Wi-Fiの速度を測定する方法とおすすめサービス

Wi-Fiを利用するにあたっては「無線LANルータをどこに置けば最速になるのか?」「離れたところでどの程度速度がでるのだろうか?」「11nと11acでは、現在の環境でどちらが速いのか?」などの疑問がつきもの。

それを解決するのがWi-Fiの速度測定だ。具体的な数字で表示されるので非常に参考になる。今回の記事では、Wi-Fiの速度を測定する方法について述べよう。

測定方法1:速度測定アプリや測定サイトを利用する

iPhoneの「SPEEDTEST」アプリ

iPhoneの「SPEEDTEST」アプリ

手軽にWi-Fiの速度を測定したいのであれば、インターネット上の速度測定サイトやアプリを利用すればよい。検索サイトやApp Store/Google Playで「インターネット速度測定」とキーワードを指定し検索すれば、さまざまなコンテンツがヒットする。

ただし、検索サイトにアプリはどちらも手軽な反面、以下のような欠点もある。

  • 測定値は、インターネットの速度に左右されるので、時間帯や測定サイトによってかなり値が異なる
  • 同じ環境で測定しても測定タイミングによって値の変動幅がある

とは言っても、何も準備することなく測定できるので、アバウトではあるが、気軽に利用できるという点は、大きなメリットと言えよう。

問題は、どの速度測定サイトやアプリを使うかだ。判断の基準としては、一番速度が出るサイトやアプリを利用したい。これは、それだけインターネットの速度の影響を受けにくくなるからだ。また、速度が速いということは、利用者が少ないということになり、連続して測定しても変動幅が少なくなる。

ガイドがよく利用するサイトやアプリは以下の通りだが、必ずしも常に最良とはいえない。その時々で一番速度の出るサイトやアプリを利用しよう。

■ガイドおすすめの測定サイト

Fast.comサイト

Fast.comサイト

WindowsマシンやMacintoshのブラウザで利用。スマホの場合、Fast.com以外は対応するFlashプレーヤーがないので利用不可となっている。

BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

Speedtest.net

Fast.com

RBB SPEED TEST

■ガイドおすすめの測定アプリ

ドコモスピードテスト

ドコモスピードテスト

・Speedtest.net Speed Test(iOS版Android版
・Speedchecker インターネットの速度テスト(iOS版Android版
・RBB SPEED TEST(iOS版Android版
・ドコモスピードテスト(iOS版Android版
・Speedcheck – スピードテスト(iOS版Android版



 

測定方法2:「iperf3」をスマホで利用して測定する

iperf3のダウンロード先

フランスにあるiperf3のダウンロード先サイト。

iperf3は、ネットワークの最大帯域幅、つまり速度を測定するためのベンチマークツールだ。インターネット回線を通さないので、純粋なWi-Fiの速度を測定できる。

測定は、同じ無線LANルータに繋がっているなるべく高速な処理ができるWindowsマシンをサーバとし、iPhoneやAndroidのスマートフォンなどの移動端末をクライアントとして利用する。

以下にその具体的な手順を述べる。

1.iperf.frサイトからWindows 32bit用または64bit用マシンのiPerf 3.1.3をダウンロードする。どちらをダウンロードするかは、「コンピュータ」のプロパティを表示し「~ビットオペレーティングシステム」の~を見れば分かる。

【備考】上級者の方は、LinuxマシンでLinax用のiperf3を利用した方が、システムの負荷が少なく、より正確な値を得られるだろう。

2.ダウンロードしたiperf-3.1.3-win??.zip(??は32または64)を右クリックし「解凍」→「ここに解凍」を選択する。

3.以下のファイルをサーバマシンのC:\Windows\system32にコピーする。

・iperf3.exe(本体ファイル)

・cygwin1.dll(Windows上で擬似Linux環境を作るためのdll)

・cyggcc_s-1.dll(同 上)(32bit用のみ)

4.コマンドプロンプトを表示し、「ipconfig」と入力。すると、以下のような画面表示がされるので、その中からサーバ側のIPアドレスを調べる。

————表示例—————

C:\Windows\system32>ipconfig

Windows IP 構成

イーサネット アダプター ローカル エリア接続:

接続固有の DNS サフィックス . . . : abc.ne.jp

リンクローカル IPv6 アドレス. . . . : fe80::106e:ca9e:4c68:c2cc%10

IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.11.11  ←このアドレスを控える。

サブネット マスク . . . . . . . . : 255.255.255.0

デフォルト ゲートウェイ . . . . . : 192.168.11.1

———————————–

5.コマンドプロンプトを表示し「iperf3 -s」(「-s」は run in server modeを示す)と入力する。そして「enter」キーを押すと、以下のように表示され待機状態になる。

【備考】下図の「5201」は利用するポート番号。環境によって異なる。

サーバー待機状態

サーバ待機状態

6.スマホ側でiperf3を起動し、速度を測定する。

【移動端末がiPhoneの場合】

iPerf3 - Bandwidth and Performance Test Tool

iPerf3 – Bandwidth and Performance Test Tool

1.App Storeで「iPerf3 – Bandwidth and Performance Test Tool(有料)」をインストールして起動する。

2.「Client_Default_Profile」をタップする。

3.「-c - -client」オプションをタップする。

4.先ほど調べたサーバーのIPアドレス「(例)192.168.11.11」を入力し、[Apply]ボタン→「< back」をタップする。

5.右上の「Reviw And Start Client」をタップする。

6.右上の「Launch」をタップする。

7.右上の再生を示す三角アイコン(下図参照)をタップする。

これで測定が始まる。以下の値は10回調査した平均値が図の赤枠の位置に表示される。

iPhoneでiperf3を起動し測定undefined11n

iPhoneでiperf3を起動し測定 11n 赤枠が測定結果

【備考】iPerf3 – Bandwidth and Performance Test Toolの場合、TCPより負荷の少ないUDPプロトコルによる測定がデフォルトになっている。TCPでも試してみたい場合は、「-u – -UDP」オプションで「True」を「False」に切り替えればよい。

また、ここでは、サーバーを自前で立てたが、デフォルトのiperf.scottlinux.comというインターネット上のサービスをサーバーとして利用する方法もある。ただし、インターネットの速度には左右される。

ガイドの測定環境:iPhoneSE  ios 10.3.3  11nで接続して測定

【移動端末がAndroidの場合】

Magic iPerf including iPerf3

Magic iPerf including iPerf3

1.Google Playストアで「Magic iPerf including iPerf3(無料)」をインストールして起動する。

2.左上で「iperf3」をタップする(iperf2とiperf3の選択)。

3.青線のコマンドラインにたとえば「-c 192.168.11.11」と入力する。192.168.11.11は、先ほど調べたサーバーのIPアドレスなので個々に異なる。

4.淡色の「Stopped」を右にスライドし「Started」にする。

これで10回計測が行われる。赤枠は、その平均値。

赤枠が速度となる。

赤枠が速度となる。

【備考】コマンドラインにたとえば「-c 192.168.11.11 -u」と-uオプションを付加するとUDPによる測定になる。しかし、ガイドの環境では数値がデフォルトのTCPより低くなってしまう。原因は不明だが、-uオプションも試してみるとよいかもしれない。

ガイドの測定環境:Zenfone2 Android 5.0 11nで接続して測定

測定方法3:「iperf3」をノートPCで利用して測定する

ノートパソコンでの速度調査

ノートパソコンでの速度調査

移動端末としてノートパソコンを利用することもできる。処理速度にもよるが、スマホより実際に近い数値がでることが多い。

これは、スマホの場合、充電池を含め筺体のコンパクトさが優先され、ある程度処理速度が犠牲になっているからだ。

ノートパソコンをクライアントとして通信速度を計測するには、以下のように操作する。なお、サーバは、「測定方法2:「iperf3」をスマホで利用して測定する」の時と同様に、デスクトップPCなど処理速度の高いコンピュータを利用する。


1.
ノートパソコンにiperf3をインストールする。方法は、前述と同じ。

2.サーバのIPアドレスを調査する。方法は、前述と同じ。

3.サーバ側のコマンドプロンプトを起動し「iperf3 -s」と入力する。

4.ノートパソコンのコマンドプロンプトを起動し、「iperf3 -c (サーバのIPアドレス)」または「 iperf3 -c (サーバのIPアドレス) -u」と入力する。

以下は実行例だ。赤枠が測定結果になる。

ノートパソコンのiperf3測定結果

ノートパソコンのiperf3測定結果

やはりマシンが高速なので、通信速度も上がる。本例の場合、前述のiPhoneが57.9Mbpsに対し、ノートパソコンが3桁の116Mbpsと高速になっている。共に11nでの測定結果だ。ノートパソコン内蔵の子機を使うより、外付けの子機の方がより高速になった。

ガイドの測定環境:Gatewayノートパソコン(Celeron 1.6GHz)+外付け子機 BuffaloWI-U3-866D / Windows7 64Bit 11nで接続して測定

実際の測定例

ここで測定の実例を挙げよう。いままでは11nで接続していたが、11acで接続すると、どの程度高速になるかをiPhoneで試してみた。

前述のように11n接続で接続した場合、57.9Mbpsだった。ここで、iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」で11acのSSIDを選択し、同様に測定した結果を挙げよう。

iPhoneでiperf3を起動し測定undefined11ac

iPhoneでiperf3を起動し測定 11ac 赤枠が測定結果

実に294Mbits/secと5倍近い値が出ている。このようにして、目的にあった測定をしてみよう。

プリンタを無線LANで接続するには

プリンタを無線LANでつなごう

プリンタを使って印刷するとき、パソコンをいちいちプリンタにつなぐのは面倒です。無線LAN機能を内蔵したプリンタなら、無線LANを使って、どこからでもプリントできるようになります。ケーブルをつなぐ必要もないので、とても快適に利用できます。

今回は無線LAN対応プリンタを無線LANにつなぐ方法や使い勝手について解説します。

なお無線LANに対応していないプリンタを使っている場合でも、無線LAN親機によっては無線LANで使うことができるようになります。詳しくは「無線LAN非対応のプリンタを無線LANで使うには」を参照してください。

無線LAN対応プリンタのメリット

自由なレイアウトが可能

ケーブルは電源コードだけ。自由なレイアウトで利用できる

まず、無線LAN対応のプリンタを利用するメリットを挙げましょう。

■離れたところから印刷できる

電波の届くところであれば、どこからでも印刷ができます。リビングに置いたプリンタを隣室の書斎はもちろん、2階の部屋からでも利用できます。ケーブルのないすっきりとした環境で、どこからでも印刷ができます。

問題は、電源のOn/Offを自動で行うことができるかどうかでしょう。電源の完全なOn/Offは難しいのですが、スリープモード搭載のプリンタであれば、ネットワーク経由でスリープモードを解除することが、ほぼできます。対応の状況は、プリンタのメーカーに問い合わせてみてください。確かに待機電力は必要ですが、スリープモードの待機電力はかなり少ないので問題にはならないでしょう。

オフィスであれば、一日中電源を入れっぱなしにすることが普通ですので、スリープモード対応でなくてもよいでしょう。

■基本的にケーブルは電源ケーブルだけ

USBケーブルやLANケーブルは必要ありません。必要なのは電源ケーブルだけ。

実際に利用してみると、「電源が取れるところであれば、どこにでも置くことができる」というメリットに気付きます。ここでは邪魔なので、あちらに移動ということが気軽にできます。USBやLANケーブルがある環境では、おいそれと移動することはできないでしょう。

■共有も手軽

Windowsのプリンタの共有機能を利用してもネットワーク上でプリンタの共有はできます。しかし、プリンタを接続するコンピュータが必要で、常にそのコンピュータの電源を入れておく必要があります。無線LAN対応型プリンタなら、プリンタ単体で、誰でも使うことができます。

無線LAN対応プリンタを選ぶときは注意すべきことがあります。詳しくは次のページで。

MacのPCでプリンタを無線LAN(Wi-Fi)で利用するには

MacのPCでもAirPrint対応のプリンタは必須なのか?

Air Print対応のプリンタは必須か

Air Print対応のプリンタは必須か

「Macでプリントするには、AirPrint対応のプリンタが必要」とショップなどで勧められることがある。筆者も実際にそう言われた経験がある。

AirPrintとは、ドライバーをダウンロードしたりインストールしたりしなくてもプリントできるAppleのテクノロジーで、iPhoneやiPadなど、プリンタドライバーをインストールできない機器でも印刷を可能にするものだ。

もちろん、MacBookやiMacなどのPCでもAirPrintは利用できるが、こちらについてはとくにAirPrint 対応のプリンタでなくても、以下に述べる方法でプリンタドライバをインストールすれば印刷ができる。

MacをWi-Fiで接続する

無線LANを利用して印刷するには、まずMacと無線LANルーターをWi-Fiで接続する必要がある。以下にその方法を述べる。もちろん、Safariなどを起動して既にインターネットに接続できていれば、以下の設定は必要ない。

1.「システム環境設定」→「ネットワーク」を選択する。

※注:以下の手順では、すでに無線LAN接続を作成している場合は、操作しなくてもよいステップがある。結果の画面を比較しながら読み進めてほしい。

undefinedundefined

  



2.左欄の下にある「+」印を選択する。ここで、Wi-Fiの接続を追加する。

undefinedundefined

  



3.一覧から「Wi-Fi」を選択する。

undefinedundefined

  

4.「作成」を選択する。

undefinedundefined

  

5.元のウィンドウの左欄にWi-Fiのアイコンが追加されるので、「Wi-Fiを入にする」ボタンを押す。

undefinedundefined

  

6.「適用」ボタンを押す。

undefinedundefined

  

7.「ネットワーク名」一覧から接続したい無線LANルーターのSSIDを選択する。SSIDは、無線LANルーター本体に印字されていることが多い。

undefinedundefined

  

8.接続パスワードを入力し「接続」ボタンを押す。接続パスワードも本体に印字されている」ことが多い。

undefinedundefined

9.元のウィンドウに「Wi-Fi○ 接続済み」と表示されれば完了だ。

undefinedundefined

  

プリンタを追加する

次にプリンタをシステムに追加する。

なお、プリンタも無線LAN経由で利用する場合は、プリンタを無線LANルータに接続する必要があるが、これはプリンタによってまちまちなので、プリンタのマニュアルを参照して欲しい。多くはプリンタの液晶画面で設定を進めることになるだろう。

1.「システム環境設定」→「プリンタとスキャナ」を選択する。

undefinedundefined

  

2.左の欄の左下にある「+」ボタンを押す。

undefinedundefined

  

3.ネットワークに接続されているプリンタが表示されるので、接続したいプリンタを選択して「追加」ボタンを押す。これで、自動的にプリンタドライバがMacにインストールされる。

Appleは、プリンタメーカーから多くのプリンタドライバを貸与されているが、もし、使用するプリンタが一覧に表示されない場合は、プリンタの製造元Web サイトからダウンロードしてインストールする必要がある。

AirPrint対応のプリンタであれば、ドライバが必要ないので標準でプリンタ名が一覧に表示される。

undefinedundefined

  

4.元のウィンドウにプリンタ名と「待機中」という文字が表示されれば、完了だ。

undefinedundefined

  

あとは、利用するアプリケーションの「ファイル」メニューなどからプリントを選択して印刷しよう。

undefinedundefinedundefined

   「ファイル」メニューからプリントを選択したあとの画面。「プリント」ボタンを押せば印刷が始まる。