レグザ視聴データとTwitter比較で見えた「アニメ視聴スタイル」

アニメ「第1話切り」の実態も“見える化”

2017年10月22日 12時00分更新

文● 編集●ASCII

マーケティングにも役立つ? アニメ視聴分析

 気付けば毎週50作品以上が放映されている、深夜アニメ。

 「ここまで多いと見切れない」「そもそも自分に合った作品はどれなんだ」と途方に暮れてしまう人も少なくないかもしれない。膨大な作品の中から、ヒット作の秘密を見つけたり、狙った趣向の視聴者に向けた別の作品を探していくにはどうすればいいか。

 そんな分析を進めているのが、東芝映像ソリューションの片岡秀夫さんたちだ。

アニメの見られ方のエロマンガ先生の項目

 レグザクラウドサービス「TimeOn/みるコレ」の責任者を務めている人物。片岡さん自身が、毎クール放送されるアニメのほとんどを観る、コアなアニメファンであることは、AVファンならご存知の通り。

 TimeOnのブログでは、これまでも「アニメ視聴分析」として、レグザの視聴データから毎クールごとに集計した“アニメの録画・視聴データ”を公開してきた。このデータは誰でも再利用が可能で、片岡さん自身も“アニメ視聴ログ分析ギルド”名義で、作品解説やファンならではの独自の視点を加えた、同人誌アニメの見られ方を頒布している。

 その内容についてはASCII.jpでも、坪井創吾さん、中村さやかさんを交えたインタビューなどを通じて紹介してきた。

 単にどの作品が支持されているかだけでなく、ウェブで公開しているデータの見方を加えることで、アニメがより多くの人に見られる手掛かりになればと考えているそうだ。8月に出た最新巻の話を中心に聞いていく。

アニメ視聴分析とは?

 レグザを使用しているユーザーの“録画予約”履歴や“視聴ログ”をもとに、“アニメの見られ方”を分析する取り組み。それが、東芝映像ソリューションのTimeOnブログで定期的に発表されている「アニメ視聴分析」だ。

 各クールごとにアニメ作品がどのようにユーザーに視聴されたかを浮き彫りにする。テレビの視聴率に近い“接触率”という数値の集計を各クールごとに続けている。夏発表のデータで、通算5クール目の集計になった。

2017年 冬アニメにおけるライブ+再生率のデータ

 特徴は10万台を超える「膨大な数」の機器から取ったリアルタイム視聴とタイムシフト視聴を合算した統計である点だ。直近の調査では、母集団が関東18万台(春)/15万台(冬)が対象だ。“ライブ+再生率”とはオンエアもしくは録画で作品を見たユーザーの割合のこと。テレビの“視聴率”をイメージすると分かりやすい。ただし、アニメ視聴分析の母集団は、視聴率調査より圧倒的に大きいため、通常は誤差となる数%の差も、より正確に計測できる。

同じく2017年 春アニメのライブ+再生率

 TimeOnブログでは当初、この“ライブ+再生率”を元に、各クールの人気作品を紹介したり、各話が継続してどのぐらい観られたか(残留率)といった情報を提供していた。

 一方、5クール目の分析となった、8月発表の「2017年冬アニメ」(1~3月期)、「2017年春アニメ」(4~6月期)のデータでは、○○の作品が好きな人は、××という作品も好む……など、趣向のグループ分けに注力している。これは、2016年秋クールの調査でも「ファン層分析」として取り組んでいたが、今回は「作品固有ファン層分布」として、よりいっそう深堀りした形だ。

 過去の分析結果とインタビューについては下記の記事でまとめているので合わせて読んでほしい。





オンキヨー、英Missionブランドスピーカー第2弾「QXシリーズ」

耳の高さにツィーターを配置するインバーテッド・ジオメトリー方式を採用

2017年10月19日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

QXシリーズ(ローズウッドタイプ)

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは10月18日、英Missionブランドのスピーカー「QXシリーズ」を発表。11月上旬に発売する。

 2017年10月より同社が販売開始しているMissionブランドのスピーカーの第2弾となり、2ウェイスピーカー3機種(カラーリング各2タイプの計6モデル)の発売となる。リスナーの耳の高さに各ユニットからの距離を一致する「インバーテッド・ジオメトリー」方式を採用。フロアスタンディングタイプは2つのウーファーの間をツィーターを配置した仮想同軸方式を採用。

QXシリーズ(ブラックタイプ)

 各モデルとも38mmリング・ドームツィーターを搭載するほか、長繊維ファイバーを配合したウーファー(150mm)は櫛歯構造のフロントカバーなどにより広がりのある低音再生を実現。

 ブックシェルフ型の「QX-2」(8万3160円/2台1組)、フロアスタンディング型の「QX-4」(8万4240円/1台)、、センターチャンネル用の「QX-C」(6万1560円/1台)の3種。カラーリングは各モデルともにローズウッドとブラックが用意される。

■関連サイト



カテゴリートップへ


開発期間3年 Finalから平面駆動の限界を突破するヘッドフォン

空気の摩擦を制御する自社開発技術「AFDS」搭載

2017年10月19日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

 S’NEXTは10月19日、finalブランド初となる平面磁界型ヘッドフォン「D8000」を発表した。発売日は11月30日で、価格は38万8000円。

 4月の「春のヘッドフォン祭2017」で発表された新技術「エアフィルムダンピングシステム(AFDS)」を搭載したモデル。高精度の開口部を持つパンチングメタルで振動板を挟み、その間の薄い空気層(エアフィルム)の摩擦をコントロールして振動板を制動するという仕組み。

 同社は従来の平面磁界型ヘッドフォンに対して「中高域の繊細さは極めて優れているものの、振幅が大きくなる低域では再現性が十分でない」とその問題点を指摘。AFDSは振動板がマグネットに当たるという平面駆動の弱点を克服するための技術で、様々な物理解析を重ね、2014年から3年をかけて開発したとしている。

振動板はパンチングメタルでサンドイッチにされる

 生産はすべて自社工場で、長期使用に耐えうるよう修理が容易な設計にしてあるとする。ハウジングはアルミマグネシウム合金の切削で、シボ塗装のフィニッシュが施される。新製品に対して同社は「今までの平面磁界型とは一線を画した新しいサウンド」としている。

 主な仕様は、インピーダンスが60Ω。感度が98dB/mW。重量が523g。パッケージには3.5mmミニプラグ(1.5m)/6.3mm標準プラグ(3m)二種類の新開発ヘッドフォンケーブルと、同社初のアルミ切削ヘッドフォンスタンドが同梱される。



新開発の付属ケーブル。ヘッドフォンとの接続は2.5mmプラグ

豪華なアルミ切削スタンドも付属する

■関連サイト



カテゴリートップへ


RHAのベストセラーモデル「MA750」がBluetooth化

NFCペアリングやバイブレーションなど、便利機能も搭載

2017年10月19日 14時45分更新

文● 天野透/ASCII

 ナイコムは10月18日、英国RHAブランドのBluetoothイヤフォン「MA750 Wireless」を発表した。発売日は10月25日で、価格は2万1492円。

 同ブランドの定番有線モデル「MA750」をベースにした無線イヤフォン。ネックバンドには着信などを知らせるバイブレーション機能を搭載するほか、ユーザーの手元で操作が可能なユニバーサルコントロールボタンも装備。BluetoothコーデックはSBC、aptX、AACに対応し、NFC機能によるワンタッチペアリングも可能。

 基本性能は560.1ダイナミックドライバーやハイグレード303Fステンレススチールによる「Aerophonic(エアロフォニック)」デザインハウジングなど、有線モデルを踏襲。IPX4の防水性能も備える。

 そのほか主な仕様は、対応周波数帯域が16~2万2000Hz。バッテリーがおよそ12時間。重量が41g。

BenQ、モバイルバッテリー付属の短焦点ポータブルLEDプロジェクター

2017年10月18日 13時30分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

 ベンキュージャパンは10月18日、モバイルバッテリーを標準同梱した短焦点ポータブルLEDプロジェクター「G310J」を発表した。想定価格は6万円前後で、10月20日から発売する。

 本体サイズは幅146×奥行き139.2×高さ46.5×mmで、重量およそ570gのLEDプロジェクター(いずれも本体のみ)。焦点距離およそ1mで60型の画面で投写できる。スマホやタブレットなどから写真や映像、資料を手軽に共有するために最適な設計だとしている。

 音楽や写真のほか、Microsoft OfficeやAdobe PDFのドキュメントファイルなど、さまざまなファイル形式の表示に対応しているため、ビジネス用途でも活用可能。

 画面サイズは30〜100型で、輝度は300ルーメン。インターフェースはHDMI(MHL対応)、USB 3.0(Type-A)、USB 2.0(Type-A)、microSDカードスロット、オーディオミニジャック。無線LAN・Bluetooth 4.0に対応している。

 そのほか、およそ3時間の連続再生が可能な8000mAのモバイルバッテリー、落下時での本体損傷を抑えるラバーケース、キャリングケース、MHLケーブルが付属する。

■関連サイト



カテゴリートップへ


ヤマハが左右同一構造のBluetoothヘッドフォン&イヤフォンを発表

2017年10月18日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

「HPH-W300」
「HPH-W300」

 ヤマハは10月18日、Bluetoothヘッドフォン「HPH-W300」とBluetoothイヤフォン「EPH-W53」を発表した。

 11月下旬発売予定のHPH-W300(予想実売価格 3万円前後)は、同社のスタジオモニターヘッドフォン「MT」シリーズを踏襲しつつ、小型化とワイヤレス化を実現したモデル。

ハウジング内部。オーバーイヤータイプだ ハウジング内部。オーバーイヤータイプだ

 40mmの大口径ドライバーを採用し、ハウジングには左右同一の構造を採用。低域から高域までバランスの取れた自然な音を再生できる。

ハウジング側面はタッチパッドとなっている ハウジング側面は「タッチセンサーコントロール」となっている

 また、ハウジングはヘッドバンドに対して約15度の傾斜をつけており、高い密着感を実現。ハウジングの外側は「タッチセンサーコントロール」となっており、再生操作や着信操作、音量調整、Siriの操作などが可能だ。

 Bluetoothの対応コーデックはSBC、AAC、aptXで、連続再生可能時間は約24時間。有線接続にも対応しており、その際はハイレゾ音源の再生が可能だ。

ハウジング部にヤマハのマークがある「EPH-W53」 ハウジング部にヤマハのマークがある「EPH-W53」

 12月上旬発売予定の「EPH-W53」(予想実売価格 1万8000円前後)は、6.4mmのドライバーを搭載。鼓膜近くに来る構造になっており、歪みの少ない音楽再生が可能だ。



ハウジングから飛び出した黒い部分がスタビライザー。取り外しも可能だ

 左右のハウジングにバッテリーを内蔵するなど、同一の構造とすることで重量バランスにも配慮。

 イヤピースは柔らかいシリコンと固いシリコンで構成されており、さらに耳介にあたる部分にスタビライザーを搭載。着けやすく、外れにくい構造となっている。

 Bluetoothの対応コーデックはSBC、AAC、aptXで、連続再生可能時間は約7時間。左右のハウジングをつなぐケーブルの途中には、マイク内蔵のリモコンが搭載されている。

 なお、両機種はビックカメラ、ヨドバシカメラ、eイヤホン、ヤマハ銀座店1Fで発売前に先行展示が行なわ、試聴が可能だ。

■関連サイト



カテゴリートップへ


とにかくカンタンな全録機「ガラポンTV六号機」登場

2017年10月16日 18時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

「ガラポンTV六号機」
「ガラポンTV六号機」

 ガラポンは10月16日、ワンセグによる全チャンネル(8チャンネル)録画機「ガラポンTV六号機」を発表した。レンタル提供のみで、10月16日より受付開始。価格は月額1350円。

ワンセグで全チャンネル録画を実現するガラポンTV ワンセグで全チャンネル録画を実現するガラポンTV

 ガラポンTVは8チャンネルの番組を最大4ヵ月分録画して、スマートフォンやPCで視聴できるレコーダー。新機種は外観こそ従来の「ガラポンTV五号機」と同じだが、内部のハードウェアはすべて一新。CPUもMarvelからSTMicroのものに変更されている。

 ハードを一新して目指したものは「シンプル・簡単」な操作性。実際、今回は追加された機能はない。

 ガラポンTV五号機でレンタルサービスを開始したところ、ユーザー層が広がったが、反面、設定が難しいという声が多くなったという。


マニュアルが大幅減

宅外接続もより簡単に
マニュアルが大幅減 宅外接続もより簡単に

 そこで、五号機では20ページのマニュアルが必要だった設定を1枚にまで減らし、アンテナとネットにつなげばセットアップを完了できるまでに簡素化した。宅外接続も、ルーターが自動ポート開放ができない場合はP2P接続に移行する。

機能を簡素化 機能を簡素化

 また、五号機までは、SNS対応多機能プレーヤー「TVサイト」、シンプルプレーヤー「TV端末」、認証などを行なう「ガラポンWEB」という3つの機能があったが、六号機ではTVサイトのみに集約。TVサイトですべてが行なえる。

多重音声の変換が録画時に行なえるようになった 多重音声の変換が録画時に行なえるようになった

 多重音声の場合は再生時に音声変換をする必要があり、ダウンロード時は音声変換→ダウンロードという2ステップが必要だったが、六号機では録画時に音声を変換するので、ダウンロードも1ステップで行なえる。

 さらに、六号機はレンタルのみの提供とすることでラインナップを絞り、より分かりやすいモデル構成とした。これにより、年間3万ユーザー増を目指すという。

「MiyouTV」とガラポンTVの連携が可能に 「MiyouTV」とガラポンTVの連携が可能に

 あわせて、未来検索ブラジルの「MiyouTV」との連携を発表。MiyouTVは録画したテレビ放送に2ちゃんねるの実況スレのコメントをオーバーレイして再生できるソフトウェア。

 MiyouTVはPCの全録環境を構築する必要があったが、ガラポンTVに対応することでより簡単に利用できるようになった。

 

ガラポン代表取締役の保田歩氏、ひろゆき氏、未来検索ブラジル代表取締役の竹中直純氏の座談会も行なわれ、テレビの現状と未来について話し合われた
ガラポン代表取締役の保田歩氏、ひろゆき氏、未来検索ブラジル代表取締役の竹中直純氏の座談会も行なわれ、テレビの現状と未来について話し合われた

■関連サイト



カテゴリートップへ


VOXのポータブルラジオは細部に楽器の神が宿る変態仕様だった

2017年10月14日 12時00分更新

文● 四本淑三

 ときどきおかしなモノを出してくるVOX(ヴォックス)から、ポータブルラジオ「AC30 Radio」が発売された。

 地震や台風のような自然災害に加え、最近は北からミサイルも盛んに飛んでくる。非常時の情報源としてラジオはあった方がいいにきまっているが、なぜいまさらVOXがラジオなのかと思えば、今年はVOX60周年。音楽体験の原点に戻ってラジオを聴こう! ということらしい。還暦おめでとう!

 と言いつつ、どうせノベルティーグッズ程度のものと軽く見ていたら、ワイドFM対応のラジオとしてしっかり使える上に、楽器をやっている人なら「あらっ?」と思うディテールがいくつもあるヘンなラジオだった。

 ただ普通にラジオとして買ったら、あたりまえの人は怒り始めるかもしれない。だから、まずVOXのフィロソフィーから入らなければならない。

VOX AC30 Radio。サウンドハウス価格は4665円

VOXと言えば「AC30」

 AC30 Radioの原型は「AC30」というギターアンプにある。VOXといえば、まず何を置いてもAC30だからだ。

 発売以降、シャドウズ、ビートルズ、そしてヤードバーズの世界三大ギタリスト全員が使い(ミケランジェロ・アントニオーニの映画『Blowup』では、演奏中の機材トラブルにいら立ったジェフ・ベックがギターでVOXのアンプを小突く演技が観られる。その際のアンプはどう見てもVOXなのだが、演者が小突く個体のみVOXのエンブレムが外されていたのは、制作側の何かの配慮だったのだろうか)、クイーンのブライアン・メイや、U2のジ・エッジも愛用している。

 要するにイギリスの革新的なバンドサウンドから、VOXを切り離して考えることはできない。アンプのほかにもジミヘンが使ったワウペダル、後にビザール呼ばわりされるギターやベースが有名だが、総じて言うなら、絶対的な性能よりも新奇性、スペックよりも出音のおもしろさ、メインストリームよりニッチで攻めるところが、ヘソの曲がったマニアから絶賛支持される所以である。当然ながら私も大好きだ。

 最近では輸入代理店でもある似たものメーカーのKORGパワーも加わり、新型真空管Nutubeを使った小型ヘッドアンプ「MVシリーズ」や、ギター直結小型ヘッドフォンアンプ「amPlug」、往年のオルガンを復刻したステージキーボードの「CONTINENTAL」など、高い技術とマニアックな目線でよそがやらないハイコストパフォーマンスの機材を量産し続けてくれてとてもありがたい。だが、時折シャレもかましてくる。

 例えばつい最近も、伝統のワウペダルの形をしたドアストッパーを真面目に発売した。おそらくそれに近いのが、今回のAC30 Radioのポジションと思われるが、ちゃんと電気が通って音が出る。

ワウ型ドアストッパー「DOORSTOPEDAL」1008円。2.5cmまでのドアの隙間に対応する実用的仕様で、カラバリは黒、青、赤の3色(画像は筆者の友人が社長室で実際に使用していたもの)

プラモっぽさがそれらしい

 AC30 Radioの外観はゴールドのエンブレム、モールに白いパイピングと、佇まいは完全にACシリーズだ。フロントグリルがダイアモンドクロスではないのは惜しいが、バッフルの前面はちゃんとしたクロス張り。

 大きさは幅170×8奥行き80×高さ128mm、重さは電池抜きで640g。手のひらサイズと言うにはちょっと大きいが、机の上に置いてじゃまにならない。私物のAC10C1と比べてみた。

 60周年記念という語感から想像される高級感はなく、はっきり言うとプラモデルっぽい。だが、VOXは楽器としては一流であっても、余計なお金をかけた高級品ではない。ミニチュアも慎ましさがそれらしいと思う。

 本体上部は、赤茶の操作パネルにカッパーの印字、そしてチキンヘッドノブでAC30っぽさを再現。運搬用のハンドルや放熱スリット、コーナーガードなどのディテールもよく再現されているので、プラカラーで着色するとさらにそれらしくなるのではないか。

 受信できる周波数は、FM 76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)、AM 520~1629kHz(9kHzステップ)。選局は上下(▲▼)ボタンで周波数を選ぶか、長押しでオートスキャンが使える。意外と多機能で、周波数表示のディスプレーを使って時刻表示やアラームも設定できる。

 右側面には各種端子類とパワースイッチ、そしてLEDインジケーターが付くが、このあたりはギターアンプらしく、上のパネルに持ってきて欲しかったかなあという気はする。





プリンストン、USBケーブル1本でクリアな音質が楽しめるEDIFIER製スピーカー

手頃なサイズと手軽な接続が魅力

2017年10月13日 15時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

 プリンストンは10月13日、EDIFIER製のパソコン用USBスピーカー「ED-R19U2」の取り扱いを発表。10月27日に発売する。

 木目調のコンパクトな筐体には70mmのスピーカーを搭載、最大出力は2W×2W。USB給電にも対応しているため、USBケーブル1本パソコンに接続してクリアなサウンドを楽しめる。また、背面にはサウンド入力(3.5mmステレオミニジャック)を装備しているためPC以外とも接続できるほか、前面にはヘッドフォン端子も装備。

 本体サイズはおよそ幅85×奥行き105×高さ175mm(1台あたり)、重量はおよそ1260g。実売予想価格は3974円。

イヤホンを簡単Lightning化、ケーブルみたいなDAC内蔵アンプ「Capri」

iPhoneにお気に入りイヤフォンをつないでハイレゾ再生対応

2017年10月13日 14時57分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

 e☆イヤホンは10月13日、ケーブル交換に対応したイヤフォンをLightning接続できる新製品「Capri」を10月15日に販売開始する。価格は8900円。

 シンガポールに拠点を置くAAW(Advanced Acoustic Werkes)はカスタムIEMも手掛けるブランド。CAPRIは、iPhoneやiPadのLightningコネクターに接続するタイプの非常にコンパクトなポタアンだ。ハイレゾ再生対応、バランス駆動に対応しているが、回路は長さ6㎝、幅1㎝ほどのリモコン部に収納されており、アンプの追加というよりはケーブル交換に近い感覚で使える。

 ケーブル線材には純度99.9997%のOCC銅を使用。また電磁波との干渉を防ぐため、制御カプセルなどでプロテクトしているという。

 iPhone 7以降ヘッドフォン端子が省略されたこともあり、Bluetooth対応イヤフォンが人気だが、Bluetoothは伝送時に圧縮がかかる。それを嫌う人には、Lightning接続のイヤフォンを選ぶという選択肢がある。その際は「できれば、自分の聴きなれたものがいい」と考える人には向いている製品と言えそうだ。

 試用機はイヤフォン側の端子がMMCXだったが、IEMで主流の2pinコネクターを採用するものもある。スペック的には、24bit/96kHzに対応し、再生周波数帯域は5~45kHzとハイレゾ対応(ハイレゾロゴは取得していない)。メーカー公称値で、歪率は0.01%未満、S/N比は106dBA、出力インピーダンス1Ω未満、16Ωで128mWの出力になっている。



 リモコン部分は一般的な3ボタンタイプ。上下は音調調節用。中央ボタンはマルチファンクションになっており、音楽再生時にワンプッシュで再生/一時停止、着信時には応答/終話となる。なお、ダブルプッシュすると次曲へ、トリプルプッシュでは前曲へ。長押しならSiriの起動となる。

 KINERA Bd500Eと組み合わせ、iPhone 6s Plusで聴いてみた(再生ソフトはKORGの「iAudioGate」)。96kHz/24bitの音源をいくつか試してみた。DSD(DoP)やこれよりも情報量が多い音源でもアプリ側で切り替えるようで、特に問題なく再生できた。