性能MAX級ゲーミングノートなら、Max-Q GTX 1080のALIENWARE 15

デスクトップマシン並みの性能をノートPCで堪能

2017年09月30日 09時00分更新

文● 八尋/ASCII

ALIENWARE 15

 普段の作業だけでなくゲームもノートパソコン派という人は少なからずいるはず。私も一時期そうだった。デスクトップパソコンで長時間ゲームする場合、デスクに本体とディスプレーを設置しているため、その分長時間デスクの前に座り続けなくてはならない。仕事上ほぼ1日イスに座っているのに、家に帰ってからさらに座り続けるのが苦痛で、ときには寝転がってなど体勢を変えて操作したいと思ったからだ。

 ただ、次手に入れるノートパソコンは性能も妥協したくないと思っている。ノートパソコンでMMORPGなどをプレーしていた時期はあったが、結局負荷が高めの大作ゲームになると、どうしてもデスクトップパソコンじゃないと快適に遊べなかった。

 デスクトップパソコン並みにハイスペックなゲーミングノートはないものかと探していたときに、気になるマシンを見つけた。デルの15.6型「ALIENWARE 15」の新モデル「ALIENWARE 15 スプレマシー VR」だ。このマシンの最大の特徴は、「Max-Q Design」を採用している点だ。

 Max-Q Designとは、ノートパソコンをひたすら高性能に振り切るのではなく、徹底的な効率化により性能とサイズのバランスを取るために誕生した、GeForceシリーズを採用するゲーミングノートのリファレンスデザインのこと(関連記事)。この技術により、スリムな筐体&バッテリーでも上位のGPUが搭載できるようになる。

Max-Q Designにより、GeForce GTX 1080を搭載しながら、スタンダードなゲーミングノートパソコンくらいの大きさ

 ALIENWARE 15 スプレマシー VRはMax-Q Designにより、筐体サイズは従来のままでGeForce GTX 1080を搭載している。サイズはおよそ幅389×奥行305×高さ25.4mmで、重さは約3.49kg。重さはそこそこあるが、厚みは抑えられている。GeForce GTX 1080搭載なのでもっとゴツイ筐体を想像していただけに、結構驚いた。ただ、それでもまだサイズ感はゲーミングノートパソコンの領域。いつかは「XPS 15」のような筐体にGeForce GTX 1080を搭載したマシンが登場してほしいなと思っている。

およそ25.4mmと上位のGPUを搭載しているわりには薄い

 GPU以外の主なスペックは、Core i7-7820HK(2.9GHz)、16GBメモリー、256GB SSD、1TB HDDという構成。直販サイトでは、購入時にメモリーは最大32GB、ストレージは512GB SSD+1TB HDD/1TB SSD+1TB HDD/1TB SSD+1TB SSD+1TB HDDが選択できる。せっかくGeForce GTX 1080を搭載しているからゴリゴリのハイスペック構成にしたいという人は、カスタマイズするといいだろう。

 ALIENWARE 15 スプレマシー VRのディスプレーは120Hzの15.6型で、解像度は1920×1080ドット。ノングレアを採用しているので、映り込みが少なく目が疲れにくい。また、ディスプレーをGPUの出力に同期させて、テアリングとカクツキを最小限に抑えられる「NVIDIA G-SYNC」にも対応。144Hzではないが、ノートパソコンながらゲーミングディスプレーとほぼ同等のクオリティーでゲームが遊べるのはうれしい。

ディスプレーはNVIDIAのG-SYNCテクノロジーに対応

 ALIENWARE 15 スプレマシー VRのキーボードは、2.2mmのキー移動でキーストロークに対する高速レスポンスを実現。また、スチール製の背面プレートで耐久性とフィードバックの統一性を高めており、最大1万回の打鍵でも安定して機能するとしている。また、「AlienFX」により、自由にLEDのカラーを変更可能だ。なお、AlienFXはキーだけでなくタッチパッドや電源ボタンなどの色も変えられる。ビカビカ光らせてゲーミングパソコンらしさを出したり、逆に集中するために機能をオフにしたりと、自由自在だ。

キーもゲーム仕様で高レスポンス

キーやタッチパッドなどのカラーを自由に選択できる

AlienFXで簡単にカスタムできるのも特徴

 ALIENWARE 15 スプレマシー VRのインターフェースはUSB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)、Thunderbolt 3端子、Mini DisplayPort、HDMI端子、オーディオ出力端子、ヘッドフォン端子、Alienware Graphics Amplifier(オプションで選択可能な外付けGPU BOX)接続用ポート、有線LAN端子など。たまには大画面でゲームしたいというときは、Mini DisplayPortもしくはHDMI端子で出力できる。

右側はUSB 3.0端子のみ

左側はUSB 3.0端子、USB 3.0(Type-C)、オーディオ出力端子、ヘッドフォン端子を配置

本体背面に有線LAN端子、Thunderbolt 3端子、Mini DisplayPort、HDMI端子、Alienware Graphics Amplifier出力用ポートがある

オプションで選択できる外付けGPUBOX「Alienware Graphics Amplifier」。価格は3万2179円

バッテリーは大きいが、今までみてきたGeForce GTX 1080を搭載するゲーミングノートと比べると小さい方だ

ゴツくないゲーミングノートでMAX並みの性能ならALIENWARE 15!

 ALIENWARE 15 スプレマシー VRは、デスクトップパソコン並みの性能をもつ15.6型ゲーミングノートパソコン。負荷の高めのゲームも快適に遊びたいけど、室内で場所をかえてゲームしたい、使っていないときは収納したいという人にピッタリのマシンだ。

試用機の主なスペック
機種名 ALIENWARE 15 スプレマシー VR
CPU Core i7-7820HK(2.9GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1080(8GB GDDR5、Max-Q Design)
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD、1TB HDD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、120Hz、ノングレア、G-SYNC対応
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.0(Type-C)、Thunderbolt 3端子、Mini DisplayPort、HDMI端子、Alienware Graphics Amplifier(オプションで選択可能な外付けGPU BOX)接続用ポート、有線LAN端子
サイズ/重量 およそ幅389×奥行305×高さ25.4mm/約3.49kg
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 33万4778円から

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

デル、会議室向けの大サイズ4K解像度55型タッチディスプレー「C5518QT」

プレゼンに最適、大画面4K表示でタッチ可能

2017年07月12日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「カンファレンスモニタシリーズ C5518QT 55インチ タッチモニタ」

 デルは7月12日、会議室などでの利用に適した大型ディスプレー「カンファレンスモニタシリーズ C5518QT 55インチ タッチモニタ」を販売開始した。

 対角1397mm(54.64インチ)のパネルは4K解像度(3840×2160ドット)で最大20ポイントのタッチ対応。指のほかに付属スタイラスを用いるとさらに追従性の高いペン操作が可能。硬度9Hの強化ガラスやスピーカー(10W+10W)を搭載する。映像入力はHDMI 2.0×3、DisplayPort 1.2×1、VGA×1。USBインターフェースで接続するほか、リモート管理要のRJ-45端子、RS-232端子も装備。

共同学習向けソフトウェアDisplayNoteが付属し、表示されている画像を参加者が手元の端末にコピーできるなど教育市場にも利用できる

 本体サイズはおよそ幅1298.6×奥行き90.6×高さ784.5mm、重量約55kg。VESAマウントで壁掛けが可能。価格は43万8800円(税抜、送料込み)。

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

ハイエンドな法人向け着脱ノートPC「Latitude 7000 12インチ コンバーチブル2-in-1」

高精細液晶などハイスペックにもかかわらずタブレットにして手軽に持ち運べる

2017年07月12日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

「Latitude 7000 12インチ コンバーチブル2-in-1」

 デルは7月12日、法人向けのハイエンド2 in 1ノートPC「Latitude 7000 12インチ コンバーチブル2-in-1」を発売した。

 第7世代インテルCore i5-7Y54プロセッサーを採用。タッチパネル装備の12.3型液晶(2880×1920ドット)には防汚性も備えたゴリラガラスを装備。Wacom技術のスタイラスやWindows Hello対応IRカメラ、追加バッテリーを内蔵するキーボードなどの特長を持つ。

キーボードを装着した状態でも液晶面を外側にしたタブレットモード、ヒンジを上にして山型にして置くテントなどの置き方が可能

 サイズはおよそ幅274.8×奥行き209.2×高さ7.25mm、重量約0.68g(タブレットモード時)。システム構成は8GBメモリー、256GB SSD(M.2)で、メモリーやSSDのBTOはできないが、Officeソフトの有無やセキュリティオプション(TPM 2.0、Self-encrypting OPAL hard drives、DDPE)が用意される。価格は17万7980円(税抜、送料込み)。

■関連サイト


カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

バッテリー&ストレージ性能は十分、普段使いなら大満足のデル14型ノート

前へ
1 2
次へ

9時間を超えるバッテリー駆動が可能

2017年07月07日 09時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

デルの「Inspiron 14 7000」

 つや消し加工が施されたアルミニウム素材の美しい外装や、14型の高品質なディスプレーが魅力的なデルの「Inspiron 14 7000」(関連記事)。その洗練されたデザインの筐体には、見た目から想像する以上の高性能が凝縮されている。今回はベンチマーク結果を交えながら、Inspiron 14 7000のパフォーマンスを紹介していこう。

第7世代Coreプロセッサーを搭載

 Inspiron 14 7000には、第7世代(Kaby Lake)のCore i5-7200U+内蔵グラフィックスを搭載した「プレミアム」と、Core i5-7200U+GeForce 940MXの「プレミアム・グラフィックス」、Core i7-7500U+GeForce 940MXの「プラチナ」の3種類が基本モデルとして用意されている。今回試したのはそのうち、もっともリーズナブルな「プレミアム」モデルだ。


CPUは第7世代のCore i5-7200Uを搭載している

 もう少し詳しくスペックを見ると、プレミアムモデルは、Core i5-7200U(2.50GHz/ターボブースト時最大3.10GHz)、インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)、8GBメモリー(DDR4 2400MHz)、256GB M.2SSDとなっている。

 上位モデルに比べるとビデオカードがディスクリート・グラフィックスではなくCPU内蔵ということで、その性能がどれくらいなのかが気になるところ。また、M.2 SSDとはいっても接続はSATAなので、高速なPCIe接続のものに比べると転送速度が劣ることが予想される。そこで、いくつかのベンチマークを実行してみることにした。

 Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になった。

WinSAT.exeの結果
プロセッサ 7.6
メモリ 7.6
グラフィックス 5.2
ディスク 8.1

WinSATの結果

 スコアを見ると、「プロセッサ」や「メモリ」は高性能だが、「グラフィックス」がやや弱いのがわかる。ストレージはSATA接続とはいえ速度の速いSSDなので、HDDに比べるとかなりスコアが高くなっている。

 パソコンの総合的なパフォーマンスを見る「PCMark 8」の「Home accelerated」では、下図のようになった。総合スコアが3387となり、標準的なノートPCに比べると高めの性能を持っていることがわかる。

Home accelerated 3.0スコア
Score 3387
Web Browsing – JunglePin 0.35396s
Web Browsing – Amazonia 0.15007s
Writing 3.81364s
Casual Gaming 25.18fps
Video Chat playback 1 v2 Accelerated 29.97fps
Video Chat encoding v2 Accelerated 51.33333ms
Advanced Photo Editing 1 Accelerated 0.18774s

Home accelerated 3.0の結果

 さらに「CINEBENCH R15」を試したところ、OpenGLが37.71fps、CPUが326cbとなった。ちなみにCPUのスコア自体は、プラチナモデルが搭載するCore i7-7500Uと比べても大きな差はみられない。

CINEBENCH R15の結果

 次にグラフィックスの性能を見るため3DMARKを試してみたところ、以下の結果になった。

3DMarkの結果
Time Spy 341
Fire Strike 757
Sky Diver 3587
Cloud Gate 5719
Ice Storm Extreme 38626
Ice Storm 51474

 ミドルレンジパソコン向けの「Sky Diver」が3587、「Cloud Gate」が5719となった。軽めのゲームなら十分快適に遊べるだけの性能はありそうだが、グラフィック処理が重いゲームをプレーするにはやはり少し性能が足りないと思われる。もっとも、ちょっとした写真編集や映像編集、動画鑑賞など、日常的な作業には十分すぎる性能ではある。

3DMarkでは、Sky Diverで3587というスコアになった

 ゲーム系のベンチマークもいくつか試してみた。まず、ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは次のようになった。

ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k
グラフィック設定 解像度 スコア 評価
低品質 1280×720 7789 とても快適
標準品質 1280×720 6987 快適
最高品質 1280×720 5646 快適
低品質 1920×1080 4138 普通
標準品質 1920×1080 3532 普通
最高品質 1920×1080 2716 やや重い


ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果

 同様に「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」と「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」も試してみた。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編
1280×720 標準品質(ノートPC) 43980 快適
1280×720 高品質(ノートPC) 2614 やや快適
1280×720 最高品質 2016 普通
1920×1080 標準品質(ノートPC) 2206 普通
1920×1080 高品質(ノートPC) 1278 設定変更が必要
1920×1080 最高品質 1007 設定変更が必要

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編
FINAL FANTASY XIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク
解像度 品質 スコア 評価
1280×720 標準品質(ノートPC) 2592 やや快適
1280×720 高品質(ノートPC) 2000 普通
1280×720 最高品質 1409 設定変更が必要
1920×1080 標準品質(ノートPC) 1331 設定変更が必要
1920×1080 高品質(ノートPC) 979 動作困難
1920×1080 最高品質 706 動作困難

FINAL FANTASY XIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク

 フルHDだと動作がやっとという感じだが、解像度と品質をおさえればそこそこ快適にプレーできそうだ。もう少しサクサクとゲームを楽しみたいなら、GeForce 940MXを搭載したプレミアム・グラフィックスプラチナモデルを選んだ方がいいだろう。GeForce 940MXもゲーム用グラフィックスというわけではないので、大幅なスコア向上が期待できるわけではないが、フルHDでも標準品質くらいならある程度快適に遊べるはずだ。

 いずれにしろ、Inspiron 14 7000の用途や利用シーンを考慮すれば、内蔵グラフィックスでも十分すぎる性能だといえる。ウェブブラウジングやメール、Officeなどでビジネス文書作成がメインならプレミアムモデル、写真編集や映像編集などを頻繁に行い、時々ゲームも楽しみたい人は、GeForce 940MXを搭載した「プレミアム・グラフィックス」またはプラチナモデルを選ぶのがよさそうだ。


前へ
1 2
次へ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>

ろんぐらいだぁす!×Zwiftコラボイベント第2弾が6月17日に開催

ゲストに東城咲耶子さんとM.マキノサイクルファクトリーの坂西裕さん

2017年05月12日 12時01分更新

文● 天野透/ASCII

 6月17日にALIENWARE STORE AKIBAにて、アニメ「ろんぐらいだぁす!」、オンラインサイクリングコミュニティー「Zwift(ズイフト)」、ゲームングPCブランド「ALIENWARE」のコラボレーションイベント「『ろんぐらいだぁす!』チーム・フォルトゥーナ ZWIFTライド~ALIENWARE 2ndステージ~」が開催される。

 今年3月11日の第1回イベントがさらにパワーアップ。前回も登場したパカさん役声優の東城咲耶子さんに加え、登場キャラクターの愛車を企画・設計した「M.マキノサイクルファクトリー」の坂西さんをゲストに迎える。それにともなってZwiftライドイベントも、前回同様東城さんがライドリーダーの「ゆるふわライド」と、坂西氏がライドリーダーを務める「レースライド」の2種類に。

 今回もイベント参加者全員に、同イベントでしか手に入らない限定ノベルティグッズをプレゼント予定。イベント申し込み受け付けは5月26から開始予定で、イベントの模様はALIENWARE公式 ニコニコチャンネルALIEWARE STORE AKIBA YouTubeチャンネルで配信予定。

東城咲耶子さん

『ろんぐらいだぁす!』チーム・フォルトゥーナ ZWIFTライド~ALIENWARE 2ndステージ~

開催日:6月17日
イベント開始:13時
場所:ALIENWARE STORE AKIBA
東京都千代田区外神田1-14-7 秋葉原野村ビル2階
ゲスト:東城 咲耶子さん(パカさん役)、坂西 裕さん(M.マキノサイクルファクトリー)
料金:無料
参加特典:イベント限定ノベルティグッズをプレゼント

イベント申し込み

1次募集
申込期間:5月26日20時~
人数:先着35名

2次募集(抽選)
申込期間:6月3日20時~6月5日20時
人数:10名
申し込みサイト:livepocket

 Zwiftは、屋内トレーニング用機器(インドアトレーナー)を取り付けたロードバイクの実車をこぐことで、パソコンの画面上に広がる仮想空間をサイクリングできるオンラインコミュニティー。単に画面に表示されるリアルな風景を眺めて楽しむだけでなく、オンラインで世界中のユーザーとスピードを競い合ったり、ポタリングしたりできるのが大きな特徴になっている。

■関連サイト

デル株式会社デル株式会社

カテゴリートップへ

‘;
} else if(google_ads[0].type == “image”) {
s += ‘

    ‘;
    s += ‘

  • ‘;
    s += ‘

‘;
} else if (google_ads[0].type == “flash”) {
s += ”;
} else if (google_ads[0].type == “html”) {
s += google_ads[0].snippet;
} document.write(s);
return;
}
//–>