ラッセルホブス、焼きムラを抑えたオーブントースター「7740JP」


ラッセルホブス、焼きムラを抑えたオーブントースター「7740JP」

2017年10月20日 17:48掲載


7740JP 7740JP-BK

大石アンドアソシエイツは、「ラッセルホブス」ブランドのオーブントースター「7740JP」の取り扱いを開始。10月25日より発売する。

食パンの焼きムラを抑え、均一においしく焼けることに注力したオーブントースター。ヒーターの調整は、3段階(低・注・高)設定の一般的なオーブントースターに比べて、より繊細な焼き加減を調整可能な5段階設定(1200W/885W/600W/570W/315W)に対応する。

また、30分のタイマー設定に対応。庫内スペースは、食パン4枚を一度に焼いたり、25cmのピザも丸ごと焼いたりすることができる。

このほか、消費電力は315〜1200W。本体サイズは34.5(幅)×22.0(高さ)×33.0(奥行)?。重量は3.6?。ボディカラーは、シルバーと限定色のマットブラックの2色を用意する。

価格は10,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

トースター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ASRock、Mini ITXでIntel X299を搭載したハイエンドマザー「X299E-ITX/ac」


ASRock、Mini ITXでIntel X299を搭載したハイエンドマザー「X299E-ITX/ac」

2017年10月20日 16:32掲載

CFD販売は、ASRock製のMini ITXマザーボード「X299E-ITX/ac」の取り扱いを開始。11月上旬より発売する。

コンパクトなMini ITXながらも、チップセットに「Intel X299」を搭載したハイエンド仕様のマザーボード。CPUソケットは「LGA2066」に対応し、インテル「Core X」シリーズを搭載することが可能だ。

メモリーは、DDR4 4000(OC)MHz対応のSO-DIMMスロット×4(最大64GB)。ストレージは、Ultra M.2×3、SATA×6。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

このほか、リアパネルのインターフェイスは、USB 3.1 Gen2×1、USB 3.1 Gen1×4、USB 3.1 Type-C×1、ギガビットLAN×2、光デジタル×1を備える。

市場想定価格は52,500円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

マザーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


UAG、ハニカム構造で衝撃に強いGalaxy Note8用ケース


UAG、ハニカム構造で衝撃に強いGalaxy Note8用ケース

2017年10月20日 16:03掲載

プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR製のGalaxy Note8用ケースの取り扱いを開始。「Monarch Case UAG-GLXN8」「Plasma Case UAG-GLXN8」「PLYO Case UAG-GLXN8Y」の3モデルをラインアップし、10月27日より発売する。

いずれも、アメリカ国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G,Method 516.6 Procedure IV」をクリアしており、耐衝撃性にすぐれたケースとなっている。

■「Monarch Case UAG-GLXN8」

ケース外殻部にアーマーフレームやトップグレインレザー、内側にはポリカーボネートシアプレートを採用。そのほか、アロイメタルハードウェアやインパクトレジスタントラバーなど、さまざまなマテリアルによる5層構造と、UAGケースならではのハニカム構造により、高い耐衝撃性と軽量デザインを実現している。

ボディカラーは、ブラックとクリムゾンの2色を用意する。

市場想定価格は6,980円(税別)。

■「Plasma Case UAG-GLXN8」

ケース外殻部に採用したアーマーシェルとショッククッション、ハニカム構造により、高い耐衝撃性と軽量化を両立させている。さらに、インパクトレジスタントラバーによって不意の落下によるスクリーンの傷も防止。ボタンまわりに採用したソフト素材は、堅牢性を保持しながら高い操作性を実現している。

ボディカラーは、アイス、アッシュ、コバルト、シトロンの4色を用意する。

市場想定価格は4,680円(税別)。

■「PLYO Case UAG-GLXN8Y」

透明のボディを採用し、アーマーシェルとインパクトレジスタントソフトコアの2レイヤー構造によって高い耐衝撃性を実現。さらに、ハニカム構造を採用したエアソフトコーナーは、堅牢性を保持しながら高い操作性を実現する。

ボディカラーは、アイス、アッシュ、クリムゾンの3色を用意する。

市場想定価格は4,680円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

携帯電話アクセサリ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


モトローラ、28,800円のSIMフリースマホ「Moto G5S」


モトローラ、28,800円のSIMフリースマホ「Moto G5S」

2017年10月19日 17:44掲載

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォンの新製品として、5.2型モデル「Moto G5S」を発表。10月20日より順次発売する。

2017年3月に発売された「Moto G5」の後継機種。コストパフォーマンスにすぐれており、筐体デザインや画面サイズ、カメラ機能、バッテリー容量などを強化。また、多数の通信バンドに対応したことで、日本国内すべての通信キャリアで使用できる。

ボディには、デザイン性と耐久性を兼ね備えたオールメタルのユニボディを採用。終日駆動可能な3000mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、15分間の急速充電で最長5時間のバッテリー駆動が可能だ。

カメラ機能では、メインカメラの画素数を1600万画素に強化し、高速オートフォーカスのPDAF(像面位相差オートフォーカス)を採用。フロントカメラには新たにLEDフラッシュを搭載し、夜でも明るく撮影することできる。

主な仕様は、ディスプレイがフルHD(1080×1920ドット)、プロセッサーが「Snapdragon 430」、メモリー(RAM)が2GB、ストレージ(ROM)が32GB。外部メモリーはmicroSDカード(最大128GB)に対応。OSは「Android 7.1.1」をプリインストールする。

カメラ画素数は、メインが1600万画素、サブが500万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。SIMカードスロットは、nanoSIM×2で、デュアルSIMデュアルSIMスタンバイ(DSDS)に対応する。

センサーは、指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、近接センサー、環境照度センサーを装備。機能面では、FMラジオ、NFCを搭載する。

このほか、インターフェイスはMicroUSBを採用。バッテリー容量は3000mAh。本体サイズは73.5(幅)×150.0(高さ)×8.24(奥行)mm。重量は約157g。

ボディカラーは、ルナグレー、ファインゴールド、オックスフォードブルーの3色を用意する。

直販価格は28,800円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


SteelSeries、TrueMove1を搭載したゲーミングマウス「Rival 110」を10/26発売


SteelSeries、TrueMove1を搭載したゲーミングマウス「Rival 110」を10/26発売

2017年10月19日 15:07掲載

SteelSeriesは、9月に発表したゲーミングマウス「SteelSeries Rival 110」の発売日を決定。10月26日より発売する。

同社とマウス用センサーを製造するPixArt社が共同開発した光学式センサー「TrueMove1」を搭載したモデル。「TrueMove1」は、7200CPI、240IPS、最大加速度30Gの性能を誇る光学式センサーで、ジッターリダクションと超低遅延の反応速度を組み合わせ、なめらかなトゥルー 1to1 トラッキングを実現する。

デザイン面では、6ボタン搭載のエルゴノミックデザインを採用し、すべてのグリップスタイルで快適な使用感を実現。両サイドに使用している素材は、耐久性にすぐれるほか、高いグリップ感を提供する。

左右のクリックボタンには、3000万回の耐久性を誇るメカニカルスイッチを搭載。パソコン用ソフト「SteelSeries Engine」を使用することで、ボタンやセンサー、イルミネーションの詳細な設定が行える。

このほか、インターフェイスはUSBを採用。本体サイズは68(幅)×38.12(高さ)×120.6(奥行)mm。重量は87.5g。

直販価格は5,600円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】SteelSeries、トゥルー1to1トラッキング対応のゲーミングマウス「Rival 110」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

マウス関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


Mistel、左右分離型キーボードの日本語配列バージョン


Mistel、左右分離型キーボードの日本語配列バージョン

2017年10月19日 12:22掲載

アーキサイトは、台湾のキーボードブランド「Mistel」より、メカニカルキーボード「Barocco(バロッコ) MD600 日本語配列バージョン」の取り扱いを開始。キースイッチが異なる5機種をラインアップし、10月19日より発売する。

2016年にリリースされた左右分離型キーボード「Barocco MD600」の日本語配列バージョン。キーレイアウトは、日本語配列カナなし/66キーを採用する。

「Barocco MD600」の特徴として、ユーザーそれぞれの使用シーンや入力スタイルに柔軟に対応するほか、人間工学に基づいて設計されており、長時間の使用でも、手首の疲れや不快感を最小限に抑えれるという。

機能面では、ハードウェアアマクロ機能を搭載し、キーの配置変更、キー入力パターンのプログラミングに対応。通常の配列に加え、「Layer 1」〜「Layer 3」の3つのプロファイルが設定が可能だ。加えて、基本設定のQWERTY配列に加え、Dvorak配列、Colemak配列の3種類のレイアウトタイプの切り替えが行える。

日本語配列バージョンだけの特別仕様として、大型逆L字Enterキーを採用するほか、変換・無変換・カタカナひらがな半角/全角(E/J)キーも配置。右下4キー(FN、PN、右Ctrl、バックスラッシュ)をアローキー(上下左右)に変更することが可能だ。キーへの印字方式に文字が消えづらい昇華印字を採用する。

ラインアップは、CHERRY MX 黒軸モデル「MD600-AJPPSGAA1」、CHERRY MX 茶軸モデル「MD600-BJPPSGAA1」、CHERRY MX 青軸モデル「MD600-CJPPSGAA1」、CHERRY MX 赤軸モデル「MD600-RJPPSGAA1」、CHERRY MX 静音赤軸モデル「MD600-PJPPSGAA1」の5機種を用意する。

このほか、インターフェイスはUSBを採用。本体サイズは295.5(幅)×39.5(高さ)×124.5(奥行)mm。重量は約680g(ケーブル含まず)。ボディカラーはブラック。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

キーボード関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ドコモ、「Xperia XZ Premium」の新色ロッソを10/27発売


ドコモ、「Xperia XZ Premium」の新色ロッソを10/27発売

2017年10月19日 11:00掲載


Xperia XZ Premium SO-04J

NTTドコモは、スマートフォンの2017年夏モデル「Xperia XZ Premium SO-04J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)において、新色ロッソを追加し、10月27日より発売する。

「Xperia XZ Premium SO-04J」は、2017年6月に発売されたスマートフォンの2017年夏モデル。今回の新色ロッソの追加で、発売中のディープシーブラックとルミナスクロームとあわせて、3色のラインアップになっている。

4K HDR対応の5.5型ディスプレイを搭載したモデル。高精細な4K解像度に加え、輝度表現の幅が拡がり明暗を緻密に表現できるHDR動画に対応する。デザイン面では、背面、フロント面に光を反射しミラー効果を持たせた鏡面仕上げのデザインを採用した。

カメラ機能は、メインが有効約1920万画素、サブが有効約1320万画素。「Motion Eyeカメラ」を採用し、通常ビデオ(30fps)の約32倍となる、960fpsのスローモーション撮影が可能。SNSで話題になるようなスーパースロー動画が撮れる。

このほか主な仕様は、ディスプレイが5.5型4K液晶(2160×3840ドット)、プロセッサーが「MSM8998」、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0をサポート。モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が最大788Mbps、送信が最大50Mbps。バッテリー容量は3230mAh。IPX5とIPX8の防水、IP6Xの防じん、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイに対応する。

本体サイズは77(幅)×156(高さ)×7.9(奥行)mm。重量は約191g。

■関連リンク

【新製品ニュース】ドコモ、4K HDR対応の5.5型「Xperia XZ Premium SO-04J」を6/16発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


日中のライブビューに適した「LARMOR モニターフード&ガラス保護フィルム」


日中のライブビューに適した「LARMOR モニターフード&ガラス保護フィルム」

2017年10月19日 6:37掲載

浅沼商会は、ガラス保護フィルムへ装着できるモニターフード「「LARMOR モニターフード&ガラス保護フィルム」を発表。Canon用、Nikon用、FUJFILM用、Sony用の発売を開始した。

ガラス保護フィルムへ装着できる、マグネット着脱式のモニターフード。日中のライブビューや、撮影画像確認に適している。

チルト、バリアングル液晶に対応し、折りたたみできるコンパクト設計が特徴。また、高硬度9H日本製ガラス使用の保護フィルムが付属。フィルムは自己吸着タイプで貼り付けが簡単で、割れても破片が飛び散らず、フィルムの縁は鉄製ではがれにくい。さらに、タッチパネル液晶にも対応する。

主な仕様は、素材が日本製ガラス、硬度が9H、透過率が95%以上、厚さが0.3mm、フィルム構成が5層、衝撃耐久性が12kg/cm3。

価格はオープン。

関連コンテンツ

その他カメラ関連製品関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク


ドコモ、「Galaxy Feel」の新色オーロラグリーンを11月上旬発売


ドコモ、「Galaxy Feel」の新色オーロラグリーンを11月上旬発売

2017年10月19日 6:10掲載


Galaxy Feel SC-04J

NTTドコモは、スマートフォンの2017年夏モデル「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)において、新色オーロラグリーンを追加し、11月上旬より発売する。

「Galaxy Feel SC-04J」は、2017年6月に発売されたスマートフォンの2017年夏モデル。今回の新色オーロラグリーンの追加で、発売中のオパールピンク、インディゴブラック、ムーンライトとあわせて、4色のラインアップになっている。

ディスプレイに約4.7型HD有機EL(Super AMOLED)を装備したモデル。画面解像度は1280×720ドット。ボディは、メタル素材と2.5Dガラスを採用。ホームキーは物理ボタンを装備する。カメラ機能は、アウトカメラが約1600万画素、インカメラが約500万画素で、いずれもF値は1.9だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーがオクタコア「Exynos7870」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB 、外部記録媒体が最大256GBのmicroSDXCメモリーカードに対応。通信は、受信時最大速度が262.5Mbps、送信時最大速度が50Mbps。OSは「Android 7.0」をプリインストールする。

また、ワンセグ、おサイフケータイ、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能も採用。検索機能を強化した「ケータイお探しサービス」に対応する。

バッテリー容量は3000mAhで、電池持ち時間が約170時間。本体サイズは67(幅)×138(高さ)×8.3(奥行)mm、重量は約149g。

■関連リンク

【新製品ニュース】ドコモ、4.7型有機ELスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を6/15発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


ドコモ、5.2型×2画面の見開きワイド画面を採用した「M Z-01K」


ドコモ、5.2型×2画面の見開きワイド画面を採用した「M Z-01K」

2017年10月18日 17:48掲載

NTTドコモは、スマートフォンの2017-2018年冬春モデルとして「M Z-01K」(ZTE製)を発表。2018年1月以降に発売する。

5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)×2画面を搭載したのが特徴。折りたたみ画面を見開くことで、6.8型の大画面になり、画像や動画がよりワイドに楽しめる。

機能面では、1つのアプリを同時に使用することが可能で、1つの画面で動画を見ながら、もう片方の画面で友達とチャットを楽しむなど、新しいスタイルを提供する。

また、2つの画面で別々のWebサイトを並べて表示することで、情報を比較しながら見ることが可能。2本指のスワイプで、画面間のアプリ移動も簡単に行える。

さらに、画面下部のナビゲーションバーのモード切替メニューをタップすることで、通常モード、ミラーモード、2画面モード、大画面モードの4つから簡単に切り替えることが可能。目的や用途に応じて手軽に変更することができる。

音質面では、デュアルスピーカーやドルビーアトモスを採用し、立体的な3Dサウンドを楽しむことが可能。ハイレゾ音源の再生にも対応する。

カメラ画素数は、メインが約2030万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2をサポート。モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が500Mbps、送信が50Mbps。

バッテリー容量は2930mAhで、連続待受時間などが未定。

主な仕様は、ディスプレイが5.2型フルHD液晶(1080×1920ドット)×2、プロセッサーが「MSM8996」(2.2GHz/デュアルコア+1.6GHz/デュアルコア)、メモリー(RAM)が4GB、ストレージ(ROM)が64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 7.1」をプリインストールする。

このほか、接続端子はUSB Type-Cを採用。本体サイズは72(幅)×151(高さ)×12.1(奥行)mm。重量は約230g。ボディカラーはブラック。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

スマートフォン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト