告知ツイートが10000RTを超える大反響「くまといっしょ」

あぷまがランキング
第113回

iPhone人気無料ゲームベスト10【1/8~1/14】

2018年01月17日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
よけろ!おじさん!
Takuro Tsutsumi

 迫ってくる謎のおじさんたちを左右に移動して避けまくるシンプルゲーム。アイテムを取ると「無敵」になり形勢逆転。効果が切れるまで、体当たりでおじさんをぶっ飛ばしまくりましょう。

App Storeアプリをダウンロード

9位
しましる
hiroshi toyoshima

 皆さんは静岡県島田市にある「老人福祉センター」の名称をご存知ですか?私はもちろん知りません。もしかしたら地元民でさえ知らないようなカルトクイズが多数用意されているこちらのアプリ。地元の高校生が課題か何かで作ったような感じですので、ぜひ応援してあげてくださいませ。

App Storeアプリをダウンロード

8位
アリノス大戦
Daisuke Shinzato

 「アリ」が主役のシミュレーションゲーム。時間経過でたまるコストを使って「働きアリ」や「兵隊アリ」を量産して戦力を整え、敵のアリの巣へ進撃。バトルはタワーディフェンスっぽい感じで進みますので基本的には見てるだけでオッケー。アリの巣を攻め落とせば勝利となります。

App Storeアプリをダウンロード

7位
SugorokuBingo
YOSHIDA YASUHIRO

 COMとの対戦すごろくゲーム。交互にサイコロを振り、出た目の数だけ進みます。止まったマス目に書かれている「数字」を自分の「ビンゴカード」から消すことが可能。相手より先にビンゴの完成とすごろくのゴールを目指しましょう。

App Storeアプリをダウンロード

6位
FlickSoccer
YOSHIDA YASUHIRO

 1画面で楽しむサッカーゲーム。選手を引っ張ってドーンと飛ばし、ボールにうまくぶつけ敵のゴールネットを揺らしましょう。選手自身がゴールしてしまうと、少しの時間「退場」となるのでご注意を。

App Storeアプリをダウンロード

5位
Synapse (シナプス)
DAYS INC.

 とある空間に閉じ込められた記憶喪失の主人公。さまざまなアイテムを使って謎を解き、ついでに記憶を取り戻しながら脱出しましょう。タイトルに「脱出ゲーム」と書かれていませんが、中身はオーソドックスな脱出ゲームでございます。

App Storeアプリをダウンロード

4位
ドローウルフ – 心理戦イラスト伝言ゲーム –
Masaaki Ando

 イラスト伝言ゲームに「人狼」の要素を組み合わせたパーティーゲーム。1人目がお題を見てイラストを描き、2人目以降は前の人が描いたイラストのみを見てお題を連想して描き足していきます。最終的に王様役がそのイラストのお題を当てるのですが、1人だけ「悪者」が混ざっておりイラストを途中ですり替えているので、それを見破れば王様側の勝利となります。

App Storeアプリをダウンロード

3位
MyLove.
zxima.LLC

 気がつくと目の前には「脳みそ」が。脳みそと連動したモニターに映るキャラクター曰く「私はあなたの妻です」とのこと。このままではなんともかわいそうなので、妻の体を手に入れることに。体の「蘇らせ方」によって結末が変わるマルチエンディング採用。妻との会話に癒されながら真のエンディングを目指しましょう。

App Storeアプリをダウンロード

2位
魔王と迷宮
Kazuki Watanabe

 隙間時間にサクサク楽しめるローグライクRPG。勇者との戦いで大きな傷を負った魔王は地下深くに身を潜めました。勇者を失った村人たちは力を合わせ、魔王が潜むダンジョンへ。挑戦するたび変化するダンジョンを攻略し、魔王を討ちましょう。

App Storeアプリをダウンロード

1位
くまといっしょ – 恐怖のクマ育成ゲーム
Milkcorp

 リアルな「ヒグマ」を飼いならす育成ゲーム。エサやおもちゃを与えて、ヒグマの「LOVE度」をアップ。見た目は凶暴だけど、実はラブリーな育成ゲームかと思いきや、思いっきり殴りかかってきます。ですので、タイミングよくボタンを押してガードし、人間の強さを見せつけ、うまく飼い慣らしましょう。

App Storeアプリをダウンロード

今週のまとめ

 1位の「くまといっしょ」は、開発者さんの告知ツイートが10000RTを超える反響を呼びました。シンプルに笑いたい方はこちらをお楽しみくださいませ。ガッツリゲームを楽しみたい方は2位の「魔王と迷宮」がお勧めです。とても丁寧に作られておりますので、ローグライクが苦手な方もぜひ。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
森のクマさんがキャベツと出会ってまぁ大変
Naohiro Kumagai

 こちらもクマが主役の放置ゲーム。時間経過で発生するキャベツを回収するとポイントが貯まり、満タンになるとストーリーが進みます。「クマは好きだけど激しいのはちょっと」、という方はこちらをまったりお楽しみくださいませ。

App Storeアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

iPhoneメニューアイコン動くの知ってましたか?

ここも長押しでイケるんですよ:

 筆者がいつものように仕事中にTwitterを眺めていたところ(明るく楽しい職場です)、iPhoneの操作中に「このアイコン、動くの!?」と知らなかったので驚いた……という報告がリツイートで流れてきました。

 具体的にどのアイコンかというと、iOSの標準アプリなどにある「共有ボタン」をタップすると表示されるメニューのアイコンです。たとえばSafariの場合、「リーディングリストに追加」や「ブックマークを追加」などがありますが、これらはホーム画面のアプリアイコンと同じく、長押しすることで配置を変更できます。

Safariなら、共有ボタンは画面下の中央にあります

共有ボタンをタップするとメニューが出てきたので、今回は「コピー」アイコンを動かしてみましょう

アイコンを長押しして、移動させたいところにスワイプさせるだけ

これでOK。一度動かせば、アプリを終了しても変更した配置はそのままです

もちろんアプリと連携する部分のアイコンも動かせます

 アイコンを移動させると、一旦アプリを終了させても、変更した箇所はそのままになっています。いちいちアプリを立ち上げるたびに、配置がリセットされるといったことはありません。自分の使いやすいようにエディットすると便利ですよ。

 ちなみにこれは、iOS 8から利用できるようになった「App Extension」機能によるもの。対応したアプリのオン/オフ切り替え(アイコンを表示させる/させない)は、並んでいるアプリのアイコンを画面左に向かってスワイプし、一番右にある「その他」アイコンをタップして呼び出す「アクティビティ」画面で編集可能です。

連携できるアプリのアイコンが並んでいますが、一番右にあるのが「その他」。ここをタップするとアクティビティの変更画面が表示されます

連携するアプリのオン/オフはもちろん、右にある三本線ボタンを長押ししたまま上下にスライドすることで、アイコンの配置も変えられます

メニューの下側の一番右にも同じく「その他」アイコンがあります

自分好みの配置にカスタマイズしましょう

■関連サイト



カテゴリートップへ


キャラの動きや演出、謎の1コマにセンスが光る「止めてええええええええ!」

あぷまがランキング
第112回

iPhone人気無料ゲームベスト10【1/1~1/7】

2018年01月10日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
にゃいんすいーぱ
YUTA KANAHYO

 定番パズルゲーム「マインスイーパー」にかわいい猫をトッピングして作ったので「にゃいんすいーぱー」。なんとなくいい感じの響きではないでしょうか。中身はみなさまご存知の、数字をヒントに爆弾を見つけるパズルゲームでございます。

App Storeアプリをダウンロード

9位
北海道産シャケ1尾!丸ごとスライス!
Isamu Sakashita

 下から飛んでくる「シャケ」をスパンとタイミングよくスワイプし「切り身」にするシンプルゲーム。たまに出てくる手榴弾はスルー。スワイプではなくタップでもオッケーですが、スワイプしたほうが切ってる感がアップするのでオススメです。

App Storeアプリをダウンロード

8位
生きろ!メダカ君!
Isamu Sakashita

 メダカを操作し、四方八方から迫ってくるカエルから逃げ回るシンプルゲーム。なかなかの難易度に仕上がっております。捕まってしまうと、カエルが「シャク」っという音とともにメダカを食べちゃうのでお子様は泣いてしまうかもしれません。

App Storeアプリをダウンロード

7位
BoundBeans
mikiya tadano

 「お豆」がものすごい勢いで落下していきます。途中の「葉っぱ」に引っかかるとライフが減り、スピードもダウン。画面の左右をタップしお豆を素早く移動させ、葉っぱを回避し続けましょう。

App Storeアプリをダウンロード

6位
Kitten GO
ryo sakuma

 AR(拡張現実)を利用した収集ゲーム。画面には現在いる周辺の地図が表示されます。その地図の上に野良猫がランダムで現れるので回収。猫をひたすら集めるだけではなく、実際に存在するレストランに行くと画面上に「リリースポイント」が表示されるので、猫を送り出してあげましょう。

App Storeアプリをダウンロード

5位
つどえ!おんがくたい!
yuki ishibashi

 グリム童話「ブレーメンの音楽隊」をモチーフにしたアクションゲーム。主人公はロバ。街のどこかにネコとイヌとニワトリが潜んでいるので見つけ出し、原作同様ロバの背に載せ、街の中央にある台にドカンと乗りましょう。動物たちの載せ方がちょっとわかりづらいのですが、頑張ってみてはいかがでしょうか。

App Storeアプリをダウンロード

4位
将棋駒でパズル
Koichi Iwasaki

 将棋の駒を使ったオリジナルのパズルゲーム。実際のルールどおりに駒が動かせるので、相手の駒を上手く取り得点を重ねていきましょう。将棋が詳しくなくても遊べますが、駒の動かし方だけは知っておく必要がございます。あと、駒の重要度も知っておくとハイスコアを狙えそうです。

App Storeアプリをダウンロード

3位
AI将棋 ZERO
natsuki wada

 こちらはがっつり対戦将棋。5段階の強さが用意されているCOMとのガチンコバトルをお楽しみいただけます。1段階目はとんでもない動きをしてきますが、こちらが油断するとうっかり駒を取られる程度の強さなので、初心者の方には程よい強さなのではないでしょうか。1台の端末で対人戦も可能です。

App Storeアプリをダウンロード

2位
止めてええええええええ!
Masataka Higa

 突然ですが、あなたは神様です。陽気に踊るうさぎに向かってトラックが猛スピードで直進しております。このままでは大変なことになるので、ゴッドパワーでトラックを止めましょう。ただし、できるだけうさぎの手前ギリギリで。なぜなら道の真ん中で踊るうさぎにも非があるのですから。少し懲らしめましょう。

App Storeアプリをダウンロード

1位
脱出ゲーム 殺人鬼の家 ~サイコなゲームに巻き込まれた~
Mina Imachi

 友人とキャンプを楽しんでいたら、背後からいきなり襲われ部屋に閉じ込められ、しかも足枷をつけられ動けないという最悪の状態からスタート。とはいえ、命があるだけマシなので、足枷を外し、仲間を見つけ、謎の屋敷から脱出しましょう。怖がりなので最後まで遊んでいませんが、もしかしたらドッキリ要素があるかもしれませんので苦手な方はご用心を。

App Storeアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のオススメは2位の「止めてええええええええ!」。うさぎの踊ってる姿や、轢かれた時の演出/擬音。そして結果画面の謎の1コマ。開発者さんのセンス溢れる作品となっております、

 最後に「ランクインしなかったけど、これも是非やってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
アリノス
Daisuke Shinzato

 アリの巣が出来上がるのをひたすら眺める暇つぶしゲーム。それだけではアレですので、クモやバクダンを置いてアリたちにいたずらすることも可能。いたずらのレベルを越えている気はしますが、あくまでもゲームの中のお話ですので実際のアリンコさんにはしないでください。

App Storeアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

開発期間のべ1年半の超大作経営シミュレーション「まんぷくマルシェ3」

あぷまがランキング
第112回

iPhone人気無料ゲームベスト10【12/25~12/31】

2018年01月03日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
Kagefumase
Hideki Takeuchi

 自由に移動しまくる「子供達」を捕まえるアクションゲーム。主人公の「影」を子供達に踏ませるとその子をキャッチしたことになり、以後は主人公の後ろについてくるようになります。「子供レーダー」を利用して子供達の位置を把握し、時間内に全員捕まえて学校へ連れていきましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
市長に立候補
Kiyotaka Hori

 個性あふれる6人のキャラから1人選び、「市長選」を勝ち抜く選挙戦シミュレーションゲーム。残り体力を気にしながら、各種イベントを精力的にこなし市民の支持を集め、「市長の椅子」をゲットしましょう。選んだキャラによって難易度が大きく変わるっぽいので、あなたの剛腕で全キャラを市長に当選させてみてはいかがでしょうか。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
サウンドノベル「連鎖」
BUGWORM

 テキストと画像で楽しむサウンドノベル。10~20分程度の短編が8本ほど用意されております。それぞれ関連のないストーリーっぽいのですが、タイトルが「連鎖」であることから推測すると、何かしらのつながりがあるのかもしれませんし、そう思わせておいてまったくないのかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
パトルプッシャー Pixel
Ougai Otori

  ゲームセンターなどに置いてある「コインゲーム」を「ボクセル」つまりブロックだけで表現した異色のゲーム。コインっぽいブロックを手前に落とす定番プッシャーゲームや、iPhoneを傾けてボールを誘導し、得点の高いゴールを狙う物理ゲームなどいろんな種類がございます。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
トニーくんのひこうき雲
hasegawa takuji

 今年もこちらの連載でたくさん紹介することになりそうな「金髪トサカ頭」のトニーくんが頑張るアクションゲームシリーズ。直進し続ける飛行機をうまく操作し、エリア内を全て「飛行機雲」で埋め尽くしましょう。今回はアクション要素だけではなく、一筆書きのパズル要素が盛り込まれております。2018年は頭を使うシリーズが増えるのでしょうか。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
脱出ゲーム「ホテル」
Ayumi Kojihata

AppStoreアプリをダウンロード

 「気がつけば閉じ込められた場所ランキング」があるならベスト5に入っていそうなほどよく使われる「とあるホテルの一室」が舞台の脱出ゲーム。色々と謎やアイテムが用意されているのですが、冒頭の「ストローみたいに見えるアイテムは六角レンチです」という注意書きがほっこりします。

4位
脱出ゲーム Factory
nicolet

 絵本のような優しい世界観が印象的な脱出ゲームシリーズ最新作。今回の舞台は「工場」。ゴテゴテした無機質な感じではなく、かわいくておしゃれな雰囲気に仕上がっており、こんな工場なら従業員の労働意欲も10倍増しになりそうです。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
おじさんタワー
toll takamoto

 流行りの「どうぶつ」ではなく、おじさんを積み上げるゲーム。画面をタップすると「四つん這い状態」のおじさんが出現しますので、バランスよく積んでいきましょう。エンドレスモードと、タイムアタックモードの2種類をご用意。いろいろ考え丁寧に積んでいくのもいいですが、連打連打で一気に積み上げ、一気に倒すのも爽快です。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
ときめーたー
hap Inc.

 「ママにゲーム隠された」や「渋谷バッティングセンター」など、独特な世界観でファンが多い開発者さんの新作。今回は惚れた女をこちらに振り向かせる恋愛ゲーム。何かとトラブルに巻き込まれる彼女を、まるでドラマのワンシーンのように華麗に救ってあげると「ときめーたー」が上がっていきます。いっぱいになるとどうなるのかは、皆さんの目でお確かめくださいませ。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
大繁盛! まんぷくマルシェ3
ASOBOX

 食材を集め、料理を作り、売って売って売りまくるドット絵経営シミュレーションゲームの第3弾。かわい子ちゃんやらイケメンやら、ちょっと癖のあるシェフ仲間とともに各国を周り、世界中のお客様の舌を唸らせましょう。ライバル企業との「ファン争奪アクションバトル」が新たに実装されるなど、盛りだくさんすぎる内容となっております。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のオススメは1位の「まんぷくマルシェ3」。開発期間は1年と半年という、個人/小規模開発ではとんでもない規模のものとなっております。作り込まれた経営シミュレーションゲームをぜひ遊んでみてくださいませ。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
ドミノ倒し
Daisuke Shinzato

 すでに並べられているドミノを指定された回数ぶん「タッチ」ですべて倒すパズルゲーム。見た目はかなり地味な印象ですが、本物のドミノのような挙動でパタパタと倒れていく様子を眺めていると、程よく癒されます。

AppStoreアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

iPhoneケースに草生える ベイスターズ攻めすぎ

芝生を植え込んだ公式グッズです:

ケースに芝が生えています

 iPhoneケースはいまやグッズ界の“顔”といっても過言ではありません。アーティストの公式グッズ、あるいはブランドとのコラボグッズとして、国内のスマホの中でもっともシェアがあるiPhoneのケースが作られやすいのは道理といえます。

 プロ野球のグッズも同じです。最近は球団とファッションブランドでコラボしたものや、オシャレで普段使いも余裕なデザインのものなども多いのですが、中でもiPhoneケースはもっとも種類が多いグッズの1つ。

 野球にハマり始めた人たちの中には、グッズを持たねばファンとみなされない、現地観戦ともなれば私服だと浮いてしまうのでは……と二の足を踏んでしまっている方々もいるかもしれませんが、そんなことはない! 自宅観戦にせよ、球場に通うにせよ、いきなりユニフォームから揃える必要はないのです。グッズを持たなくとも、まずは気軽に楽しんで試合を見ればOKですよ。ちなみに、オススメの球団は横浜DeNAベイスターズです。

 しかしながら、野球観戦を始めたら「せっかくなら、一つぐらい贔屓の球団のグッズがほしい」と考える人もいるはず。それなら、まずはスマホケースなど身近なものから野球に染めてみるのはどうでしょうか。

 今回紹介するのはその中でも変わり種「【+B】Shibaful CLOSER for iPhone」。

【+B】Shibaful CLOSER for iPhone

 芝生をモチーフにしたモバイルアクセサリーブランド「Shibaful(シバフル)」と横浜DeNAベイスターズのコラボレーショングッズ。「CLOSER」と「SLUGGER」の2種類で、いずれもiPhone6/6s用とiPhone7用をラインナップ。価格は5500円。

 Shibafulのコンセプトは「公園の芝生に触れるひとときの安らぎを、もっと身近に」。東京・代々木公園をイメージして作り上げたデザインが最大の特徴。独自にブレンドしたパイル(人工芝)を静電植毛技術で職人が植えており、質感や手触りはホンモノさながら。

 いろいろなブランドとコラボしており、スポーツ系の企業や、チームとのコラボグッズも幅広く手がけています。

Shibafulの公式サイトより。実はスポーツ系とのコラボも多い

こだわりのデザインがオシャレ

 このケースを手がけた「B+」は、“LIFETIMEにBASEBALLをプラスする”を合言葉に、日常生活で使いたくなるような良質な雑貨や洋服、趣味のグッズに、野球の心をプラスすることを目的とした横浜DeNAベイスターズのブランドです。オシャレなグッズを毎日に取り入れられるなんて、ますますベイスターズファンが増えちゃうなあ!

 ともかく、このケースも単に球団のロゴを使うだけでなく、まず野球場を刻印し、「CLOSER(抑え投手)」としてピッチャーが立つマウンド部分に「★」をあしらっているなど、遊び心が感じられますね。

「CLOSER(抑え投手)」なだけに、ピッチャーが立つマウンド部分に「★」があります

「B+」のロゴもレーザーで刻印

 要するに「芝生が植えてあるオシャレなiPhoneケース」という、あまりにも個性的な存在。芝生に何の意味があるのか……と聞かれると本当に困るのですが、“野球っぽさ”はすごいです。では、使い勝手はどうでしょうか。





オープニングのアニメーションがとにかく素晴らしい3マッチパズル「猫のニャッホ」

あぷまがランキング
第111回

iPhone人気無料ゲームベスト10【12/18~12/24】

2017年12月27日 21時45分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
ジョーシキ三国志
REINA KATORI

 みんな大好き「三国志」を題材にしたクイズアプリ。初心者から上級者まで、幅広い難易度の問題が4択形式で用意されております。イラストはゆる~いですが中身は大真面目なので、三国志ファンの方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
神経衰弱 – 1人でも2人でも遊べます!!
Takuro Tsutsumi

 シンプルな神経衰弱ゲーム。1つの端末で2人対戦可能。一緒に遊んでくれる人なんていないとお嘆きの方もご安心ください。CPUが相手になってくれます。CPUの強さは3段階をご用意。対戦が嫌な方は、時間制限ありのタイムアタックモードでお楽しみくださいませ。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
雪のフリーキック
Shunsuke Osawa

 今の季節にぴったりのようなそうでもないようなシンプルゲーム。サッカーボールを引っ張ってドーンと飛ばし、ゴールを決めましょう。これが好評なら、春バージョンや夏バージョンがリリースされるかもしれませんの、ダウンロードで応援してみるのもいいかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
くみもじ
Rumiko Tokuda

 一文字ずつの「ひらがなパネル」を組み合わせて、意味のある単語を作るパズルゲーム。例えば「か」と「ん」と「じ」が置いてあるなら、「じかん」や「じか」や「かん」などのように、パネルを順に指でなぞって、単語をどんどん完成させていきましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
ランキングブロック崩し3D
Naoto Kawai

 3Dモデリングの世界で楽しむブロック崩しゲーム。「バー」を左右に動かし、ボールを打ち返し、壁を崩していきましょう。ボールを打ち返し損ねて、自陣のゴールに入れてしまうとミス。オンラインランキングで世界中の猛者たちと点数を競い合いましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
AMiDA -あみだ-
Tarui Manufacturing Inc.

 「あみだくじ」をモチーフにしたアクションゲーム。「赤い矢印」があみだくじのルールに従い、道を進んでいきます。画面をタッチし続ければ「ブースト」が発動し、曲がり角を無視して直進することも可能。このルールをうまく使って障害物を避け、距離を稼ぎましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

4位
脱出ゲーム 彼女の結末 ~彼を惑わす夜~
Tatsuki Nomura

 マルチエンディング採用の脱出ゲーム。主人公は現在単身赴任中の夫。妻との待ち合わせ場所「BAR」に行ったところ、なぜか閉じ込められてしまいました。店の中に隠されたさまざまな謎を解き、脱出しましょう。エンディングをどう受け止めるかによって、その人の恋愛価値観が見えそうなので、現在お付き合いしているパートナーに遊ばせてみるのもいいかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
にゃーん!猫ジャンプ
HARAPECORPORATION Inc.

 かわいい白猫がぴょんぴょん跳ねるアクションゲーム。iPhoneをフリフリすると白猫もそれに合わせて左右に移動。障害物を避けつつ、足場に誘導しながら、上へ上へと跳ね上がらせてあげましょう。白猫をタップすると攻撃もできるので、邪魔するやつらは蹴散らしちゃってもオッケー。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
FUNKYLAND Escape Games
Gakutetsu Takemura

 ハイクオリティーな脱出ゲームが一気に3つも楽しめる「まとめアプリ」が登場。しかも定期的に新作が追加されていくとのこと。アップルe様の方針で今後は「同じ開発者さんの脱出ゲームは1つにまとめ、アップデートで新作を追加する」というアプリが増えるかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
猫のニャッホ ~ニャ・ミゼラブル~
Cocone

 主人公は猫のニャッホ。職業は売れない画家。ご主人様を失い、多額の借金を背負うというどん底からのスタート。「3マッチパズル」をクリアしながら、アイデアを集め、絵を売り、借金を少しずつ返済しましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週の1位は「猫のニャッホ」。オープニングのアニメーションがとにかく素晴らしいので、「3マッチパズルはちょっと苦手」という方も、是非ご覧くださいませ。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して本年を締めさせていただきます。2017年もお付き合いいただきありがとうございました。よいお年を。

惜しくもランク外! 今週の注目新作アプリ
姫を守れ!消さ騎士(ナイト)!
学校法人吉田学園情報ビジネス専門学校

 「消しゴム」をモチーフにしたアクションパズルゲーム。画面をコスコスこすると、「消しゴムナイト」がお邪魔な敵や障害物を消去。安全なルートを確保してから、姫をタップし移動させ、ゴールへ導きましょう。開発者名からおそらく、学生さんが作成されたのではないでしょうか。日本のゲーム業界をよろしくお願いいたします。

AppStoreアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

ぐるっと360度見渡せるシステムでいい感じの迷子感「はぐれ猫、路地裏からの脱出」

あぷまがランキング
第110回

iPhone人気無料ゲームベスト10【12/11~12/17】

2017年12月20日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
TALTO!
Takumi Shimoda

 バラバラに置かれている「数字パネル」を順番に並べかえるパズルゲーム。2つの数字を選んで入れ替えたり、ドラッグで移動させ割り込ませたりしながら、数字パネルの並びを整えていきましょう。「TALTO」の意味はわかりませんが、遊び続ければ何かが見えてくるかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
ボールをグラスに入れろ!
Shoji Fujii

 「物理エンジン」を利用したパズルゲーム。ボールが宙に浮いている状態でスタート。下にはグラスがぽつん。置かれているさまざまなオブジェクトを移動や回転させ、ボールがグラスにドンとインするように、角度や位置を調整しましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
ほしたっち
Kanako Kobayashi

 ランダムに流れてくる「流れ星」をひたすらタッチし続けるゲーム。難易度は3段階用意されていますので、お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い層にお楽しみいただけそうです。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
ふつうのビリヤード – 人気のビリヤードゲーム!
BAIBAI, Inc.

 「ふつう」シリーズ最新作。今作は「ビリヤード」。ド派手な演出やクセの強い対戦キャラなどは一切なし。シンプルイズベストにこだわった「ふつうの」ビリヤードをお楽しみいただけます。ちなみにこちらはシリーズ第20作目で、累計250万DL達成したそうです、おめでとうございます。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
渡る世間はナベばかり
THOUSAND GAMES, K.K.

 「渡辺」や「渡邉」や「渡邊」などなど、いろんな「ナベ」があることで有名な「ワタナベ」さん。そこに着目したアプリ。「神経衰弱ゲーム」のように、同じ「ナベ」を見つけ出しましょう。24種類の「ナベ」が収録されているそうです。気がつけば「ワタナベ博士」になっているかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
トニーくんの居合斬り
hasegawa takuji

 熱狂的なファンが多いと噂の「金髪トサカ頭」のトニーくんが、いろんなことにチャレンジするアクションゲームシリーズ。今回は「居合斬り」。ボールが飛んでくるのでタイミングよくボタンをタップして、ズバッと刀で切り捨てましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

4位
たんなるアニマルズ
yosuke kasai

 人間のフリをして紛れ込んでいる「アニマル」を見つける間違い探しテイストなアプリ。アニマルがドンといればすぐ気づくのですが、「人間の格好」をしているので見た目では判断できません。「ポップコーンを持っている」などのヒントを基にアニマルを見つけ出しましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
オーバーザビルディング
Takeshi Saizen

 3方向へのジャンプを使い分け、ビルからビルへ飛び移り進んでいくアクションゲーム。ブロックで作られた主人公のブニョブニョ動く姿が気持ちよくてクセになります。コインを集めてキャラを成長させたり、新たなキャラをゲットしたりするヤリコミ要素もございます。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
The とびばこ – Lv99
capsule+

 マッスル自慢の芸能人でも逃げ出しそうな高い跳び箱にチャレンジするシンプルゲーム。連打で助走スピードを上げて「踏み切り板」でタイミングよくジャンプし、とんでもない高さの跳び箱を越えていきましょう。途中で障害物が出てきたりもするので、連打に集中しすぎないようにご注意を。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
【脱出】はぐれ猫、路地裏からの脱出
zzyzx

 路地裏に迷い込んでしまった「子猫」が主人公の脱出ゲーム。たちはだかる邪魔者や障害物を避けながら「手がかり」を見つけ、飼い主の元へ戻ることが最終目標。解いた「謎」によってエンディングが変わるので、オールコンプリート目指し、何度も迷子になりましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のオススメは1位の「はぐれ猫、路地裏からの脱出」。ぐるっと360度見渡せるシステムが、いい感じに「迷子になってる感」を演出してくれています。1回のプレイが短く、何度も挑戦したくなるボリュームもグッドです。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
雪のふる町をメリークリスマス
Kenji Akagi

 クリスマスにちなんだアプリがリリースされる時期になりました。主役はトナカイのソリに乗ったサンタさん。空からはシンシンと雪が降っております。大変いい雰囲気なのですが、雪に当たると即ゲームオーバー。雪と雪の隙間をスルスルと移動する「弾幕系」ゲームとなっております。

AppStoreアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

iPhone XとHUAWEI P10 Plusのカメラで詳細画質対決!

iPhone X&iPhone 8、ASCII徹底大特集!
第77回

2017年12月20日 12時00分更新

文● 周防克弥 ●編集/ASCII編集部

iPhone XとHUAWEI P10 Plusでカメラ勝負!

 前回の記事ではiPhone Xのカメラアプリの性能をチェックしたが、では他のスマホとの差はどうなのか。あらためてAndroidスマホの中でもカメラの性能が高いと評判の「HUAWEI P10 Plus」と比較した。

ファーウェイ「HUAWEI P10 Plus」

 「HUAWEI P10 Plus」は何度もレビューされているのでご存じの方も多いと思うが、カメラユニットが2つ搭載されているのが特徴だ。iPhone Xの場合には広角レンズと望遠レンズが組み合わされているが、HUAWEI P10 Plusの場合には同じ画角のレンズが2つで、片方はRGBセンサー、片方はモノクロのセンサーが採用されてる。モノクロセンサーの輝度情報をRGBセンサーの画像処理の際に利用し、画質を向上させているということだ。

HUAWEI P10 Plusに搭載されているカメラアプリ。Leica監修でフォントもLeicaっぽいのが良い。標準のままでも独自に絞りの効果をエミュレートするワイドアパーチャやポートレイトモードへの切り替えが行なえる

シャッターボタン上にある短いバーを上にスワイプすると撮影モードがプロモードに切り替わり、マニュアルでの操作ができるようになる。測光方式、感度、シャッタースピード、露出補正、AFモードの切り替え、ホワイトバランスの設定が任意に可能

デジカメっぽいHUAWEI P10 Plus
綺麗すぎて絵のようなiPhone X

 下の写真は前回のiPhone Xのアプリを撮り比べたのと同じカット。シャープネスと精細さはiPhone Xより若干劣るが、よく見るとディテールの再現性はこちらのほうが上だ。iPhone Xのデータはシャープで精細さは良いが、処理が強いのか質感の再現性がちょっと落ちる。悪く言えば塗った絵のようになっているが、HUAWEI P10 Plusのほうがディテールが出ている。良くも悪くもHUAWEI P10 Plusのほうがデジカメの写真っぽさがある。iPhone Xのほうは綺麗だが綺麗すぎて絵に近い感じだ。

 下の写真の暗いデータがiPhone Xで暗い室内で撮ったときと同じ時に撮影したデータだ。正直、肉眼では暗すぎてよくわからないような状況だったので、iPhone Xでよくここまで写るものだと関心したほど。あまりに暗いシーンではiPhone Xで撮れてもHUAWEI P10 Plusでは撮れないこともある。

 HUAWEI P10 PlusではISO感度の設定が可能で、ISO50から3200まで設定できる。iPhone Xの純正アプリでは任意に設定できず、前回使ったアプリで設定可能なのはLightroom CCだけだったので、Lightroom CCで撮影した。なお、ここからの写真はすべて原寸で掲載しているので、データ通信量に注意してほしい。

iPhone XとHUAWEI P10 Plus
屋内で感度比較

HUAWEI P10 Plus



ISO50 ISO100



ISO200 ISO400



ISO800 ISO1600


ISO3200

iPhone X + Lightroom CC



ISO25 ISO50



ISO100 ISO200



ISO400 ISO800



ISO1600 ISO2000

 iPhone X + Lightroom CCではISO感度はISO25から2000まで設定可能になっている。見比べるとHUAWEI P10 Plusのほうはもうデジカメ品質であることがわかる。iPhone Xも悪くはないがノイズリダクションの効かせ具合がもう少しといった印象だ。風景でもそうだったが写真の質として考えると画質そのものはHUAWEI P10 Plusのほうが良いと思えるが、見た目の印象はiPhone Xのほうがいい。単純にiPhone Xのほうが綺麗に見えるのだ。ただそれは画像処理による部分が多い印象で、先程も書いたがやはり絵に近い印象になってしまう。

 この辺は好みの差によって評価も変わるから一概に言えないが、質感を重視して画質を求めるならiPhone XよりもHUAWEI P10 Plusをオススメするし、単純に綺麗に撮れればいいというのならiPhone Xのほうがいいだろう。



■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

オープニングから一気に引き込まれるストーリーはさすが「どうして勇者様はそんなに弱いのですか?」

あぷまがランキング
第109回

iPhone人気無料ゲームベスト10【12/4~12/10】

2017年12月13日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
漢字の館からの脱出ゲーム
haruhito ide

 「漢字」を使ったクイズアプリ。バラバラに分解された漢字を頭の中で組み合わせ答えを導き出しましょう。問題は現在100問用意されていますので、通勤通学の暇つぶしや、脳トレにいいかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
育成!ボクっ娘 -放置系女子力育成ゲーム
inline planning

 男の子っぽい女の子を、女の子っぽく育成する放置ゲーム。時間経過で湧いてくる「おしゃれアイテム」を集めていくとレベルが上がり、女子力アップ。たまに出てくる選択肢によって、女の子の成長が変化するようです。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
金色美少女大作戦
HUBLOTS CO., Ltd

 「金色ラブリッチェ」というセクシーPCゲームがございまして、そちらのキャラクターを使ったミニゲームと本編発売までの「カウントダウンボイス」が収録されております。本編はとてもセクシーなのですが、アプリにはそういう要素は一切ございませんので、過剰な期待は厳禁でございます。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
ドルアーガの塔 Tower of Defender
CUCURI

 名作「ドルアーガの塔」がアプリで登場。と言っても中身は往年のファンが知っているアクションRPGではなく、恋愛要素ありのシミュレーションゲーム。男性隊員たちとクエストをこなし、ラブラブしながら親密度を上げ、たまにバトルを楽しみましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
ねこゆる
Qualia Systems Inc.

 部屋の中に隠れている猫を見つけるゲーム。ただ見つけるだけではなく、同じ柄の猫を連続で選択する「神経衰弱」のような要素もあり。簡単そうで意外に難しく、ついつい意地になってしまう中毒性あり。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
デブリウム
Taishu Goto

 タイトルの響きからなんとなく「デブ」を弄ったネタゲーかと思ったのですが、ちゃんとしたパズルゲームでした。1桁の「数字パネル」がランダムに置かれているので、「足して5」になるようにパネルをなぞると消すことが可能。これを繰り返しハイスコアを目指しましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

4位
ふわふわとばそうシャボン玉
Takahiro Yamada

 シャボン玉を飛ばして楽しむ癒し系ゲーム。画面タップで好きな場所に移動し、お気に入りの場所を見つけたら、キャラをタップしてシャボン玉をプクッと作成。シャボン玉が飛んでいったら、お好きなタイミングでタップで破裂。特に目標はございませんので、まったりとお楽しみくださいませ。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
脱出探偵少女
Hiroshi Fukuda

 目覚めると「手錠」で拘束された状態でスタート。なんだかんだで手錠を外し外に出るとそこには……。と言った感じで始まる推理脱出ゲーム。とあるゲームをクリアするために証拠を集め、推理し、「真犯人」を見つけ出しましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
机でサッカー
SAT-BOX

 「学校の机の上で楽しむ」がコンセプトのコンパクトなスポーツシリーズ。今回はサッカー。細かいルールは大胆にカットしているため、ボールを敵のゴールに入れることだけをシンプルに楽しむことができます。1つの端末で対戦もできるので、これからの忘年会シーズンにいいのではないでしょうか。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
どうして勇者様はそんなに弱いのですか?
SYUPRO-DX Inc.

 「彼女は最後にそう言った」「終わらない夕暮れに消えた君」などなど、泣けるドット絵アドベンチャーで人気の開発者さんの新作。「勇者」や「魔王」は出てきますが、バトル要素は一切なし。本作もがっつり泣ける骨太アドベンチャーゲームとなっております。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のオススメは1位の「どうして勇者様はそんなに弱いのですか?」。タイトルだけ見るとよくあるRPGを茶化した作品っぽいのですが、オープニングから一気に引き込まれるストーリーはさすがのひと言。老若男女問わずオススメできる作品となっております。

 最後に「ランクインしなかったけど、これも是非やってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
パチンコ 獣物語 -ケダモノガタリ-パチスロ スロットゲーム
Takahisa Kuroki

 パチンコアプリなんですが、「玉」も「釘」もございません。液晶の演出を楽しむことだけに特化したアプリ。パチンコ、パチスロファンならおなじみのアツイ演出はもちろん、クスッと笑えるものまでいろいろ用意されております。

AppStoreアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事

戦略性が高く頭を使うカードバトルゲーム「こんなブラックな魔王様はイヤだっ!!」

あぷまがランキング
第107回

iPhone人気無料ゲームベスト10【11/27~12/3】

2017年12月06日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをASCII.jpさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
MoleAlarmClock/モグラたたきゲーム&目覚し時計
tadahito hiraoka

 普通の目覚まし時計では起きられない方必見。時間が来るとジリジリジリンとアラームが。画面をタップしてストップ。とはならず「モグラ叩きゲーム」をクリアしたり、「計算問題」を解いたり、鳴り止むまでiPhoneをフリフリしたりすると、アラームがストップ。そのころにはちゃんと目覚めているはず。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
たまじゃんぷ 〜たまの逆襲シリーズ第2弾~
Shintaro Amaike

 画面をタップすると、かわいらしいニャンコが真上にジャンプします。左右に動く足場にタイミングよく飛び乗り、上へ上へと向かっていきましょう。ちなみにこのニャンコの名前は「たま」と言い、よくある名前をつけられたことにイラっとしたので、ご主人様に逆襲しようという設定のようです。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
萌っとひよこ仕分け
ikeda shingo

 萌え絵+シンプルゲームという刺さりそうな人には刺さりそうなシリーズ。今回は「ひよこの仕分け」。表示されたひよこが「オス」なら左へ、「メス」なら右へ、スワイプして仕分けしましょう。選んだ「萌え娘」によってちょっとした効果が得られるようです。見た目で選ぶか能力で選ぶかは、あなた次第。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
Unfatalia ~P-Prototype~
Kenji Shimojima

 「女の子がさまざまな原因で死んでしまうのを全力で阻止するゲーム」。とても楽しそうな設定なのですが、説明文を見る限り、このアプリ単体で遊ぶものではないようです。本体というか、必要なパッケージはとあるイベントで販売された模様。残念無念。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
トニーくんの大玉キャリー
hasegawa takuji

 おなじみ「金髪トサカ頭」のトニーくんが、さまざまなことにチャレンジする人気のミニゲームシリーズ。今回は「大玉運び」。頭上の大玉を落とさないようにバランスをとりながら少しずつ進んでいきましょう。簡単そうで難しい、いつものトニーくんがあなたの挑戦を待っています。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
サッカーピンボール
ruki hamaguchi

 タイトルどおり、サッカーとピンボールが合体したゲーム。ステージ上に配置された味方や壁を使ってうまく反射させ、ボールをゴールへドーンと入れましょう。簡単そうで意外に難しく、見た目以上に熱くなります。

AppStoreアプリをダウンロード

4位
Karacury 〜 カラクリィ
Go Yoshida

 3Dな世界で楽しむ謎解きアクションゲーム。ジャンプしたり、梯子を登ったり、いろんなアクションが用意されていますが、操作は移動したい方向にスワイプするだけでオッケーのシンプル仕様。ステージのどこかに隠れているゴールにたどり着ければクリアとなります。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
脱出ゲーム – 悪夢の国のアリス – 【脱出×ノベル】
Yusuke Takeuchi

 普通の脱出ゲームはもう古い。というわけかどうかはわかりませんが、こちらはキャラクターとストーリーを前面に押し出した、どちらかというと謎解き部分が薄めな異色の脱出ゲームとなっております。不思議な国、ではなくペットショップに迷いこんだ主人公。頭からうさぎの耳を生やした謎の男と出会い、そこから先はアプリでお楽しみ下さいませ。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
かわの君、いたずらをする
株式会社サプライド

 ステージクリア型の謎解きゲーム。舞台は小学校でしょうか。主人公はいたずら大好き「かわの君」。アレをアソコに仕掛けて、教室に入って来た先生を真っ白にしたり、廊下にアレを置いて、友達をスッテンコロリンと滑らせたり。さまざまないたずらを成功させてステージをクリアしていくと、意外な秘密が判明するかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
こんなブラックな魔王様はイヤだっ!!
株式会社エスレア

 ブラック企業並の劣悪な環境に嫌気がさしているモンスターたちを寝返らせ、魔王を倒す移植のカードバトルRPG。覚えることはちょっと多めですが、そのぶん攻略しがいのあるバトルシステムとなっております。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のオススメは、1位の「こんなブラックな魔王様はイヤだっ!!」。設定やタイトルがネタゲームっぽい雰囲気を醸し出しておりますが、中身は戦略性の高い、なかなか頭を使うカードバトルゲームとなっておりますので、ひと味違ったRPGをお探しの方はぜひ。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外!今週の注目新作アプリ
Rocket Shot
DAI HANEDA

 とてもシンプルなシューティングゲーム。端末を傾けて自機を左右に移動。画面タップでミサイル発射。敵の攻撃を避けつつ、破壊しまくってハイスコアを目指しましょう。ちょっとした息抜きにちょうどいい感じの仕上がりとなっております。

AppStoreアプリをダウンロード

■関連サイト



カテゴリートップへ


この連載の記事