FOCUS LIST – Market Hack (ブログ)

FOCUS LIST

現在のフォーカス・リスト銘柄は:

レイセオン(ティッカーシンボル:RTN)
ツー・シックス(ティッカーシンボル:IIVI)
ハンチントン・インガルス(ティッカーシンボル:HII)
スクエア(ティッカーシンボル:SQ)
ペイパル(ティッカーシンボル:PYPL)

です。これは10月3日から変化はありません。

レイセオンは10月4日に米国海軍から1.73億ドルの契約を獲得しました。

rtn

ツー・シックスには特にニュースがありません。なお同じ光部品のセクターに属するアプライド・オプトエレクトロニクス(AAOI)は10月12日に利益警告しています。ツー・シックスのビジネスとは、それほど重複は無いと思います。

iivi

ハンチントン・インガルスにも特にニュースは出ていません。

hii

スクエアはオッペンハイマー証券が10月12日に「アウトパフォーム」でリサーチ開始しました。

sq

ペイパルは10月11日にモルガンスタンレーがアップグレード、10月11日にバークレイズが目標株価を69ドルから75ドルに引き上げ、10月13日にパイパー・ジャフレー証券が目標株価を57ドルから68ドルに引き上げています。

pypl

設備投資がヘン ネットワーク機器関連メーカーが相次いで利益警告 – Market Hack (ブログ)

米国のネット・通信関連企業の設備投資に異変が起きています。

10月11日・12日にジュニパー・ネットワークス(ティッカーシンボル:JNPR)とアプライド・オプトエレクトロニクス(ティッカーシンボル:AAOI)が相次いで利益警告しました。

ジュニパーの場合、これまで第3四半期の売上高は12.9~13.5億ドルになるというガイダンスを提示していたのですが、それを12.5~12.6億ドルへ下方修正しました。EPSはコンセンサス予想58¢に対し、54~56¢になると説明されました。

ジュニパーは、どの顧客からの注文が減ったか? に関しコメントしていませんが、アナリストたちは「たぶんAT&Tやベライゾンではないか?」と言っています。また第2四半期にスイッチのビジネスがとりわけ強かったのは、トレンドではなく、まぐれだったのでは? という見方も出ています。

10月12日の引け後にはアプライド・オプトエレクトロニクスが利益警告しました。同社はデータセンター向け光部品のメーカーです。

第3四半期に関し、これまで1.07~1.15億ドルのガイダンスを提示していたのを、今回、8800万ドル~8900万ドルへ引き下げました。またEPSはコンセンサス予想$1.31に対し、$1.04~$1.09になるだろうとしています。

アプライド・オプトエレクトロニクスは8月に発表された第2四半期決算でも落胆すべき数字を発表しています。

同社の筆頭顧客が急に部品を買わなくなったのが利益警告の原因です。その顧客が誰であるかは公表されていませんが、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブックのうちのどれかだと思います。

これらの企業は、出来合いの光部品を購入するのではなく、コストを削減するために、自らカスタム・デザインの光部品を設計し、それを安い業者に発注することを進めています。

アプライド・オプトエレクトロニクスの場合、問題の最大顧客とは、その顧客に隣接する卸業者の倉庫にあらかじめ光部品を大量に搬入し、あとはその顧客が必要に応じて好きなだけ部品を持って行き、使った分だけが売上高に立つというアレンジをしています。このため、この顧客が期中にどれだけ光部品を購入するか? が、最後の最後までわからない、言い換えればビジビリティ―が極めて低いことを意味します。この顧客は40ギガから100ギガへのアップグレード期にあり、その関係で、これまでのように40ギガの部品を活発に買わなくなったのではないか? という見方もあります。

会社側が強調していたのは「これはわが社のマーケットシェアが落ちているのではない」ということです。すなわち、どこかのライバル企業に商機を奪われているのではなくて、このデータセンター企業が発注活動そのものをスローダウンしていると同社では見ているわけです。

キャップジェミニ、NelsonHall社からIoTサービスにおける「リーダー」の … – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
キャップジェミニ、NelsonHall社からIoTサービスにおける「リーダー」の格付けを獲得

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

【2017年7月31日:パリ発】
世界有数のコンサルティング&テクノロジーサービスプロバイダーである キャップジェミニは、NelsonHall社のベンダー評価ツールであるNelsonHall Vendor Evaluation and Assessment Tool(NEAT)において、「Overall(全体)」ならびに「Customer Engagement(カスタマーエンゲージメント)」の両方の市場区分向けモノのインターネット(IoT)サービスの「リーダー」と格付けされました。これは当社の幅広く奥行きのあるIoTサービスに関するオファリングとポートフォリオが認められてのことです。今年、NelsonHallのNEATツールは、23のサービスプロバイダーを対象に、すぐに利益を提供できる能力と将来の顧客要件を満足させる能力について、NelsonHall独自の評価基準に照らし合わせて評価を実施しました。

NelsonHallのNEATレポートが指摘した、キャップジェミニを「リーダー」と位置付ける根拠となった強みは以下のとおり。
・IoTサービスに関するオファリングとポートフォリオの幅広さ、奥行き
・eObject(1)を含む複数の知的財産
・ISVパートナーと協力し、独自のIoTプラットフォーム開発に依存しない能力
・UX/DCX、サイバーセキュリティ、ビッグデータ&アナリティクスを含む隣接サービス、キャップジェミニのエンジニアリングならびにR&D能力 

NelsonHallのITサービス・プラクティス・ディレクターであるDominique Raviart氏のコメント:キャップジェミニのIoTサービス戦略は、常に主な市販のIoTプラットフォームと連携し、補完的なアクセラレータを開発し、ビッグデータを適切に活用するアルゴリズムを適用することに重点を置いてきました。お客様企業によるIoTプラットフォームの実装を支援しながら、データアナリティクスにフォーカスを定めるキャップジェミニのアプローチこそ、お客様が待ち望んでいたものです。

キャップジェミニは、2016年初頭にデジタルマニュファクチャリングのサービスラインを作り出しました。この一連のサービスは、製造業のお客様がスマート接続された工場や製品を構築して納期の短縮と生産性向上を実現し、デジタル時代の新しいビジネスモデルを採用できるよう支援します。IoTはこのサービスポートフォリオのカギとなる部分です。

レポートが特に協調しているのは、デバイスレベルからアナリティクス、マネージドIoTサービスに至る、完全なサービスオファリング一式を通してキャップジェミニが提供する、デジタルマニュファクチャリングのためのバリュープロポジションです。このサービスオファリング一式には、デジタルトランスフォーメーションに関するコンサルティング能力やアプライド・イノベーション・エクスチェンジ(AIE)、キャップジェミニのベンチマーキング能力が含まれます。
アプライド・イノベーション・エクスチェンジ(AIE)の詳細は以下をご参照ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/service/transformation-innovation/applied-innovation-exchange/

キャップジェミニのデジタルマニュファクチャリングのグローバルヘッドであるJean Pierre Petitのコメント:NelsonHallが当社のIoTサービス能力を認めて当社を「リーダー」と格付けしたことをうれしく思います。この格付けは、お客様を中心に据えたキャップジェミニのグローバルな取り組みと、現在そして将来のビジネス目標の達成を目指す製造企業を支援するために最適な形で工業化されたオファリングを提供する当社の能力の正当性が認められた証です。
デジタルマニュファクチャリングの詳細は以下をご参照ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/service/digital-insights/digital-manufacturing/

『NEAT Evaluation for Capgemini』 レポートの全文は、以下からダウンロードできます。
https://www.capgemini.com/jp-jp/resources/capgemini-positioned-as-a-leader-in-nelsonhall-managed-security-services-neat/

e-Objects Platformは、そのまますぐに使えるコンポーネントとサービスを使用してIoTアプリケーション開発を簡素化し安全かつ確実に実行するためのミドルウェア ソリューションです。e-Objects Platformはオンプレミスとしてもサービスとしても利用できます。

キャップジェミニについて

キャップジェミニは、2017年に創業50周年を迎え、従業員数19万人以上、40か国にビジネスを展開する、世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーです。グループの2016年のグローバルでの売上は125億ユーロを達成しました。お客様とともに、お客様のニーズに合わせて、お客様によるイノベーションと競争力の実現を可能にするビジネス、テクノロジー&デジタルソリューションを開発し、提供しています。完全な多文化組織であるキャップジェミニは、独自のビジネス形態であるthe Collaborative Business ExperienceTM を開発し、独自のデリバリーモデルRightshore(R)を活用しています。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
https://www.capgemini.com/jp-jp/
キャップジェミ二株式会社のソーシャルアカウント
Twitter:https://twitter.com/CapgeminiJapan
Facebook:https://www.facebook.com/CapgeminiJapan/

Rightshore(R) はキャップジェミニの登録商標です。

NelsonHallについて

NelsonHallは、US、UK、ヨーロッパ大陸にアナリストを配し、BPSならびにITサービスに関する調査を行う大手リサーチカンパニーです。同社は、グローバルな手法でベンダーならびにアウトソーシング市場の分析を実施、そのリサーチの品質と奥深さは広く認められています。NelsonHallは、独自のSpeed-to-SourceメソドロジーとNEATベンダー評価で、バイサイドの企業のBPSならびにITサービスアウトソーシングプロジェクトに関する時間とコストの大幅な短縮・削減を支援しています。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

ドイツの腕時計ブランド「ドゥッファ(DUFA)」、シンプルな新色ペアウォッチ … – PR TIMES (プレスリリース)

モダニズムを代表するドイツの建築家でありバウハウスの創始者「ヴァルター・グロピウス」にオマージュしたベストセラー「グロピウス」から、誕生するニューカラ―。その最新作は、純白の文字盤に艶のあるブルーのインデックスと時分針、ゴールドメッキのケースにシックなネイビーベルトを掛け合わせた、優雅な気品を感じられるタイムピースです。秒針をサブダイヤルに表示する事で薄さを実現する「スモールセコンド」仕様を採用し、スタイリッシュでシンプルなデザインに対するこだわりを魅せます。

サイズは32㎜と38㎜の2タイプを展開。1タイプだけでも単独購入可能な、クリスマスや記念日の贈り物にぴったりの、お求めやすいペアデザインの新作です。

DUFA公式サイト http://deutsche-uhrenfabrik.jp/

【商品概要】

■商品名:グロピウス

38mm径 DF-9001-0L ¥35,000+税 / 32mm径 DF-7001-0L  ¥35,000+税

■販売場所:全国の時計販売店

■発売会社:株式会社ウエニ貿易

■商品の特長

1.ドイツ生まれのペアデザイン

ペアウォッチやシェアウォッチとして着用しやすいデザインです。クリスマスや記念日の贈り物に最適です。

2.シンプルで無駄のないデザイン

スタイリッシュなベルリン書体に囲まれて、スモールセコンドがスマートに主張します。

3.気品漂うカラーリング

ネイビー×ホワイト×ゴールドのカラーリングが

4.ドームガラスと立体仕様

丸みが特徴的なガラス、アプライドのインデックスとスモールセコンドが立体的な魅力を体現。

【オマージュ】

ヴァルター・グロピウス

モダニズムを代表するドイツの建築家。近代建築の四大巨匠の一人。世界的に知られた教育機関である「バウハウス」の創立者であり、1919年から1928年まで初代校長を務めました。

バウハウス(1919年~1933年)とは?

1919年にドイツのヴァイマールに設立された美術と建築の総合教育学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術をさします。1933年に閉校されるまでの14年間、美学の基礎を教育。今なお多くのデザイナーや建築家に影響を与え続けるデザイン研究所です。

【ラインナップ】

GROPIUS DF-7001-0L ¥35,000+税GROPIUS DF-7001-0L ¥35,000+税

GROPIUS DF-9001-0L ¥35,000+税GROPIUS DF-9001-0L ¥35,000+税

【DUFAとは】

ドイツ時計史を代表した、歴史あるブランド。

1864年創業。長い歴史を持つドイツ・テューリンゲン州の建築と文化の美しさから生みだされたブランドは1920年代にドイツのクロックシーンの最高峰と評されました。後にDUFAは、1920年にテューリンゲン州ヴァイマールに発祥したバウハウスの遺産を継承。シンプルで無駄のない顔立ちを特徴とし、機能美を追究した腕時計コレクションは、精密製造最高峰としての誇りとドイツ時計らしい質実剛健な信念を感じさせます。

【ブランドの特徴】

①ドイツ時計史を代表した時計ブランド

1920年代のドイツクロック産業において、DUFAは最高峰のブランドとしてその名を轟かせました。ウォッチに移行した今なお、ファンを魅了し続けています。

②シンプルで無駄のないデザイン

一切の無駄を排除したドイツ時計らしいウォッチは名門デザイン校バウハウスの巨匠にオマージュ。機能美を追究したコレクションは、歴史を重んじるドイツ時計ならではの近代デザインです。

③お求めやすい価格帯

高品質のドイツ時計でありながら3~5万円代の価格帯を維持しています。

【株式会社ウエニ貿易】

時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※)を持っています。輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。ヴェルサーチウォッチやヘンリーロンドンの日本総代理店を務める一方、メーカーとしてエンジェルクローバーやペッレモルビダを開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。※自社調べ

定番モデルをブルーダイアルに A.ランゲ&ゾーネ「ブルー・シリーズ」(1/1) – クロノス日本版

「ランゲ1」。手巻き(Cal.L121.1)。43石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18KWG(直径38.5mm)。3気圧防水。予価355万円(税別)。

 A.ランゲ&ゾーネから、青いダイアルと18Kホワイトゴールド製ケースをまとった新モデル、「ブルー・シリーズ」が発表された。

「ブルー・シリーズ」は手巻きモデルの「ランゲ1」「サクソニア」、自動巻きモデルの「ランゲ1・デイマティック」「サクソニア・オートマティック」の計4モデルで構成されており、いずれのモデルもディープブルーに仕立て上げられたダイアルが特徴だ。このダイアルはシルバー無垢製で、上から青い亜鉛プレート加工を施すことで深みのある発色を実現した。

 合わせられる針とアプライドインデックスはロジウム仕上げされた18Kホワイトゴールド製で、ブルーダイアルとのコントラストが明確なため、視認性は良好だ。手縫いのアリゲーターストラップもダイアルカラーに合わせてダークブルーとなっており、ピンバックルはケースと同じ18Kホワイトゴールド製である。

「ブルー・シリーズ」は10月中の発売を予定している。

(左)「ランゲ1・デイマティック」。自動巻き(Cal.L021.1)。67石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。18KWG(直径39.5mm)。3気圧防水。予価431万円(税別)。(中)「サクソニア」。手巻き(Cal.L941.1)。21石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約45時間。18KWG(直径35.0mm)。3気圧防水。予価171万円(税別)。(右)「サクソニア・オートマティック」。自動巻き(L.086.1)。31石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18KWG(直径38.5mm)。3気圧防水。予価251万円(税別)。


Contact info: A.ランゲ&ゾーネ Tel.03-4461-8080

米国ウィークリー 2017/10/3号 – IG (ブログ)

■主な企業決算 の予定
●10月4日(水):モンサント

■主要イベントの予定
●10月3日(火) :
9月の自動車販売
パウエルFRB理事が規制改革イベントに参加
・ノーベル物理学賞発表

●4日(水) :
9月のADP雇用統計
9月のISM非製造業景況指数
イエレンFRB議長講演
・グーグルがイベント開催
・ノーベル化学賞発表
・9月のユーロ圏総合PMI(改定値)

●5日(木) :
・新規失業保険申請件数(30日終了週)
8月の貿易収支
8月の製造業受注
・パウエルFRB理事、サンフランシスコ連銀、フィラデルフィア連銀、

カンザスシティー連銀総裁の講演
ECB議事要旨
・香港株式市場は休場

●6日(金) :
9月の雇用統計
・アトランタ連銀、NY連銀、ダラス連銀、セントルイス連銀総裁の講演
ムーディーズ、米格付け発表
・ノーベル平和賞発表         

(Bloombergをもとにフィリップ証券作成)

【レポートにおける免責・注意事項】
本レポートの発行元:フィリップ証券株式会社〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町4番2号
TEL:03-3666-2101 URL: http://www.phillip.co.jp/
本レポートの作成者:公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員庵原浩樹
フィリップ証券リサーチ部アナリスト袁鳴
当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提
供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の
見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身
の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害につ
いても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じま
す。
<日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

【バロンズ】AI時代の注目2銘柄 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

• ムーアの時代からAI時代へ

 ここ50年の間に起きたコンピューターチップの技術革新は、全て裏方役のメーカーが可能にしてきた。今後十数年も、それに変わりはないだろう。

 その中でも特に際立ち、今後のさらなる活躍を期待できる二つのメーカーが、半導体製造装置世界最大手のアプライド・マテリアルズ(AMAT)と、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC、ティッカーはTSM)だ。アプライドは半導体製造装置でインテル(INTC)、TSMCはチップでエヌビディア(NV…

アプライドのフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐ! – まぐまぐニュース!


※この業績予想は2017年9月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アプライド

3ヶ月後
予想株価
1,700円

パソコン専門店「アプライド」を展開。テレビゲームや化粧品・雑貨専門店も運営。官公庁・大学向けソリューション営業を推進。BtoB販売を強化。パソコン・ゲーム事業は売上低調。18.3期1Qは業績伸び悩む。

出版・広告事業は売上減。化粧品・雑貨事業では大型店舗による店舗販売を強化。18.3期通期は増収増益を見込む。1Q決算後の株価調整は一巡だが、PBRは妥当水準。業績懸念の台頭が当面の株価の上値を抑制へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/31,000/1,280/1,280/680/267.95/40.00
19.3期連/F予/31,500/1,330/1,330/720/283.71/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/09/28
執筆者:YK

テクノクオーツのフィスコ二期業績予想 | マネーボイス – まぐまぐ! – まぐまぐニュース!


※この業績予想は2017年9月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

テクノクオーツ

3ヶ月後
予想株価
7,600円

半導体製造装置用製品、理化学機器用石英ガラス製品等を手掛ける。洗浄事業も。石英ガラス加工に強み。米アプライドマテリアルズ向け売上比率が高い。半導体事業の受注高は伸長。販管費減少。18.3期1Qは大幅増益。

シリコン製品は低調も、石英製品が好調。受注残高豊富。下期は需要鈍化の可能性だが、18.3期通期業績予想は保守的。PBRは1倍割れ。一方で流動性は低く、株価には手掛けづらさ。当面は動意に乏しい展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/6,700/580/570/400/516.99/50.00
19.3期連/F予/6,800/610/600/420/542.84/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/09/28
執筆者:YK

東エレクが17年ぶり高値、好決算発表の米マイクロン株高が波及 – 会社四季報オンライン

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。