上海企業、視野100度のARデバイス・AR制作ツールを発表

VRとの互換性も

2018年01月17日 18時15分更新

文● みたらし/Mogura VR

 上海のRealmaxは世界最大の家電見本市「CES 2018」に出展し、ARデバイス「Realmax Qian」と、AR制作プラットフォーム「Realmax Studio」のプレビューを披露した。

 Realmax Qianは「6自由度」のアクティブトラッキング(能動追跡)を搭載するARデバイス。VRとの互換性もあり、装着者はさまざまな没入レベルを移動可能で、度付きグラスとの交換が可能とのこと。重量は450グラム。100.8度の視野を有しているという。

 「Realmax Studio」はウェブベースのAR開発プラットフォーム。ゲーム制作エンジン「Unity」などのツールと、HTML5のウェブサイトを通じてMR(複合現実)体験を共有、提供する機能と結びついている。同プラットフォームは、教育用、産業用、ゲーミング用などの開発にも供されるとのこと。

■関連サイト



カテゴリートップへ

VR対応の3Dモデルに特化した企業が新設

VRゲーム開発・VR映像制作企業の合弁会社

2018年01月17日 17時30分更新

文● みたらし/Mogura VR

 ゲーム開発会社ヒストリアは、デジタルアニメーションスタジオであるポリゴン・ピクチュアズと共同で、3Dモデル制作に特化した合弁会社「エレメントファクトリー」を設立した。

 エレメントファクトリーは、リアルタイムレンダリング用の3DCGモデルの開発と制作といった3Dモデルの制作に特化した企業。同社では、ゲームやVR作品向けのアセット制作体制を構築、コンシューマやアーケードのゲームコンテンツを開発強化するとしている。

 今後ヒストリアは、ゲーム制作エンジン「Unreal Engine4(UE4)」を専門としたゲーム開発・映像制作の経験を活用。ポリゴン・ピクチュアズは3DCG映像制作のノウハウを活かして、それぞれゲームコンテンツを開発強化するとのこと。

 VR分野において、ヒストリアはVRリズムアクションゲーム「Airtone」、ポリゴン・ピクチュアズは講談社が手掛けるVRアイドルプロジェクト「HopStepSing!」などで知られている。

■関連サイト



カテゴリートップへ

「VIVE」ワイヤレス化キットのサンプルデモがツクモ各店で実施予定

TPCAST「Wireless Adapter for VIVE」

2018年01月09日 23時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 HTCのVRデバイス「VIVE」をワイヤレス化する「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」のサンプルがツクモVR.に入荷している。同店でのデモは終了しているものの、今後は全国のツクモ各店でもお試しが可能だ。



「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」のサンプル

 「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」は、PCに取り付ける送信機「PC TX Module」に加え、VIVEヘッドマウントディスプレーに取り付ける受信機「RX Module」、電源ユニット「Power Box」などで構成される「VIVE」ワイヤレス化キット。



バッテリーパックはベルトに装着できるため重さはそれほど感じない

 実際の使用感を聞いたところ、「有線タイプと変わらず、もたつきや遅延などもない」(スタッフ)とのこと。ツクモの地方店でもデモを行なうとのことなので、興味がある人はSNSなどをチェックしておこう。予価は3万5463円(税抜)。2018年2月の発売予定で、現在予約受付中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ

日本初!解像度5K&視野角210度の「StarVR」が体験可能な「SEGA VR AREA SHINJUKU」試遊レポ

「SEGA VR AREA SHINJUKU」は、セガ新宿歌舞伎町の2階に設置されている

 STARVR CORPORATIONは、セガ エンタテインメントと共同で最高5Kの高解像度かつ210度の広視野角のVRヘッドマウントディスプレー(HMD)「StarVR」を導入したVR体験エリア「SEGA VR AREA SHINJUKU」を、本日12月22日セガ新宿歌舞伎町内にオープンした。

「StarVR」の体験スペースは、2種類のゲームが同時に2人楽しめる形で区切られている

 StarVRは、片眼2560×1440ドットの2.5K解像度の有機ELディスプレーパネルを左右に搭載し、最大で5Kの高解像度映像を映し出す。ハリウッド映画のCG撮影で使われているトラッキングシステム「ハイスピード・オプティカル・トラッキングシステム」を採用。“VR酔い”の原因である速い動きの映像の乱れを抑制し、滑らかな映像を実現しているという。

 StarVRはBtoB用のVRHMDとして提供され、海外だと、映写システムで知られるIMAX社による米ロサンゼルスにあるVR施設「IMAX VRセンター」に採用され、映画に関係するVR映像が楽しめたりと、徐々にその存在感を知らしめている。国内では「SEGA VR AREA SHINJUKU」が初採用となるため、現状唯一体験することができる。

StarVRは210度の視野角をカバーするためか、前面のHMD部が弧を描く、サイズも大きめ


視野角のイメージ。視野角120度ほどの一般的なVRヘッドセットと比べると、210度という広視野角は左右のカバー範囲が格段に上がる


画像はStarVRでのシミュレーション画像。左が5Kで右が2K。5Kの高解像度だと、画像の粗さが目立たなくなり、金属の質感などの表現がよりリアルになっている

「SEGA VR AREA SHINJUKU」では、「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」と「JOHN WICK CHRONICLES」という2種類のSFシューティング型アクションゲームをプレイできる。価格はどちらも1200円で、チケットを購入して体験を行なう。どちらも同時に2人までプレイ可能だが、協力プレイや対戦要素などはなく、ソロプレイのみとなっている。

 対象年齢は13歳以上となっており、他のVRHMDと同じく13歳未満の人は体験できないとしている。そのほか、体験ができない条件は、身長130cm未満の人、体重100kg以上の人、妊娠中の人、飲酒している人、乗り物に酔いやすい人、心臓や首、腰、脊髄、血圧に異常や疾患がある人、眩暈や恐怖症、痙攣、発作、騒音過敏性などの症状が悪化する恐れのある人など、細心の注意をはらった多岐に渡る項目が並ぶ。

 StarVRのスペックは以下のとおり。視野角は210度と「Oculus RIft」やHTCの「VIVE」といった、すでに普及しているPC用VRHMDの視野角110度よりも広い。その視野角をカバーするためだろうが、前面のHMD部が弧を描き、こめかみ辺りまでの範囲をカバーするような形状をしているため、サイズは大きめで重量も530gとやや重い。

ディスプレー 5.1インチ AMOLEDディスプレー
解像度 5120(片眼2560)×1440ドット
リフレッシュレート 60Hz
視野角 水平210度、垂直120度
内蔵センサー Gセンサー、ジャイロセンサー、高性能IMU
サイズ/重量 259.1(W)×144.3(D)×90.6(H)mm/530g

 ヘッドベルトは伸縮するゴム製で、左右で長さを調整し、マジックテープで止める形とVIVEの標準のものに近い。目の前のスペースはOculusのデベロッパーキットよりも狭い感じで、一応眼鏡を付けてもOKと言われ、最初は眼鏡ありのママ被ったが眼鏡のフレームが曲がり、鼻パッドが食い込む。眼鏡の形状によっては、入れることも厳しく、壊れる可能性もあるので、できれば眼鏡なしをオススメしたいところだ。

StarVRのHMD部は、顔に当たるパッド部分と、ディスプレーまでの距離が近く、眼鏡をしたままでは、装着するのがかなり厳しい

 とはいえ、焦点距離や瞳孔間距離の調整ができる機能がある訳ではなく、被った際の高さを自分で調整することで、焦点を合わせるくらいしかできない。この辺りの見え方に関することは、VRの体験の際に気にする人が多い点なので、改良の余地があると感じた。




読売新聞、VR/ARを含むコンテンツマーケティング支援を開始

「YOMIURI BRAND STUDIO」設立

2017年12月18日 16時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 読売新聞東京本社は「YOMIURI BRAND STUDIO」(YBS)を設立し、2018年1月からたサービスを開始すると発表した。企業のコンテンツマーケティング支援を目的とし、VR/ARコンテンツを活用したものも含まれるという。

 ワン・トゥー・テン・デザイン、エートゥジェイ、グルーバー、ナディアの4社とともにコンソーシアムを結成。新聞広告の制作のほか、動画を含めたデジタル広告の制作、広告主のオウンドメディア(自社媒体)制作など、企業や自治体向けに幅広くサービスを提供していくとのこと。

 読売新聞の各媒体に加え、マロニエゲート銀座やよみうりランドといった読売グループでの活用のほか、AR/VRやプロジェクションマッピングなどを活用した体験型コンテンツを開発し、イベントプロデュース分野のサービスも展開するとしている。

 AR/VRなどの制作・開発能力を提供するナディアは、360度映像を使用したVRコンテンツの企画・制作・提供までをトータルで提案するシステムを提供している。コンソーシアム参加企業は今後も増やしてゆくという。

■関連サイト



カテゴリートップへ

VR・ARを活用した新規事業やサービス開発を支援

ファッションVRショッピング「STYLY」のPsychic VR Labなど

2017年12月13日 17時00分更新

文● みたらし/Mogura VR

 Psychic VR LabとPwCコンサルティング、およびエイド・ディーシーシーは、VR・AR技術を活用したソリューション開発で協業を開始した。3社はデジタル分野でのイノベーション創出を目指す企業や組織を対象に、VRやAR技術を活用した新規事業やサービスの開発の支援を実施。次世代のユーザーエクスペリエンスを実現するソリューション開発に着手したという。

 Psychic VR LabはファッションVRショッピングサービス「STYLY」を手掛ける企業。今回の協業では、複数人で同じVR空間を共有しながらのショッピングや会議が可能な、VR空間制作ツールの技術を提供する。発表によると、今回の協業ではコミュニケーションをベースとした次世代型ショッピングサービスや、VR会議・教育システムなどへの適用を目指した次世代システムの開発を推進してゆく予定。店舗や商業施設、オフィスなどの環境にVR・AR技術を導入してゆくという。

ケーブル配線とおさらば! 「VIVE」ワイヤレス化キットが予約受付中

「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」

2017年12月01日 22時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 HTCのVRデバイス「VIVE」をワイヤレス化する「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」の予約受付がツクモVR.でスタートした。これさえあれば、ケーブル配線を気にすることなくVRコンテンツを楽しめる。


VRデバイス「VIVE」をワイヤレス化する「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」

 「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」は、PCに取り付ける送信機「PC TX Module」に加え、VIVEヘッドマウントディスプレーに取り付ける受信機「RX Module」、電源ユニット「Power Box」などで構成される「VIVE」ワイヤレス化キット。「データのロスや遅延が少ない」VIVEのワイヤレス環境を構築することができるとしている。



「データのロスや遅延が少ない」VIVEのワイヤレス環境構築が可能。2018年2月の発売予定で予約受付中だ

 基本スペックは、対応解像度2K、フレームレート90fps、遅延時間2ms以下。Portable Power Bankのバッテリー容量は20100mAhとされるが、使用持続時間などは不明。

 ツクモVR.での予価は3万5463円(税抜)。2018年2月の発売予定で、現在予約受付中としている。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ

富士通の「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセットが販売開始

2017年11月30日 22時59分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 富士通から「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット「MRヘッドセット+コントローラ」(型番:FMVHDS1)が発売された。CyberLinkの「Power Media Player MR for FUJITSU」を同梱しており、動画サイトYouTube上の360度コンテンツを楽しめる。



「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット「MRヘッドセット+コントローラ」

 「MRヘッドセット+コントローラ」は、第4世代Core i5(4コア以上)やGeForce GTX 965M/AMD Radeon RX 460以上のGPUなど、HDMIとUSB 3.0ポートがあればノートPCクラスのスペックでも利用できる、ARおよびVRに対応するデバイス。

MRヘッドセットと左手用、右手用各1個のコントローラーで構成される

 MRヘッドセットの主なスペックは、ディスプレーサイズが2.89インチ×2で解像度が2880×1440ドット(単眼1440×1440ドット)、リフレッシュレートは最大90Hz。加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、トラッキングカメラを備えるほかUSB 3.0とHDMIを装備。ケーブル長は4mで、重量は415gというスペック。



ツクモVR.では展示のほか、デモプレイも可能

 左手用、右手用各1個のコントローラーは、Windows、メニュー、サムスティック、トリガー、グラブ、タッチパッドなどのボタンを実装。Bluetooth v4.0によるワイレス接続で、コントローラー1個につき単3形乾電池×2で動作する。なお、重量は約135g

 価格は5万2800円(税抜)。ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館やツクモVR.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ

深センのプレハブ内で楽しむVRマシンが割と本格的

 日本ではゲームセンターにVRのアトラクションが設置されている場所が増えています。しかし、中国ではショッピングモール内の一角や、繁華街の屋外にVR機器を置いた体験ゾーンが設けられ、VR機器メーカーが有料でデモをやることも珍しくありません。

プレハブの中に大量のVRマシンが設置されている

見た目はお手軽だけど意外と本格的な中国のVR事情

 先日も深センの電脳街を歩いていたところ、大きなプレハブの中にVRマシンが多数設置され、家族連れなどで賑わっていました。テーマは「宇宙」で、宇宙にちなんだVR機器が13台も設置されていたのです。

 しかも、どれもが大型で本格的。体験できるコンテンツは36種類で料金は1回35元(約590円)とそれなりにしますが、どのマシンも大賑わい。120元(約2030円)の5回券を買う人も多く見られました。

13種類のマシンで36のコンテンツが利用可能。料金は590円から

 VRマシンはWindowsと接続され、係員に好みのコンテンツを伝えるとPCのメニューからコンテンツを選択してくれます。ゲームセンターのように使いやすいUIではなく、PCのソフトそのままという未熟な出来ですが、VRコンテンツの方はそれなりにしっかりと動きます。まあ、このあたりはいかにも中国。



マシンとPCをつないで操作 コンテンツはマウスで選択

 ロケットに乗っての宇宙飛行や空中遊泳など、コンテンツは本格的なもの。PCのモニターで実際のコンテンツ内容を観衆が見られましたが、なかなか悪くない出来のものばかりでした。人気のマシンには行列ができているほどで、最大30分待ちという例も。

人気のマシンには行列も。コンテンツは本格的

12~13歳以下の子どももプレイしていて少し心配に

 ただし、見ていてちょっと心配だったのが、子どもの利用が多いこと。VRゴーグルメーカーは12歳あるいは13歳以下の子どもの利用を禁止していますが、ここでは小学生くらいの子どもたちも多数がVRマシンを体験。親も積極的に利用させています。「VRゲームを家でも使いたい」なんて子どもも出てきそう。

子どもの利用者が多いのにびっくり

 とはいえ、子どもたちを見ていると、VR空間を上手に歩いていたり、宇宙人との交戦をうまくかわしていたりと、やはりゲームに対しての対応性は大人よりも優れているようです。今後はイベント主催者側で子どもへの利用制限を設けるべきでしょう。

宇宙船の中をさっそうと歩いている子ども。大人より上手かった

 IDCによると、中国のVR市場は2016年から2020年にかけて50倍にも成長すると見られています。このように街中でいきなりVRマシンが多数並ぶ光景が中国各地で当たり前になっている状況を考えると、その予測も納得できます。

 ドローンで中国が世界をリードしはじめたように、VR市場もこれから中国企業の存在感が高まることは間違いないでしょう。

中国のVRがこれから存在感を高めそう

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!


 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!



カテゴリートップへ

この連載の記事

店舗紹介VR製作サービス「Onepiece Camera VR」がスタート

小さな店舗や民泊での利用も見込む

2017年11月29日 20時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 モバイル機器のレンタルを手がけるONE PIECEは11月27日、VRコンテンツの撮影・制作サービス「Onepiece Camera VR」の提供を開始した。

本サービスで制作されたサンプル

 施設や店舗を詳細に閲覧できるVR撮影・製作サービス。米・Matterport社が提供する360度3Dコンテンツ制作サービス「Matterport 3D Space」とパノラマ360度を自在に連結し、ブラウザーの同一画面上でパノラマ360度とマターポート3Dを双方向で移動できるようにしている。

 オーダーには撮影から編集・加工までがパッケージングされている。施設側がアピールしたいポイントについては、静止画やテキスト、動画などを、ポップアップウインドウで公開することも可能。

 同社は訪日台湾人向けモバイルWi-Fiレンタルサービスを基幹事業としていたが、来日前に「宿泊施設やレストランの様子を詳しく知りたい」という顧客の要望が度々あったという。また、民泊や食堂などの規模の小さな施設や店舗にとって、自らVRコンテンツを開発するのは技術・費用の双方から難しい。そこで、インバウンド旅行者が施設や店舗を来日前に体感できるサービスを考案、ワンストップで提供できる今回のサービス開始に繋がった。

 今年度内におよそ1000件の受注を見込んでいる。撮影料は2万9800円(税別)から。

■関連サイト



カテゴリートップへ