元旦営業はもはや非常識? 三が日のコンビニは無人店舗が常識になる – iRONNA(いろんな)

片山修(経済ジャーナリスト、経営評論家)

 30年ほど前、正月といえば「元日休業」が普通だった。銀行にしろ、商店にしろ、大みそかのギリギリまで開いていた。だからというか、元日は休むのが普通だった。そう、「正月休み」である。ところが、流通業では、1990年代のコンビニエンスストアの普及以後「元日開業」が常識で、「元日休業」は非常識のような時代の空気があった。しかし近年逆転した。「元日休業」が常識で「元日開業」が非常識化しつつあるように思われる。では、なぜいま再び元日休業なのか。そこからは日本社会の構造の変化を読み取ることができる。

 実際、元日休業を掲げる企業は、増えている。元来、都内の百貨店で元日に営業するのは、そごう・西武やグランデュオなどに過ぎない。高島屋や松屋、松坂屋、東武などの多くの百貨店は2日から営業。三越伊勢丹の店舗の多くは3日開業だ。

2017年1月1日、西武池袋本店の初売りで福袋を買い求める人たち。百貨店大手4社は、平成29年の初売りがおおむね好調だったと発表した
2017年1月1日、西武池袋本店の初売りで福袋を買い求める人たち。百貨店大手4社は、平成29年の初売りがおおむね好調だったと発表した

 家電量販業界でも、とっくに元日休業が広がっている。2008年、ヤマダ電機が業界に先駆けて元日休業を掲げると、ケーズデンキも続いた。この動きは今年、一部のコンビニや外食産業でも広がった。北海道を中心に約1190店舗を展開する「セイコーマート」の運営会社セコマは昨年、元日に42店舗で休業したのに続き、今年は全体の半数以上の約640店舗で休業した。

 ロイヤルホールディングス(HD)は、ニーズの高い立地条件の店舗は除いたものの、展開する「ロイヤルホスト」「天丼てんや」「カウボーイ家族」の約9割で元日休業した。大戸屋HDもまた、「大戸屋ごはん処」の直営店の約半数にあたる80店舗で、昨年の大みそかと今年の元日を休業した。テンアライドでも「旬鮮酒場天狗(てんぐ)」などの全店舗で昨年の大みそかを休業した。

 元日休業が広がった背景には、二つの理由がある。一つは深刻な人手不足だ。少子高齢化社会、労働人口減少社会を迎え、人手不足が深刻化する現代において、従来の方法で24時間年中無休のサービスを競うのは、もはや時代遅れだ。社会の変化に合った、賢い外食や流通の在り方を考えるべき時に来ているのではないか。

 だからといって消費者にしてみれば、コンビニや外食店は24時間365日営業しているに越したことはない。しかし、都市部はともかく、セイコーマートのような地方のコンビニや外食店は、もともと深夜の時間帯は需要が少ない。しかも、深夜や祝日などには従業員の時給が上乗せされる。消費者のニーズが少なく、稼げない時間帯に、高い人件費を支払って営業したのでは割に合わない。

2018年、いよいよ「個人消費」拡大へ―関連株、集まり始めた注目 <株 … – 株探ニュース

ビックカメラ <日足> 「株探」多機能チャートより

―消費関連株に国策の追い風が吹く時、関連銘柄の動向を追う―

 2017年も幕を閉じようとしている。12年12月の第2次安倍政権の発足から早くも5年が経った。アベノミクスについては、日経平均株価がバブル崩壊後の高値を更新、求人倍率も43年10ヵ月ぶりの高水準に100点満点と言える部分もあるが、肝心かなめの消費拡大については、いまだ合格点にはほど遠い。しかし最近では株式市場の好調も追い風に、じわり消費拡大の気配も出てきている。関連銘柄の動向と今後の展開を追った。

●まだら模様も、風向きは追い風

 ここ、百貨店を筆頭に小売り関連の一角に明るさが見えてはいるが、一部メディアの調査などでは消費拡大について懐疑的な見方も少なくはない。事実、売り上げ拡大の波に乗る企業があると同時に、いまだ苦境から脱しきれない企業も多い。まだら模様の消費関連セクターだが、株式市場においては、実態に先んじて消費拡大の波に乗る関連銘柄に注目が集まりそうだ。

 東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏は「現在は、企業の好業績が賃金の伸びにあまり反映されていないという現実があり、景気回復を実感としてとらえられていない国民も多い。したがって、株式市場でも消費関連株が物色テーマとして盛り上がりにくい面はある」としながらも「少し先を見た場合、安倍政権が掲げる“働き方改革”や“人づくり革命”といった国策は内需振興につながる。その切り口で言えば消費関連株は国策に乗り風向きは追い風といってよい」指摘する。さらに「日経平均の上昇自体が資産効果をもたらし、消費を刺激するということも忘れてはならないだろう。富裕層中心に資金が流れる百貨店などはその恩恵にあずかることが予想される。また、一時の爆買いは鳴りを潜めたとはいえ、訪日客は今もなお増勢の一途にあり、インバウンド需要はこれからも継続的に期待できる」と前向きな見解を示している。

●百貨店は日経平均上昇に乗る

 確かに、百貨店株については、高級腕時計などをはじめとして高額商品の売れ行きが好調だ。ここ数年、インバウンド頼みだったともいえる高額消費だが、「最近では、国内消費も好調だ」(大手百貨店・広報)と潮流の変化がみられるのも事実だ。また前述の大塚氏の言葉を裏付けるかのように「日経平均株価の上昇は好影響」(同)ともいう。

 高島屋 <8233> は25日の取引終了後、第3四半期累計(3-11月)の連結決算を発表。営業利益が前年同期比5.6%増となる217億1000万円、純利益は9.5%増の144億7700万円だった。個人消費が底堅さを増したことやインバウンド需要の堅調継続で、百貨店事業では高額品が引き続き好調に推移しボリュームゾーンの衣料品や雑貨なども復調に向かい始めた。株価も絶好調で年初来高値圏を舞う。またJ.フロント リテイリング <3086> も26日取引終了後に第3四半期累計(3-11月)の連結決算を発表、営業利益段階で前年同期比29.2%増の378億6000万円と好調で、こちらの株価も年初来高値圏で推移している。

 三越伊勢丹ホールディングス <3099> は、21日取引終了後に18年3月期第3四半期決算で特別損失約43億円を計上すると発表。ただし、これはネクストキャリア制度の見直しを実施したことで、退職金の積み増しなどを行うことが要因。これを嫌気した格好で翌日には急落したが、押し目買いが入りほどなく上昇基調に復帰、再び年初来高値1469円を射程に捉えてきた。

 好調の波に乗る百貨店株だが、市場関係者の間では、いまだ出遅れ感を指摘する声もあり、今後も注目場面が継続しそうだ。

 百貨店株については、まさに高額消費の象徴ともいえるが、日本経済を一段の拡大に導くためには、日常生活に即した部分での消費の拡大という大きな壁を乗り越える必要がある。内需拡大が叫ばれるなか、より生活に密着した消費に関わる多くの業態においては強弱感が対立しているのが現状で、株式投資では勝ち組を見極める目が必要になる。

●ネット通販で攻勢かけるビックカメラ

 消費拡大の波が顕著に表れる業態のひとつが家電量販店だろう。競争が激化する同業界において、さまざまな施策で攻勢をかけているのがビックカメラ <3048> だ。19日に楽天 <4755> と家電分野のインターネット通販で新会社を設立すると発表、18年4月からサービス開始の予定で今後の業績への寄与にも注目が集まる。また18年8月期は、連結経常利益が前期比6.7%増となる260億円を見込むが、インバウンド売り上げの想定が保守的との見方が強く、増額を予想する向きもある。13日に1722円まで買われ年初来高値を更新、現在は1600円近辺まで調整しているが、そろり押し目時との見方も出ている。

 家電量販店では、同じく業績好調なケーズホールディングス <8282> に加え、衛生陶器メーカー中堅のアサヒ衛陶 <5341> [東証2]と11月にスマートハウス・リフォーム事業で業務提携したヤマダ電機 <9831> にも注目。住宅のリフォーム、リノベーションが脚光を浴びるなか目を配っておきたいところだ。

●“国内”も視野に入れるラオックス

 家電量販店のなかでラオックス <8202> [東証2]は面白い存在だ。すでに、中国人観光客への免税品販売が中核になっており、まさにインバウンド株の象徴ともいえる。7月には「千葉ポートスクエアポートタウン」を開業、同社初となる飲食やエンターテインメント事業などを開始し、ワンストップで買い物(モノ)と体験(コト)を楽しむことを目指す。同社では「日本人も海外の方も同様に楽しんでいただけるよう考えた。地域とインバウンドの融合、さらに地域活性ということを含めて展開したいと思っている」(経営企画部)といい、「今後は、インバウンドに加え国内マーケットも視野に入れていきたい」(同)と話す。

 業績もここにきて息を吹き返している。直近3ヵ月の実績である17年7-9月期(第3四半期)の連結経常損益が4億2600万円の黒字(前年同期3億2500万円の赤字)に浮上。また、11月30日には株主優待制度を7年ぶりに再開すると発表、株主優遇姿勢もみせていることから株価に再評価機運が高まる可能性もある。

●衣料小売りは“寒い冬”も味方

 衣料小売りは、正念場が続くが一部明るい兆しも見えている。RIZAP傘下で再建をすすめるジーンズメイト <7448> は、28日の取引終了後に第3四半期累計(2月21日-11月20日)単独決算を発表した。売上高は63億8800万円(前年同期比4.8%減)、営業損益4億4700万円の赤字(前年同期4億4100万円の赤字)となり、営業赤字幅が小幅に拡大した。24時間営業の廃止や、不採算店舗を閉鎖したことが響いたという。ただ、店舗の減損損失がなくなり、最終損益は3億200万円の赤字(同6億6000万円の赤字)だった。これを受けてきょうは売られたが、22日の取引終了後に発表した12月度の売上高速報では、既存店売上高が前年同月比13.2%増と5ヵ月連続で前年実績を上回っており、再建に向けての動きが今後加速できるかどうかに注目が集まる。

 そのほかでは、11月既存店売上高が4ヵ月連続で前年上回ったユナイテッドアローズ <7606> 、株価が急速に底値離脱の動きをみせているライトオン <7445> にも注目したい。

 これら衣料小売りの売り上げを後押ししているひとつが今年の気候。平年に比べて気温が低いことが売り上げに寄与するが、季節要因を味方にできない企業もあることを考えると、やはりそこには企業努力があってこそといえる。

 また、企業間の電子商取引サイトなどを展開するラクーン <3031> も消費拡大の恩恵を受けそうだ。主力の「スーパーデリバリー」の会員の獲得が進み収益は好調で18年4月期の連結売上高は前期比8%増の25億5000万円、営業利益は同17%増の4億9000万円見通しと増収2ケタ増益を見込んでいる。越境ECも伸びが顕著で成長エンジンのひとつとなっており、19年4月期も2ケタ利益成長ペースが続く公算が大きい。株価は、ここ上げ足速めている。

●インバウンドの波に乗るドラッグストア

 消費拡大の思惑が確信に変わるまでは、まだ時間がかかりそうな現状においてインバウンド消費に寄せる期待が大きいのも事実だ。9月中旬、一部報道で中国が外貨の流出を警戒して日本への団体旅行を制限しはじめていると伝わり、関連株が下落するなど衝撃が走ったことも記憶に新しい。その後、報道の影響も沈静化し再び上昇基調を強めているが、これもインバウンド消費に対する期待の大きさを物語るものだろう。本格的消費拡大に向けては、政策的な消費喚起策に加え、さまざまな企業努力はもちろんだが、インバウンド消費が大きなカギを握ることはいうまでもない。

 そのインバウンド消費を追い風に業績好調なのが、マツモトキヨシホールディングス <3088> 、サンドラッグ <9989> などドラッグストア関連株だ。両銘柄ともに株価は高値圏で頑強展開を続けている。そのなかマツキヨHDは、インバウンドだけではなく中国における越境EC、タイでの「マツモトキヨシ」店舗も順調に拡大しており、それぞれの国情に合わせ最適な展開を行うことで、国内外において外国人客需要の獲得を図っている。

 また、インバウンド関連株としての存在感は薄いが、ドラッグストアでは北陸地盤のクスリのアオキホールディングス <3549> にもそろり目をやりたい。同社は27日に、12月度の月次営業速報を発表。既存店売上高は前年同月比8.5%増となり、前月度の伸び率(3.4%増)から拡大している。株価は、25日に直近安値5780円を底に出直る気配も。

●ダブル効果でコメ兵

 インバウンド関連の一角として脚光を浴びたコメ兵 <2780> [東証2]も忘れてはならない。同社はバッグ、貴金属など中古のブランド品を扱うが、中間期の連結営業損益は2億4000万円の黒字予想に対し4億6100万円の黒字(前年同期は6700万円の赤字)で着地。大阪・梅田店などの大型店出店効果が寄与し、18年3月期の連結営業利益は会社予想13億3000万円に対し増額期待もある。インバウンドの追い風に加え、高額品消費がじわり拡大するなか、このダブル効果でここからの活躍期待も高まる。株価は12月7日に2441円まで買われ年初来高値を更新、その後は軟調展開を続けていたが、ここにきて調整一巡感も漂う。

 こうした状況下、20日に日本政府観光局が発表した11月の訪日外客数は、前年同月比26.8%増の237万8000人となり、16年11月の187万5000人を50万人以上上回り、11月として過去最高を記録した。また、1 月からの累計は2616万9000人となり、16年の2404万人を既に超えている。いまだ衰えをみせぬインバウンドの追い風、関連銘柄への恩恵は続きそうだ。

●上値指向のスタートトゥデイ、バリューゴルフ

 前出の大塚氏は「当面のポイントは来年の春闘だ。来年の春先、2月頃から4月にかけて賃上げの動きを織り込みながら消費関連株は刺激される環境となりやすい。何といっても賃上げは、働き方改革と並び安倍政権が民間に強く要望している項目だ。実施した企業に税制優遇措置を用意するなど、まさしく国を挙げての命題。そして、その延長線上に消費の拡大がある」と語る。また「消費関連の範疇で対象となる企業や業態は多岐にわたるが、相対的に優位なポジションにあるのは、消費に絡むネット関連企業と考えている。例えばスタートトゥデイ <3092> やバリューゴルフ <3931> [東証M]のような銘柄は、株価も上値指向が強い」という。

 消費の拡大傾向については、取材を進めるなか「明るさはあるものの決して楽観視できない」という声が多くの企業担当者から聞かれた。安倍政権の目指すところは内需拡大にあり、本格的な消費の拡大はまだ緒に就いたばかりだ。年が明けると間髪を入れず企業の第3四半期決算発表がスタート、勝負所はすぐにやってくる。

★元日~3日に、2018年「新春特集」を一挙、“24本”配信します。ご期待ください。
        →→ 「新春特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

ニトリHDが一時 9%超安の急落! 日経平均は続伸 【東京株式市場 … – 投信1

【東京株式市場】 2017年12月25日

株式市場の振り返り-日経平均株価は小幅続伸、TOPIXは4日続伸

2017年12月25日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,939円(+36円、+0.2%) 小幅続伸
  • TOPIX 1,831.9(+2.8、+0.2%) 4日続伸
  • 東証マザーズ総合指数 1,196.6(▲11.3、▲0.9%) 反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:889、値下がり銘柄数:1,073、変わらず:102
  • 値上がり業種数:23、値下がり業種数:10
  • 年初来高値更新銘柄数:163、年初来安値更新銘柄数:19

東証1部の出来高は10億5,644万株、売買代金は1兆5,458億円(概算)となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。クリスマス休暇で市場参加者が極端に少なかったことなどから、出来高、売買代金とも今年最低を記録する薄商いとなっています。特に、売買代金は2015年12月28日以来の低水準でした。

続きを読む

参考記事

そのような中、日経平均株価も鈍い値動きとなりました。ただ、前場はマイナス圏に沈んだものの、後場は切り返して小幅ながら続伸で引けています。終値では再び23,000円をうかがう位置となりました。

なお、TOPIXも同じような値動きとなり、4日続伸で引けています。

東証マザーズ総合指数は反落、売買代金は5日連続の1,000億円超に

東証マザーズの出来高は6,658万株、売買代金は1,185億円となりました。出来高は先週末より減少しましたが、売買代金は小幅増加となりました。新興市場は大型株市場ほどの閑散相場にはなりませんでしたが、盛り上がりに欠けた商いでした。それでも、売買代金は5日連続で1,000億円を維持しています。

なお、総合指数は反落となり、再び1,200ポイントを割り込んで終わりました。

ニトリHDが一時▲9%超安の急落、先週末に暴落したエーザイは力弱い反発

個別銘柄では、先週末に記録的な暴落となったエーザイ(4523)が反発しましたが、限定的なものに止まりました。また、ホンダ(7267)が堅調に推移して年初来高値を更新し、デンソー(6902)も取引時間中に3日連続の高値更新となっています。

その他では、ファナック(6954)が値を上げ、キーエンス(6861)も大幅高となったのが目を引きました。

一方、先週末に決算発表を行ったニトリホールディングス(9843)が材料出尽くしなどから一時▲9%超安の急落となり、終値でも▲6%超安で引けました。また、ケーズホールディングス(8282)やドンキホーテホールディングス(7532)など小売株の一角が大幅安となっています。

その他では、三井住友フィナンシャルグループ(8316)など金融株が総じて売られました。

新興市場では、窪田製薬ホールディングス(4596)、ブランジスタ(6176)、ロックオン(3690)などが大幅安となって年初来安値を更新しました。一方、手間いらず(2477)は大幅続伸となり、アトラエ(6194)も値を上げています。

投信1編集部

参考記事

ニュースレター




あわせて読みたい

投信1編集部
投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。

金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。

ニトリHDが一時 9%超安の急落! 日経平均は続伸 – 投信1

【東京株式市場】 2017年12月25日

株式市場の振り返り-日経平均株価は小幅続伸、TOPIXは4日続伸

2017年12月25日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 22,939円(+36円、+0.2%) 小幅続伸
  • TOPIX 1,831.9(+2.8、+0.2%) 4日続伸
  • 東証マザーズ総合指数 1,196.6(▲11.3、▲0.9%) 反落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:889、値下がり銘柄数:1,073、変わらず:102
  • 値上がり業種数:23、値下がり業種数:10
  • 年初来高値更新銘柄数:163、年初来安値更新銘柄数:19

東証1部の出来高は10億5,644万株、売買代金は1兆5,458億円(概算)となり、いずれも先週末より大幅減少となりました。クリスマス休暇で市場参加者が極端に少なかったことなどから、出来高、売買代金とも今年最低を記録する薄商いとなっています。特に、売買代金は2015年12月28日以来の低水準でした。

続きを読む

参考記事

そのような中、日経平均株価も鈍い値動きとなりました。ただ、前場はマイナス圏に沈んだものの、後場は切り返して小幅ながら続伸で引けています。終値では再び23,000円をうかがう位置となりました。

なお、TOPIXも同じような値動きとなり、4日続伸で引けています。

東証マザーズ総合指数は反落、売買代金は5日連続の1,000億円超に

東証マザーズの出来高は6,658万株、売買代金は1,185億円となりました。出来高は先週末より減少しましたが、売買代金は小幅増加となりました。新興市場は大型株市場ほどの閑散相場にはなりませんでしたが、盛り上がりに欠けた商いでした。それでも、売買代金は5日連続で1,000億円を維持しています。

なお、総合指数は反落となり、再び1,200ポイントを割り込んで終わりました。

ニトリHDが一時▲9%超安の急落、先週末に暴落したエーザイは力弱い反発

個別銘柄では、先週末に記録的な暴落となったエーザイ(4523)が反発しましたが、限定的なものに止まりました。また、ホンダ(7267)が堅調に推移して年初来高値を更新し、デンソー(6902)も取引時間中に3日連続の高値更新となっています。

その他では、ファナック(6954)が値を上げ、キーエンス(6861)も大幅高となったのが目を引きました。

一方、先週末に決算発表を行ったニトリホールディングス(9843)が材料出尽くしなどから一時▲9%超安の急落となり、終値でも▲6%超安で引けました。また、ケーズホールディングス(8282)やドンキホーテホールディングス(7532)など小売株の一角が大幅安となっています。

その他では、三井住友フィナンシャルグループ(8316)など金融株が総じて売られました。

新興市場では、窪田製薬ホールディングス(4596)、ブランジスタ(6176)、ロックオン(3690)などが大幅安となって年初来安値を更新しました。一方、手間いらず(2477)は大幅続伸となり、アトラエ(6194)も値を上げています。

投信1編集部

参考記事

ニュースレター




あわせて読みたい

投信1編集部
投信1編集部は、証券アナリストなど金融業界で長年の調査経験を持つメンバーを中心に構成されています。

金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。

全国唯一のK’sCAFE 名古屋空港で存続 – 中日新聞

全国で唯一、営業を続けるK’sCAFE。サークルKが隣接する=豊山町の県営名古屋空港で

写真

 豊山町の県営名古屋空港で、全国で唯一の店舗となった「K’sCAFE(ケーズ・カフェ)」が営業を続けている。同カフェはコンビニ店「サークルK」の併設店として各地にできたが、サークルKがファミリーマートに統一されて姿を消している。
 名古屋空港内の同カフェは二〇一五年一月に開店。サークルKの隣の約四十六平方メートルを仕切り、二人掛けのテーブル七つとカウンター十三席がある。営業は午前六時十五分〜午後八時。
 開店当初はパスタなど食事メニューもあったが、現在はモーニングセット(三百六十円)とパンケーキ、レジ横に置くサンドイッチに限られる。飲み物はコーヒーとカフェラテ、ソフトドリンクをそろえる。
 ファミリーマート(東京都)とユニーグループ・ホールディングス(稲沢市)が一六年に経営統合して「ユニー・ファミリーマートホールディングス」(東京都)となり、全国のサークルKとサンクスの店舗は来年八月末までにファミリーマートに改装する方針を打ち出している。

旅客に人気のモーニングセット=豊山町の県営名古屋空港で

写真

 フランチャイズ契約でカフェを運営する名古屋空港ビルディングなどによると、ケーズ・カフェは名古屋市港区や岡崎市など全国で七、八店あったが、一六年から各地の店が閉店。今年七月に岡崎市の店が閉まり、名古屋空港が全国で最後の店となった。
 友人らと青森へ旅立つ前にモーニングセットを味わった稲沢市の主婦大島すみ子さん(74)は「早朝に飛行機に乗ることもあるので、空港に来たときはよく利用する。全国で唯一の店と聞いてびっくりした」と驚く。
 名古屋空港ビルディングの担当者は「空港内にカフェ形式の店はここしかなく、旅客の憩いの場として必要」と話し、同様の店舗継続を模索している。
 ユニー・ファミリーマートホールディングス広報は「サークルKに関することは回答しかねる」とする。

 (藤原啓嗣)

この記事を印刷する

全国唯一のK’sCAFE 名古屋空港で存続:愛知:中日新聞(CHUNICHI … – 中日新聞

全国で唯一、営業を続けるK’sCAFE。サークルKが隣接する=豊山町の県営名古屋空港で

写真

 豊山町の県営名古屋空港で、全国で唯一の店舗となった「K’sCAFE(ケーズ・カフェ)」が営業を続けている。同カフェはコンビニ店「サークルK」の併設店として各地にできたが、サークルKがファミリーマートに統一されて姿を消している。
 名古屋空港内の同カフェは二〇一五年一月に開店。サークルKの隣の約四十六平方メートルを仕切り、二人掛けのテーブル七つとカウンター十三席がある。営業は午前六時十五分〜午後八時。
 開店当初はパスタなど食事メニューもあったが、現在はモーニングセット(三百六十円)とパンケーキ、レジ横に置くサンドイッチに限られる。飲み物はコーヒーとカフェラテ、ソフトドリンクをそろえる。
 ファミリーマート(東京都)とユニーグループ・ホールディングス(稲沢市)が一六年に経営統合して「ユニー・ファミリーマートホールディングス」(東京都)となり、全国のサークルKとサンクスの店舗は来年八月末までにファミリーマートに改装する方針を打ち出している。

旅客に人気のモーニングセット=豊山町の県営名古屋空港で

写真

 フランチャイズ契約でカフェを運営する名古屋空港ビルディングなどによると、ケーズ・カフェは名古屋市港区や岡崎市など全国で七、八店あったが、一六年から各地の店が閉店。今年七月に岡崎市の店が閉まり、名古屋空港が全国で最後の店となった。
 友人らと青森へ旅立つ前にモーニングセットを味わった稲沢市の主婦大島すみ子さん(74)は「早朝に飛行機に乗ることもあるので、空港に来たときはよく利用する。全国で唯一の店と聞いてびっくりした」と驚く。
 名古屋空港ビルディングの担当者は「空港内にカフェ形式の店はここしかなく、旅客の憩いの場として必要」と話し、同様の店舗継続を模索している。
 ユニー・ファミリーマートホールディングス広報は「サークルKに関することは回答しかねる」とする。

 (藤原啓嗣)

この記事を印刷する

SUMCOが急落! 日経平均は続落し23000円台回復がやや遠のく – 投信1

東証1部の出来高は19億54万株、売買代金は2兆8,772億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。米国のFOMCなど今週予定されている重要イベントを控える中、いったん利益を確定しようという動きが顕著となり、相応に活況な商いとなりました。売買代金は3兆円をうかがう水準まで増加しています。

そのような中、日経平均株価は寄り付き直後に+13円高となる場面が見られた以降は、終日マイナス圏で推移しました。特に後場に入ってからは下げ幅を拡大し、一時▲168円安まで売られましたが、最後はやや戻した形です。それでも続落となり、23,000円台への回帰はいったん遠のいた可能性があります。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、下落率は日経平均株価より小幅に止まりました。

東証マザーズ総合指数は5日続伸、売買代金は3日連続の1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は4,654万株、売買代金は923億円となりました。出来高は前日より減少しましたが、売買代金はほぼ横ばいでした。一部銘柄が物色対象となったものの、盛り上がりに欠けた商いとなったようです。売買代金は3日連続の1,000億円割れとなりました。

一方で、総合指数は5日続伸となり、再び1,200ポイントを目指す動きになったと言えましょう。この反発の勢いが続くかどうか注目されます。

SUMCOなど半導体関連株が大幅安、MUFGなど銀行株の買い戻しが続く

個別銘柄では、米国ナスダック指数の下落を受けて、半導体関連株や値嵩ハイテク株に下落が目立ちました。SUMCO(3436)が▲5%超安の急落となったのを始め、東京エレクトロン(8035)、信越化学工業(4063)、日東電工(6988)などが大幅安となり、日本電産(6594)やローム(6963)も大きく値を下げました。

また、ファナック(6954)や日立建機(6305)も売られ、三井不動産(8801)など不動産株も冴えない値動きとなっています。さらに、良品計画(7453)やケーズホールディングス(8282)など小売株の一角も大幅下落となりました。

一方、銀行株の買い戻しが続いており、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)と三井住友フィナンシャルグループ(8316)が年初来高値更新となり、りそなホールディングス(8308)も連日の大幅上昇となりました。

また、任天堂(7974)が値を上げ、資生堂(4911)やライオン(4912)なども上昇して引けています。

新興市場では、前日に急騰したビリングシステム(3623)が取引時間中に年初来高値を更新しましたが、その後急落して安く引けました。また、手間いらず(2477)も大幅高となって高値更新となっています。

一方、ドリコム(3793)が急落して引けたのが目を引きました。

投信1編集部

『BCN RETAIL REVIEW』2017年12月号発行のお知らせ – BCN RETAIL

 BCN(東京・千代田区、奥田喜久男会長兼社長)は、家電流通に携わる人に無料でお届けする専門紙『BCN RETAIL REVIEW』Vol.21 2017年12月号を11月27日に発行しました。巻頭インタビュー<KeyPerson>は、ケーズホールディングスの加藤修一相談役です。ケーズデンキの70年史は必見・保存版です。特別企画として、I・Oデータの細野昭雄会長と奥田喜久男会長兼社長の対談も掲載しています。本サイトまたは紙面にてぜひご一読ください。

201712011520_1.jpg

■会員限定記事

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「老害が会社経営をおかしくする」

 

201712011520_2.jpg

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「会社は単純なほど大きくなれる」

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「人件費を削ってはいけない」

 

201712011520_3.jpg

<TopVision>マクセルホールディングスの勝田社長が語る、第二の創業期への想い

<TopVision>「技術力」と「信頼」で挑む、マクセルの新領域の製品

 

201712011520_4.jpg

AIは小売の現場を変えるか
 

201712011520_5.jpg

■連載・特集企画

<特別対談>I・Oデータ 細野昭雄会長 「今こそ業界が一致団結するべき」

 

201712011520_6.jpg

<STORE STRATEGY>ユニディ湘南平塚店

家電販売に力を入れる アイリスオーヤマ傘下のホームセンター

 

201712011520_7.jpg
 
201712011520_8.jpg

▼会員限定記事をお読みいただくには、会員登録(無料)が必要です。
新規登録はこちら

『BCN RETAIL REVIEW』2017年12月号発行のお知らせ – BCN RETAIL – BCN RETAIL

 BCN(東京・千代田区、奥田喜久男会長兼社長)は、家電流通に携わる人に無料でお届けする専門紙『BCN RETAIL REVIEW』Vol.21 2017年12月号を11月27日に発行しました。巻頭インタビュー<KeyPerson>は、ケーズホールディングスの加藤修一相談役です。ケーズデンキの70年史は必見・保存版です。特別企画として、I・Oデータの細野昭雄会長と奥田喜久男会長兼社長の対談も掲載しています。本サイトまたは紙面にてぜひご一読ください。

201712011520_1.jpg

■会員限定記事

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「老害が会社経営をおかしくする」

 

201712011520_2.jpg

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「会社は単純なほど大きくなれる」

<KeyPerson>ケーズHD・加藤修一相談役 「人件費を削ってはいけない」

 

201712011520_3.jpg

<TopVision>マクセルホールディングスの勝田社長が語る、第二の創業期への想い

<TopVision>「技術力」と「信頼」で挑む、マクセルの新領域の製品

 

201712011520_4.jpg

AIは小売の現場を変えるか
 

201712011520_5.jpg

■連載・特集企画

<特別対談>I・Oデータ 細野昭雄会長 「今こそ業界が一致団結するべき」

 

201712011520_6.jpg

<STORE STRATEGY>ユニディ湘南平塚店

家電販売に力を入れる アイリスオーヤマ傘下のホームセンター

 

201712011520_7.jpg
 
201712011520_8.jpg

▼会員限定記事をお読みいただくには、会員登録(無料)が必要です。
新規登録はこちら