冷めてもおいしい“大粒”が自慢(日経トレンディネット)

コシヒカリとの二本柱で、農作業ピークと高温リスクを分散

 藩政期に生産が始まり、ブランド野菜としても有名な加賀野菜、能登野菜をはじめ、古くから農業が盛んな石川県。稲作も長い歴史をもち、手取川扇状地を中心とする県南部の加賀地域では、豊富な水と広大な平野部という恵まれた自然環境を生かして、米作りが行われてきた。だが、厳しい現状もある。「農産物価格の低迷や資材価格の高騰により、農業経営は難しくなってきています。最近は大規模経営農家が増えていますが、経営の次世代継承が大きな課題。地域によっては、農業者の減少や高齢化が深刻化しています」(蔭田雅史氏)。

 現在、石川県で生産されている米の70%はコシヒカリ。大部分の農家がコシヒカリをメインに栽培しているが、1つの品種に偏り過ぎるとリスクも大きくなる。「天候や病気の流行などにより、思うように収穫できない年も出てきます。特に近年は夏の高温化により、収穫されるお米の中に“白未熟粒”と呼ばれる、白濁したお米が混じるケースが増加しています。こうした米は検査等級が落ちますから、高く売れず、農家の経営はますます厳しくなってしまいます」

 さらに、1つの品種に偏ると農作業が一時期に集中し効率が悪くなる。経営規模を拡大する農家にとっては、できるだけ収穫期間を長くとることで、収穫機械や労働力を分散させ、低コストで効率よく栽培したいという思いがある。

 2006年に開発が始まった「ひゃくまん穀」。2013~15年に石川県農林総合研究センター圃場で行われた試験栽培の平均を見ると、稲穂の出る時期は「コシヒカリ7月30日に対し、ひゃくまん穀8月7日」。稲刈りの時期は「コシヒカリ9月6日に対し、ひゃくまん穀9月19日」。稲刈り時期がコシヒカリよりも約2週間遅い。「暑さのピークがどこに来るかというリスクが回避できるうえ、農作業も分散できます。コシヒカリのみを育てたのでは、一気に収穫しなければなりませんが、コシヒカリとひゃくまん穀の両方を育てれば稲刈りの時期を分けられますし、夏の高温による品質低下リスクも分散できます」。

 さらに「ひゃくまん穀」は茎が固くしっかりしているため、強風にあおられても倒れにくい。「コシヒカリよりも高い収量が見込めるのではないか」と、農家からは期待の声が上がっている。

 そんな期待感が「何よりうれしい」と蔭田氏。「ひゃくまん穀は、生産者のことも考えて開発したお米。気候の変化などによるリスクを軽減し、農家が両方のお米の生産に安心して取り組めるようになるといいですね」

【関連記事】

「神戸タータン」が東京に 銀座ロフトが地域コラボ(日経トレンディネット)

 銀座ロフトがこの秋、地域コラボイベントを相次いで開催する。その第1弾として「つや姫新米フェア」(2017年10月28日~11月8日)がスタートした。

【関連画像】炊飯器や茶碗、箸などご飯に関連する商品を販売。写真/シバタススム

 今回のフェアでは山形県のブランド米「つや姫」やつや姫を使ったパスタ、玄米茶のほか、炊飯器や茶碗、箸などご飯に関連する商品を販売する。

 企業が地域と組むときは「地域活性」「ふるさと応援」などの言葉が並ぶことが多いが、今回の企画で銀座ロフトの軸にあるのは「売りたい商品とどうコラボさせるか」。

 そもそも銀座ロフトが第1弾で売りたかったのは、蒸気の力で米を炊く新発想の炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」だ。実際に米を炊いてこの炊飯器をアピールすべく、コラボ相手として白羽の矢が立ったのがつや姫。今回はつや姫の2017年新米に加え、2018年秋に発売される山形県の新ブランド米「雪若丸」の先行販売も行う。

門外不出「神戸タータン」が東京で買える!

 そして、直後の11月10日~23日には第2弾として神戸とのコラボフェア「THE KOBE FAIR」が続く。

 神戸では開港150年を記念し、神戸の街をイメージしたタータンチェック柄「神戸タータン」を考案。神戸タータンの商品は基本的に神戸市内でしか購入できないが、銀座ロフトの「神戸タータンを銀座で売りたい」という思いから実現したという。

 さらに、キッチンカウンターでは灘のお酒の試飲、期間限定のカフェカウンター(詳しくは記事「【銀座ロフト】名店が次々入れ替わるコーヒースタンド」では期間中、神戸市内の店が3店舗登場する。

 「銀座ロフトではもともと酒も扱っていて、これからの季節、酒の試飲販売をやりたかった。神戸の灘地区は日本の生産量の約3割を占めていて、日本酒を扱ううえでは外せない」と、ロフト執行役員銀座ロフト館長の藤野秀敏氏。神戸とのコラボは行政だけにとどまらず、神戸ファッション協会や灘五郷酒造組合などにも及ぶ。

 通常の地域コラボや物産展とはアプローチが違う銀座ロフト。双方のメリットは何なのか。

「コラボ先にとっては、銀座でやることのメリットが大きい。イベント会場や駅では通行人の目にはつくが、ロフトは本来“モノを売る場所”であるのが強み。その手応えを返していく。銀座ロフトとしては、あくまでも売りたいものがあり、その中から次のヒット商品を見つけていく。それは通常業務と同じこと。これからもモノありきで、県、市町村、地域メーカーなど問わず、コラボ先を考えていく」(藤野氏)

(文/吉田理栄子)

【関連記事】

国産材料だけで作った「わさびオイル」が話題(日経トレンディネット)

 日本の本わさびを使い、国産材料だけで作った「山葵油(わさびオイル)」が話題になっている。2017年9月13日に発売されると、9月27日時点で約800本が売れた。30~40代の都市部の女性に人気があるという。

【関連画像】美容と健康を意識した「山葵油(わさびオイル)」55g入り、1200円(税込み)。市販のチューブ入りわさびと違い、塩分はゼロ

 同商品を開発したのは、鳥取原産の「関金わさび」を使った製品を手がける西河商店(鳥取県倉吉市)の西河葉子社長。関金わさびはスッキリとした味わいが特徴のわさびだ。ご飯など食材に“かけて食べる”タイプの一般的なわさびオイルは、インドネシア産や米国産のオイルを使うなど、価格を抑えるために原材料を輸入しているケースが多い。しかし同商品は関金わさびを使い、抗酸化作用と美肌効果のある山形のこめ油に漬け込んで作っているという。

 ピザやカルパッチョ、ローストビーフなどの洋食から、焼き肉、焼き魚、すし、海鮮丼、納豆、卵かけご飯などの和食、さらにはアイスにかけてもおいしくなるという。1~2滴で本わさびの豊かな香りが感じられ、3~4適で辛みが楽しめる。1本で230滴分使える。常温保存で1年間持つので野外BBQでも活躍しそうだ。

(文/志水 京子)

【関連記事】

“サバしか使わない”ことに意外な利点~鯖や(日経トレンディネット)

この記事は「日経トレンディ」2017年8月号(2017年7月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

【関連画像】2号店の大阪天満店

サバのメニューを扱う店はあっても、38種類ものサバ料理を堪能できる店は他にない。大阪発のサバ寿司製造・販売「鯖や」が、サバ料理専門店「SABAR」を展開し急成長中。ユニークなPRや、クラウドファンディングも活用して進める事業拡大戦略について聞いた。

サバ料理に特化した唯一無二の飲食店

SABAR(鯖や)

38種類のサバ料理を展開

ユニークな特化型飲食店

 サバ嫌いでも食べられる、酸っぱくないサバの棒寿司から始まった鯖や。サバ料理専門店SABARの売りはバラエティに富んだ全38種類の創作料理。脂肪含有量23%、魚体650gのとろサバを使った料理が味わえる。東京銀座店限定の「さばスープ鍋」や東京恵比寿店限定の「氷温刺身」など各店の独自メニューも開発。内装のコンセプトを変えることで、違った楽しみを提供できるよう店ごとに趣向を凝らしている。11時38(サバ)分開店など、笑いを誘う仕掛けも随所に。

 「鯖や」は、とろサバを使ったサバ寿司の製造販売会社として07年に創業。もともとサバは苦手な食材。以前にオーストラリアの回転寿司店で働いていたときに考案した、私でも食べられる酸っぱくないサバ寿司が評判になったことがあり、それを生かそうと考えた。

 当初は、ブランド力や経験のなさからうまくいかず、他の魚も扱えばとよく言われたが、このときサバ専門という縛りを設けたことが成功につながった。世の中に広めたいという思いが一層強まり、サバの概念を変えるほどの原動力になったからだ。ただ、毎年2桁増収で成長してきたとはいえ、非効率なサバ寿司の物販だけでは限界があった。ブレイクスルーになったのが約3年前の飲食業態「SABAR」の出店。これにより成長は極端に加速した。

 サバ料理に限定するメリットは多い。まず、在庫管理がしやすく、食材の過剰仕入れによる廃棄ロスが極めて少ない。SABARでは通常より非常に低い1%以下だ。前日の食材の残りをランチに回す必要がなく、単価の高いランチが成立する。結果、店舗利益率も約20%と業界水準を大きく上回る。

 食材を絞り込むと来店客も限定されることになるが、逆に目的来店は増える。そして高級和牛のような食材とは異なり、サバに対する客の事前の期待度はそこまで高くない。そこで、いい意味で期待を裏切れば、自然とクチコミで広がっていくわけだ。

 もともとサバは大衆魚にもかかわらず足が早いため、大規模に取り扱うには二の足を踏む事業者が多かった。そのせいで潜在的なサバ好きはいても、マグロのような顕在マーケットがなかった。逆に、そこにマーケットを開拓するチャンスがあったといえる。

 サバ一本で勝負するには、マスコミを巧みに活用したPR戦略とブランディングが不可欠だった。

 例えば創業当時、サバの模型を載せたバイクで配達することを発表したら、テレビで紹介された。その内容を折り込みチラシに掲載したら、地元スーパーでの催事販売でたちまち完売。それまで門前払いだった大手スーパーの販路開拓にも突破口が開けた。中小企業こそPRに力を注ぐべきだ。

 同時に、ブランド価値を高めることも重要だ。そのため、サバ寿司はある時期から、スーパーの軒先での催事販売を一切やめ、百貨店のみに切り替えた。催事で成果を上げたのがきっかけで大丸梅田店に常設店を開設。念願の空港や駅での販売も、ブランディングに取り組んだことでかなえられた。

“肉汁じゅわっ!”が高齢者に人気の理由(日経トレンディネット)

ハンバーグやステーキが圧倒的人気!?

 かつて食卓で食べる冷凍食品は、独身の単身者など個食向けが多かった。しかし独身の単身者とシニア世帯は、「少人数なので買った食材が使い切れない」「作っても結局、余らせてしまう」「あまり手間をかけたくない」などの悩みが共通している。その一方で、おいしさやボリュームも欲しいと感じている。

 そのニーズを満たすのが、冷凍食品。生ゴミも出ず、材料を余らせることもなく、手間もかからず短時間で料理が準備でき、余れば冷凍保存も可能な冷凍食品の便利さが、昨今のシニアに向いているのだという。70~80代は冷凍食品になじまない人も多いが、60代のシニアはかつてお弁当のおかずとして冷凍食品の使用経験があり、おいしさや便利さを認識していることも需要を後押ししている。

 さらに、「シニア層は脂っぽい肉よりあっさりした魚を好む」というイメージがあるが、実はそれほど魚を食べる回数は増えておらず、若いころから食べ続けていた肉中心のメニューを、そのまま食べ続けている人が多いそうだ。一度に食べられる量は減っているが、好みはそれほど変わっていない。日本水産でもシニア層に圧倒的な人気があるのは、メインのおかずとして認知されているハンバーグやステーキなど。2017年春に発売された「粗挽きハンバーグ」などが、シニア層にも大人気だという。

【関連記事】

【銀座ロフト】名店が次々入れ替わるコーヒースタンドとは?(日経トレンディネット)

 ロフトの次世代旗艦店として2017年6月に銀座に誕生した銀座ロフト。「モノ」「コト」「ヒト」を3本柱に、さまざまな新しい試みを展開している。

【関連画像】銀座ロフト4階にある期間限定でショップが入れ替わるコーヒースタンド「POPUP SHOP」。9月28日~10月17日は第4弾として世田谷・新代田のコーヒースタンド「RR-coffee tea beer books-」が出店

 その1つが家庭用品やインテリアを取り扱う4階フロアに設けられた、期間限定でショップが入れ替わるコーヒースタンド「POP UP SHOP」。スペースはは5平米超と小さいが、これまで出店したのはサードウェーブコーヒーの人気店・猿田彦珈琲、コーヒー豆をすべて自転車で配達する「BICYCLE COFFEE」、代官山の屋台コーヒーの有名店「MOTOYA EXPRESS」と個性派ぞろい。そして、9月28日~10月17日は第4弾として、世田谷・新代田でライブハウスのオーナーが手がけるコーヒースタンド「RR-coffee tea beer books-」が出店する。

 しかし、なぜ雑貨ショップのロフトが店内にコーヒースタンドを作ったのだろうか。

 「コーヒーをおすすめしているのに、試飲できないなんておかしいと思ったのがきっかけ。コーヒーだけでなく、普段扱っているコーヒーをいれる器具やカップの販売も含めてコーヒーライフを提案したかった。海外のショップや雑貨店では店内でコーヒーを提供することは非常にポピュラーで、飲みながら買い物をする姿は日常的な風景」というのは、ロフト執行役員銀座ロフト館長の藤野秀敏氏。

 テナント形式で1つのお店に出店してもらうこともできたと思うが、「それだと単なる貸しスペースになってしまう」(藤野館長)。出店するショップは藤野館長や売り場担当者、本社のバイヤーなど、社内のあらゆるネットワークを使って探しているという。

 店頭では各店のスタッフが目の前でコーヒーを入れる。「コーヒーをドリップする風景はインスタ映えする。ハンドドリップしているところを撮影したら、自然と店のロゴが後ろに映り込むように売り場も作った」(同)。コーヒーは1杯400円からで、基本的にお店と同じ価格で販売している。

【関連記事】

段ボール箱を開けやすいハサミ「ハコアケ」人気の理由(日経トレンディネット)

 コクヨが2017年8月9日に発売した、カッターのように引いても切れるハサミ「ハコアケ」が、通販サイトで品切れになるなど人気だ。

【関連画像】コクヨの「ハコアケ」は握ったまま切りたいところに刃先を当てて、スーッと引くだけで簡単に開梱できる

 インターネット通販の普及に伴い、消費者が段ボールで商品を受け取る回数が増えている。しかし段ボールを開梱する際、「開けにくい」「手を切りそう」「中身を傷つけそう」といった不満を感じる人が多いことが分かり、発案した。安全性やデザインなど試行錯誤し、2年かけて開発したという。

 ハコアケモードでは、本体のスイッチをスライドしながら握ると出てくる先端部の刃によって、ハサミの刃を閉じたまま段ボールを開梱できる。カッターを扱うときの握り方に近づくよう、刃に人さし指を当てて使用することができるブレードガード付き。刃の飛び出し量は最大1mmなので、中身を傷つける心配もない。一方、ハンドルの握りを緩めれば、自動的に刃が引っ込みハサミモードになる。中身の袋やタグなどをカットする際、軽く持ち替えるだけで作業を続けられるのだ。

 同社によれば、「使用方法を説明する動画の作成やパッケージに使用シーンの写真を採用するなど、使い方を直感的に伝える販促にも工夫を凝らすことで、ユーザーの購買につながっているようだ」とのこと。年間販売目標1億1400万円に対して現在は順調に推移。「ネット通販やフリマアプリなどを利用する方に、利便性や安心に配慮した設計が響いているようです」(同社商品担当の志村武氏)。メーカー希望価格は税込みで756円(チタン・グルーレスタイプは税込み1080円)となっている。全国の文具・雑貨量販店や同社通販サイトにて販売中。 

(文/梶 里佳子)

【関連記事】

洗濯中にカフェで一服。ドイツ発の新型ランドリー(日経トレンディネット)

この記事は「日経トレンディ」2017年9月号(2017年8月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

【関連画像】オリジナルのランドリーグッズは常時40種類以上販売

 コーヒーと軽食を取りながら、ゆったりとくつろげる進化型コインランドリーが7月1日、東京都目黒区にオープンした。ドイツのベルリンにある「フレディ レック・ウォッシュサロン」の海外1号店。同店とランドリーグッズを共同開発してきた藤栄が仕掛ける。

藤栄「フレディ レック・ウォッシュサロン トーキョー」

●所在地/東京都目黒区中央町1-3-13

●営業時間/コインランドリー24時間、カフェラウンジ・クリーニング・洗濯代行・グッズショップ9時~21時

 コインランドリーではなく、「ウォッシュサロン」と名乗る理由は、足を一歩踏み入れればすぐにわかる。乾燥機9台をはじめ、洗濯機2台、洗濯乾燥機4台、スニーカー用の洗濯機や乾燥機がずらりと並ぶだけではない。シャンデリアを取り入れるなど、およそコインランドリーらしくない洗練された内装で、カフェラウンジも併設。アイロン掛けや襟袖汚れ落とし、洋服の着こなしポイントなどのワークショップも随時開催される。一般的なコインランドリーと、人が集まるサロンの機能を融合させた、いわば「ソーシャルランドリー」という新味のある業態だ。

意識したのは働く女性

 14kgの乾燥機は10分100円、オリジナルブレンドのコーヒーはレギュラーサイズ300円。ワイシャツ1枚190円からのクリーニングや、大バッグ(50L)2200円で洗濯代行サービスも引き受ける。洗濯カゴやハンガー、ブラシなど、おしゃれなランドリーグッズも40種類以上扱い、普段使いしてもらえる店づくりを目指したという。

 意識したのは、働く女性だ。共働き世帯が増加し、家事の時間を極力減らしたいというニーズが高まっている。カフェ併設型のランドリーなら、ゆったり座って一服するうちに、たまった洗濯物をまとめ洗いできる。洗濯代行サービスは、洗濯乾燥後に一枚一枚丁寧に折りたたんで返却してくれるので、家事がつらくなってきた一人暮らしの高齢者でも重宝しそうだ。

 洗濯とカフェ、ワークショップなど多彩な顔を持つソーシャルランドリー。住民の憩いの場となれるように試行錯誤を繰り返し、店舗の定着、拡大を目指す考えだ。

(文/日経トレンディ編集部)

【関連記事】

エレクトロラックス新ロボット掃除機 片付け不要が売り(日経トレンディネット)

 スウェーデンの家電メーカー、エレクトロラックスが8月末、最新テクノロジー「3D ビジョンシステム」を採用したロボット掃除機「PURE i9」を発表した。

【関連画像】スウェーデンで開催されたグローバル発表会でプレゼンするホームケア部門の社長オーラ・ニルソン氏(写真:Peter Bruselid=swedenstyle)

 PURE i9のポイントは3つだ。ひとつめは「事前の片付けが不要」という点。ロボット掃除機を使う際、事前に散らかったフロアを片付けなければならない点に不便を感じる人が多い。PURE i9独自の3D ビジョンシステムは部屋のレイアウトと障害物を正確にスキャンするため、フロアが散らかっていても効率良く掃除できるという。発表会ではフロアにリモコンや本などを散らかした状態でPURE i9がどのように障害物を避けるかを実演していたが、実際にフロアに転がるセーターやリモコンを丁寧にスキャンしながら掃除をしている様子を確認できた。

 2つめは、掃除性能。ロボット掃除機では部屋の隅々まで掃除が行き届かないと懸念する人も多いが、PURE i9の特殊な三角形構造のトリニティシェイプは部屋のコーナーの角度に合わせて正確な動きを行い、隅々の埃も残さずに吸い取ることができるという。また、3Dマッピングナビゲーションは部屋の構造を正確に把握し、何度も同じ場所を掃除することはない。作成したマップに障害物を書き足し、減速したり回転を調整したりして動作を制御するため、効率良い掃除が可能だ。障害物の距離も計算して動くため、段差につまずくこともなく、狭い場所に立ち往生もしない。ドアの位置を把握し、部屋から部屋を移動して家全体をしっかり掃除するという。

 そして3つめは「独立型」という点。今回の発表会でエレクトロラックスが特に強調していたのが、「掃除をするのにもはや家にいる必要はない」ということだ。Wi-Fi内蔵のPURE i9は専用アプリを使って操作できるので、どこにいても家の掃除が可能だ。帰ってきたら家がきれいに掃除されている心地良さを実感できるわけだ。

【関連記事】

“自動で靴ひもが締まるスニーカー”をいち早く体験(日経トレンディネット)

 ナイキは2017年9月23日に発売する“自動で靴ひもが締まるスニーカー”「ナイキ ハイパーアダプト 1.0」を先行体験できる期間限定ショップを9月16日から22日まで東京・表参道で展開する。

【関連画像】パーツは足の下に配置

 ナイキ ハイパーアダプト 1.0は足を入れるとセンサーが感知し、自動でひもが締まる仕組み。履き口の脇にあるボタンで好みの締め具合に微調整することもできる。

 同社ではこの機能をアスリートの永遠の悩みであるシューレースの微調整を素早くできる手段だととらえており、これによってメンタル面の消耗など集中力を落とすさまざまな要素を取り除くことができるという。

ナイキ ハイパーアダプト 1.0を体験

 実際に履いてみると、アッパーにワイヤーが通っているせいかフィット感が高く、スリッポンを履いているような感覚だ。通常履いているスニーカーよりワンサイズ上げてもよいかもしれない。

 足を軽く入れるだけではひもは締まらず、かかとを下に押し付けるようにすると「ウィーン」という電子音とともにひもが締まった。履いてしまうと特に重さを感じることはなく、普通のシューズとあまり変わらない印象だった。

 税込み8万1000円と通常のスニーカーと比べるとかなり値が張るが、9月19~22日は誰でも商品の試し履きが可能。話の種に体験してみることをおすすめしたい。

(文/山下奉仁=日経トレンディネット)

【関連記事】