光学式ドライブ付きでも頑丈・軽量な「レッツノートSZ6」は死角のないビジネスモバイルPCだ!

カスタマイズレッツノート15周年の全部入りモデルを試してみた

2017年09月28日 11時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ゆうこば

インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載
パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを



 軽さと頑丈性、長時間駆動、そして性能のすべてを追求したレッツノートシリーズ。着脱式のタブレットPCとなる「XZシリーズ」、コンパクトで約750gと軽量な「RZシリーズ」、14型の大型液晶を採用した「LXシリーズ」など多くのモデルをラインナップしているが、とくに人気が高いのが、光学式ドライブを搭載しながら約1kgと軽量な「SZシリーズ」だ。

 SZシリーズは、モバイルに十分な小ささと見やすさを両立した12.1型液晶ディスプレーを備え、メインPCとしても十分なパワーをもつCore i5/i7を採用したモデル。

 同じSZシリーズの中でも、光学式ドライブを省いて約849gの軽さを実現したモデルから、LTEを内蔵して屋外でも自由にネットに接続できる高性能モデルまで、用途に合った多彩なモデルが用意されているのが特徴と言えるだろう。

カスタマイズレッツノート15周年施策で
理想の1台となるハイスペックSZ6が誕生!

 レッツノートシリーズは店頭でも販売されているが、より好みのスペックやデザインでも購入できるよう、2002年から「マイレッツ倶楽部」でカスタマイズモデルの販売が開始された。

 このカスタマイズモデルではCPUの変更、ストレージやメモリーの増量、OSの変更、カラー変更など、店頭モデルにはない仕様で購入できるとあって、多くのユーザーから支持を得てきた。

 そんなカスタマイズレッツノートが15周年を迎えた今年、満を持して「スペシャル」な特別仕様モデルとして送り出すのが、軽量&頑丈&光学式ドライブ内蔵という、実にレッツノートらしい特徴を備えた「SZ6」。

 CPUにCore i7-7600U vPro、メモリー16GB、1TB SSD×2、BDドライブを搭載した構成は、15インチの高性能ノートを余裕で上回るスペックだ。



モバイルPCではほとんど見ることがなくなった光学式ディスクドライブ。しかも、スペシャル仕様のSZ6は、より大容量なデータを格納できるBlu-ray Discの読み込み・書き込みが可能 2コア4スレッド、最大3.9GHzと高クロックでパワフルなCore i7-7600U vProを採用。メモリーもモバイルPCとしては破格の16GB搭載

 さらに天板には特別な「Full Star Black(フルスターブラック)天板」を採用するなど、中身も外観もプレミアムな仕様となっている。この天板は遠くから見れば光沢のあるブラックにしか見えないが、光を当てて近づいて見ると、赤や青、白などの色がきらめき、星空やオパールを彷彿させる美しさがある。

 派手な主張ではないが、わかる人にはわかるという奥ゆかしさのある部分が、頑丈性や実用性を重視するレッツノートらしさを表しているといえるだろう。

強い光をあてると赤や青、白などがきらめく特殊な天板を採用。落ち着いた美しさがある

超軽量なのに長時間のバッテリー駆動が可能
バッテリーパック(S)でも、映画2本を余裕で連続再生できる

 SZ6の特徴といえば、1kg前後ながら光学式ドライブを内蔵しているということ。カスタマイズレッツノートなら、DVDマルチだけでなくBDドライブも選べるため、好きな映画を高画質でどこでも視聴できるようになる。



バッテリーパック(S)を装着した状態での実測で、1024g。ハイスペックな構成でも、これだけ軽い BDドライブは円形のタッチパッドの下に装備されている。手前に出てくるので、新幹線の狭い机の上でもジャマにならない

 とはいえ、BDを再生するには常時回転させておく必要があるため、電力消費もかなり多くなってしまう。いくらBDが再生できるといっても、バッテリーがもたなければ使いたくても使えない。

 そこで、バッテリーパック(S)を装着し、約2時間BDを再生してどのくらいバッテリー容量が残っているのかをチェックしてみた。

 せっかく映画を見るというのに液晶の輝度を抑えた暗い画面で見るのはナンセンスなので、液晶の輝度は100%に設定。消費電力をわざと高くしたテストだ。

 約2時間の映画を1本再生し切ったところで、バッテリー残量を見たところ、残りの容量は59%という結果だった。BDドライブを常時使いながら、半分も減ってないという結果に驚いた。

 単純に計算すれば、バッテリーが切れるまで再生できる時間は約5時間。東海道新幹線でいえば、東京駅から山口県の新下関まで移動できる時間だ。これだけバッテリーに余裕があるなら、残量を気にすることなくBDが楽しめる。

 さらに、長時間視聴したいというのであれば、容量が1.5倍になるバッテリーパック(L)もあるので、こちらをカスタマイズで選ぶといいだろう。

約2時間の映画を再生した後でも、まだ59%もバッテリーが残っていた。BDで再生していたとは思えないほど多い。

 もうひとつ実利用を想定したバッテリーテストとして、フリーソフトの「BBench」を使い、1分間に1回ウェブページを巡回するテストを実行してみた。

 こちらは比較対象として、約2年前のモデルとなる「CF-SZ5YDKPR」(SZ5)を用意。CPUにCore i5-6200U、メモリー4GB、750GB HDDを採用したモデルだ。バッテリーパック(S)を装備している。

液晶の輝度を50%にし、1分に1回ウェブページを巡回するテストを実行。ドライブの自動停止など、省電力機能はすべて切っている

 結果は上のグラフを見てわかるとおり、SZ6のカスタマイズモデルが1時間以上も長く動作した。CPUは高速となるが世代がひとつ新しいこと、また、HDDではなくSSDを採用しているといったことから有利な結果となったようだ。

 バッテリーパック(S)を使っても、1日の標準的な業務時間を余裕で超えるというのが心強い。とくに屋外へと持ち出すことが多いのであれば、長時間駆動と軽さを両立しているレッツノートSZ6は強い味方となってくれるだろう。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel vPro、Core Inside、vPro Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。




限定モデルは2TB SSD搭載で天板が星空のよう レッツノートの2017年秋冬モデル

SZ6向けにPIGMENTとのコラボ天板も用意

2017年09月27日 12時00分更新

文● ゆうこば

カスタマイズレッツノートは今年15周年

 パナソニックは、同社のノートPCシリーズ「レッツノート」の2017年秋冬モデルを発表しました。発売日は「LX6」シリーズが10月27日、そのほかの3シリーズが10月13日となっています。

背面カメラ付き「XZ6」が用意された店頭モデル

 レッツノートには、量販店などで即購入できる店頭モデルと、同社の直販サイト「Panasonic Store」で構成を変更し購入できるカスタマイズレッツノートの2種類のモデルがあります。

 店頭モデルにおいて、2017秋冬モデルでは「XZ6」シリーズに背面カメラ搭載機がラインアップ。プリインストールされているカメラアプリ「Panasonic PC Camera Utility」を使ってOCRやバーコードの読み取りが可能です。

レッツノート XZ6

 ほかにも、LX6シリーズでは店頭向けモデル初の「ブラックモデル」を用意したり、全機種「Windows 10 Creators Update」を適用した状態で出荷されるなど、夏モデルから細かな点がブラッシュアップされています。




レッツノート LX6 レッツノート RZ6 レッツノート SZ6

直販モデルであるカスタマイズレッツノートには
PIGMENTとのコラボ天板やスペシャル仕様の「SZ6」を用意

 一方、カスタマイズレッツノートは今年15周年を迎えるということで、より細かいカスタマイズができるようにするなど提供価値を強化するほか、新規顧客の獲得に注力。

 その施策のひとつとして、「SZ6」では総合クリエイティブ機関である「PIGMENT(ピグモン)」とのコラボを実施。デザイン天板である「ehada」シリーズを展開します。

より個性を発揮したい人向けのSZ6向け天板

 ehadaシリーズは全10種類のデザインを用意。「墨流し」「破墨」「スキージ」「グラスストローク」「クラッキング」という5種類のデザイン技法が用いられており、いままでにない独特な表情をもっています。天板を変更すると価格は+1万6200円。

 ちなみに、これらの天板は神戸工場に昇華転写式の新プリンターを導入して数量限定で生産。同社が家電などで培ったノウハウが生かされており、レッツノートの頑丈性やアイデンティティーにも関わる「ストライプボンネット」にピッタリ合わせた印刷が可能となっています。



水や墨の流れを表現する「墨流し」



キャンバス上に1点墨を入れてそこから生まれる形を連想して描いていく「破墨」



ゴムベラなどで絵の具を広げていくことで発生する色の重なり合いが特徴的な「スキージ」



ガラスの棒などで絵の具を混ぜ合わせていく「グラスストローク」



絵柄の表面に意図的にひび割れを入れる「クラッキング」(天板上は印刷で表現)

 さらに、SZ6にはカスタマイズレッツノート15周年記念モデルが登場。200台限定販売で、CPUはCore i7-7600U vPro、メモリーは16GB、ストレージは2TB SSD(1TB×2)、LTE対応、Blu-ray Diskドライブ搭載。発売日は11月17日。

限定200台の特別仕様のレッツノート SZ6

 天板はこれまた限定のフルスターブラック仕様。黒をベースに少々青味と光沢がかかっており、光を当てるとまるで満点の星空のようなデザインが広がります。レッツノートファンにはたまらないモデルと言えるでしょう。

星空のように輝く天板



カテゴリートップへ

レッツノートが直販にかけた15年間の思いとは? 池澤あやかさんとパナソニックに直撃

カスタマイズレッツノート15周年記念!

2017年06月02日 15時00分更新

文● 飯島範久 撮影●岡田清孝 編集●ASCII

インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサー搭載
パナソニックストアでも好評発売中(jp.store.panasonic.com/pc/)
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを



 パナソニックのノートPC「レッツノート」が誕生して、すでに20年が経つが、今年は直販サイトでカスタマイズモデルの販売をはじめてから、ちょうど15周年の節目にあたる。

 当時は、まだ市販モデルとは違った製品を販売する直販サイトはあまりなく、レッツノートの進化にも大きく関わってきた。

 そこで、今回はレッツノートの歴史に詳しいパナソニックのECサイト「パナソニックストア」の商品部部長 瀧野光史氏と、サイト部戦略推進課の寺島洋行氏、ギーク女子の池澤あやかさん、週刊アスキー副編集長でレッツノート歴10年の加藤弘晃の4名で、レッツノートのこれまでの歩みとこだわり、そして、今後について語ってもらった。

より高い製品をメーカー直販で販売するのは挑戦だった

パナソニックコンシューマーマーケティング株式会社 商品部 部長 瀧野光史氏

瀧野:2002年の2月にカスタマイズレッツノートが産声を上げましたが、実質まともに販売が始まったのは4月以降だったので、今年4月に15周年記念をスタートさせました。

加藤:レッツノート自体はその前からありましたよね。

瀧野:そうですね。昨年、レッツノート20周年をやらせていただいて、そのあと15年前にいまで言うネット直販、カスタマイズレッツノートという、当時はそんな名前はついていませんでしたが、メーカー直販におけるレッツノートの販売を始めました。

池澤:なぜ、ネット直販を始められたんですか?

瀧野:当時コンシューマ向けPCの業界では、量販店などでの販売がメインでした。私どもは神戸に工場をもっているので、国内の工場でPCを生産するという強みを持っていまして、生産するメンバーたちからも、いろいろな提案とか要請が出てきました。

 その中で、もっと自分たちはお客様に役に立ちたい、という思いをもったメンバーたちと一緒になって、工場から直接お客様へ売る仕組みをつくることになりました。それがネット直販だったわけです。

ギークな女優としても活躍中の池澤あやかさん

池澤:でも、15年前だとネット直販ってそんなに盛んじゃないですよね。

瀧野:当時私が始めましたときは、ネット販売の主な市場というのは「アウトレット」でした。古い商品を処分するために半額にしたり、売れ残りを処分したり、というのがネットでの基本的な売られ方でした。

 そんな中であえて通常の市販よりも良いもの、いろいろなカスタマイズを可能にして性能を上げて販売するという戦略を選んだのは、おそらく我々が最初だったんじゃないかなと思います。

池澤:なぜ、そのような思い切った挑戦ができたんですか?

瀧野:その背景というのは、レッツノートのお客様は、当時自らを「レッツラー」と呼んでいて、そういったお客様のコミュニティーみたいなものが結構しっかりとあったんです。

 そういうお客様たちの強い思いで、いろいろな要望はあったんですけれど、やっぱりマスマーケティングではそのすべてを叶えることはできない、ということで工場直販という形をとったんです。

池澤:いかがでしたか、最初のころは。

瀧野:それまで実は店頭と同じ商品をネットでも売っていたんですが、年間60台ほどしか売れていなかったんです。

 そこで、当時の経営者と「最初の日に何台売れますか?」という相談をしたんですよ。すると「そうやなぁ、これまで年間60台だったから一日4,5台あったらもう御の字だわ」という話をしていたんですが、スタート時に60台も注文もらいまして、当時の経営者から「コーヒーおごったるわ」って、60台売ってコーヒー1杯だったんです。経営者にほめてもらったのはその日1回限りですが(笑)

ほめられたのはその一度きりと笑いながら語る瀧野氏

加藤:その要因はどういったことだったんですか?

瀧野:それは先ほどのレッツラーという方々が、店頭で売ってるスペックではどうしても制限されてしまい、ある意味限界を感じていたわけです。

 当時最先端でした無線LANですとか、性能のスペックなども最上級のものを入れて、レッツラーの方々はその価値をしっかりとご理解されていましたので、「この値段でこのスペックだったら、全然問題ない」と言って買っていただいたと認識しています。

アスキー編集部イチの「レッツラー」加藤弘晃

加藤:高くてもいいものがほしいと。池澤さんは、高くてもいいスペックって考え方はどうですか? 安ければ安い方がいいっていう人もいらっしゃるかと思うんですけど。

池澤:そうですね、メモリーは積みます。でも、ストレージは別にいいかなって。クラウドストレージを利用すればいいので。メモリーは、そんなに多くなくてもいいですけど、8GBとか。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。




カスタマイズレッツノートが15周年! ストレージの種類が増えて全106機種に

細かいスペックも自分好みにカスタマイズしよう

 パナソニックは、同社のノートPCの直販モデル「カスタマイズレッツノート」の内容をアップデートしました。受注は本日6月2日から開始し、6月23日より順次到着予定です。

XZ6

 今回、スペック違いのモデルは106種類まで拡大。最大の変更点は全モデルにおいて選べるストレージの種類が大幅に増えたことです。XZ6とRZ6は256GB、512GB、1TBの3種類SSD。SZ6は128GB、256GB、512GB、1TBのSSDと、128GB SSD+1TB HDDの2ストレージ構成の計5種類。LX6は256GB、512GB、1TBのSSD、128GB SSD+1TB HDDの2ストレージ構成の計4種類です。

 そのほか、機種によって選べないものはあるものの、OSやCPU、メモリー、内蔵バッテリー、光学式ドライブ、カラー天板、ホイールパッドなども選択可能。また、オプションとして、XZ6のキーボードベースユニットも販売されます。

プレミアムカスタマイズレッツノートのXZ6で天板とホイールパッドをライジングレッドに変更したところ

 パナソニックストアでは、毎回おトクなキャンペーンを実施していますが、今回はカスタマイズレッツノート15周年ということで、より多くのキャンペーンを開催。購入者特典からクイズに答えるもの、他社製PCの買い取りのものまで多岐にわたるので、レッツノートの購入を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

■関連サイト



カテゴリートップへ

この夏からレッツノートXZ6の店頭モデルは全品純正アクティブペンが付属

RZ6、SZ6、LX6の店頭モデルもそれぞれアップデート

 パナソニックは、同社のノートPC「レッツノート」の2017年夏モデルを発表しました。店頭モデルの発売日は6月16日となっています。

ペンやバッテリー持ちを強化したXZ6と
全モデルWindows 10 Pro搭載のRZ6

XZ6

 店頭モデルのレッツノートで最もアップデートされたのは、今年春に発表された新モデル「レッツノート XZ6」。店頭モデルのXZ6のすべてにアクティブペンが付属されるようになりました。XZ6はタブレットにもなるデタッチャブルの2in1 PCであるため、ペン入力には最適です。

 また、タブレット部だけで約9時間の駆動が可能となるバッテリー(L)内蔵モデルも登場。従来はパナソニックストアでのみ選択できましたが、店頭モデルにも並ぶことで、より長い間、外出先で使いやすくなりました。

 キーボードベースユニットも店頭で別途購入も可能。たとえば、持ち運びはタブレット部だけにして、家や会社にそれぞれキーボードベースユニットを置いておけば、より荷物を軽くできます。

レッツノートXZ6の価格とスペック

レッツノート RZ6

 XZ6とは構造が違うフリップ式の2in1 PC「レッツノート RZ6」については、大きな変更はないものの、OSが全モデルでビジネスに最適なWindows 10 Proを採用しました。

レッツノートRZ6の価格とスペック

SZ6とLX6には2ストレージモデルが登場



SZ6 LX6

 また、クラムシェル型の12.1型ノート「レッツノート SZ6」と14型ノート「レッツノート LX6」については、2つのストレージを搭載したモデルが登場。ストレージ構成は128GB SSD+1TB HDDとなっています。LX6についてはCore i7搭載モデルも登場し、動画編集などより高度な処理が必要なユースケースにピッタリです。



レッツノートSZ6の価格とスペック レッツノートLX6の価格とスペック

 軽くて丈夫、そして妥協のない構成に定評のあるレッツノート。夏にPCを買い換える方はぜひ検討してみてください。

■関連サイト



カテゴリートップへ