Windows MR対応ヘッドセットがエイサーから販売開始

ACER「AH101」

2017年10月18日 23時20分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 各社より続々発表されている「Windows Mixed Reality」対応ヘッドセット。一足早く、日本エイサーからWindows Mixed Realityヘッドセット「AH101」が登場。ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館で販売中だ。



日本エイサーから発売されたWindows Mixed Realityヘッドセット「AH101」。Windows 10搭載PCであれば、比較的低スペックのPCでも動作する

 Windows Mixed Reality(Windows MR)は、Windows 10のアップデートで本格的に提供されるVR/ARプラットフォーム。ハイエンドなスペックが要求される従来のVRと異なり、第4世代Core i5(4コア以上)やGeForce GTX 965M/AMD Radeon RX 460以上のGPUなど、HDMIとUSB 3.0ポートがあればノートPCクラスのスペックでも利用できる。

 「AH101」は、今年5月に発売された開発者向けモデル「Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の製品版と呼べるもの。ヘッドセット内にトラッキングシステムを内蔵。前後左右、上下の移動、傾き、回転などの頭と体の動きを検知する。また、付属の6軸加速度センサー内蔵モーションコントローラーを動かすと、Windows Mixed Reality内の空間がインタラクティブに反応し、よりリアルな体験ができる。

ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館ではお試し装着が可能

 主なスペックは、ディスプレーサイズが2.89インチ×2で解像度が2880×1440ドット(単眼1440×1440ドット)、リフレッシュレートは最大90Hz。IPD(瞳孔間距離)はソフトウェアで63mmからプラスマイナス8mmの間で調整可能。もちろん、メガネをつけている状態でも装着が可能だ。なお重量は440g。



重量は440gと軽く、メガネをつけている状態でも装着が可能

 推奨PCスペックを改めて確認しておくと、Windows Mixed Reality Ultra(リフレッシュレート90Hz)が、第4世代Core i5(4コア以上)/AMD FX-4350(4コア以上)、メモリーはDDR3 8GB、グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 965M/AMD Radeon RX 460以上。Windows Mixed Reality(リフレッシュレート60Hz)が、第7世代Core i5(2コア)以上、メモリーはDDR3 8GB、グラフィックスはIntel HD Graphics 620以上。

 価格は5万4800円(税抜)。販売しているソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館では展示も実施中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ

「Halo」シリーズ、Windows MRのローンチタイトルに

「Haloの世界を楽しく紹介する」コンテンツ

2017年10月16日 17時30分更新

文● みたらし/Mogura VR

 マイクロソフトの『Halo』シリーズが、Windows MRのローンチタイトル「Halo: Recruit」として10月17日に配信されることが明らかになった。

 本格的なゲームタイトルではなく、マイクロソフトは「Haloの世界を楽しく紹介する」コンテンツだという。同社は現在、Windows 10で体験できる没入型MRヘッドセットの展開を勧めており、本作で「プレイヤーは複合現実感で「Halo」シリーズの象徴的なキャラクターたちと対面することができる」としている。

スポーツ・音楽・舞台に特化した「Team VR’」が発足

世界展開も視野に入れたアライアンス

2017年10月16日 17時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 ネストビジュアル・クロスデバイス・SEPの3社は、スポーツや音楽、舞台などのジャンルでハイクオリティなVR/ARコンテンツを企画・制作・配信するというVR制作チーム「Team VR’」の発足を発表した。

 エンターテイメントや観光分野における高品質なVRコンテンツのニーズが高まり、2020年の東京五輪を見据えたスポーツVRライブ中継が始まりつつあると3社は指摘。これまで培ってきた技術を結集し、音楽、スポーツ、舞台に特化したVR制作チームを発足するに至ったという。

 最初の作品として、「CEATEC 2017」のNTTドコモブース内にて「高精細VR映像再生ソリューション8K60fpsVRコンテンツ」を展示。今後は実写系VRの高品質コンテンツニーズに応えていくほか、海外のVR制作スタジオとも連携をとり、ワールドワイドに流通可能なVRコンテンツの制作に邁進していくとしている。

「実写VR」を共同研究するVR MEDIA LABが設立

実写VRの面白さや効果的な活用法を提案

2017年10月05日 07時00分更新

文● みたらし/Mogura VR

 VR動画制作とプロモーション企画実施を組み合わせた「VR×PRサービス」などを展開するイーストタイムズ(仙台市)は、情報発信を事業とするメディアージとともに、実写のVR動画の技術・サービス開発等を共同で研究する機関「VR MEDIA LAB」を28日に設立した。

 同機関は、実写のVR動画の面白さや効果的な活用方法を日本全国や海外の多くの方に多様な形で提案できるよう、実写VRについての研究開発やイベント開催などを進めていくとのこと。

 なおイーストタイムズは、2016年2月に日本初のVR動画に特化したニュースサイトTOHOKU360をリリース。東日本大震災の被災地の様子や東北各地の祭りを伝えるなど、360度動画での報道を継続している。

竹中工務店 VRで火災を体験

2017年09月28日 17時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 クリーク・アンド・リバーは、竹中工務店にVRヘッドセット「IDEALENS K2+」12台と動画視聴システムを提供。これらのヘッドセットならびにシステムは、竹中工務店の東京本店で実施した「2017年度東京本店消防訓練」にて活用された。

竹中工務店で実施した防災訓練の様子

 訓練当日のIDEALENS K2+には、竹中工務店が開発した災害事象統合VRシステム「MaXim」を搭載。竹中工務店の東京本店で火災が発生したことを想定したVR映像を48人が体験し、火災の危険性と避難経路を確認したという。

 竹中工務店が開発したMaXimは、地震や火災、高潮など複数の災害予測や避難行動の解析結果を統合し、VR映像によって体験するシステム。これにクリーク・アンド・リバーの動画視聴システムを組み合わせ、2〜30台以上を連動。同じ映像を視聴する形で今回の避難訓練は実施されたとのこと。

 クリーク・アンド・リバーは、今回の反響や感想をもとに、今後は企業だけでなく、地域の防災訓練などでの幅広い活用を目指すとしている。

■関連サイト



カテゴリートップへ

シータ、資本業務提携でVR映像制作・配信の連携強化

2017年09月28日 17時00分更新

文● みたらし/Mogura VR

 シータは、グリー、グロースエクスパートナーズ、グランドデザインの3社を引受先とする第三者割当増資を実施した。

 同社は、高精細な実写VR映像の企画、撮影、編集に特化した専門会社。高感度カメラによる安定的なステレオ撮影のための独自専用機材と自社考案の編集ワークフローを有し、VFXなどを駆使した高品質な実写VR映像コンテンツの制作、配信をしている。

 今回の資本業務提携は、「広く国内外のユーザー」を見据えた上で、「エンターテイメントだけでなく、教育、医療、不動産、広告といった様々な分野」における実写VR映像の可能性を模索し、本格的なビジネスとして展開するべく各3社間と次のような取り組みをすることで合意したという。

 各社との今後の取組内容は以下のとおり。

■グリー

【実写VR映像の企画・制作・配信およびVRライブ配信技術に関する共同研究】

 グリーは、VR映像コンテンツの制作と配信に関するシステム開発サービスを展開し、これまで様々なクライアントに提供している。高精細なVRコンテンツを安定的に配信する仕組みは必要不可欠であり、今後は多方面のクライアント向けに、実写VR映像の企画・制作・配信を連携していく。

 また、今後、市場の拡大が期待されるVRライブ配信領域においても、グリーのシステム開発力、シータの撮影技術を組み合わせた共同研究を推進し、VRコンテンツ配信に関し一貫したサービスの提供を目指す。

■グロースエクスパートナーズ

【教育、医療分野における実写VR映像の企画・制作】

 グロースエクスパートナーズは、システムコンサルティングを主軸とし、様々な分野のクライアントに対し、システム開発、マーケティング、運用保守などのサービス展開をしている。

 今回の取り組みでは、主に教育、医療分野における実写VR映像の活用方法を模索し、両社のクライアントに共同展開していくための連携を強化する。

■グランドデザイン

【国内外(主に中国市場)のクライアント向け実写VR映像の企画・制作・配信】

 グランドデザインは、東京、上海、香港に拠点を有するクリエイティブカンパニー。国内外のナショナルクライアントに対し、リアル・デジタル両面のプロモーション施策やブランディング支援の展開をしている。

 今回の取り組みでは、国内だけにとどまらず、VR市場が大きく形成されている中国市場も視野に入れながら、VRを活用したプロモーション企画、ブランディング支援を共同展開していくための連携を強化する。

 なおシータでは、今回の資本業務提携を契機として、今後は国内外のユーザーに対し、多方面・多ジャンルの「革新的な実写VRコンテンツ」を制作・配信していくとのこと。

■関連サイト



カテゴリートップへ

女性技術者コミュニティ「XR女子部」主催イベントが10月15日開催

MR/AR/VRを学ぶ女性エンジニア向けイベント

2017年09月26日 15時00分更新

文● みたらし/Mogura VR

 MR/AR/VRなど現実空間と仮想空間を混合した技術分野を学ぶ女性エンジニアを応援するコミュニティグループ「XR女子部」は、第1回目となるMeetupイベント「XR女子部Meetup! Vol.1〜ハロウィンパーティー♪仮装で仮想現実しよう!〜」を東京・赤坂で10月15日に開催する。

 同イベントでは、技術者だけでなく学生や非エンジニアも対象とし、XRに関心のある層を増やして業界を盛り上げ応援していく目的で、登壇やパネルディスカッションを行なう。初心者や学生からベテランまで、幅広くイベント対象としている。

 また、当日は仮装についても会場から許可があり、ハロウィン特別回としてパーティ気分で楽しめるイベントとなる予定とのこと。

 イベント詳細は以下のとおり。

XR女子部Meetup! Vol.1
ハロウィンパーティー♪仮装で仮想現実の勉強をしよう!

日時
 2017年10月15日 12:30〜18:00
会場
 シスコシステムズ合同会社 東京本社 受付:21階
 (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー)
定員(募集枠)
 社会人/女子枠:30名
 社会人/紳士枠:10名
 LTやります!(5分以内):5名
 学生:15名
 STAFF:5名
参加費
 1000円(会場払い)/学生・STAFFは無料
申込み
 https://mr-girls.connpass.com/event/64562/

■関連サイト



カテゴリートップへ

VRで部屋探し 長栄がパノラマVRコンテンツ制作ソフトを本格導入

「どこでもかんたんVR」がコンセプトのソフトウェア

2017年09月26日 14時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 不動産管理会社の長栄は、エフマイナーが提供する「どこでもかんたんVR」をコンセプトとするパノラマVRコンテンツ制作ソフト「3D Stylee」を導入した。

 3D Styleeを導入することで、今後増加が見込まれる海外からのインバウンド需要の取り込みや、空き予定期間における成約率の向上、京都エリアの大学に入学予定の地方学生の部屋探しに関する労力や経済的負担の低減につながるとしている。

 類似サービスの中から3D Styleeを選択した理由として、コンテンツ制作・編集が簡単であること、直感的に操作しやすいデザインであること、シーン切替やコメント挿入などの豊富な機能、管理ページの使い勝手の良さ、そして利用料金のリーズナブルさを挙げている。

国内初、「音楽ライブVRコンテンツ」がカード形式で販売へ

アーティスト総数47組、200楽曲以上も

2017年09月26日 14時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

 ダイキサウンドは、業務提携先であるゲートウェイが取り組む「VR MUSIC LIVE」プロジェクトとして、アーティスト総数47組・200楽曲以上の音楽ライブVRコンテンツを「エムカード」形式で販売すると発表した。タワーレコードにて、10月24日から発売する。

 エムカードは、PC、スマートフォンでVRコンテンツをダウンロードできるカード。音楽ライブVRコンテンツをカード形式であるエムカードにて店舗販売するのは国内初の試みとなる。価格は1300円(1枚2曲入り)。

デジタル・ナレッジ、VRとeラーニングに関する企画講演を「eラーニングアワード 2017 フォーラム」にて開催

AI・ビッグデータ・VR等を含む講演

2017年09月26日 13時00分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

「最旬テクノロジ×教育が今できること」〜AI・ビッグデータ・VR・アプリ〜

 eラーニング専門のソリューション企業であるデジタル・ナレッジは、2017年10月27日(金)に開催される、eラーニングに関する総合フォーラム「eラーニングアワード 2017 フォーラム」にて企画講演を実施する。講演内容にはVRやAIといったテクノロジーに関する内容も含まれる。

 企画講演タイトルは「『最旬テクノロジ×教育が今できること』〜AI・ビッグデータ・VR・アプリ〜」。講演の日時は10月27日(金)の12時45分〜13時35分で、会場はSola City Hall(東京・御茶ノ水)。

 講演では、VR、AIやラーニング・アナリティクスなど、eラーニングで取り入れられている技術について話すほか、同社が現在進めている「AI英会話」などの取り組みについても話していくとしている。

 イベント詳細は以下のとおり。

eラーニングアワード 2017 フォーラム

会期
 2017年10月25日(水)9:00〜18:00
 2017年10月26日(木)9:00〜18:00
 2017年10月27日(金)9:00〜18:00
会場
 ソラシティ カンファレンスセンター(東京・御茶ノ水)
主催
 一般社団法人e-Learning Initiative Japan / フジサンケイビジネスアイ
入場料
 事前予約:無料
 当日受付:1000円

■関連サイト



カテゴリートップへ