【神戸】ポドルスキ、大相撲秋巡業を観戦「すごく楽しかった」 – スポーツ報知

 J1神戸の元ドイツ代表FWポドルスキが22日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われた大相撲の秋巡業を観戦した。

 W杯3大会連続出場の実績を誇るストライカーは、幕下・豊ノ島の関係者の招待で来場。21日の鳥栖戦では三役経験のあるベテランが見守る中でゴールを奪った。

 白鵬と稀勢の里の一番をスマートフォンで動画撮影するなど、子供たちと一緒に興味深そうに土俵を見詰め「初めて来たが、すごく楽しかった。また来たい」と満足そうだった。

豪栄道が故郷で英気 大阪で3日連続大相撲巡業 – デイリースポーツ

 大相撲の秋巡業は22日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われ、ご当地大関豪栄道(31)=境川=が浪速パワーで逆襲Vを誓った。20日は枚方市、前日は岸和田市と大阪巡業3連発。「こんなん初めてとちゃうの?大阪はやっぱええな」と充電しまくった。

 前売り券6000枚は完売。「こんなに天候が悪いのにありがたい」と台風21号が接近する中、詰めかけた観客から一番の声援を受けた。3日連続で異例の子供相撲に参加。「子供の頃のことは覚えているもの」と全力でぶつかりを受け止めて、地元を沸かせた。

 秋場所はトップを独走しながら、終盤に失速し、逆転で優勝を逃した。その“傷心”を故郷が温かく癒やしてくれた。「ここからペースを上げていきたい。初日に一番いい状態に持っていきたい」と、九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)で雪辱を果たし、恩返しする。

日本での起債 最高の184社 上半期4年ぶり更新、新顔・復帰が増加 (1/3ページ) – SankeiBiz

 2017年4~9月期(上半期)の日本の社債市場は発行体企業数が4年ぶりに過去最高を更新した。歴史的に低水準にある金利環境を活用して、社債を初めて発行する「新顔」や数年ぶりに起債する「復帰」銘柄を含めて社債で資金調達する企業が増えた。

 ◆市場で認知広める

 ブルームバーグのデータによると、17年度上半期の起債企業は前年同期比38%増の184社。データのある1999年度以降で上半期最高だった2013年度の160社を超えた。案件数も22%増の371件と10年度以来の高水準。日本銀行の長短金利操作付き量的・質的緩和で長期金利が低水準で推移する中、ノジマ、ツムラやジーエス・ユアサコーポレーションが新規に登場した。また東京電力ホールディングスが10年債を起債、オリンパスも復帰した。

 同時に16年度に急増した三井住友フィナンシャルグループやMS&ADインシュアランスグループホールディングスといった銀行や保険の劣後債が一巡、上半期発行額は6兆2978億円と11%減った。この結果、1案件当たり発行額は170億円と過去最低で、小型化が上半期の特徴になった。北朝鮮の地政学リスクで長期金利が9月には10カ月ぶりにマイナスになり、10年債の需給が大きく崩れて売れ残る案件も散見された。

 SMBC日興証券の新堂尚紀デット・シンジケート部長は、上半期の発行企業増加の理由について「社債が発行しやすい低金利環境がある」と述べた。一度社債市場にデビューすることでマーケットに認知されるメリットがあるとして「相対的に安い調達コストが見込まれる中、直間比率や起債実績を作るなどの理由で資金調達手段として社債を選択する企業が増えたのが特徴的だった」と述べた。

「目指すは“抱きたい”アイドル」潮田ひかる、2年ぶりの新作で、“エロく”なった素の自分を披露! – 日刊サイゾー (風刺記事) (プレスリリース) (ブログ)

「目指すは抱きたいアイドル」潮田ひかる、2年ぶりの新作で、エロくなった素の自分を披露!の画像1

 5人組ゆとり系アイドルユニット「あと3センチ」のメンバー・潮田ひかる(24)ちゃんが、2年ぶり4枚目となるイメージDVD『ひかるの愛をキミへ』(スパイスビジュアル)を発売しました。

 東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館[http://www.sofmap.com/tenpo/contents/?id=shops&sid=akiba04]にて行われた発売記念イベントには、黒いレースがあしらわれたセクシーなビキニを身にまとい、久しぶりに取材陣の前に姿を現したひかるちゃん。身長156cm、スリーサイズは上からB77・W55・H83(cm)というスレンダーボディはそのままに、ぐっとセクシーさが増し、大人の女性の魅力に溢れています。

 そんな彼女が満を持して送り出す本作は、この夏に山梨県の温泉地で撮影されたもの。一体どんな内容に仕上がっているのか、見どころを含めて詳しく話を聞いてみました。

――2年ぶりの新作となりましたが、今作はどんな作品に仕上がっていますか?

「以前はかわいい系だったり、逆に無理してセクシー系だったりという内容も多かったんですが、今回は“等身大の私”というか、ちょっぴり大人になった素の私が見られる作品です。『先生と生徒の秘密の恋』という設定で、内緒で2人きりで温泉旅行に来ているというストーリーです。グラビアDVDというより、しっとりした感じが女の子にも楽しんでもらえるような作品に仕上がっていると思います!」

「目指すは抱きたいアイドル」潮田ひかる、2年ぶりの新作で、エロくなった素の自分を披露!の画像2
「目指すは抱きたいアイドル」潮田ひかる、2年ぶりの新作で、エロくなった素の自分を披露!の画像3
「目指すは抱きたいアイドル」潮田ひかる、2年ぶりの新作で、エロくなった素の自分を披露!の画像4
12
関連記事

神戸・ポドルスキが大相撲観戦「初めて来たが、すごく楽しかった」 – サンケイスポーツ

 J1神戸の元ドイツ代表FWポドルスキが22日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で行われた大相撲の秋巡業を観戦した。ワールドカップ(W杯)3大会連続出場の実績を誇る世界的ストライカーは、幕下豊ノ島の関係者の招待で来場。21日のJ1鳥栖戦では三役経験のあるベテランが見守る中、ボレーシュートでゴールを奪っていた。

 白鵬と稀勢の里の一番をスマートフォンで動画撮影するなど、子どもたちと一緒に興味深そうに土俵を見詰めた。「初めて来たが、すごく楽しかった。また来たい」と満足そうだった。

照ノ富士、大関返り咲きへ14番「もっととりたい」 – 大相撲 : 日刊スポーツ – 日刊スポーツ

 大相撲の秋巡業は22日、3月の春場所が開催されるエディオンアリーナ大阪で行われた。

 朝げいこでは九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)で2桁勝利での大関返り咲きを目指す照ノ富士(25=伊勢ケ浜)が上位陣で1人だけ、土俵に上がって相撲をとった。

 半月板を損傷した左膝の治療とリハビリのため、19日から秋巡業に合流。けいこ3日目は14番で11勝3敗。立ち合いで左上手をとると、力強く一気に前に出る相撲が目立った。照ノ富士は「巡業、久々だしね。番数はもっととりたいけど、まだまだこれから。体の不安? いっぱいあるよ」と言いながら表情は明るかった。




貴景勝 白鵬とぶつかり稽古で気迫の突進「ありがたい」 – デイリースポーツ

 大相撲の秋巡業は22日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で行われ、幕内貴景勝(21)=貴乃花=が横綱白鵬(32)=宮城野=の胸を借り、ぶつかり稽古を行った。何度も転がされ泥まみれになりながら5分超、気迫で突進した。

 「横綱に胸を出していただけるのはありがたい。(自身が)眼中になければ、やっていただけないですから」。九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)は横綱、大関陣との総当たりが見込まれるだけに、気合は一層入った。

 7月の名古屋場所は前頭筆頭の地位で初の上位総当たりとなり、5勝10敗と壁にぶち当たった。「序盤で負けが込み落ち込んで、その後は五分相手にも難しくなった」と前回を教訓。「自分の力を100パーセント出して、挑戦する。深く考えずかき回したい」と、気持ちを高まっている。

 兵庫県芦屋市出身で大阪は準地元。「三役という高い目標を持ってやっていきたい」と、来年3月、大阪での春場所は三役として戻って来ることを誓った。

豪栄道、悪天候でも来場の地元大阪ファンに感無量 – デイリースポーツ

 大相撲の秋巡業は22日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で行われ、大阪出身の大関豪栄道(31)=境川=が大歓声を受け、感無量の面持ちだった。前売り6000枚は完売。「こんなに天候が悪いのにありがたい」と、台風21号の接近する中、大勢の地元ファンに感謝した。

 20日は枚方市、前日は岸和田市と3日連続の大阪巡業に「こんなん初めてとちゃうの?」とビックリ。大関は3日連続で子供相撲に参加。「子供のころというのは覚えているもの」と浪速の子供のぶつかりを全力で受け止めた。

 秋場所は首位を独走しながら、終盤に失速し、逆転で優勝を逃した。“傷心”を故郷で癒やし、九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)で恩返しのVを目指す。

優勝の豊田自動織機などが実業団女子駅伝出場権獲得 – 日刊スポーツ

<全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝)>◇22日◇宗像市〜福津市〜宗像市(6区間42・195キロ)


 26日に行われる全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝=6区間42・195キロ、宮城)の予選会が行われ、優勝した豊田自動織機など以下の通りの上位14チームが出場を決めた。

 ▼出場チーム(順位順)…豊田自動織機、パナソニック、ダイハツ、積水化学、デンソー、シスメックス、ホクレン、肥後銀行、しまむら、TOTO、スターツ、ノーリツ、京セラ、三井住友海上

 昨年の上位8チームの日本郵政グループ、第一生命、ヤマダ電機、九電工、ワコール、天満屋、資生堂、ユニバーサルエンターテインメントはすでに出場を決めている。




訪日中国人客は「個人」にシフト、百貨店や免税店の売上高好調の「主役」に―中国メディア – エキサイトニュース

2017年10月21日、中国メディアの参考消息網は、中国人を始めとする訪日外国人旅行者が、日本の百貨店や免税店の売上高の好調をけん引しているとする日本メディアの報道を伝えた。

19日付の日本メディアによると、訪日外国人旅行者による買い物などの消費額が1~9月の累計で3兆円を突破した。

総合免税店のラオックスによると、昨年の国慶節期間は「爆買い」沈静化の影響で不振だったが、今年は売上高、客数ともに前年同期比でプラスとなった。特に北海道や大阪、沖縄の店舗が好調で、担当者は「個人客向けに品ぞろいを多様化させた効果が出た」と話しているという。

記事はまた、百貨店の訪日客向けの免税売上高が、昨年12月以降9カ月連続して前年同月比を上回ったとも伝えている。今年の国慶節期間は、大丸と松坂屋を運営するJ.フロントリテイリングが前年同期比1.9倍、三越伊勢丹ホールディングスが同1.5倍となった。三越伊勢丹の公報は、中国人旅行者の客層について、ツアー客から個人旅行者への変化を実感しているとし「中国の個人リピーターが増え、ここでしか買えない商品が売れている」と説明しているという。

記事によると、中国人は16年の訪日客で国・地域別トップの約28%(637万人)を占め、訪日客の柱になっているという。(翻訳・編集/柳川)