メインスイッチ交換可! Aura Sync対応マウス『ROG PUGIO』を速攻レビュー

前へ
1 2
次へ

カラーも操作性も自分好みの環境を追求する人にオススメ

 ASUSのLED制御機能『Aura Sync』に対応し、発光カラーやパターンの変更のほか、他の対応製品との同期も可能なゲーミングマウス『ROG PUGIO』。9月8日に発売となる同製品だが、今回は発売前のサンプル品をお借りし、さっそく使い勝手を検証してみた。

本体はやや大きめのゲーミング製品らしい外観

Aura Sync対応の多ボタンゲーミングマウス『ROG PUGIO』

 『ROG PUGIO』は、本体サイズが120×68×37mmと、ゲーミングマウスとしてはよくあるサイズ帯に属している。重量は約103gで、多ボタン製品としては比較的軽い部類に入るだろう。ワイヤードマウスになるが、ソールの滑りはよく、筆者としては重さはほんど感じなかった。ボタンは左にスイッチ×2、右にスイッチ×2の両利き仕様で、それぞれキーアサインに対応している。マウスホイールの手前側にあるのはDPI切替スイッチだ。

電源オフ時はごくごく普通のマウスに見える

USB端子部は金メッキ処理。またケーブル被膜は布である

トラッキングはopticalで最大7200dpiに対応。専用アプリケーションから設定でき、複数パターンの登録も可能だ

本体左側面に2ボタン

本体右側面のボタンには出荷状態だとカバーがかかっている。後述するが変更可能だ

 発光部は、マウスホイール側面、DPI切替スイッチ、背部のROGロゴ、マウス後部となっている。それぞれ独立して発光を変更することができ、もちろん、マザーボードやファンなどのAura Sync対応製品とのリンクにも対応だ。なおAura Sync非対応環境であっても、もちろんマウスとして使用可能。



点灯する部位は手前にあるROGロゴとスリット

前へ
1 2
次へ



AURA Sync機器を最大8台まで使えるハブカードがXIGMATEKから登場

XIGMATEK「SC RGB Controller」、「SC120RGB」

2017年09月07日 23時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 XIGMATEKから、複数のRGB対応機器を同期させるコントロールハブカード「SC RGB Controller」が発売された。同時に「AURA Sync」対応120mmファン「SC120RGB」も登場している。



複数のRGB対応機器を同期させるコントロールハブカード「SC RGB Controller」

 「SC RGB Controller」は、ASUS AURA Syncに対応する4ピンRGBコネクターを搭載した機器を最大8台まで同時に接続可能な拡張カード。対応マザーボードであれば、内部ケーブルを接続することで、ユーティリティーからのコントロールできる。

 また、I/Oブラケット側のスイッチでON/OFFまたは点灯モードの変更が可能で、ASUS AURA Sync非搭載マザーボードでもRGBコントロールを行なうことも可能だ。

ASUS AURA Syncに対応する4ピンRGBコネクターを搭載した機器を最大8台まで同時に接続できる

 付属品は電源ケーブルとRGB用コネクターケーブル。カード形状はPCI-Express x1だが、端子に接点はないためどこでも取り付けできる。サイズは165(W)×122(D)×18(H)mm。価格は2160円。

 同時発売の「SC120RGB」は、「AURA Sync」対応120mmファン。72個の独立したLEDを搭載し、半透明なファンブレードに映し出され鮮やかに発光する。なお、ネジ固定部には防振ゴムが両面それぞれに装着されており、振動によるケースとの共振を低減するという。



「AURA Sync」対応120mmファン「SC120RGB」

 主なスペックは、回転数は800~2000rpm、最大風量78CFM、最大静圧5.59mmH2O、ノイズレベル19.4dBA。価格は2160円。



実際の発光の様子は輝度が高め。鮮やかに光る

 いずれもパソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ

光り輝くメモリー『Trident Z RGB』で彩ったPCを撮る

ライトアップPCに装着して撮影会してみた

 前回は思いつきでライトアップPCを撮影してみようということで、そのときにあった装備で挑んでみたところ、マクロレンズが欲しいというところに着地。今回はG.SKILLのAura Sync対応メモリー『Trident Z RGB』をメインに、マクロレンズなどを使って撮影してみた。

 先に機材を記しておくと、ボディはSONY α7RⅡ、レンズはSUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II+VM-E Close Focus Adapter、CONTAX Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8Cの2つ。CONTAXのレンズはいまでも(編注・脱線しまくっていたので割愛しました。『Flektogon 35mm F2.4』もオススメです)。

G.SKILL『Trident Z RGB』。実際に使用しているのはDDR4-2400の『Trident Z RGB F4-2400C15D-16GTZR』で、実売価格2万3000円前後。発光部が大きいが、光っていないと普通のメモリー感に溢れている。

 『Trident Z RGB』は、G.SkillのフラッグシップDDR4メモリーに発光機能を搭載した製品だ。独自ユーティリティーのほか、ASUSのAura Sync機能にも対応している。発光部は大きく、透過ユニットを採用することで、メモリー上部全体がキレイに光る仕様だ。それでいて、しっかりとしたヒートスプレッダーを装備しており、ゲーミングやOC用途にも耐えるため、光らせないにしてもオススメの一品である。

 目で見たときは、どキツく光るというよりは大人しい光り方であるため、目立たせたい場合は周辺パーツとの兼ね合いを意識する必要がありそうだ。昨今は「僕がLEDです!」といわんばかりに激しく輝く製品が多いため、落ち着かせどころとしては、他製品と異なる色にして馴染ませるような方向性になるだろうか。

側面と上部に『G.SKILL』ロゴがプリントされている

 撮影に関しては問題が一つ。というのも、『Trident Z RGB』単体ならば問題ないのだが、他のAura Sycn対応製品も画面に入れながら長時間露光すると、G.SKILLのロゴが光の彼方に消えてしまう。RAWで撮影し、ハイライトを全力で押さえることで回避可能だが、そうなると露光時間は長くできない。カメラマンとしては、Aura Syncが調光に対応することを期待したい。なお今回もよくある環境での撮影テストということで、補助照明はスマホのディスプレーのみだ。

G.SKILLのプリントを残そうとすると、各パーツのLED反射光をそれほど拾えないため、面白くない

だからといって、シャッター速度を遅くすると、ハイライトを押さえてもロゴが消えがちになる

広角で撮影した場合は、開き直って諦めてみた。これはこれでメモリーですとわかりやすいのでアリかもしれない




『Aura Sync』対応グラフィックボードを真面目に撮ってみる

前へ
1 2
次へ

諸君、ライトアップPC撮影会の幕開けである

 昨今のゲーミングPC市場においては、ケースが光るのはもはや当たり前であり、自作PC向けにも光りモノが増えてきた。複数メーカーで発光パターンなどを連動できるASUSのLED発光機能『Aura Sync』は、同規格に対応するケースやマザーボード、グラフィックボードなどが充実し始めており、気軽にパーツを光らせたい需要に応えている。また自作PC的な面で見ると、パーツ単位で通電状態がよくわかるので、地味に便利とも言えるだろう。

ASUS『ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING』を中心に撮影していく。一見グラボがとんでもない接続になっているが、その理由は記事後半で

 眺めるだけでもいいし、がんがん光らせてゲームプレイをするぞという気分の切り換えにもいいAura Syncだが、今回は真面目に撮影してみた。キレイにライトアップされた自分のPCをメモリアルとして写真に残す、というのも、自作PCの楽しみ方のひとつだ。幸い、ゲーミングを前提にしたPCは写真処理に対しても十二分な性能を発揮するので、カメラさえあればエンジョイできる。

ASUS『ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING』。現状ゲーム用途であれば最強クラスのGPUで、低負荷時はファンは回転しない

 ASUS『ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING』は、3基のファン左右と電源ソケット付近、側面にLEDが用意されている。背面のROGロゴも光り、PCケース内にこれだけを設置した場合でも、ライトアップ効果は高い。また間接照明効果になるが、ヒートシンクが光によって浮き上がるため、金属の輝きが大好き系男児諸君らにおいては、ご満悦になることだろう。

テキトーに設置しても十分に光らせている感を得られる

電源ソケット付近の光量は高めで、電源ケーブルを上から回しておくと、ケーブルのライトアップにもなり、大変よろしい

ファンも点灯させてみた状態

斜め下からのアングルは、PCを使い始めるとたまにしか見なくなるので、組んだ時点で撮影しておくといい。ケース底部にスマホを置いて、真上にGPUを据えたカットもオススメだ

前へ
1 2
次へ



Aura Syncの魅力を動画でチェック! ジサトラAura Sync講座

『Aura Sync』対応パーツを使ったPCを動画で紹介!

 パーツごとの発光パターン同期など、自由度の高いLED制御を可能にするASUSの『Aura Sync』。マザーボード・グラフィックボードを中心に対応パーツも少しずつ充実しており、最近はPCショップが展示機を組む例もじわじわ増えてきたが、まだまだ「実際に見たことがない」という人も多いのではないだろうか。

 光るパーツやPCは、とにかく自分の目で見てみないと魅力が伝わりにくいものだ。ということで、Aura Sync対応パーツを使用したPCを用意し、発光パターンやユーティリティーソフト『Aura』の使い方、ユニークな機能などを動画にまとめてみた。どんなものか見てみたい人や、次に組む自作PCのパーツ選びに迷っている人は参考にしていただければ幸いだ。

■関連サイト



カテゴリートップへ