重大発表!!「ファントム4」購入 動画付き – 日刊スポーツ (ブログ)

AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がクラウドファンディングサイト「Makuake」にて目標金額300%に到達!ストレッチゴールを設定! – 宮崎日日新聞

AI英会話アプリ「SpeakBuddy」がクラウドファンディングサイト「Makuake」にて目標金額300%に到達!ストレッチゴールを設定!

2017/10/20 12:00

appArray株式会社は、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて9月22日(金)よりAI英会話アプリ『SpeakBuddy』の資金募集を開始しました。プロジェクト開始後半日で目標金額50万円を達成。10月20日(金)9時現在、170万円と340%を達成しております。
10月20日(金)より、追加目標であるストレッチゴール(ストレッチゴール額:250万円)を設定いたします。

【ストレッチゴールを250万円に設定】
ストレッチゴールの250万円を達成した場合、支援者の方全員のアプリ使用無料期間を1ヶ月延長致します。

<クラウドファンディングの概要>
MakuakeでのURL:https://www.makuake.com/project/speakbuddy02/
開始日:2017年9月22日
終了日:2017年11月20日

appArray株式会社が開発した『AI英会話SpeakBuddy』は、高精度の音声認識を利用して英会話練習ができる月額制の英語学習アプリです。昨年、Makuakeで目標金額の1400%達成を超える調達を成功させ、昨年9月のリリース以来1年、ユーザーのご意見・ご要望を元に数々の改善を重ね、ビジネス英会話へと進化しました。この度、Android版の開発、及びiOS版の進化のために、クラウドファンディングを9月22日より開始いたしました。

SpeakBuddyのヘビーユーザーの多くがビジネスパーソンです。日常会話や旅行会話、ビギナー向けの中学高校向けも将来的に充実させていきつつも、最も需要と実利の大きいビジネス英会話に集中してコンテンツを充実・進化させました。
キーフレーズを文脈や利用シーンと共に理解することによって本番でも話せるという、TESOL(英語教授法)の理論に基いて開発しています。AI英会話というとフリートークを想像される方も多い中で、学習効果の観点から、正しい英語を選択肢や穴埋めで話すシナリオモードをメインとしています。自由なアウトプットもフリートークモードやスモールチャットモードといった要素で入っており、その将来性を見込んで開発中です。

■このアプリのすごいところ!
段階的トレーニングであなたの英会話習得をサポートします。
キーフレーズを文脈や利用シーンと共に理解することによって本番でも話せるという、TESOL(英語教授法)の理論に基いて開発しています。AI英会話というとフリートークを想像される方も多い中で、学習効果の観点から、正しい英語を選択肢や穴埋めで話すシナリオモードをメインとしています。

<主なメニュー>
◯単熟語モード:シナリオのキーワード・フレーズを予習、3択テスト
◯リスニングモード:聞き流しとスクリプトでシナリオ全体を把握
◯会話モード:選択肢でスコアと感情が変化するスピーキング練習
◯穴埋めモード:キーフレーズを穴埋めにしたスピーキングテスト
(上記は現在iOS版に含まれている機能です。Android版リリース時には全ての機能は含まれておらず、バージョンアップデートで徐々に機能が充実致します。)

『英会話SpeakBuddy』のダウンロードは無料、1週間のフリートライアル期間がございます。フリートライアル終了後は、月額980円で全機能が使いたい放題となります。
ビジネス英語のコンテンツを充実させたSpeakBuddyはスキマ時間を有効活用して頂くために5分有れば1シナリオできる設計に致しました。忙しいビジネスパーソンも、ご自分の部屋やオフィスなど、一人になれる場所を見つけたらすぐに英会話練習ができます。

SpeakBuddyはできるだけ英会話に集中できるよう使いやすさを徹底しました。ユーザビリティテストも行って直感的に分かるボタン配置で操作しやすくなっており、一流のUXデザイナーがデザインしております。

また、SpeakBuddyでは継続性を最重要ポイントとして位置づけ、様々な工夫を盛り込んでいます。ストーリー性の有るシナリオ作りに加え、学習記録や連続利用による報酬、ランキング、ゲーミフィケーション、レコメンド、通知などの仕組みで皆さんの継続学習を支えます。

■アプリの特徴
◯400シーンのビジネスシナリオ
先輩・後輩・上司・顧客・取引先など、ストーリー性を持った多彩なキャラクターと6段階のレベルに合計約400のビジネスシナリオを用意、その他の100以上の日常・旅行英会話と合わせて500を超えるシナリオが揃います。

全国のニュース



食堂店主殺害疑いで62歳男逮捕 新潟から移送、宮崎県警 – 宮崎日日新聞

2017年10月19日21時03分

 宮崎県警は19日、宮崎市の食堂で9月、店主の大西達夫さん(65)を殺害したとして殺人容疑で同市の末永幸一容疑者(62)を逮捕した。末永容疑者は事件発覚後、車の窃盗容疑で新潟県警に逮捕されており、この日夜、逮捕に先立って宮崎北署に身柄が移送された。

 末永容疑者は店に出入りしていた客の一人で、大西さんと面識があったとみられる。宮崎県警は今後、2人の間にトラブルがなかったかどうか詳しい経緯を調べる。

 末永容疑者は、大西さんの遺体が店内で見つかった9月9日午前から同12日午前にかけて大分県杵築市内で乗用車を盗んだ疑いで、同13日に新潟県警が逮捕した。

全国のニュース


『黒騎士と白の魔王』 のVRアトラクションが、渋谷 『VR PARK TOKYO』 に新登場! – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
『黒騎士と白の魔王』 のVRアトラクションが、渋谷 『VR PARK TOKYO』 に新登場!

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

~『黒騎士』が動画で体験できるVRアプリも同時リリース~

株式会社グラニは、スマホRPG 『黒騎士と白の魔王』の世界観をVRで体験できるアトラクションを、アドアーズ株式会社が運営する、VRエンターテイメント施設 『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)にて提供いたします。

株式会社グラニ(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷 直史、以下グラニ)は、スマホRPG 『黒騎士と白の魔王』(以下、『黒騎士』)の世界観をVRで体験できるアトラクションを、アドアーズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 石井学)が運営する、VRエンターテイメント施設 『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)にて提供いたします。また、『黒騎士』の世界観が手軽に動画で体験できるVRアプリも同時にリリースいたします。

【『黒騎士』VRアトラクション概要】

実施時期: 2017年10月20日(金)~
『黒騎士と白の魔王』VR 公式サイト:https://kuro-kishi.jp/vr/

VR アトラクション紹介PV: 

VR アトラクション場所:『VR PARK TOKYO』 (アドアーズ渋谷店)
名称: 黒騎士と白の魔王VR 潜入!魔王城 編

『黒騎士』VR アトラクション内容:
『黒騎士』の物語のはじまりである、救世主が召喚されるシーンをVRで追体験できます。セオ、アリア、マンモンといった本編主人公と共に魔王城へ潜入します。VRならではの緊迫感ある潜入シーンと、モンスターとの迫力のバトルが必見です。

VRアトラクション イメージ図

【『黒騎士』VRアプリ概要】


アプリ名称:黒騎士と白の魔王「VRミュージアム」
閲覧方法:
1:スマホのみ(360°動画)
2:VRゴーグルにスマホセットしたVRモード
配信日: 2017年10月20日(金)
App Store (iOS):https://itunes.apple.com/jp/app/id1282335049?mt=8
Google Play (Android):https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.grani.kurokishivr&hl=ja

『黒騎士』VRアプリ内容:
『黒騎士』VRアトラクションの映像が、スマートフォンでも閲覧できる他、『黒騎士』の舞台を3Dで再現した空間の中で、本編で流れるハイクオリティのアニメを楽しむことが可能です。

■『黒騎士と白の魔王』とは
従来のオンラインRPGをスマホに最適化させた、スマホ史上、最高に楽しめるオンラインRPGです。
駆け引きの面白さを追求した、新機軸のバトルシステム「ウェイトシステム」をはじめ、生産やバザーなど、
圧倒的なやりごたえをご提供します。

詳細は公式サイトをご覧ください。
【公式サイトURL】 https://kuro-kishi.jp

また、公式Twitterアカウントでは、最新情報を随時発信しています。
【公式Twitter】 https://twitter.com/kurokishi_jp

■『黒騎士と白の魔王』ゲーム概要

■『VR PARK TOKYO』 概要

住所:東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷1ビル4F
TEL: 03-3461-1311
営業時間: 10:00~23:20(土曜日10:00~23:30)
店舗情報サイト:http://www.adores.jp/vrpark/ 
運営会社:アドアーズ株式会社
お問い合わせ : アドアーズ株式会社 レボリューション部 VR事業グループ 宛
TEL: 03-5843-8820(代表) / 03-5843-8839 (部署直通)
専用サイト: http://www.adores.jp/vrbiz/  email: [email protected] 

■株式会社グラニについて
株式会社グラニは2012年9月に設立された、新進気鋭のゲームメーカーです。“もっと夢中にさせたい”という想いのもと、奥深く熱いバトルシステムと間口の広さを両立させたゲームの企画・開発・運営を行っております。代表タイトル『神獄のヴァルハラゲート』は、累計会員数240万人を(2017年9月現在)超え、現在も多くのお客様に楽しんでいただいております。

本社 :      東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー15F
代表取締役社長 : 谷 直史
設立 :      2012年9月19日
事業内容 :    スマホゲームの企画・開発・運営
Webサイト:    http://grani.jp/

GraniとGraniロゴ、『黒騎士と白の魔王』の名称およびロゴは、株式会社グラニの登録商標です。
その他、記載されているすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

Fintech協会は、香港最大級のFintechイベント、Hong Kong Fintech … – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
Fintech協会は、香港最大級のFintechイベント、Hong Kong Fintech Weekにおいて、ネットワーキングイベントJapan Fintech Nightを10月26日に開催

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

アジアのFintechハブ香港と協力し、日本のFintech活性化に貢献

一般社団法人Fintech協会(東京都港区、代表理事:丸山 弘毅 / 工藤 博樹)は、2017年10月23日から27日までの5日間、香港で開催される最大級のFintechイベント「Hong Kong Fintech Week」において、ネットワーキングイベント「Japan Fintech Night」を10月26日に開催します。

Japan Fintech Nightは、Hong Kong Fintech Weekに参加する、アジアを中心としたFintech関係者を集めたネットワーキングイベントです。日本のFintech事情を紹介するとともに、諸外国の交流を促進し、国内外のFintechビジネスの発展を応援します。

今回は、Hong Kong Fintech Weekを主催している香港投資推進局(インベスト香港)および、アジア各国で活動しているFintech団体、FINNOVASIA(https://www.finnovasia.com/)と協力して開催します。

詳細は下記のとおりです。

【イベント概要】

・イベント名:Japan Fintech Night
・日程:2017年10月26日(木)18時30分から
・場所:The Pawn (http://www.thepawn.com.hk/)
・ウェブサイト: https://ti.to/finnovasia/finnovasia-japan-fintech-night
・主催:一般社団法人Fintech協会、FINNOVASIA
・後援:香港投資推進局(インベスト香港)
・プラチナスポンサー:KPMGジャパン
・スポンサー:渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 ※ その他香港でのスポンサー
・アジェンダ:
18:00 – 18:30 – 受付・ネットワーキング
18:30 – 18:40 – 主催者挨拶 一般社団法人Fintech協会
18:40 – 18:50 – Fintech×A.I. by KPMG FAS
伊藤 益満氏 株式会社KPMG FAS 執行役員パートナー
18:50 – 19:00 – A.I. Chloe Demo by 8 Securities
Mikaal Abdulla (CEO & Founder, 8 Securities)
19:00 – 19:30 – パネルディスカッション
モデレーター:池田 将氏 The Bridge Co-founder
登壇者:
荻野 調氏(財産ネット株式会社/ファントムエーアイ株式会社 代表取締役、Fintech協会理事)
鬼頭 武嗣氏(株式会社クラウドリアルティ 代表取締役)
大野 紗和子 AnyPay株式会社 COO
19:30 – 21:30 – 懇親会

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

Fintech協会は、香港最大級のFintechイベント、Hong Kong Fintech Weekにおいて、ネットワーキングイベントJapan Fintech Nightを10月26日に開催 – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
Fintech協会は、香港最大級のFintechイベント、Hong Kong Fintech Weekにおいて、ネットワーキングイベントJapan Fintech Nightを10月26日に開催

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

アジアのFintechハブ香港と協力し、日本のFintech活性化に貢献

一般社団法人Fintech協会(東京都港区、代表理事:丸山 弘毅 / 工藤 博樹)は、2017年10月23日から27日までの5日間、香港で開催される最大級のFintechイベント「Hong Kong Fintech Week」において、ネットワーキングイベント「Japan Fintech Night」を10月26日に開催します。

Japan Fintech Nightは、Hong Kong Fintech Weekに参加する、アジアを中心としたFintech関係者を集めたネットワーキングイベントです。日本のFintech事情を紹介するとともに、諸外国の交流を促進し、国内外のFintechビジネスの発展を応援します。

今回は、Hong Kong Fintech Weekを主催している香港投資推進局(インベスト香港)および、アジア各国で活動しているFintech団体、FINNOVASIA(https://www.finnovasia.com/)と協力して開催します。

詳細は下記のとおりです。

【イベント概要】

・イベント名:Japan Fintech Night
・日程:2017年10月26日(木)18時30分から
・場所:The Pawn (http://www.thepawn.com.hk/)
・ウェブサイト: https://ti.to/finnovasia/finnovasia-japan-fintech-night
・主催:一般社団法人Fintech協会、FINNOVASIA
・後援:香港投資推進局(インベスト香港)
・プラチナスポンサー:KPMGジャパン
・スポンサー:渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 ※ その他香港でのスポンサー
・アジェンダ:
18:00 – 18:30 – 受付・ネットワーキング
18:30 – 18:40 – 主催者挨拶 一般社団法人Fintech協会
18:40 – 18:50 – Fintech×A.I. by KPMG FAS
伊藤 益満氏 株式会社KPMG FAS 執行役員パートナー
18:50 – 19:00 – A.I. Chloe Demo by 8 Securities
Mikaal Abdulla (CEO & Founder, 8 Securities)
19:00 – 19:30 – パネルディスカッション
モデレーター:池田 将氏 The Bridge Co-founder
登壇者:
荻野 調氏(財産ネット株式会社/ファントムエーアイ株式会社 代表取締役、Fintech協会理事)
鬼頭 武嗣氏(株式会社クラウドリアルティ 代表取締役)
大野 紗和子 AnyPay株式会社 COO
19:30 – 21:30 – 懇親会

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

株式会社CAMPFIREが、融資サービス「CAMPFIREレンディング」の対象を個人へと拡大~個人の行動情報やヘルスデータ、SNSの情報発信力等も与信材料として活用~ – THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ)

ホーム >
PR TIMES >
株式会社CAMPFIREが、融資サービス「CAMPFIREレンディング」の対象を個人へと拡大~個人の行動情報やヘルスデータ、SNSの情報発信力等も与信材料として活用~

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入一真 / 以下、CAMPFIRE)は、法人に限定し提供しておりました融資サービス「CAMPFIREレンディング」の対象を、2017年10月19日より個人へと拡大致します。CAMPFIREレンディングは、クラウドファンディングで資金調達に成功したプロジェクト実行者(※1)を対象とした融資として、2017年7月28日に提供を開始。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)で資金調達に成功した方へ、100万円を上限に融資を行います。
本サービスは、決算書などの評価だけではなく、CAMPFIRE独自の支援者による評価を軸とした「評価型与信モデル」を開発・採用。評価型与信モデルとは、クラウドファンディングにおける支援(総額・人数)をスコアリングしたものを与信材料の一つとし、融資対象者へ信用供与するモデルを指します。提供開始より3ヶ月間で4法人に総額281万円の融資を実施して参りましたが、CAMPFIREの利用者の8割を占める個人へと対象を広げ、返済回数を最大3回から6回へと拡大することで、2018年には年間融資200件を目指します。

今後、評価型与信モデルには、個人の行動情報やヘルスデータ、SNSの情報発信力等の採用を検討しており、CAMPFIREレンディング内で蓄積されたデータを元に新たな与信アルゴリズムを構築予定です。また、AI(人工知能)を採用することで、個人の信用情報以外にもトランザクションデータやオープンデータを活用した与信を可能とし、クラウドファンディングにおけるプロジェクトの達成率予測の実行と、予測データを基にしたプロジェクト改善の提案等のサービスへの導入を検討しております。

※1:クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」で資金調達に成功した「All-or-Nothing」(募集期間内に目標金額を達した場合のみ支援金をお支払いする方式)もしくは「All-in」(目標金額の達成・未達成に関わらず、集まった支援金をプロジェクト実行者にお支払いする方式)にてプロジェクトを掲載し、資金調達に成功したプロジェクトの実行者。

○日本初のクラウドファンディング融資「CAMPFIRE レンディング」について             
▶「CAMPFIRE レンディング」の概要
CAMPFIREは、プロジェクト実行者の資金調達手段の拡充のため貸金業の免許を取得し、新たな融資サービスの提供を2017年7月より開始しました。本サービスは、クラウドファンディングを実行した結果、想定以上の支援が集まり、「支援者への返礼品発送のための追加生産を行う場合」や「飲食店の立ち上げなどでの追加設備費用が必要な場合」等の急な資金需要に対し、より安定した資金調達をご提供するものです。

▶「CAMPFIRE レンディング」の適用条件
融資の対象となるのは、下記3点の条件を満たすクラウドファンディングの実行者です。
1)CAMPFIREに会員登録をしているプロジェクトの実行者であること。
2)クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」に掲載したプロジェクトの実行者であること。
3)過去に「All-or Nothing」もしくは「All-In」方式で資金調達に成功したプロジェクトの実行者であること。

○「CAMPFIRE レンディング」の流れ
1)クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にプロジェクトを掲載し、目標金額を達成。
2)「CAMPFIREレンディング」サイト(URL:https://lending.camp-fire.jp)より申し込み。
3)「CAMPFIREレンディング 」よりご連絡。
4)金融スタッフと一緒に支払いプランを決定。オーナーは必要書類を用意。
5)入金を確認(審査承認から最短翌営業日後に入金)。

○貸付条件表
貸付業者の称号:株式会社CAMPFIRE
貸金業登録番号:東京都知事(1)第31656号

【貸付の利率(実質年率)】
10万円未満の場合は上限:年20.00%、10万円から100万円未満は上限:年18.00%、
100万円を超える場合は上限:年15.00%
【返済の方式】 一括返済方式、元利均等返済方式
【返済期間及び返済回数】 1ヶ月~6ヶ月、1回~6回
【賠償額の原本に対する割合】 上限:年20%
【担保の有無】 無し
【返済の例】 融資金100万円、元利均等返済、返済期間3カ月、返済回数3回、貸付利率実質年率15.00%の場合
毎月のお支払額:341,701円

○株式会社CAMPFIREについて
国内No.1の掲載数、PV数を有する購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)を2011年より運営。CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、 “資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。これまでに9,000件以上のプロジェクトを掲載し、プロジェクトに対する総支援者数は約32万人、流通金額は34億円に達しました。
CAMPFIREは、ビットコイン決済の導入、「CAMPFIREレンディング」の運営、お金集めアプリ「polca」(ポルカ)の開発など、お金の流れをなめらかにすることを目指します。
□株式会社CAMPFIRE:http://www.campfire.co.jp
□クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp
□融資サービス「CAMPFIREレンディング」:https://lending.camp-fire.jp

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします! ———-[AD]———-

測量フライト基礎 – DJI GS PRO セミナー in 東京 11月28日【ドローン自動航行検定付】 – PR TIMES (プレスリリース)

測量フライト基礎 – DJI GS PRO セミナー in 東京 11月28日【ドローン自動航行検定付】
https://www.sekido-rc.com/?pid=123840727

<セミナー概要>

DJI社が開発した次世代ドローン自動航行システム「DJI GS PRO」は、測量フライトに最適な機能が多数搭載されています。2017年3月よりスタートしたセキドのGS PROセミナーは、これまで多くの法人様にご好評をいただき、各回完売の大人気のセミナーです。

今回は、測量フライトにフォーカスした「測量フライト基礎講座」を開催いたします。

ミッションの作成から対空標識の設置までを網羅した充実のセキドオリジナルセミナーです。

土木・測量業務にドローンを導入検討されている企業様は、ぜひこの機会をお見逃しなく!

<DJI GS PRO セミナーのポイント!>
○自動航行システムDJI GS PROとドローン測量に必要な知識を最短で学べます!
○ミッション新規作成フローのレクチャーからフライトプラン実運用まで最新の地形モデリングデータ作成までトータルに学べます!
○自動航行を実際に活用されている企業様をゲストスピーカにお招きし最新のノウハウを学べます!

<開催日時 & 受講費用>

測量フライト基礎 – DJI GS PRO セミナー

■開催日: 2017年 11月 28日(火)

■受付:13:00~/ 講習:13:30~17:30/ 検定試験:17:45~18:00

■会場:秋葉原UDX(ユーディーエックス)4F GALLERY NEXT2

■受講費用: 32,400円(税込)

■募集人数: 100名

ご来場特典:最新GS PRO 日本語操作マニュアル進呈

■参加対象:土木・測量関係者様でドローン測量導入検討の方

自動航行を使用した空中写真測量や地形モデリングデータ作成したい方

【ドローン自動航行検定試験】

セミナー内容を元に検定試験を行います。ペーパーテストで全15問程度を予定しております。

※検定試験のみの申込は受付しておりません。

※合格者には後日証明書を発行し郵送いたします。

※基準点に満たない方は終了証を発行いたします。

<プログラム>

13:00~13:30    受付

13:30~16:30  測量フライト基礎 – DJI GS PRO セミナー

・ドローンの自動航行について

・DJI GS PROの概要

・機能説明

・操作説明(ミッション作成フロー含む)

・フライトプラン実例

・運用事例

・自動航行における法律

・測量/自動航行に適した機体の選び方

16:30~17:00    ゲスト講義

17:00~17:30    質疑応答

17:30~17:45    休憩

17:45~18:00    ドローン自動航行検定試験

※プログラムは事前通知なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

▼詳細・お申込みはこちら
測量フライト基礎 – DJI GS PRO セミナー in 東京 11月28日【ドローン自動航行検定付】
https://www.sekido-rc.com/?pid=123840727

<株式会社セキド 会社概要>

弊社は日本国内において3万社以上の企業や官公庁様と取引実績がある、ドローンの販売並びに各種サポート業務のリーディングカンパニーです。また、ドローンの世界最大手であるDJI社の代理店を日本国内で初めてスタートさせ、現在は横浜市にてサロン型店舗とドローンの飛行練習場を運営しております。

また、これまで800回以上の各種セミナーやイベントを開催し延べ15,000名以上のお客様にご参加頂いております。

オフィシャルサイト http://sekidocorp.com/

オンラインショップ本店 http://www.sekido-rc.com/

Facebook https://www.facebook.com/sekidorc

<本件に関するお問い合わせ>

お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/e9646c4977801

電話 受付時間(平日11:00~17:00)

TEL:042-505-6587 FAX:042-505-6588

ホンダ RC213-V の電動RCバイク…本格的な再現性と、初心でも安心の走行・操縦 – レスポンス

趣味に没頭できる季節になってきた。そんな秋の余暇に、クルマ・バイク好きの大人の嗜みとして、RCにのめり込んでみるのはいかがだろう。
株式会社 セキド(本社:東京都国立市、代表取締役:大下貴之)は、自社オンラインショップにて、HONDA MotoGP参戦マシン RC213V をモデルにした最新電動RCバイク、正規ライセンス商品『1/8 HONDA RC213V-S X-Rider RC Bike』の予約販売を開始した。

このモデルは、ロードレース世界選手権MotoGPクラスにおいて2連覇を達成した競技専用マシンを一般公道での走行を可能とした「RC213V-S」の電動RCバイク。ボディはHONDA 213-Vを忠実に再現した軽量ポリカーボネート製とし、フロントホークも実車と同じオレンジカラーにアルマイト処理されている。車体はカーボンフレームにディスクブレーキ、アルミダンパーなど、本物顔負けの本格的な構造を採用していいる。送受信機やバッテリーも付属されるので、すぐに走らせることができる。

◆カーボンやアルミニウムを多用した本格的なシャーシ構造

シャーシはカーボン製、各種パーツはアルミ削りだしを採用し、ブラシレスモーターでスムーズな高速走行を可能としている。後輪にジャイロを内蔵することで初心者でも安定した走行が可能だ。ディスクブレーキやオイルダンパー、ベルトドライブ、ステアリングダンパーなど、徹底的に実車に近い本格的な構造を採用しているので、走行だけでなく構造を見て楽しむこともできる。


◆【先着100名限定】ライダーフィギュア & 充電器をプレゼント!

今回、発売を記念して、先着100名限定で「ライダーフィギュア & 充電器」をプレゼントするキャンペーンを実施している。

【スペック】
●全長:289mm
●全幅:72mm
●全高:140mm
●ホイールベース:204mm
●車体重量:820g(RCメカ、バッテリー含む)
●フレーム:カーボン、アルミ
●サスペンション:アルミオイルダンパー
●モーター:2435/ 5160KV
●ESC:35A ブラシレスアンプ
●バッテリー:7.4V/ 35C 1850mAhリポバッテリー
●送信機:サンワ製 MT-Sレーシングプロポ

【セット内容】
●HONDA RC213V-S X-Rider × 1
●SANWA MT-S送信機 × 1
●X-Rider 1850mAhリポバッテリー × 1
●X-Rider 専用スタンド × 1
●X-Rider 転倒防止バー × 4
●Key型USB(各種マニュアル) × 1
【予約限定品】X-Rider 専用ライダーフィギュア × 1
【予約限定品】BC20-4 バッテリー充電器 × 1

【ガジェット】ホンダRC213-Vを忠実に再現した、超本格的過ぎる電動RCバイク

ドローン百景「裏話」 太陽の塔編<2> 動画付き – 日刊スポーツ (ブログ)