Google Homeとも連携、4K/HDR対応「Air Stick 4K」

1万円以下のAndroid TV

2018年01月18日 11時00分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

 CCC AIR 株式会社は1月18日、8コアプロセッサーと2GBメモリー、16GBストレージを内蔵し、4K/HDR(HDR 10)再生にも対応した「Air Stick 4K」の販売を開始した。価格は9800円。

リモコンと本体

 Android TV 7.0 Nougat(Oreo へのアップデートを予定)対応のスティック型再生機。テレビのHDMI端子に接続することで、Wi-Fiや有線LAN経由で受信したネット動画を再生できる。付属のLANポート付きACアダプターを使ってインターネット回線に接続することで、最大8台をつなげるルーターとしても機能する(IEEE 802.11b/g/n/ac、2.4GHz/5GHz)。

様々なサービスが利用できる

 SoCはAmlogic製「S912J」(8コア、1.5GHz)で、レスポンスも早いとのこと。TSUTAYA movie powered by U-NEXTやYouTube以外にも、プリインストールされた様々な動画サービスを通じてコンテンツを再生できる。またGoogle Playストア経由でアプリの追加も可能だ。Chromecast built-in対応で、タブレットやスマホのアプリが対応していれば、再生中の動画や音声をAir Stick側にキャストできる。また、Google Homeとの連携も可能だ。

4KとHDR 10に対応する

Chromecast bluit-in対応なので、Google Homeとも連携できる

 付属リモコンは音声認識に対応。文字入力せず、直接コンテンツを呼び出せるという。Bluetooth機能も持ち、aptXやaptX HDコーデックにも対応。再生中の楽曲をヘッドフォンやスピーカーに送れる。本体サイズは幅70×奥行き11.0×高さ30mm。
重さ:30g




パッケージと同梱物

テレビのHDMI端子に複数の機器を差す際に便利な延長ケーブル

■関連サイト



カテゴリートップへ


漆黒の新VAIO Sが登場、第8世代CPUをチューンし高速化

VAIO TruePerformanceで、4コアの性能を使い切れ

2018年01月18日 09時00分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

 VAIOは1月18日、第8世代のインテル Coreプロセッサーを搭載した新VAIOを発表した。個人向けの新製品「VAIO S11」「VAIO S13」、ビジネス向けの新製品「VAIO Pro PF」「VAIO Pro PG」の各シリーズの上位モデルとして追加する。受注は本日から開始。出荷は最速で1月26日になる見込みだ。

 2017年9月に発表した新ラインアップをリファインしたもの。第7世代のCore i5/Core i7から第8世代・4コアのCore i5/i7となり、基本性能が向上する。さらに「VAIO TruePerformance」と名付けた独自チューニングを通じて、同じCPUを通常使用した場合と比べても、高い性能を引き出せるとしている。

ALL BLACK EDITIONはロゴなどもブラックに変更。従来のブラックよりもさらに黒い!

 筐体のデザインは基本的に9月モデルと共通。第7世代のインテル Coreプロセッサーを搭載したモデルも併売する。ただし個人向けのVAIO S11/S13に「ALL BLACK EDITION」、VAIO S11に「ピンク」を追加している。

VAIO TruePerformanceとは何か

 処理の負荷がかかった際にCPUは通常、アイドル時の低い動作クロックからパフォーマンスをターボブーストで一度最大に上げるが、短時間で負荷と発熱のバランスが取れた低い値(定格周波数と最大周波数の間)に落ち着き、以降はその状態が継続する。

 VAIOの新モデルが採用したVAIO TruePerformance(VTP)はパワーリミット値の調節で「最大パフォーマンスで動作する時間をより長くする」とともに、持続可能パフォーマンスも「通常より一段高くなるよう調節する」ものだ。同じCPUを使用していても、その性能をより長く引き出せるため、短時間で処理を終えられる。

Core i7モデル(右)とCore i5+VTP(左)との比較

 同社が第8世代のCore i7-8550Uを通常動作させた場合と、Core i5-8250UをVTP動作させた場合を比較したところ、CINEBENCH R15や3D Mark11といったベンチ―マークテストの実行結果では、VTP動作のCore i5が、通常動作のCore i7を凌ぐという。

従来機種の放熱ユニットとの比較。左が新しいもので、CPUに接する部分が銅になっているなどの違いがある

 そのために冷却機構を改良。電源部も強化した。放熱ユニットのヒートパイプを太くして熱輸送力を33%アップ。放熱用フィンの素材もアルミ製から銅製に変更し熱交換率を10%向上させたという。またファンの回転数などにも調整を加えている。結果、重量は10gほど増え、バッテリー駆動時間も11インチモデルで最大1時間ほど減ったが、そのぶん高いパフォーマンスが得られる。

 VTPは「VAIOの設定」で、「電源・バッテリー」および「CPUとファン」の項目それぞれで「パフォーマンス優先」を選択した場合に有効となる。デフォルト状態では電源接続時のみVTPが有効だが、バッテリー駆動時にVTPを有効にすることもできる。

 ちなみにCPUの消費電力はクロック周波数を上げればそのぶん増す。ただし、最大周波数に近い領域でクロック周波数を上げるのと、やや抑えた領域でクロック周波数を上げるのでは、前者の方がより多くの電力を消費する。

 一方負荷を各コアに分散できるクアッドコア(4コア)のほうがデュアルコア(2コア)より、同程度の負荷の処理をより低いクロック周波数で実現できる。そのため電力増加分に対するクロック周波数の増加分が大きく取れる。つまり同じ電力増加幅で考えた場合、4コアのほうがVTPの効果をより高く得られるそうだ。

 またメモリーの転送速度も1866MT/sから2133MT/sに向上しているという。





一緒にグラブリたい、デノン・ノイキャンヘッドフォン

「Denon AH-GC20 グランブルーファンタジー スペシャルエディション」

2018年01月17日 16時40分更新

文● きゅう 編集●ASCII

 Cygames(サイゲームス)は1月17日、デノンとのコラボヘッドフォン「Denon AH-GC20 グランブルーファンタジー スペシャルエディション」を5月30日に発売すると発表した。ローソン・ミニストップに置かれた店頭端末「Loppi」(受付は4月1日23:30まで)や、サイゲームス公式オンラインショップ「CyStore」(サイストア)で予約を受け付ける。販売価格は3万5640円。数量限定(限定数未公開)での販売とのこと。

 製品はグランブルーファンタジー描き下ろしパッケージ(ゼタ・ベアトリクス)に封入。封入特典シリアルコードとして、SSレア 武器「アルベス・レプリカ」1個、SSレア 武器「エムブラスク・レプリカ」1個が付属。

 アルベス・レプリカのスキルは「紅蓮の攻刃」・「火の守護」、エムブラスク・レプリカのスキルは「奈落の攻刃」・「闇の守護」となる。各武器は3回上限解放された状態で入手でき、シリアルコードの入力は1アカウントにつき、1回、武器を獲得しても、キャラは仲間にならないとのこと。

 またヘッドフォンの音声ガイダンスとして以下のキャラのボイスも収録している。ゼタ (CV:花澤香菜)、ベアトリクス(CV:平野綾)、バザラガ(CV :立木文彦)、ユーステス(CV:中井和哉)。各キャラ15パターン。

 その他、同梱特典として、mimimamo(ゼタ、ベアトリクスのオリジナルカラー2色入り)、B6サイズのクリアファイル、ロゴ入りオリジナルセミハードケースが付属する。

 ベースになるAH-GC20は、ノイズキャンセリングヘッドフォンで、Bluetooth 4.0/aptX LLに対応。質量275g。40mmドライバーを採用し、最大20時間の連続再生が可能だ。

■関連サイト



カテゴリートップへ


独自AIのスマート家電など盛りだくさん CESのLGブースレポート

CES 2018レポート
第22回

2018年01月16日 15時00分更新

文● 中山 智、編集●編集部ハシモト

新プラットホーム「LG ThinQ」はGoogleアシスタントと連携
新プラットホーム「LG ThinQ」はGoogleアシスタントと連携

 ラスベガスで開催された「CES 2018」のLGブースは、総合家電メーカーらしさを全面的にアピールした展示になっていた。

独自のAIプラットフォーム採用の家電やスマートディスプレー



キッチン用のガスレンジもLG ThinQに対応


スマホから各家電の情報をチェックしコントロールできる

ロボット掃除機もLG ThinQに対応しており、ほかの機器からのコントロールも可能
スマホから各家電の情報をチェックしコントロールできる ロボット掃除機もLG ThinQに対応しており、ほかの機器からのコントロールも可能

 特に力を入れていたのが同社のAIプラットホーム「LG ThinQ」。家電からAV機器など、さまざまな製品が連携するスマートホームとしての機能もあり、Googleアシスタントもフォローする規格となっている。

CES 2018ではトレンドのひとつとなっていたスマートディスプレーをLGも発表
CES 2018ではトレンドのひとつとなっていたスマートディスプレーをLGも発表

 さらにスマートスピーカーを進化させたスマートディスプレー「LG ThinQ View WK9」を発表。

 GoogleのIoTプラットフォームである「Android Things」に対応しており、音声による操作に加え、タッチ対応のディスプレーを搭載することで、よりインタラクティブな操作ができるようになっている。

 発売は2018年を予定しており、価格などは未定。

さまざまな家電にタッチディスプレーを搭載

タッチ対応のディスプレーで各家電との連携も行なえる
タッチ対応のディスプレーで各家電との連携も行なえる

 また、テレビや冷蔵庫もGoogleアシスタントを内蔵。冷蔵庫はディスプレーも搭載しており、スマートディスプレーとしての機能も装備する。

 自宅内の各箇所にスマートスピーカーやスマートディスプレー対応の機器を配置することで、自宅のどこにいても各家電のコントロールや情報がチェックできるようになっている。





この特集の記事

5m防水の本格4KビデオカメラがJVCから発売に

2018年01月16日 11時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

「Everio R GZ-RY980」
「Everio R GZ-RY980」

 JVCケンウッドは1月16日、同社の民生用では初となる4Kビデオカメラ「Everio R GZ-RY980」を発表した。2月中旬発売予定で、予想実売価格は10万8000円前後。

 同社は業務向けの4Kビデオカメラはリリースしているが、ついに民生用4Kビデオカメラを発売する。アウトドア仕様となっているのが特徴で、水深5mの防水性に耐衝撃、防塵、マイナス10度までの耐低温に対応。アウトドアシーンでの使用を意識している。

液晶モニターを開いた内側。インターフェース類は何もなく、放熱のための溝が刻まれている
液晶モニターを開いた内側。インターフェース類は何もなく、放熱のための溝が刻まれている



本体背面側のフタを開くとダブルカードスロットやUSB端子などがある

 撮像素子は1890万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、レンズには新開発の「JVC 4K GTレンズ」を採用。29.9mmの広角レンズで光学10倍のズームができる。手ブレ補正は電子式だ。

4K解像度は30pまでとなる
4K解像度は30pまでとなる

 記録できるのは4K30pまたは24pで、60pはフルHDでの記録となる。HDRの記録には対応しない。

 記録媒体はSDメモリーカードで、ダブルスロットとなっており2枚のカードを差せる。なお、2枚同時記録はフルHD記録時のみ可能となる。

 バッテリー駆動時間は4.5時間(4K撮影時)/5.5時間(フルHD撮影時)。防水仕様ということでバッテリーの交換はできないようになっているが、モバイルバッテリーからの充電および充電中の撮影が可能。バッテリーが少なくなったらモバイルバッテリーを接続すればいい。

 逆に、スマートフォンなどへの給電機能も備えており、モバイルバッテリーとしても利用できる。

 無線LANは非搭載だが、USB端子に小型のWi-Fiアダプターを接続することで対応が可能。スマホからの遠隔操作やライブストリーミングなどが行なえる。

 このほか、デジタル音声の補正処理を行なう同社独自の「K2テクノロジー」を搭載する。



「GZ-RX680」と「GZ-R480」。ともに3色のカラバリを用意

 同社は同時にフルHDビデオカメラ「GZ-RX680」(予想実売価格 7万5000円前後)、「GZ-R480」(同 6万5000円前後)を発表。2月中旬に発売する。

 こちらも防水・防塵・耐衝撃・耐低温に対応し、モバイルバッテリー駆動やスマホなどへの給電も可能。RX680が上位機種で、両者の違いはカラーバリエーションと内蔵メモリー容量(64GB/32GB)、無線LANの有無、AVCHDでのプログレッシブ記録に対応するかどうか、となっている。



カテゴリートップへ


低価格でもHDMI端子を搭載するソニーのサウンドバー2機種発表

2018年01月15日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

「HT-S200F」
「HT-S200F」

 ソニーは1月15日、サウンドバーのエントリーモデルとなる「HT-S200F」「HT-S100F」を発表した。2月17日発売予定だ。

 HT-S200F(予想実売価格 3万円前後)は、サブウーファーを内蔵する2.1chバースピーカー。最大出力は80Wとなる。

カラバリはブラックとホワイトの2色
カラバリはブラックとホワイトの2色

底面に内蔵されたサブウーファー
底面に内蔵されたサブウーファー

 フロントサラウンドシステムとして「S-Force Pro」を採用。音場モードとして映画/ミュージック/スタンダードの3つから選べる。

 バースピーカーとしてはコンパクトなのも特徴で、幅は約58cm、奥行きは約9.5cmとなる。

光デジタル端子に加えてHDMI端子を搭載
光デジタル端子に加えてHDMI端子を搭載

 HDMI出力端子を装備し、テレビとHDMIケーブルで接続可能。また、Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽をワイヤレスで楽しめる。

「HT-S100F」
「HT-S100F」

 HT-S100F(予想実売価格 2万5000円前後)は、サブウーファーなしの2chバースピーカー。最大出力は100Wとなる。

 サブウーファーはないが、25mm径のツィーターと48×90mmのウーファーユニットを2つずつ搭載。人の声などをクリアに聞くことができる。

 また、奥行きが約8.8cmと短く、テレビも前においてもすっきりした感じになる。

本体背面にHDMI端子を装備する
本体背面にHDMI端子を装備する

 こちらもHDMI出力とBluetoothを搭載。フロントサラウンドは「S-Force」となる。



カテゴリートップへ


完全ワイヤレスの音切れなくす? 期待のクアルコム新チップ

CES 2018レポート
第20回

モバイルオーディオ向けSoC「QCC5100」、Type-C対応の「WHS9400」ファミリも

2018年01月15日 09時00分更新

文● 山本敦 編集●ASCII

 CESに出展したクアルコムが、完全ワイヤレスイヤフォンによる音楽体験を向上させるオーディオ製品向けSoC「QCC5100」を発表した。このチップを搭載した完全ワイヤレスイヤフォンはどこに“差が付く”のか。クアルコムでオーディオ向け製品のプロダクトマーケティングを担当するシニア・ディレクター クリス・ハーヴェル氏に尋ねた。

米クアルコムのクリス・ハーヴェル氏にオーディオ向けSoCの特徴訊ねた

 QCC5100は、現行モデル「CSR8670」の後継製品に位置付けられる。

 AD/DAコンバーター、DSP、CPU(クアッドコア)、Bluetoothの送受信用モジュール、バッテリーマネージメント回路を統合したSoCチップだ。大きな特徴は駆動時の消費電力を現行モデル比で65%も下げたこと。ハーヴェル氏は「SoC全体のアーキテクチャの見直し、必要なものについては主要コンポーネントを入れ替え、バッテリーマネージメントの仕組みにメスを入れた」と、画期的な低消費電力化を実現できた理由を説明した。

 最新のSoC、QCC5100ではスマホやプレーヤーなどソース機器とイヤフォン間の接続性能がある一定条件の下で大きく向上する。

左右それぞれが1体1でプレーヤーとつながる

 現在はどの完全ワイヤレスイヤフォンも左右どちらかのイヤフォンがマスターとなってソース機器とBluetoothでつながり、その後にマスター側からスレーブ側のイヤフォンにBluetooth、またはNFMI(近距離磁気誘導)で音楽信号を伝送する仕組みを採っている。

完全ワイヤレスでバイオメトリック認証に対応したヘッドセットの参考デザイン

 一方、QCC5100を搭載する完全ワイヤレスイヤフォンであれば、昨年末に正式発表された最新世代のモバイル向けSoC「Snapdragon 845シリーズ」を搭載するソース機器につないで、左右のイヤフォンに対してそれぞれ1対1でBluetooth接続ができる。

 結果としてより安定した信号伝送が可能になるという。Snapdragon 845を搭載したスマホやプレーヤーは今のところ発表されていないが、SoCの正式発表が完了したので、2月にバルセロナで開催される「MWC 2018」で端末の発表があるかもしれない。クアルコムはQCC5100を搭載する製品について「2018年前半に発売される見込み」としている。

 もうひとつの特徴は、QCC5100とSnapdragon 845のパワフルなプロセッサーの実力を活かすことで、aptX HDのコーデックによる48kHz/24bitのワイヤレスオーディオ再生が可能になる点だ。





この特集の記事

ギタリストならこれ一台でOK VOXアンプ「Adio Air GT」が安い

2018年01月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

 VOXの「Adio Air」シリーズは、Bluetoothスピーカーとして結構イケていることがわかった。

 アンプシミュレーター内蔵のギターアンプであるにも関わらず、普段使いの卓上オーディオとして優秀だ。特に独自開発というサラウンド機能「Acoustage」の、まるで容赦ない利き方は素晴らしいの一語に尽きる。繰り返そう。素晴らしい。

 で、今回はギターをつないでみた。ギターやベースを鳴らすのが主たる用途なので、やってみないわけには行かないのである。

 ところが私はベースがほとんど弾けないため、説明はギター用のAdio Air GTが中心。知ったかでベース用のAdio Air BSについて書いたところで、ベーシストのみなさんは変態的に物知りであり、すぐにバレる。あしからず。

本体で扱える機能はごく一部

 さて、パネル上で選べるシミュレーターのアンプモデルは全11種。メーカーとしては、はっきりと書けないのだろうが、もはやバレバレの暗号と化した以下のような文字列が、左ロータリースイッチ周辺にプリントされている。

DELUXE CL
AC30
BTQ CL
AC30 TB
BTQ OD
TEXAS LEAD
BRIT 1959
BRIT 800
BRIT VERB
DOUBLE REC
FLAT

 VOXの製品だから、AC30に力点があるのは当然として、フェンダー、マーシャル、クリーンにハイゲイン方面もカバーしている。このうちおもしろいのは「TEXAS LEAD」。フェンダーのブラックフェイスにチューブスクリーマーを足したもののようで、要するにSRV仕様だ。アンプを忠実に再現するだけではない、実用に即した(?)設定である。最近のVOX製品らしい。

 このアンプモデルの後にエフェクトが2スロット。FX1がコーラス/フランジャー/フェイザー/トレモロのモジュレーション系4種、FX2がアナログディレイ/ワイドディレイ/スプリングリバーブ/ホールエコーの残響系4種。

 しかし、こうした本体で選べるアンプモデルやエフェクトは、全体の一部に過ぎない。VOX謹製アプリ「Tone Room」からアクセスすることで、アンプモデルは全23種、エフェクトは全19種に増える。細かいパラメーターも設定できる。必ずダウンロードしなければならない。





Jabraブランドの高級イヤフォンシリーズ「Elite」より新たに3モデルが登場

用途に合せて選べる3タイプ、フィットネス機能付き完全コードレスモデルも

2018年01月12日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「Elite 45e」(左)、「Elite 65t」(右上)、「Elite Active 65t」(右下)

 GNオーディオジャパンは1月12日、Jabraブランドより優れたサウンドで最高の通話・音質体験を提供するEliteシリーズのイヤフォン3製品を発表した。

 用途にあわせて選べる3モデル「Elite 45e」、「Elite 65t」、「Elite Active 65t」が用意されている。Elite 45eは最高級の通話と音質体験を追求しつつ控えめのデザインとなっており、メモリーワイヤー付きのソフトネックバンド型。4月中旬発売予定、価格は未定。

 Elite 65tは完全ワイヤレスイヤフォンで、ワイヤレスとしては最高の通話・音質体験を提供できるという。Siriや Google Now、Amazon Alexa on-the-goにワンタッチでアクセスでき、専用の充電ケースを用いて最大15時間のバッテリー稼働を実現。2月中旬の発売を予定しており、価格は未定。

 Elite Active 65tは、アクティブなユーザー向けに開発されたスポーツイヤフォン。特殊なコーティングによって強化されたグリップとトラッキング機能用加速度センサーを搭載。耐汗/耐水/防塵のIP56認証を取得。一度の充電で連続5時間の音楽再生ができ、専用の充電ケースで最大2回のフル充電が可能。4月中旬の発売を予定しており、価格は未定。

■関連サイト



カテゴリートップへ


ソニーの新完全ワイヤレスイヤフォンからTechnicsのターンテーブルまで、CESのオーディオ製品を総まとめ

CES 2018レポート
第18回

2018年01月12日 15時30分更新

文● 折原一也

4色のカラバリがスポーティーなソニーの「WF-SP700N」
4色のカラバリがスポーティーなソニーの「WF-SP700N」

 米国・ラスベガスで開催中の「CES 2018」の会場にはオーディオ関連の出展も多い。日系ブランドを中心に注目製品をブランド別に紹介していこう。

完全ワイヤレスのスポーツイヤフォンが目玉のソニー

 CES 2018で多岐に渡るオーディオ製品を発表したのがソニーだ。目玉モデルが完全ワイヤレスイヤフォン第2弾となる「WF-SP700N」。ソニーの完全ワイヤレスイヤフォンとして「WF-1000X」に続くとともに、IPX4防滴対応というのがポイント。スポーツ用の大きめのイヤフォンで装着感を高めている。

 WF-SP700Nのサウンドチューニングは「EXTRA BASS」をベースとした重低音サウンドで、WF-1000Xとは性格の異なるチューン。

 外音取り込み機能に対応し、コーチングを受けながら音楽を聴く用途も考えられるとのこと。なお、WF-1000Xにあった行動検出によるノイズキャンセルモード切り替えの機能は省略されている。米国での価格は179ドル(約2万円)で、WF-1000Xよりもお手頃だ。

ノイズキャンセリング対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP600N」は149ドル(約1万6500円)
ノイズキャンセリング対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP600N」は149ドル(約1万6500円)

 ワイヤレスの新モデルには、ノイズキャンセリング対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP600N」、ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「WI-SP500N」も登場している。

有線タイプではハイレゾヘッドフォン「MDR-1AM2」が初登場
有線タイプではハイレゾヘッドフォン「MDR-1AM2」が初登場

 ワイヤレスの新製品に混じって、ハイレゾヘッドフォン「MDR-1AM2」も299ドル(約3万3000円)で新登場。

 大ヒットヘッドフォンの「MDR-1A」をベースに、ハイレゾ対応の新開発40mmドライバーを搭載し、フィボナッチ数列を参考にしたグリルをMDR-Z1Rから継承している。

 デザイン面でもハウジングがややスリムに刷新され、標準で4.4mmバランス端子ケーブルが付属することもぜいたくなポイントだ。

ドルビーアトモス対応のサウンドバーも新機種が登場。価格は3.1ch機の「Z9F」が899ドル(約10万円)で、2.1ch機の「X9000F」が599ドル(約6万6000円) ドルビーアトモス対応のサウンドバーも新機種が登場。価格は3.1ch機の「Z9F」が899ドル(約10万円)で、2.1ch機の「X9000F」が599ドル(約6万6000円)

 ソニーはほかにも「ドルビーアトモス」対応の3.1chサウンドバー「HT-Z9F」と、2.1chの弟分「X9000F」も発売。ソニーらしい行き届いた製品ラインナップを展開していく。

JVCも防水完全ワイヤレスイヤフォンを公開

JVC初となる完全ワイヤレスイヤフォン「HA-ET90BT」
JVC初となる完全ワイヤレスイヤフォン「HA-ET90BT」

 日本のヘッドフォンメーカーでは、JVCも自社ブースで完全ワイヤレス方式のイヤフォン「HA-ET90BT」を披露。

 スポーツ仕様のモデルで、IPX5の防水に対応。3ポイントで支える構造で装着の安定性を確保している。HA-ET90BTはアメリカで3月頃の発売を予定し、価格は149.95ドル(約1万6000円)。





この特集の記事