン交流イベント「すのこタン。ライブ!」の開催が決定した。会場は赤坂CHANCEシアター。日時は2月24(土)で、18時(開場17時15分)~20時まで。



「すのこタン。」シリーズのファン交流イベント「すのこタン。ライブ!」の開催が決定

 当日は「すのこタン。」のイメージソングやトーク、新作ボイスドラマのほか、みんなで楽しむゲームなど盛りだくさん。会場限定アイテム、2018年新アイテムの先行販売、すのこタン。イベント記念モデルの販売も予定されている。

先着50名限定でチケット販売中。当日はキャラクターボイスを担当する声優さんたちも参加する

 出演はキャラクターボイスを担当する金村明日香さん、村田綾野さん、内田愛美さん、松本さちさん、田邉安彦さん。さらにコスプレイヤーとして「すのこタン」笹本 莉々(おりりん)さん、「あるみさん」砂良さん、「ナナメちゃん」こあらさんも参加する予定。

 入場料は3000円(ワンドリンク付き)で、先着50名限定でチケット販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


天然皮革をこがし加工 世界にふたつとない長財布


 オール天然皮革で1万円の長財布「オールヌメ革・こがし加工ハンドメイドウォレット」がアスキーストアで販売中。

 天然皮革をタンニンでなめしたヌメ革を表面・中づくりに使用した贅沢な長財布です。使い込むほどに経年変化を楽しめます。





 財布には職人がひとつひとつこがし加工を施しているため、まったく同じものはありません。カラーはイエロー、ブラック、ブラウン、オリーブ、ワインレッドを用意。どのカラーも個性がでるオリジナリティーあふれる逸品に仕上がりました。


 新年を迎えてから財布を変えてみませんか? アスキーストアでは1万800円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでご覧ください。

この仕上がりでこの価格はお値打ちもの! こがし加工のグラデーションが美しい! オールヌメ革・こがし加工ハンドメイドウォレットをアスキーストアで注文
アスキーストアで購入



カテゴリートップへ

胸ポケットからサッと出して作業 7型超軽量ノートPC


 超小型のWindows 10搭載PC「GPD Pocket」がアスキーストアで販売中。

 GPD Pocketはおよそ幅180×奥行き106×高さ18.5mm、重さ約480gと、ポケットに収まるサイズのPCです。


 クラウドファンディング「Indiegogo」で募集額の1520%オーバーとなる318万2160米ドル(約3億5000円)を調達。国内でも「Makuake」で9700万円を超える資金の調達に成功しました。

 GPD PocketのスペックはAtom x7-Z8750、8GBメモリー、128GB eMMC、Windows 10で、ディスプレーは1920×1200ドットの7型を搭載。画素密度は323ppiと、アップルのRetinaディスプレーと同等以上をうたっています。

 無線はIEEE802.11acとBluetooth 4.1に対応。インターフェースはUSB 3.0/USB Type-C/microHDMIなどを揃えており、外部キーボードやマウスはもちろん、外部ディスプレーと接続も可能です。



 Officeも使えるので、外出先でのビジネス利用にも重宝します。


 アスキーストアでは5万9800円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでご覧ください。

実用性と超小型化を両立するハイパフォーマンスモバイルPC「GPD Pocket(ジーピーディ・ポケット)」をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

これはコスパ良い! 1万円で使い回しできるバッグ

2018年01月20日 20時00分更新

文● アスキーストア

 使い回しできる「7Days Bag」がアスキーストアで予約受付中です。

 7Days Bagは多様な生活パターンに合わせて、リュックサックや自転車用フロントなど、7タイプの使い方ができるバッグです。


リュックサック


ショルダーバッグ1


ショルダーバッグ2


メッセンジャーバッグ


ヒップバッグ


自転車用フロントバッグ


セカンドバッグ(クラッチバッグ)

 カラーはブラックとグレーを用意し、外側の材質はブラックが210D高密度ナイロン、グレーはポリエステル混紡生地を採用。210D高密度ナイロンはプラダ生地とも呼ばれており、絶妙な光沢で高級感があり、ブランドバッグにも愛用されています。

 どちらのカラーも前面部は撥水処理し、生地の裏面はPVCコーティングを施しています。

 メインポケットは15.4インチのノートPCが入り、内側についている2つのポケットには財布やモバイルバッテリーなどが収納できます。ペン入れやメッシュ収納部も設けています。





 アスキーストアでは1万584円で予約受付中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでご覧ください。

【1月下旬】リュックから自転車フロントバックまで 7つの使い方ができる「7Days Bag」をアスキーストアで注文
アスキーストアで購入



カテゴリートップへ

エアコンを自動でオンオフしてくれるNature Remo


 出先から自宅のエアコンを操作できるスマートリモコン「Nature Remo」がアスキーストアにて予約受付中です。

 Nature Remoは、エアコンのある部屋に設置して使うスマートリモコンです。外出先からスマホアプリ経由で電源のオン/オフ操作が可能になります。



 アプリで設定をしておけば、スマホのGPS機能を使って帰宅前に自動でエアコンの電源をオンにできるほか、電源を消し忘れて外出してしまった際に自動で電源をオフにしてくれます。

 また、エアコン以外にもテレビ、照明、掃除ロボットなど、赤外線リモコンに対応する家電であればコントロール可能。さらに、Google Homeから日本語で家電を操作することもできます。


 アスキーストアでは1万4040円(税込)で予約受付中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

【2018年3月中旬】快適なお部屋に帰宅、夜も快眠!スマートリモコン「Nature Remo(ネイチャーリモ)」をアスキーストアで予約
アスキーストアで予約


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

あのVirsmoに新作 吸い終わりがわかるモデルが予約受付中


  あの電子タバコ「Ploom TECH(プルーム・テック)」の互換バッテリー「Virsmo(バスモ)」に新モデルが登場。アスキーストアで予約受付中です。

  Virsmo新モデルはタバコカプセルの交換時期表示がデジタル数字表記に改良。カプセルの使い終わりがひと目でわかります。


 数字は99からカウントダウンがスタートし、吸うたびに数字が減っていきます。交換時期がくると88と表示され、20秒経つとカウントが自動で99に戻ります。カウントをリセットしたい場合はいったん充電器に挿し込みましょう。



 本体サイズはおよそ直径9.2×長さ85.8mmで、重量はおよそ13g。バッテリー容量は210mAhです。もちろん従来どおり充電用USBケーブルも付属します。


 アスキーストアでは3758円(税込)で予約受付中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

※20歳未満の方の購入はご遠慮いただいております。

【先行予約】【2018年1月中旬】電子たばこ用互換バッテリー「Virsmo(バスモ)」がついにデジタル化! Virsmo電子たばこバッテリー(デジタル表示付き) 3R-VIRSMO03DIGIをアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

格安SIM データ通信SIMを3ヵ月「無料」で使えるキャンペーン登場

編集部厳選、いまお買い得な製品はこれだ!
第101回

2月6日までの期間限定キャンペーン

2018年01月20日 19時00分更新

文● ちゅーやん

この連載では、毎週不定期に編集部が選んだ「これはお買い得だ!」という製品のセールやキャンペーン情報を紹介しています。この連載さえ読んでいれば、お買い得な情報をゲットできちゃうのです。ぜひASCII倶楽部に会員登録してお楽しみくださいませ。

 格安SIMは数多くの事業者が取り扱っています。どこの事業者にするか判断する基準のひとつに、加入しようとしているときに実施しているキャンペーンで選ぶ人が多いのではないでしょうか。

 今回紹介するキャンペーン情報は、格安SIMのなかでも「データ通信SIM」を対象とした内容です。データ通信SIMとは、その名のとおりデータ通信を専用としたSIMのこと。au、ドコモ、ソフトバンクのキャリアSIMだとデータ通信+音声通話が普通ですが、音声通話を必要としない人にとってオススメのSIM契約ジャンルです。

 最近は、LINEやFacebookのアプリから無料で通話できることから、スマホ本体での通話を使う人が減ってきているかと思います。実際、筆者もスマホ本来の電話を使うことはほとんどなく、基本的にはアプリでの通話がメインです。このような人が格安SIMを契約しようと考えるとき、音声通話付きのプランではなく、データ通信SIMを契約することで月額のスマホ料金をとてつもなく安く済ませることも可能なのです!

 さて。今回紹介する内容は、データ通信SIMを新規契約すると、3ヵ月間500円引きで使えるというもの。あるSIM事業者が2月6日まで実施しているキャンペーンです。紹介する事業者のデータ通信SIMは下記のようなプランになっています。
1GB:月額480円
3GB:月額850円
8GB:月額1980円

 上記のプランから、今回のキャンペーンを適応することでいずれも500円引きになるのです。
1GB:月額0円
3GB:月額350円
8GB:月額1480円

 つまり、データ通信容量1GBを契約すると、3ヵ月間は無料で使えてしまいます! 3GBや8GBでもほかの事業者に比べてかなりオトクなキャンペーンです。音声通話は使わない、という人はいかがでしょうか。

 本記事の続きで、キャンペーンを実施している事業者と、キャンペーン詳細を紹介しております。ASCII倶楽部にログインの上、ご確認くださいませ。また、ASCII倶楽部の会員登録がお済みでない方はぜひともこの機会にどうぞ。3日間無料でお試しいただけます。


この連載の記事

Minecraftで関数使ったプログラミングに挑戦!

Hour of Codeで学ぶプログラミング基礎の基礎
第24回

エージェントへの命令作りをとおしてプログラミングを学ぶ

2018年01月20日 17時30分更新

文● 小野哲生 編集●吉田ヒロ

 今回は、前回に引き続きエージェントへの命令作りを通してプログラミングを学ぶ「Hero’s Journey」コースを紹介します。

パズル7:エージェントを動かして橋を作りダイヤのピッケルまでたどり着く

 レベル7では、ダイヤモンドもダイヤのシャベルも水に隔てられて行くことができません。エージェントが橋を作るプログラムを作っていきましょう。

 すでに3マスぶんの橋を作るプログラムが用意されています。まずはダイヤモンドを取りに行きたいので「右にまがる」を「くりかえし3回 やること」の下につなぎます。

 その下に「前にすすむ」をつなぎます。

 エージェントの向きを変えたいので「右にまがる」をつなぎます。

 エージェントはダイヤのピッケルの方を向いていますが3マスぶんの橋が足りません。「くりかえし5回 やること」をつないで回数を3回に変更します。

 用意されていたプログラムでは、前に進んだ後に樫の木の板を置きました。ここではエージェントのいるマスでも置く必要がありますので「置く 樫の木の板」を繰り返しブロック内に追加します。

 樫の木の板を置いたら前進して橋を延長しましょう。「前にすすむ」を繰り返しブロック内の「置く 樫の木の板」の下に追加します。

 完成したら「実行」ボタンをタップしましょう。エージェントがダイヤモンドのあるところで向きを変えて対岸まで橋を作り、ダイヤモンドを取りに行けるようになりました。矢印ボタンでAlexを操作してダイヤモンドを取ってダイヤのピッケルまで行きましょう。

 これでパズル7をクリアできました。コードを表示して今回作ったプログラムを見てみましょう。moveForward( ); と placeBlock( “planksOak” ); の順番が、最初の繰り返しと2つ目の繰り返しで異なります。前進してから置くのか置いてから前進するのか、少しの違いですが、まったく異なる結果になります。「次へ」をタップしてレベル8に進みましょう。




この連載の記事